2004年12月06日

自我の仕事「選択」(2)オプション

横文字を使ってるのは、どうしても適当な訳が無い「オルタナティブ(これは(3)のネタ)」との対比のためで、特に横文字じゃなくてもいんだが、この方がわかりやすいので、、

選択肢にベストが無い時がある。
理由は様々、
状況としては、前提となる条件がどうにも整わないと考えていい
「資金が底をついている」「性別がどうにも男だ」「身長の問題でジョッキーも競艇も難しい」「いい歳すぎていまさらプロスポーツを目指せない」「空挺部隊を志願したいのだが飛行機に酔う」「外国で活躍したいが母国語以外からっきし話せない」「音感が無い」「懸垂が出来ない」「魚がさばけない」「毒キノコが見分けられない」

こんな時選択肢にベストが無い環境になる。
そこで選ばれるのは「二番手」で、この二番手“的”(番手は選ばれるまで決まっていないので)グループが「オプション」である。

こりゃ当然二番手なのでその選択はちょっと不快であり、「どこまでの不快がアリか?」で単純に選択肢の幅は広がるが、所詮二番手なので、不快に対する適応性があるからエライって事とかには関係ない。
しかし、生死を分ける選択だったらどうだろう?
この疑問はあたらない、生死を分ける環境に適応しているのが原始的な共同幻想で、「選択肢の幅がどうたら」等と考えている事自体生死を分ける選択が頻繁じゃない事を意味している(非常時には選択どころの騒ぎじゃないので、んな事心配しなくてもいいワケだ)。

オプションは「妥協的」とか「敗北的」とも感じられるが、ここで「自分を説得する引き出しをどれだけ持っているのか」が自我の力量になる、自我は自分に雇われたエージェントとも言えるので「選手の希望はともかく、今ある選択肢のなかで一番内容のいいオファーを出している球団との契約を説得するのも仕事の内」だからだ。
一見本人の利益に反するこの思考こそ、自我のオプション選択の時の仕事であり、本人に「どれだけの選択の幅を提供するのか」を決定付ける。
ここにも「直線的には自分に不利な内容(婉曲的には自分に有利)を飲ませる」という、矛盾する自我の在り方が見え隠れする。

さて、この時「どんな方便で自分を説得するのか?」だが、自分を説得する材料は「屁理屈、道徳、ハッタリ、おだてて、脅かして、じっくり話して聞かせる、理論(合理性)、芸術的嗜好(非合理性)、等々」これ、つまり何かと言うと、対人関係の自我の振る舞いと全く同じで(違いはプライベートな情報を握っているのかとかの、情報量の差)、自分を相手にする時の在り方と、他人を相手にする時の在り方が同じという点が、哲学系の鏡象論に被っている。

皮肉な事に、選ぶにあたって悩む回数が多いと(選択においてハンデが多い)自我はバトルプルーフされ、交渉力の力量が上昇する。「苦労は金を払っても買え」という言葉は、これを根拠にしていて、生まれたときから選択においていつも有利な環境にいると自我の鍛えこまれ方は中途半端になる事も十分考えられる。
物事は常に矛盾的な要素をはらんでいる証明のひとつだ。
posted by kagewari at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
タグクラウド