2009年10月27日

昭和野村野球の終わり

事実上終わりでしょう。
仮に横浜が尾花擁立に失敗するとかハプニングがあれば別でしょうけれど、3年〜の余力を残して野村が監督やれるかって今年来年レベルで話が無いと難しいのだし、
ある意味高齢による衰えをバックアップできるヘッドコーチに空きが無いと監督業務そのものに不安が無いじゃない(移動含むシーズン全ゲームを皆勤するのは相当の激務だし)。

現役としての力を残して指揮できるのは楽天イーグルスでの延長のみだったように思う。
(或いは横浜ダイレクトなんだけれど、どうも楽天横浜TBSって流れは違う政治意図も見えちゃうのでちょっとな〜もある)

野村野球ってものは心理的学にどんなものだったのか?

偶然、個人が権威に挑戦し続ける戦いだったのだと思う。
通常名将と呼ばれる監督は、広岡の「優勝請負人」を例外として、ファームのコーチ時代からとか現役時代からとか長期にチームに関わった人物が優先されるし、名将と呼ばれるほどの実績があるのであれば15年政権があっても不思議じゃない。
仮に野村がヤクルトのファーム監督から準生え抜きの首脳陣としてヤクルト黄金時代を迎えれば「今でもヤクルトの監督は野村(自分から辞めるというまで)」であってもおかしくないし、
そもそも南海時代に『沙知代問題』で解任追放されていなければその後もホークスの重鎮として鶴岡監督直系の系譜で君臨していたかもしれない。
(つまり共同幻想のサイドで)

それが野村個人の個性でもあるのだけれど、
彼は愛人問題を発端に、『長期政権のお墨付き的世界』を失う。
その後ヤクルト・阪神・楽天と監督をやったけれども、只の一度も彼には長期政権の世界は存在しなかった。
逆さにいえば「何時かは解任」を前提とする政権だった。
唯一の可能性は”体制側”となる「阪神タイガースで成功すれば」だったのだけれど、阪神監督の地位は、野村が体制側に付くことをよしとしない勢力の反感を買い→ライブドア堀江パージと同じ方法論で監督としての現役復帰の道まで葬り去られた。
(楽天における現役復帰自体が奇跡に近い)
→続きを読む

posted by kagewari at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

続・心理学と経済学

政府に望む政策なんかの世論調査で常に筆頭だったりするのが
「景気をよくして欲しい」
なんだけれども、前回ちょっと触れたように”景気”って言葉自体が抽象概念なのであるのと同時に『国策のビジネスモデル頼み』なる丸投げは半分経営者失格なんですよ。
ビジネスモデルっていうのは需要創造とか収益増を織り込むものであって、国策でこれを行なうってのは事実上「財政出動しろ」って意味です→「需要を作れや」みたいに。
そもそもですね事業ってものはヘンリーフォードじゃないけれど、それ自身に需要創造含む個別のビジネスモデルの提案が無ければいけないのであって、既得権益の上に座って従業員に「お前が働け」と根拠無く指示するものでは無いのです。
なんてーかある意味「競争力向上のために安直な従業員の給与カット」は”経営者の恥”なのであって(インフレ率と連動するベースアップの事じゃ無いですよ)、

本筋から言えば政府に対して「景気の足を引っ張る政策は、やら無いで欲しい」「本来あるべき潜在成長率を誘引する政策を期待」となるところ止まりで(いやいやそれが馬鹿にならないのだけれど:後段に登場する自己の自由権闘争が関係する)、
政策的な具体論も自己決定として持ってなくちゃいかんのです。
(理想論的にはですが)
丸投げしちゃうと→サーファーが海に出て「政府に大波を期待します」と言っているようなものですから構造論的にナンセンスになっちゃう(波のあるポイントを探すのもサーファーのセンスになる:経営者のセンスやアイデア)。
※ここはHPテキストの「やりたいことがみつからない話」と被っている

真面目に考える的な保守性がどうにもこういった側面の自由度を阻害していて、
先進国であるとか経済モデルってものは「特に需要(消費)において多分に心理的なもの」なので、これやったらなんか面白いよね的なアイデアがあるからこそ需要も生み出しますから(先進国=一定の所得水準に達している)、
「保守性=現状維持」→仮に「現状景気循環モデルに問題アリ」なら=「保守しちゃダメでしょう」となる。
今回の政権交代はその線上にあった。
→続きを読む

posted by kagewari at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
タグクラウド