2010年05月01日

いよいよ政治関係は複雑怪奇な様相に

検察関係も何がなんだかメロメロの状況で、
先日の記者会見解放通達が効いてますね。無理筋を強引に進めればとんでもない地雷を踏むかもしれない。
(それはとんでも無さすぎる話なのだし)
小沢民主党をめぐる周囲は検察云々の問題ではなくなってますね、
この機に乗じてと、動き出した民主内部の動きこそ今や本体であると見ていい。
『権力闘争』のフェーズに移った、
(この舞台に自民は完全に蚊帳の外)

おおよそ権力闘争ができるとは思えない彼らですが(いくらなんでも千石内閣なんてものを許容できる人はいない)、枡添氏の落ちてしまった誤解と同じ道を進んでいるようですね。
ある意味今回の検察審査会の検察含む反小沢的陣営にとって「ありがた迷惑」な議決がちょっとするとモヤモヤしたものを”違った意味で”白黒はっきりさせるかも知れません。
前原・枝野氏にしてもここまで動いてしまうともう後に戻れない。
”生方騒動”の時にもちょっと乗りかけましたが、流石に今回の検察の動きには我慢できずに乗っかってしまった。

これに乗っちゃマズイでしょう
検察は「小沢起訴相当」にどう対処するのか
http://ameblo.jp/aratakyo/entry-10521841229.html

(といって確実に裏の取れている情報とは言えないので補完しておくと)
検察審査会の小沢一郎「起訴相当」議決における審査補助員と自称「審査申立て人」についての雑感
http://blog.livedoor.jp/nihonkokukenpou/archives/51386760.html
http://ameblo.jp/aratakyo/entry-10521841229.html



権力闘争的にはこの動きは先日の枡添級の大失態で、
検察云々かんぬんは今後旗色悪く方向しか見えていないので(その点検察本体の方が事情がわかっていて醒めている)、それに乗っかってしまうということは”そっち側に加担”の言質を取られたも同然で、
似ているんですよ、
ええ何を言う「ライブドアのメール勘違い事件」と、
何回同じ事を繰り返すと学習するのでしょう。
その政治力はともかく政策通というだけで十分将来があった枝野氏まで以降10年取り返せないミスをしたと言えるんじゃないでしょうか。
(そもそも前原氏と動きを同じく見られている時点で政治的センスを疑われるところですが、、)
彼らはそれが倒閣運動になっている論理矛盾を説明できない。
(連立他党の動きをみればわかるでしょうにね〜)

小沢氏については腰すえてバタバタしなければ今後はどう転んでも有利な材料しか無いので(無理筋の話に手を出してしまった方が困るのですから考えるまでも無いことですが)、その様子を見ているだけで終わりって事でしょうが、現実の状況は複雑怪奇な状況に至っているのは事実です。
→続きを読む

posted by kagewari at 13:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0