2012年03月30日

読売報道関連や昨今のフリー記者への風当たり(他イロイロ)

「なるほど」ってニュースがあれこれ出てきています。
巨人軍契約金報じた朝日記者 大阪地検FD改竄事件も取った
http://www.news-postseven.com/archives/20120326_97199.html


「本当にそうだったのか」
この間の報道は朝日がってのじゃなくて「その記者が」って個人レベルの要素が濃いわけね(勿論それを認めたデスクはいるわけだけれど)。
何が重要ってこの記者が朝日生え抜きでは無くて地方紙からスカウティングされた社会部の”外様エース”であること(略歴からすると清武氏と被ってますね)。
大阪地検FD改竄事件の裏を知っているって事は、
今回の読売問題を取り上げる背景に何らかの社会性を彼が見出しているであろう事。
(間違っても只のプロ野球問題なんて意識で報道しているのではない、)

ここのところの読売の過剰反応は「その記者の意図」がわかっているからなのでしょう。(相当の脅威を感じてのものじゃないだろうか、)
更にこの記者が小沢裁判における検察の不正や検察審査会の疑惑なるものに興味が無い筈は無く(どうだろう小沢裁判の担当とバーターで読売報道はやっていいよって社内的取引があったとは思いたくないが)、一連の事件の背景である権力構造のプレーヤーとして読売を取り上げようって意図があるのじゃなかろうか。

しかし十分気を付けてもらいたいもので、
(記者的には百も承知でしょうけど)
孫崎さんのTwitterに情報あがってましたよ
http://twitter.com/#!/magosaki_ukeru/status/185187160788434945
原発:東洋経済編集長が痴漢で逮捕された事件は、同誌が脱原発論を展開し、東電に対し厳しい報道を続けていた時期と重なっただけに、事件に疑惑がもたれたが、ある人の連絡によれば、「(元)編集長は、不起訴処分で釈放されたとのこと」。今後東洋経済が脱原発、東電責任をどう報じていくか注視したい


岩上氏や上杉氏の叩かれ方も昨今激しくなっていて、
(好き勝手にさせておけないぐらい存在が大きくなっているからでしょう←てかここも事の始まりは例の「小沢会見時の読売記者との小競り合い」からかな、、)
一時あったネット右翼の左翼叩き的手法に似ている方向性ですが(左翼叩きも結構ですが所謂昭和のインテリ左翼みたいな存在と世代が違うってか←昭和のインテリ左翼なる存在は過去の人でしょうに)
勿論今回の朝日報道も「アサヒる的」に昔の朝日の左翼的位置付けから顔真っ赤にして批判している層もあるようですが、前述のようにこれは「(朝日的には外様の)その記者」のスタンスですから「アサヒる的批判」は見当違いで、
岩上氏や上杉氏の叩かれ方もなんだか無理に無理を重ねる方向にあるように、
「いくらなんでもこの時代に右翼左翼の権力構造みたいな話を持ち出してもどうにもならないでしょうに」な形になってます。
(岩上氏なんてどちらか言えば自衛隊による自主防衛派だから保守系寄りだし、至近の上杉氏のデマネタなんて保守系で有名な産経系列夕刊フジでの記事だし。)

そこで岩上氏や上杉氏の場合(どうにも左翼レッテルが使えないので)「デマ野郎」みたいな方向で批判しているようなんですが、
そもそも「どちらか言えばそういった報道続けることで彼ら儲かるどころか貧乏になっている」のであって、動機の点で積極的にデマを流すことに意味が無いワケで、、

※ここに同じジャーナリストの江川昭子氏が変にからんでいることは「少々たちが悪い」と思っている(全く本人はその自覚が無いので更に困るっていうのかな)。
→続きを読む

posted by kagewari at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0