2020年06月22日

リクエスト関連(実月さん”無気力です”)

実月さん
>相談です。ここ半年ほど無気力が続いています。何をするのも面倒くさく、休日はずっと寝てばかりいます。寝過ぎて頭が痛くなるほどですが、それでも起き上がって何かする気になれず寝てしまいます。集中して何かしようとしてもすぐにだるくなってしまいます。特に大きな悩みがあるわけでもなく、原因もわからないのです。このまま何もできなくなってしまうのではないかと不安です。通院や投薬はしていません。とりとめのない内容で申し訳ありません。お忙しいところ恐縮ですが、助言を頂ければ幸いです。

■必ず何らかの悲観や忌避や自暴自棄的アイデアへの耽溺があります
「無気力とは=所謂『興奮』し過ぎで疲れ切っている放心状態のこと」だからです。
(怠け者過ぎて飢え死にする生物はおりませんので、生理現象としてそれはあり得ない)

記載された文章からターゲットを探すと、これでしょうね
 ↓
「面倒くさい」←←(推測になりますが、ほぼほぼ100%近い的中率だと思います)

一見なんのことない言葉だと思っているかも知れませんが、
いえいえ、とんでもない
めんどくさいとは「何かに比べてなになに以下じゃないか」という見解で、
(めんどくさい=その価値も無い=どういう価値があれば動機形成足るんだい?←裏コード的に”こうじゃないから嫌なんだ”が隠れます)

まさか、そのまんまの意味の、
ズボラで無頼過ぎて、トイレに行かずおむつで生活にチャレンジしているとかではありませんよね?
(だったらどこか面白がる要素無しにその動機形成はできませんから)
だとしたら、前述の説明のとおりです、
●「その価値も無い」的な抽象概念がまかりとおっている
●或いは、自分からそんな概念が流通することを放置している

もうちょい解説すると、
実月さんは「無気力過ぎて何もしていない」のでは【ありません】
「●●●●とか”その価値も無い”と、ふてくされて寝てばかりいる」というのが正しい、
(●●●●は具体的に明示されず、ぼかされている)
まあ、ふて寝ですよ、ふて寝、

要約すれば”ふてくされている”んです。
 ↑
そして何故、何にふてくされているのかって(伏字●●●●の部分)ところが妙に自覚できないのかって言えば、ネタバレしてしまうと、ふてくされていられなくなるからです。
(つまらない理由が、中二病の黒歴史並に恥ずかしいことだとかね、ネタバレするのもはばかられる内容だったりすると、無意識領域から表に出ないこともあります→阿吽の呼吸であえて言わないとかってあるでしょ?→これを自問自答の仕組みに入れ込むと、あえて自覚できないって構造もできちゃいますから。)
それが自覚されると、都合が悪いから自覚できないようになっとんのです、


■解決法としては、
以下のように定義し自分に思考の『枷』をハメちゃうんです
「何にふてくされてんの?」
「その価値もないってさ、どういう価値があれば動機形成足るんだい?」
 ↑
と、自分に問いかける(無自覚禁止の罠にハメる)

まずはそれからですね、




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 20:18 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やるかやらんかわからないけど、てかできないと思われてる敵地攻撃能力

実はもうあんだよね、、、《終わり》
(潜水艦発射の対艦ミサイルあるんだけど、船舶にしか撃てないワケでは無いからな、、【ただ潜水艦は作戦中地上と通信ができないんだわ】)


さ、そんなことはともかく
■「日本式敵基地攻撃能力憲法9条モデル」→それは可能です
弾道ミサイルのブースト段階、乃至移動式のランチャーなどを破壊できればいんでしょ
言えば、ミサイル(乃至運搬手段)だけを破壊できればよい
 ↓
「驚くほど破壊力の少ないミサイルにしればよいのです」
人も殺せないって言うと極端だけれど、
ジュネーブ条約には「アンチマテリアルライフル」などというインチキありますね、
(実際は対人狙撃に用いられているんだが、ジュネーブ協定違反の可能性があるため名前だけ対物狙撃中と変えた。←あまり戦争法ご存じない方いるかもですが、小銃の弾頭も貫通銃創になるようになど残虐性を排したルールがあんのよ。歩兵は負傷させて戦闘能力奪えば十分で一撃で殺傷に至るような銃弾の使用を禁じられている。、、、まあだったら大砲は人に向けて撃たないの?って話だが、、)

ええっと、んなワケで「アンチマテリアルライフル」詐欺みたいな方法にすればよい。
敵基地攻撃能力とは呼ばず、
「敵”ミサイルだけ”破壊能力」と定義して、50口径の銃弾一発程度の破壊力とする。
現在技本が開発中の高速滑空弾やらを改造して「異様に小さい弾頭をピンポイントで」とかね。

(念のため自民党へのご意見にも送っておいたww)

レーザー使おうかとか、レールガンでってのも似た方向でできそうだよね。
「EMPで弾頭を爆発させない」のができるなら越したことはないけれど、
ちょっとそれは難しいのではなかろうか。


●なんでもアショア用のイージスシステムは
「契約しちゃっているので上物はどうしたって買うのかな」
元防衛大臣の小野寺さんが、
「なんならイージス艦に使うって手もある」とのことだから、あれも使い道はあるんでないの。
(小野寺さんはBSフジの番組で「海底油田などに使う海上基地にくっつけちゃうとかどうだろう」なんて話もしていた。)

憲法のからみもあって、
いろんな兵器に詐欺的名前付けさせたら日本は名人芸だからね(笑
なんかアイデアあるんだと思うぞ。
F15のJSI近代化改修でなんか追加する手もあるかもね←これは3年で初号機がくる
(護衛艦からMk45で撃つ超高速弾って方法も無いでは無いらしい)

いずれにしても今回のイージス・アショアの計画”一時”停止は、官邸も党に知らせることなく進めたようなので思惑あっての事だろうと思うぞ。
過去記事のここだよ
 ↓
この政権が「左翼も真っ青」な判断する時には”必ずなんらかの意図”があると見るべき




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 17:06 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

『フェイクニュース』の時代(いい意味で考えてみる)←基本バカ話です

パロディ表現ってありますが、
一時話題になった「虚構新聞」みたいに、意識的にフェイクとわかるネタで喧伝される情報が意図しない方向で”何かにハマる”ことがあります。
それは作者が意識したものでは無いので(パロディ作品とは言えず)、
SF作品などの一部が”何かの暗韻を踏んで”間接的に何かを表現する手法に”近い”、婉曲的だから直接お超えるハマり方するって現象が時にあるもので、

上記とは違うんですが、
●つい先日某大手元新聞記者が「あからさまなアイコラ画像」を本物だと信じ込み大恥かいた話がありますが(何やらそれがアイコラだという指摘もよく意味がわからず無反応だとか)、

過去にニコ動で有名な「総統がお怒りですシリーズ」紹介したことありますが、
(※映画「ヒトラー最後の12日間」の一部シーンに出鱈目の空耳翻訳字幕を付けたバカ動画を楽しむシリーズ)
●今回これが海外へ波及しているお話です

<<<<いきなりオマケで話逸れますが>>>>
先日の北朝鮮キシリア同志の爆発事件、K国から送られた風船ビラに同志の逆鱗に触れたと言われる画像があったという話(これもどこまで本当だかわからないんですがw)
それは2ch有志が作成した「キシリア同志のエロポーズに食いつく文ジェインという間抜けた画像」がK国掲示板のイルベで話題となり(イルベは過去にノムヒョン大統領をネタに無数のアイコラを作っていたのでも有名)、それが脱北者団体の目に留まり、風船ビラに封入されたって話なんですね。

「2chアイコラ職人GJ」


■というワケで今回のお話本題です
この話が面白すぎで、、
 ↓
ミグタウニュース MGTOW NEWS @MGTOW_JP
https://twitter.com/MGTOW_JP/status/1274181146415255556?s=20
(引用)
Twitterの73歳女性が作詞した「安倍総理応援歌」に北朝鮮の曲を合わせた私のカラオケ動画が、なぜか中国でバズり10万再生
中国人が日本語で安倍総理を礼賛する曲を歌い、そのサムネがラー油のオジサンに似ているという理由で謎のMADまで作成される
何を言っているか分からないと思うが私も分からない

ちなみにこのTwitter主さんの自己紹介がこちら
ミグタウ(MGTOW)とは自分の趣味や時間を大切にし、我が道を生きていく(Men Going Their Own Way)米国のライフスタイルです。日本の草食系が現代社会に対する受動的反応だとすればMGTOWは主体的に選択し自らなるものと言えます。

 ↑
俺も知らんかったMGTOWとかあるんや、思いきり『単独者』概念やんけ、


えーそんな「安倍総理応援歌」に北朝鮮の「あなたがいなければ祖国もない」で作成したカラオケに始まり、
■それを中国人同志が中国のニコ動で(ビリビリ)公開しバズっている動画がこちら
(なんでも有名な中国のラー油のCMに被されているんですって)
しっかり日本語の歌詞も歌えてますよん


勿論、中国人同志諸君は日本ディスる意味もあるんだろうけれど、
自由に日本の首相はいじって楽しめるって(このネタの作成元が日本人だと知っているワケで)、
暗黙の了解で「中国共産党批判」に繋がるとこがツボなんでしょう。
(すっごく回りくどい回路なんだけど、気持ちはよくわかる)

→続きを読む

posted by kagewari at 00:47 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

”マス”(mass :集団)が終わりとなる時代の民主主義

想定としてだけど、
■近未来、先進国のひとつの形は、
・ベーシックインカム(労働フリー化、自由労働社会の目標化)
・『単独者』ネットワーク社会
・フリーエコノミーが豊かさの指標
(あくまで極論だけどGDP算出は潜在的過剰資産能力《或いは投資されない留保資産》算定の方が重要で、インフレ率《所得分配政策》との関連で結果としてのGDPが逆算される謎指標に変貌)
 ↑
上記の構成がほぼほぼ”ひとつの基本形だと思う
(ありそうなのは、北欧や日本)

■この場合の政策ってのは「勝手に自分で選ぶモノ」が多くなるので、
(或いは勝手に提供される行政サービス)
自分で選ぶ前提なので、規格や規制など判断する行政組織は必要が無い。
公務員の過半はベーシックインカムだけの給与でOKな、半分ボランティアのような位置づけの流動的な人材構成となるだろうから、そんな状況で語られる政策的課題と言えば、
・安全保障、災害対応、外交、インフラ管理ぐらいのものでしょ、
そこにイデオロギー対立とかが入り込む余地が”まず無い”
(生産や投資、雇用、労働分配など過去イデオロギー対立の要因となっていた部分は、全て経済学により解決してしまうので、論争の対象から外れてしまう。:”マス”(mass :集団)が鍵となる集約的生産のような構造そのものが《そこはロボットやAIなどがカバーするので》消える乃至大幅に後退するため。)

つーことは、
「政治の舞台にイデオロギー対立なんて前近代的なものがある方がおかしい」ってな状態になる
いやいや、
(俺はこの世からイデオロギーを消滅させるべきだなんて言ってないのさ、誰にだって理想論を語る権利はあるのだし。)
個人が何を信じようが自由だけど、そら「プライバシーでありプライベートの話でしょ」
政治なる公的論議に持ち込むなやって話です。
(組織化された時点でアウツって民度→「洗脳や強迫の関与しない組織化はあり得ない」→組織化ハラスメントみたいなさww)

●安全保障、災害対応、外交、インフラ管理でいえば、
・安全保障は「防衛力は強ければ強いほどよい」←論議の対象にならない
論議になるのは、程度の問題=予算規模だけ。
・災害対応も「災害に強ければ強いほどよい」←論議の対象とならない
論議になるのは、程度の問題=予算規模だけ。
・外交「海外との関係は良好な方がよい」←論議の対象とならない
論議になるのは、程度の問題=文化や慣習など濃淡の付け方
・インフラ管理「常に盤石であればあるほどよい」←論議の対象とならない
論議になるのは、程度の問題=予算規模だけ。
 ↓
初めて”予算員会の意味が本質的に重要となる”(イデオロギー抜きでね)

「全部程度の問題」なので、代議員は選出選挙区有権者の温度感を議会で表現してくれればよい。果たして党議拘束のある”政党は必要か?”って話にもなってくると思う。
(もろ組織化ハラスメントだろ?w)

→続きを読む

posted by kagewari at 20:34 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月19日

そうか「マス・メディア」の”マス”(mass :集団)が終わりなのか

『共同幻想』論の終焉という意味では、
米国における行き過ぎたPC(ポリティカルコレクトネス:政治的配慮表現)にしても、
マスメディア的な存在そのものがNG(構造が世論誘導的権威性広報)だから、無茶苦茶な事になっているだけで、

人種差別があーだこーだで、
米国で名作『風と共に去りぬ』が公開できなくなっているが(動画サイトからも提供停止)、
大手メディアが公共の電波で放送したり、大手ポータルが扱うからPC(ポリコレ)にひっかかるってことだろ。
(youtubeやSNSにおける発言内容の検閲も同じ)

『ANTIFA』の活動なんざ言えばアナーキストじゃん
ハリーポッターの作家が「最近は女性って言葉も使えねーのかよっ!」と愚痴るとトランスジェンダーだかの組織から(性別優位主義だナチスだ)差別だと炎上するのも、ハリーポッターが”ベストセラー”だからだよね(作家の発信力が世論誘導的権威性広報機関並みに大きいため)。


●この話って、ぐるっと回って一気に解決できる方法があるんじゃネーか?
『共同幻想』の壊れ方が中途半端だからこういう”意味のわからない摩擦”が起きている。

過去記事に書いたネタだけど、
「高度経済成長『共同幻想』モデルの崩壊とともに”国民歌手”は消えた」
(紅白歌合戦が、バカげた歌番組になった理由)
同様に、力道山や双葉山や巨人軍なんかの幻想も消えた。
(マスで圧倒的多数の人口を糾合する共有化された幻想が機能しなくなった)

本来、マスメディアも大手放送局も大手出版社も人気芸能人も【必要が無い】のだよ、
この前時代の既得権者が何を言ってもやれ差別だって意味のわからない琴線に触れて場が荒れる。
本来は自由に発言できる筈のインターネットにおいて、youtubeなどがコンテンツの検閲するなんて図は、本末転倒なワケでしょ(笑
 ↑
結局、広告バナーの会社も、放送配信ポータルも細分化して(ゲリラ化とも言う)、
”マス”な存在が無くなれば、「組織だって活動家が抗議する図」も不可能になる。
(youtuberで一攫千金みたいな筋悪のインセンティブが前近代だったワケでさ)
事実youtubeでBANされた音楽リアクターは、規制が緩い動画サイトに分散しつつある、
(別に金が欲しいからやってる奴らばかりじゃないからね←食えるぐらい稼げればうれしいぐらいで)

→続きを読む

posted by kagewari at 21:30 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月18日

『単独者』の雑感「そもそもヒトに頭のいいひと悪い人なんて違いがあんのか?」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)



■同じ人類ヒト科の脳にさ、
(そらグラボの性能がとかさ、CPUの速度がって大人と子供の脳の発達レベルの違いはあるかも知れないけど、、、だ け ど よ)
だけれど、ちょいと思い出してみ、
 ↓
子供の脳の発達には個人差ある筈だよな?
いちおう常識的に信じられている幻想では、大人になるに従って賢くなることになっている。
し か し だ
『大人の諸君』→君たちどう思うかね
「ひょっとしたらこの15歳って俺より頭いんじゃねか」な人物いると思う?

思うよね(それこそ常識的判断力るヒトならそう思うべ)
実際諸外国には飛び級認める天才発掘系の国もあるでしょう。
だ が
圧倒的多数の『大人の諸君』、同時に思うでしょ
「限りなく、ほとんどの中学生は、やっぱ中学生だよね(だよねそうだよね)」

●そして更に思い出してくれたまへ
識字率が50%にも満たない中世以前の欧州とかの民衆(やれ異端狩りに明け暮れて庶民のエンタメが広場の絞首刑だった時代)、
「あーなんか未開民族みたいな認識でいんじゃね」
その未開民族って何だそれ?
年齢は十分に大人なんですよね。

※近代において一部の国では(まあ欧州とか)あえて識字率を低くしておいて、宗教系組織が知識を独占するとこでその権威性を誇示した時代もあったよね(ブチ切れしたのがルター)。
■最近耳にする民度の問題ってあるけど、民度って何?

あえて暴言上等で言ってみるけど、
学校のカリュキュラムから脱落してしまった後のDQN率の高さは「なんだあれ?」
(この現象を「どうしてなのか」と誰一人研究してないのは何故?:『退行化』との関連は?)
時に、米国人種問題などに聞かれる「教育の問題」とかあるけれど、
現代逆差別とも言われる(マイナー人種を受験時など優遇する法律:アファーマティブ・アクション)マイノリティ優遇とかで、無能すぎる人材がタイトル取ったとか”その後問題になっているか?”
 ↑↑↑
そ も そ も 暗記能力に傾斜することの多い受検判定って頭の良さと何の関係ある?
(このググってなんぼの時代にさ)

注:言うなら『偏差値』ってのは『共同幻想』技のひとつで階級主義のこと


俺はさ、共産主義を持ち上げようなんざ思わないけど、
単純な話ですよ、
昔の中国でもソ連でもどこでもいいっス、
経済運営などで(或いはインセンティブ誘導で)「得意の計画経済が破綻」したのだが、
それに代わる案は「自由市場(パレート最適)」ですよね。
自由市場に学歴とか関係ありますか?
共産党テクノクラートやノーメンクラツーラって学歴エリートなんじゃ?
(あれれ、共産党国家は人間もバカになるんですか?)
「おっかしいな、日本の戦後も事実上開発独裁だぞ」
そして学歴バカ(Intellectual yet idiot)って何か?
昭和でよく知られた「オバチャン人格」なるナントカ症の発生理由は?
(カリキュラム脱落とDQN化プロセスに似てないか、、或いは前述の「やっぱ中学生だよね」)

→続きを読む

posted by kagewari at 15:49 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月17日

個別に「the ノスタルジー」補足説明してみる

『the ノスタルジー』ってのは俺の造語ってか文字通りそのまんまの概念で、
心理学における『退行化』が「過去に成功したやり方に戻ろうとする心理」であることから、
「自我の時制が過去帰りしている」転じて→「郷愁」=ノスタルジー
だとすれば「強迫心理」的に、
(過去の恩讐や復讐などに拘り続けるのも”自我に与える動作としては同じ”)
 ↓
『退行化』を導くルートの名称を(人気漫画のJoJoに出てくるスタンドの技名っぽく)
ふざけて『the ノスタルジー』と呼んでるもの、
●とてもハマっていると我ながら感心しておりましてww
以降定番の固有名詞的に使用してます。

その病理性は「極度の郷愁はホームシック(家病)」として知られているので、
説明するまでも無いわな、


前述の”導く”ってのがピンとこない人いるかもだけど、
■昭和の刑事ドラマコントの有名な設定がそのプロセスを明快に語ってくれます
刑事「どうだ、話す気になったか」
犯人「俺はやってませんって」
刑事「証拠はあがってるんだ、素直に認めた方が罪も軽くなる」
犯人「だからやってないって言ってるだろ」
刑事「そういえばお前出身は東北の農村だったな」
刑事「今頃はすっかり雪景色か?」
犯人「何の関係があるんだよ」
刑事「お前さ、今頃田舎のお母さんが雪かき苦労してんじゃないか?」
犯人「、、、。」
刑事「今年は行けないけども、1年でも早く帰ってやれよ」
刑事「か〜さんが〜よなべ〜をして手袋編んでっくれタ〜♪」
犯人「(ぐっすん)私がやりました」
 ↑
ベテラン刑事の落としの山さんが使った技が?『the ノスタルジー』

何故犯人がゲロったのか?『退行化』が促され、(リアルタイムに対峙する)『自意識』が後退(直近優先すべき事項などの理性が弱体化)→自我の後退局面に進めば進むほど幼児化するため(究極赤ん坊化)感情の起伏が激しくなり(泣き出した:時制が母を求める幼児心理となる)、刑事の「お母さんのためだ」の一言で自我防壁決壊→自白。

●説明するまでも無く、
『退行化』した先の記憶に「トラウマ級の悪感情を発生させた”ある記憶”(エピソード記憶)」がある場合、(疲れやストレスや直近でうまくいかないことがあるなどにより)『退行化』する度に「当時の最悪の感情が再上映」され、「あの時お母さんが!!!」みたいなネタを大人になっても反復してしまう。
(自分が、落としの山さんで、自分で自分の理性を決壊させているってことだよね)
 ↑
動作の仕組み論ってほどじゃあないが、
・そのトリガーとなるものはさ、たとえばの話「旅行、運動会(スポーツ)、遠足(ピクニック)、クリスマス、学校、遊園地(ディズニー)、同級生、海水浴、結婚がらみのネタ」←挙げればきりが無いと思うけど、ま〜そんな関連事項でストレスになるようなことがあれば、”それが連想トリガーとなり”速攻で『the ノスタルジー』が発動する。←みたいな感じさ、


などなど、そんな感じで、
『the ノスタルジー』は音楽などでも泣かせにかかる(カタルシス狙い)楽曲手法のひとつでもある。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 14:49 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

ちょっとあれがあれなので人種偏見のことも書いておきますか

人種が何である以前に『個人』だから《終わり》


、、、で終わっちゃしょうがないので、
根本的な矛盾というか無理のあるとこ書いておきますか、
(結局、長々とした駄文になってしまった。長文苦手な人はスルーで)

某中国スパイも喧伝されている実業家コメンテーターみたいな某人物がいるんですが、
その中国贔屓の論説は別にして、
凄くわかりやすい解説していましたよ。
(話の趣旨は大人しいから日本人はダメみたいな意味もあるんだけれど)

「人種差別言われるけど、最近の偏見程度の差別なんざ”なんとも思わない”アルよ。だってあれでしょ僕も仕事で米国とか行って普通に差別されることあるけども、だから何ってことなんですよ。やられたらガーッと文句言ってやっつけるワケ、無茶苦茶大声で文句言います。するとさ”ああそうなのか”みたいに向こうも態度変えるからね。中国人はそんなことなんとも思わない。なんかこんな差別受けたからどうとか何をしみったれた事言ってんのかさ、バカなのかと思うアルよw」
(※ズケズケ物を言うし、決断がめっちゃ早いので、実際ビジネスなどの現場で「中国人と米国人は相性がいい」って話も有名。)
 ↑
■問題の本質表しているとこあるんだよね

近代以前の法的に人権無視が制度化されていたような時代とは”違いますからね”。
人種偏見であーだこーだ(法的には人権など保護されている国においてでも)言うってことはさ(個人が人種偏見ある奴を嫌うのはあったり前の話とした上で)、自分を個人である前に”特定カテゴリーの母集団の一員です”と自ら宣言してしまう決定的な矛盾を招いてしまう。

どういうことかって
「俺を個人として誰なんだと見る以前に、俺をナントカ人種としてみなさいな」←自分でこのように言っちゃってしまうことになるんだわ。
時に、この論議は民族や「人種のアイデンティーを否定すんのか?」のような誤解にもなるけど、
それ全然的外れなんだわ、
自分のアイデンティティーなんざ個人情報・プライバシーですよ、
(だって同じ民族やら人種だからって全く同じ概念を共有しているとかあり得ないだろ?←それこそ幻想としてしかそんな論議にはならない。)
 ↑
単純な話です、
それを横で見ている同じ人種の別人が
「おいおい、お前いつからナントカ人を代表したような口が利けるんだ、俺は全く違う考えなんだが」言われた瞬間アウツじゃん。
 ↑
●現代で進んでいる”特に欧米リベラル同調圧力のヤバいとこ”は、そんな異論があると(何人であろうが)「レイシスト」のレッテルを貼って猛抗議するため(彼らはレイシストに対しての暴力は肯定されるとまで言うからね)。
企業なんかは妙な不買キャンペーンでもやられては叶わないと(実際テロ行為みたいなこともあり得るからね)、しっぽ巻いて「おおせのとおりです」なんて事ありますが、
思い切りヤクザの総会屋に絡まれた時の対策じゃん(笑

→続きを読む

posted by kagewari at 08:11 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

世界的にWW2は終わっていなかったのではないか論として見た時

大胆に今後を予想してみる(この前ちょこっと書いた奴の続きですよ)、
■ヨーロッパに関して、
米国はNATOから手を引く(ロシアは大幅な核軍縮に合意)、
EUは事実上解体、
米国曰く
「めんどくさいから、独ソ首脳会談で大枠決めちゃえよ」←結局当事者はここでしょ
(次項にあるように、中東のオイルが止まる可能性あるので、そこはロシアにとって有利)


■中東に関して、
米国は「とにかくイランが再び親米世俗化革命でも起きないかとひたすら待つ」、
(その間はサウジとイランの均衡の中、戦争でも何でも好きにしてくれと)
トルコはロシアと手打ちをして、米国同様に引き気味に傍観。
イスラエルはいつものように時々空爆(イスラエルに宣戦布告できる国は無い)
いつかイランで世俗化革命起きたら、
(イスラエルとの和平を条件に)米国は全力でイランを支援する(自動的にイラクもアフガニスタンも安定する)。
『アラビア半島はサウジ、大陸はイラン《ペルシャ》でいいじゃない和平』
(日本に対してはこの間、「中東の石油依存しなくていいよ、米国のシェールオイルで100年保証するから」と日米石油協定を締結→ヨーロッパはロシアが保証:世界が全力で中東を地元に任せる)

(次項にあるように、中国がグダグダになるからこの話に中国は介入できない)


■中国に関して(ここが本題だけれど)
米「香港はとにかくみんな逃げてくれ、それから香港の銀行は潰すから」
(台湾・英国に大量の移民の後、無血で香港に解放軍が入る)
米国は「台湾死守を明言」
何気に日本に対して台湾防衛の圧力(これはプロレス)、
このまま行けば日本が台湾防衛の方針なり協定などに及ぶかもしない情報を流す、
重要な事だけれど、米国は議会で台湾防衛に陸上戦力を出すことは無いと明言(暗にその場合陸上戦力として投入されるのは自衛隊のことであると示唆)、
はっきり言って中国軍部は日本と戦争して勝てると思っていないので、
日米でおかしな動きがまとまる前に(親中派市民の保護を建前に)台湾進攻を決める。
 ↓
実は、台湾海軍は必ずしも解放軍とのガチの戦闘を前提にして”いない”。
(実は台湾軍の元祖は本土の中国”国民党軍”なんだよ→正式な独立台湾の国軍とは言えない微妙な立ち位置。)
中国の工作などで(軍は民進党総統の命令に従わず)、ほとんど抵抗も受けずに解放軍艦艇が台湾に入港、
上陸部隊と、台湾治安当局が睨み合いで膠着状態に。
(デカい揚陸艦も無いので上陸する戦力は僅かだが、空母戦力などにより事実上無血で台湾軍事進攻の既成事実化に成功→国際世論に対しては”軍事進攻などでは無い、自国に停泊しているだけ”と声明)

<<<<その先のシナリオも考えたけど、「空想が過ぎる」のでやめておく>>>>

→続きを読む

posted by kagewari at 16:45 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
Amazon












































タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0