2012年11月20日

『解散政局2』

小沢氏も無罪確定して随分動きやすい形にはなりましたが、彼に民主党幹部だった時代と同等の影響力を期待するのは無理ってものです。
(党勢的に金欠なので民間から大口のスポンサーがつけば別でしょうが、亀井氏の新党「反TPP党」は飛び込み営業的な勢いで動けるのは事実ですが期待される成果が見えているワケではありません。)

小沢氏も無罪確定記者会見で言葉数も少なく「見ている人はこの結果を見ている」と、それこそ愚直に日本の民主主義への期待をコメントするのみでした。
つまるところ、緑のなんとかでも反TPPでも北海道の人なら大地でしょうか、有権者の投票行動ありきの話なのであって有力な政治家の権力闘争に期待する方が筋論としてオカシイってのは論議の必要も無いところです。
やっかいなのは各小選挙区に”この勢力”の候補者が何人揃うかですが(ここも有力者に期待するのではなく候補者としての政治参加が求められている事になるんでしょう)、今後2週間前後の動きで見えてくるかなと思います。

見方として重要なのは(日本維新がおっこちてくるのは織り込み済みとして←上昇すると自民が相対減るだけなのでどちらでもいいワケですが)、自民・民主の議席予想になる。
民主が勝てないだろうというのは織り込み済みなので、
(負けに負けるでしょうから)
■次回の選挙結果の趨勢を決めるのは『自民がどれだけ取るか』に尽きます。

極端な話自民党の議席数がどうなるのかが全てを決めると言っていいい。
思うに小沢氏も09年選挙当時の有権者判断として「この辺の票が保守化に翻ったのか」という部分を見てるんでしょう、マスメディアの支持率はまったくあてになりませんから、選挙の争点的に考えてみると(反中嫌韓は別腹として)旧来の自民党のコンクリート的うま味なり調整力を期待できる大物政治家がそろい踏みするなどのノスタルジックな姿は既にありません。
安倍氏が勝ってしまったことで、以前の野中的世界も青木氏的世界も(小泉政権でも森氏をバックにしてあの芸当だった)、財務省が公共事業にお墨付き与える世界も期待できません。
(財務省が考えている補正予算はモロ名目成長率を押し上げるものに集中してくるでしょうから、自民が裁量でどうこうって話題にはならないでしょう。)
官邸デモにあったように、ほんの1%前後の差異だと思いますが「ネット社会系」は09年選挙当時より基礎票として上昇しているとも言えます。

ここの分析は「09年で民主党へ投票した人が、なんとなく政権交代だったものが(菅政権野田政権でマジ怒り)民主党アンチの形で単純小沢支持という意味では無く、確信犯的な現代的リベラル主義を主張するようになった」と見るべきで、前回選挙の民主党投票層の一部が浮動票から確定的な現代的リベラル主義者化しているって事になる。
(有権者全体なら1%あるかないかの動向でしょうけれど、09年で民主党に投票した層に限定すれば相対的に数%という規模になる。)
『共同幻想崩壊』と『単独者化』が社会学的に観察できる規模で進行しているのだろうと。


(単独者的な)確信犯化ってところがキモですよ。
つまりこの層はマスメディアが面白おかしく騒ごうが何しようが投票行動が左右されない事になり(昔の確信犯的保守って層とはファンダメンタルが違う←古き良き保守ってのは経済がいい状態であるとか国そのものが栄えていないと”それどころじゃない”的にガタがくる:ちなみに軍国主義とかネトウヨ的なのは保守じゃ無いから)、マスコミが面白がって出している数字は「TVしか見ないナントカ層が自民民主維新の間でアッチこっちしている様」なのであって、彼らは三党合意で一蓮托生ですから実質同じ党みたいなもので(維新は三党合意入ってませんがまーね同じ穴のナントカです)、

「選挙の予測はまったくアテにならない」
ただ少なくとも、過去浮動票だった”にわかリベラル層”の一部数%が(単独者的な)確信犯的リベラル層を形成し始めているのは確かだろうってところまです。

要約すると「自民民主維新」の議席全体が『三党合意連合』と考えていいので、
今回勝ち頭は自民になりますから、自民がどんだけ勝つのかってのは大きな判断になります。
(※選挙後民主党参議院議席は安泰なのでナントカコントカ言うかもしれませんが、民主参議院のドンは輿石氏ですから本籍は小沢寄りと考えていい)

<そこで>
→続きを読む

posted by kagewari at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(1) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
タグクラウド