2012年11月08日

勿論世の中には知らない事って山ほどある訳で

米国の話です、
いえいえ大統領選なる旬なニュースの話ではありません。

(大統領選に関してちょこっと言うなら、俺はオバマが大統領辞任に追い込まれヒラリーが後釜に的展開を予想してましたが”これ逆”でヒラリーが今期で国務長官を辞任オバマは再選とえらい違いになってますが、この辺は米国金融筋の権力闘争的バックグラウンドが変化している証明なのかなと思っていたりします。どちらにしろ2期目のオバマ大統領は微妙に左旋回を強めつつ無難に大統領をこなすだけの大統領になるでしょう。※今回の大統領選のポイントも報道的には共和党が日本の自民党みたいな状態になっているって停滞感の方らしい。←ここに今回の話が被るんだわ、)

私も昔映画ファンだった時代の関連知識で、米国の歴史においてポーランド系が酷い目にあっていただとか、警官にはアイリッシュが多いだとか、NYのユダヤ人街がどうこうだとか誰もが知っている範囲で「あー白人の中にもマイノリティが云々」ぐらいに思っていたワケです。
それ以外は所謂イギリスからの移民がメインなんだろうと、
「だって英語だし(米語だけど)。」
(※人口比的にこの先ヒスパニックがNo1になるんだよって話はなんかの話で知っていたが。)

全然違うんですねこれ、
「アメリカ合衆国でドイツ語を話せる人が激減した理由」海外の反応
http://blog.livedoor.jp/drazuli/archives/6053075.html

<一部引用>
第一次世界大戦の時に強制的に禁止される以前。
ドイツ語はアメリカ合衆国の第二外国語で自治体や学校、新聞で使用される言語だった。
※米ウィキペディアには「ドイツ人は18世紀から20世紀にかけてアメリカに移住しアメリカで二番目に広く話される言語であった」と書かれていました。
また「アメリカ人のうち5000万人を超える人がドイツ人を祖先に持つにもかかわらず、ドイツ語を話すことが出来るのはたったの138万人である」とも書かれていました。
第一次世界大戦がはじまる以前はポーランド語が第三言語だった。


「えっそうなの」
(国籍っていうか所謂ゲルマン系って意味とのこと)

そこで早速ググってみると、

ドイツ系アメリカ人
http://ja.wikipedia.org/wiki/ドイツ系アメリカ人

近年の状況
なお、毎回国勢調査で行われる「先祖の出身地」の自己申告ではドイツが断然の多数を占め、アイルランド系、イングランド系がこれに次ぐ。
21世紀以降のアメリカにおけるドイツ系の人口は徐々に減少した、
90年代から2000年あたりにかけて、ゲルマン系(ソルブ系も含む)のグループを中心に祖国ドイツ(オーストリア・スイス・リヒテンシュタイン・ルクセンブルクも含む)をはじめ、同じくIT分野を奨励した北欧諸国・オランダ・ベルギー・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・南アフリカに移住する傾向にあった。21世紀以降のアメリカにおけるドイツ系の人口は徐々に減少した。
(2007年および2008年のアメリカの国勢調査による人口統計学で、4527万人にのぼるヒスパニック(現在は5400万人に増加)および3984万人にのぼるアフリカ系アメリカ人がドイツ系アメリカ人に代わって増加傾向にある)。
現在のドイツ系アメリカ人の人口はおよそ5000万人ほどである。



だからどうしたって言われてもアレだけどさ(笑
なんかイメージ違うってか、
WWU以降の『所謂アメリカ人のイメージ』もちっと複雑な歴史的経緯の中で考えないといかん事だったのねってところは間違い無いわな。
(しかも事実上のヨーロッパ帰還組でドイツ系の人口減るぐらいだとか全然知らないから、そんな話。)

いやいや、にしても、
戦争の歴史が無かったら米国では英語よりドイツ語の方が重要だからなんて事であったのかもしれず「これはイメージ違うわ」。
WWTが無ければ本国ドイツでもナチス第三帝国の台頭も無かったワケだが、その代り米国内でナチス的な勢力(wikiの記載他箇所にある)が拡大していたかも知れなかったのであり、、、

(これさ、世代替わりで影響は薄れているとはいえ、本来大勢力なワケでしょゲルマン系。つーと事実上この勢力は歴史的にそのアイデェンティティーを米国内で抑圧されていた事になるのだから、社会心理的に考える時無しにはできんよね。)

そして、
wikiに掲載されているドイツ系市民の分布地図、
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Census-2000-Data-Top-US-Ancestries-by-County.svg&page=1
Census-2000-Data-Top-US-Ancestries-by-County.svg.png
 ↑
あれれ、このゲルマン系分布って微妙に今回の大統領選で共和党が取ったとこじゃん?
それってさ、ドイツ統一やらEU台頭によってゲルマン系アメリカ人が欧州に帰還してなかったら共和党の支持勢力って微妙にキャラクターからして違ってたかもしれないって事じゃん。(つまり共和党そのものの政策まで違っていたかもしれない。)

勿論だけど世の中には知らない事が山ほどある。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
タグクラウド