2004年06月09日

まだ書いていないテキストの主題について

造語があるんです。「エゴセルフ」
随分前から頭にある造語で、「自我=エゴ」を客観的なものだからこそ(自分とか考える自分って案外、自分なんかなーって思うじゃないですか)このエゴを正式に「自分なのだ」と定義付けるイメージの言葉です。

エゴイズムがあんまりイメージの良くない言葉として、知れ渡ってしまったので使いにくいってのが、本音です。

ユニークもそうです、これ「独自」とか、見ようによっては「才能」なんですが(素晴らしいとか、驚くべきとかって意味でもあるから)日本語では「なんか面白おかしい」とかの属性がくっつきます。これは日本では人と違う事の意味が「問題のある」とされる雰囲気に連想される幻想があるからでしょう。俺はこれを逆説で(「逆手に取って」かなぁ)「変わり者」って言葉を最上級の褒め言葉だと勝手に思うようになりました。

これは完全に人格に定着してて、「変わってるねぇ」と聞くと、ちょっと快感なぐらいです。

話を戻しますが、エゴイズムを我侭なイメージで捉えるのは間違いです。普通の人の目に「個人の意識」がはっきりと見えやすいのは『何か利害関係の軋轢や、紛争がある時』なので「あ、エゴだ!」と思うって、そんな流れからきた誤解です。
エゴの出番(自己意識による判断)は歯を磨く時にだって、通勤電車の立ち位置にだってあるんです。焼き鳥屋で何を注文するのかを決めるのもエゴです。

これ、考え方によっては、焼き鳥屋で何を注文するのか?このテーマであなたはレーゾンテートル(存在意義)を問われてるって解釈が可能です。「俺の生き様ってのはよー」なーんて劇画調である必要はありません。「カレー屋で何を頼むのか?」こっちの方が大事なのではないのか、と俺は思います。

俺がずーーっと考えている「エゴセルフ」ってのは、自分自身であることの担当者責任みたいな自覚の事です。漢字のイメージは「独」、独立の「独」単独者の「独」ですね、「毒」みたいでちょっと響きが何なので「一人」を「ひとり」とか「独り」と書く事で表している事もあります。

ユニークとエゴセルフ、実は一体で、目に見えて違う事に意味があるのでは無く「いつも違う選択があるかもしれない自由」に意味があると、俺は考えています。

ここで問題になるのは「規制」ですね、エゴにとっての強敵は「常識」時に「道徳」でしょう。(かといって不道徳って事じゃないですよ)ここの説明がこれまたややこしいんです。
自我の安定ってテーマを随分長く考えてきたけれど、極端や目立つ事では無いってのは間違い無いんです。日本的情緒で言えば「わびさび」で、「こんなのどうかなーっ」て小さいとこに「エゴセルフなアイデェンティティーは隠れている」と思います。

ここに断言します「カツカレー下さい」
posted by kagewari at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0