2021年02月23日

プリン10倍返しの法則を、より詳細に分析してみる(反動形成論)

このたとえは頻繁に登場し、このブログでは半ば専門用語化しているがw
まず原則論をおさらいしておこう
「プリン10倍返しの法則」とは?

子供時代によくあるシナリオに登場する以下シーン
・後で食べようと大事に冷蔵庫にプリンを取っておいた
・誰かが確かめもせずに、その大事なプリンを食べてしまい
・冷蔵庫を開けて愕然「食べたのは誰だ」
・ごめんごめんでは済まされない(明日買ってくるから”もちろん却下”)
・10倍返しに相当する高級プリンでもなければ釣り合わない
 ↑
このように、一次的欲求がなんらかの要因で阻害され、
反動化すると【何故か欲求にレバレッジがかかり10倍化する法則】のこと

しつこいようだが、本質的欲求(合理的食欲)は「冷蔵庫のプリン一個」だ、

●言い方変えれば「恨み骨髄法則」だとかさ、「倍返しの法則」だとかさ、
欲求が反動つけて肥大化するので「反動形成」と呼ばれる。

<<<「なぜこんな事が起きるのか?」今回はこいつを詳細に分析してみようと思う>>>

まず重要なとっかかりとして、10倍化して得することはむしろ少ないんだわ←ココ重要
1実現性が低下する
2食いきれない
3実際は10個並べてもため息しか出ない

じゃあ二次的利得があるってことか?(たぶんそれ)上記1〜3を全て展開してみる
1実現しないから一生恨み節として使える
2食う気などない10個返せと言い続けることそれ自体に意味がある
3本当に10個食いたいワケがないだろ、ちょっと考えればわかること”嫌がらせかよ”


■最大の誤解は心理学的原則「結果論などには最初から意味が無い」だ
そもそも人類ヒト科の過剰な欲求には”最初から根拠など無く”(本能から切り離された動物としては妄想めいた欲求を実現する原動力になってる)「空腹だから食欲」のような目的の関連性が一体では無く(極論すれば何がしたくて猛烈なモチベーションがあるのか自分でもわからない)、何のためにやってるのかもわからない欲求なので、既に「手段と目的が逆転する根本的矛盾を抱えている」。

端的に言えば
過剰な欲求で意味不明に大暴れしてしてみたり、意味不明に食料備蓄してみたり、意味不明に超長距離遠征してみたり、意味不明に巨大神殿作ってみたり、←このような作業の中で実質的に意味あるのは「食糧備蓄」の1個ぐらいなんだが、この場当たり的過剰作業で”いい線引いた部族が生き残る”って「文化の適者生存みたいな流れ」で、生き残ったのが現在の人類であって、
素で言えば”手段が目的に適う的中率なんざ10分の1もあれば高確率なぐらい”の話、
(こんな遠くの関連性をDNAレベルで予定できる筈が無いので人類は「本能の壊れたサル」と呼ばれる)
・結果人類がどんな手法で”欲求の代謝”を確認するのか(完了したと認識)
これが”快感代謝”だ、
「これだけ『興奮』したからこそ、こんなトンデモな動機形成が可能で、やってるぞー!!と」←ここまででOKなワケ(結果との関連性無いから)、→つまり「ドカーンと『興奮』獲得すると、カタルシス効果的にきっと大変な動機形成が行われたな?じゃOK」という確認方式となる。
 ↓
<<<そんなバカなと思う方多数だと思うが>>>
 ↓
■人間の欲求不満解消のプロセスを観察してみよう

「あーもんもんとするよな、酒でも煽って大騒ぎしようぜ?」←これ意味のある生産的行動ですか?
「公道で大爆音出して迷惑走行しようぜ!」←これ意味のある生産的行動ですか?
「河原のホームレスに天誅!って石投げてブチ〇そうぜ!」←これ意味のある生産的行動ですか?
「父さんな30年ローンで5千万借りたんだ」←これ意味のある生産的行動ですか?
「アタシぐらいになると〜、デパートの〜外商使って〜ぇ」←これ意味のある生産的行動ですか?
「今日はみんなが待ち焦がれた男女混浴裸祭りだっ!」←これ意味のある生産的行動ですか?
「父さんね、今日だけはと思って松坂牛を買ってきましたーー!」←これ意味のある生産的行動ですか?

と に か く 大『興奮』して ワケのわからないことでもいいので 動機形成ができればOKなんです
(前述のネタ、その後の顛末が成功したのかどうか?【全く関係が無い】とこが”超重要”)
なんてか「手段と目的の逆転ほどではないが」そもそも目的の合理性が指定されてないんですもの(生物学的に)、
手段の物凄さで目的を類推するってのかさ、、そういう生き物なんです(ヒトって)、
「こんなに頑張っただから」みたいなね、

→続きを読む

タグ:反動形成
posted by kagewari at 04:59 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月22日

第4ラウンド(Make America Great Again)「やっぱりAOCか」

NYの若者に人気の(米国では美人とされジャーナリスト山口氏情報によると書店でも唯一売れると言う)オカシオコルテス下院議員(AOC)が、NY州クオモ知事の(死者数隠ぺい事件)調査を支持する表明。カナダ人ニュースによると、このクオモ告発してるのはNY市のK国系民主党市会議員であり(親族がクオモのせいで亡くなってるんだって)、クオモが彼を脅迫した件まで報道されている。

事実上「クオモは詰んだ」

NY市の共和党議員は知事の弾劾にまで言及しており、これに民主党議員も協力する動きを見せている(影響力の大きなAOCが反クオモ知事で動いているのは大きい:ちなみにAOCは保守派の一部からも憎めないと人気がある。現在テキサスでもボランティアやってます←これは子供とバカンスに行ったと批判されているテッド・クルーズへの当てつけだと思うw)。
AOCはAOCで1月6日の件で嘘ついたネタで絶賛炎上してるんだけど、、、(この件薄めるためにもクオモをターゲットにする判断は合理的だ)

下手すっとトランプ叩きができなくなって「トランプロス」とも言われる現状、
左翼メディアが(AOCを梃子に)こぞってこのネタに食いついてくるかもしれない。

バイデンのコロナ対策ボロボロ/就任以降の死亡者数は10万人、死者数隠蔽のNY州知事クオモは民主党からも完全な調査要求
http://totalnewsjp.com/2021/02/21/biden-78/



バイデン終わってる件は(わかりきってて)ニュース価値下がってきてるんで、
今、注目なのは「CA州のニューサム知事リコールと、NY州クオモ知事事件」でしょう


オマケ的には、バイデンすっ飛ばしてカマラ・ハリス副が大統領気取りで外交始めているが(気の合いそうなリベラル系首脳《カナダ・トルドー、仏・マクロン》)、彼らってバカじゃないってか(トルドーは怪しいが、、、)、結構中国と揉めていてシリアスな判断求められてる状況なので、こちらも「ハリスお前何言ってんの、てか今の発言は米政権のものって判断でいいの?(バイデンどこ行った)」な展開も予想されるんだよね。「勝手な発言が国際問題に」←までがお約束な気がする。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

posted by kagewari at 21:50 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月21日

第4ラウンド(Make America Great Again)いよいよトランプ始動


24日から開催されるのかな、
トランプ大統領(米国では元大統領とか前大統領とかはあまり使わずそのまま大統領と呼ぶのが普通)が保守系団体のイベントCPACに参加し、最終日28日に登壇する。

CPACってのは(信用ある時代のくららで渡瀬氏が詳しく解説している)、保守系の経営者やらがくだ巻きながら「最近の減税はどうなってんだ」と反省会をする(日本なら十分ナントカ結社的な)保守系団体のことで(テーマはいつも減税)、政党的にはリバタリアンに近いのかなって側面もある有名なイベントです。
”Conservative Political Action Conference”


「そんなことでくだ巻くのでは無くて、米国経済団体として民主党のアクトブルーに負けない献金団体として活動しろよ」って過去記事に書いた保守系団体のことです。
CPACでの評価は、共和党における大統領予備選にも大きな影響力があるんじゃなかったかな、
(日本における類似例には、昭和の日本軍遺族会が近いかもだけれど、おいそれと”それと似ている”って話では無く、政治との関係性としてはそれっぽいかな的イメージってこと。:米国には別途”退役軍人会《ベテランズ》”ってのがあるからね《ちなみにベテランズがトランプ陣営支持団体のコア》→軍人故に無駄な戦争大反対であり中東からの撤兵を主導した。)


このフロリダ州で行われるイベントに、トランプ大統領個人だけでは無く、当時のホワイトハウススタッフ引き連れての参加になるようで、非常に注目されます。

(トランプは先日保守派論客訃報時の電話インタビューで次の大統領選出馬などの言及をせず《今はこの件は黙っておく的に》、CPACでも慎重な演説になるのではなかろうか。)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 17:42 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月20日

ネタバレ崩壊とノスタルジー聖域のナンチャラを復習しておきますか、

ネタバレ崩壊したほうがよさそうのは「黒歴史」
ノスタルジー聖域もいいかなってのは「珍しく登場した『自意識』マターの記憶」
【というか後者は”確信犯的記憶”なのでネタバレする余地がない:崩壊しない】
 ↑
ざっとこんな分類だよ、
前者ってのはさ”いわば俺じゃないから”的言い逃れしたい気持ち120%でしょ
(あの時は誤解してたんだってみたいな、あれは勘違いなんだからねみたいな、ホルモンの関係で自己愛が変なことになっていたなどなど)

後者ってのは「その時から存在していた”中の人”『自意識』マターの歴史」
こいつは(確信犯的保守論じゃないけれど)自分史というか”今に至る経緯”であり、”考え方の変遷”だから大事でしょ。→そもそもあーた「ノスタルジー聖域」=保守ってことだから、
だって、これ忘れるとさ、
「いやいや、新しい考えとかお前、同じ事10年前ににも言ってたぞ」←これ頻発するじゃんww
てか、確信犯的記憶なので、ネタバレも何もバレバレなのでネタバレ崩壊もしないのだよ。


●子供時代の『自意識』マターを定義するのは難しい一面あると思うけど
そもそも恒常的に強迫的心理状態(”社会的子供差別R指定”や”家幻想”などの枷のこと)にある子供でも、ふとしたきっかけで「うっかりそれが外れ(空気などもまったく読む必要も無く・同調圧力も意識せず)自由に本音を言ってしまった場面」のような解釈でいいかな。


<これまたお叱り受けそうな表現になるけども>

映画には『刑務所脱獄もの』ってジャンルがあるじゃんか、
だいたいそんな映画にも(主人公は日常的にひどい目にあっているのだが)あらゆる監視から偶然逃れるふとした休み時間のようなスポットで、主人公が素顔を見せる一瞬のシーンとかあるでしょ。
 ↑
こういうのは「保守するのがベターなエピソード」ではなかろうかと、
(子供の事例で言えば「その時は一瞬自分が子供であることも忘れていた」的な、)


すべからく、
何らかの圧力でえらいことになって、ワケのわからない騒動がどうとか、
そういうネタ【主として未確定事項】は反対に「ネタバレすべき事項」となる。
 ↑
なんかネタバレすると忘れることみたいに勘違いしてる人いるかもだが、
チゲーからな(エピソード記憶を解除するだけだから)
ネタバレ崩壊とは、「またやらかしたな」という上書きアップデート処理するってことなんで
類似する上書きアップデート処理が何度も重複していけば(フォルダ構成も変わり)、
個別のエピソード記憶では無いが、「教訓としての(概念それ自体の)エピソード記憶」になるからね。
(「俺はそういうことをよくやらかんすんだわ」と、)
ネタバレ処理後、エピソード記憶ほど速攻再現できる領域には無いが、教訓ネタフラグ(よくやらかす失敗)を一段踏むことで(連想)その下のツリーに並んでるから、
処理後も記憶を呼び出すことはできる。

→続きを読む

posted by kagewari at 17:28 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月19日

「エピソード記憶」と連想の仕組みがイマイチな方へ

わかりやすく言えば、
・セブンの総菜コーナーで廉価なケーキを買って
「けっこう美味しかったね」←商品名すら記憶できない(これはフラッシュメモリー)

・子供時代の何回目だかの誕生日、母の説得を無視して意地を張ってとっちめてやろうと起きていたのだが、間に合わず深夜(翌日)に帰宅した父がすまなさそうに手渡してくれた「〇×▽◇のこじんまりした〇〇ケーキ」が衝撃的に美味しくて、
「私は二度と忘れることは無いだろう」と思った←これが「エピソード記憶」

前者は(1週間は記憶維持されるので)
「数日後、セブンで”これ美味しかったね”と思い出し、また購入した」←ぐらいだが、

後者は(なかば永久に記憶保持されるので)
こういうシーンとして表面化する(はい上記人物が今大人になり子供もいるとする)
ある日今日の食材の帰り道で、改装中だったダメパン屋が「〇×▽◇のケーキ屋さんになっていた」
何事か言いながら手を引く子供が泣き叫んでいるようだったが、まったく耳に入らず、
私はその新装ケーキ屋さんの前に立ち止まっていた。←これがエピソード記憶”まずベタ連想な”


<<<勿論心理学的テーマになるのは後者現象の派生やバリエーションとなる>>>

・OLになって間もないころ、女子会友人の〇子が彼氏から「〇×▽◇のケーキ」を貰ったというのだが、何があったの知らないが〇子はそれを酷評しており、→その日私は〇子と絶交することを決めた

・いつの話だっただろうか、よく覚えてないが、関係悪化がすこぶる捗っている〇〇部長がある日「昨日は言い過ぎたすまなかったね、これ取引先の〇〇さんからだって」と渡されたスイーツの味が、僅かに「〇×▽◇のケーキ」と似た味がした。今私が〇〇部長の愛人になったのはアレがきっかけだったのかもしれない。


●などなどですね、「エピソード記憶」とは、その後の「快感代謝」や『興奮』に関連する<ひな形>みたいな機能をするワケ(超ダイレクトな事例としては”パブロフのイヌ”で想像してくれたまへ)
 ↑
連想ってのは「関連フラグ」がそのトリガーを引く仕組みだよね、
過去の記憶から「ナントカ・カード」を召喚して、当時と相似する『興奮』体験が再現されるモデルです。

同様にこの現象と、「PTSDとフラッシュバック」を重ねて考えれば、
よく似ていることが、そう難しく考える事も無く誰にでもわかると思う。
(なんかね、あんまり言いたが無いが、ユングはこの現象をやれ原型だ宗教的象徴だみたいなオカルトに流れちゃって《曼荼羅まで登場する始末》「お前は何をやってんのバカなの」状態に陥っていく、、)


<<<ネタバレの仕組み(これあくまでお話だからね)>>>>

以下は極端などんでん返しで話をわかりやすくしているが、
「子供の見た公園は実物より広く認知される法則(大人で行ってみたら狭くてビックリ法則)」
上記に代表されるように、
子供時代の記憶は普遍的に・確実に「盛られて偏向している」
ネタバレされない子供時代の記憶は無いと思っていただいても構わない。
(自らノスタルジー聖域として保護対象とする場合を例外に)
しつこく繰り返しますが、ガキってのはさ、
「サンタクロース信じてたり、着ぐるみ戦隊モノで大興奮するほどリアリティーの無い人達」です

と、そんなことはともかく
「そのネタバレ現象とはいかなるものか言うと、」

→続きを読む

posted by kagewari at 16:47 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月18日

第4ラウンド(Make America Great Again)「もう民主党にガタが出始めて」

このブログ読んでる方なら、NH州知事のクオモが高齢者の死者数偽造で現在トンデモになっていることをご存じだと思うが(身内のNY州民主党議員からも州知事権限剥奪法案出される始末)、
事がおかしな方向いけば、CA州のニューサム同様にリコールされるかもしれない。
※ちなみにCNNのキャスターが弟だっけか?なクオモはコロナ感染している高齢者を半ば強制的に高齢者施設に入院させるという最悪の政策を実行して多数の死者を出している。
(なんかトンチンカンなシンクタンクのアドバイスに乗ったらしい:興味ある方は「カナダ人ニュース」チャンネルがこの辺詳しく報じてます、トピックは以下リンクから自分で探してくれたまへ)
https://www.youtube.com/channel/UCtMcFmuTmrXpdTAMnr25xdA/videos

●クオモを褒めまくってた(CNNが提携関係なんで)テレ朝はこれどうすんのさ、
特に玉ナントカさんとかよ、


■そしてホワイトハウスでは、バイデンの許可があるのか無いのやら、
勝手に副大統領のカマラ・ハリスが外国要人と(大統領気取りで)電話会談をはじめ、
当のバイデンはCNNでワクチンがらみの嘘を吹きまくってしまい、
「認知症も相当ヤバいのでは」と言われ始めている。
(てかこれは認知症では無く、ガチの嘘なのかも知れない。同じような話を《12月から絶賛接種が始まってるのに、トランプは全くワクチンを準備して無いとか》カマラ・ハリスも平気で発言しており、仲間のCDCのファウチから「嘘だと思う」とか言われているレベル。)

加えてバイデンは、香港とウイグルの問題を文化的違いだからと容認した(CNN)
●トランプが無視したウイグル問題を非難するバイデン政権とか嘘ついた池上はこれどうすんの?


1月6日の件も、検証の公聴会が開かれるらしく、
DC警察の(当時民主党関係者から追加警備を断われている)担当者が出席するとかしないとか、
下手すっと、下院院内総務のペロシが事前に知っていただのって話に展開するかもしれない。

前段のワクチンがらみのバイデンの「ガチの嘘」は、
これもガチで、CNNは報道しない自由で強烈スルーしてんだけど、
(それで庇ってることになるんだろうか、、)
仮にだよ、NY州クオモの件でCNNにもこれ飛び火したら大変なことなるぜ(死者数隠蔽に加担したとかよ)。現状の雰囲気は”開き直る”ってことなんだろうけど、
それで当事者の気持ちはよくてもさ、
「幾ら左翼支持の視聴者の頭もどうかしているとは言え、そこまでイカレて無いだろw」
(流石にちょびっとぐらいは「なんかインチキだね」ってさ、、実際NY州議会の民主党議員が問題だっ騒いでるんだから。)

●トランプ大統領も、なめた口きいた上院院内総務のマコーネルに激怒しており
「上等だ、次はお前のとこに刺客候補絶対擁立するから見てろ」と厳命、
(てかマコーネルはそんなふざけたこと言ったから大怪我してたんじゃ?)

何やってんだか知らないけど、
 ガタガタですやん
トランプ陣営としては、クオモ知事の権限剥奪法案出してるNY州議会民主党議員に注目してると思う。流石に味方に引き込むことはできないかもしれないが、地元の反対押し切ってクオモが再選立候補する場合、かなりの民主党支持者がこれに反対する可能性があるからだ(投票棄権するとか)。

うまくことを運べば、NY州知事というデカい椅子を狙えるかも知れない。
(それで大統領選でNY票と取れるってワケじゃないが、仮に知事に当選し地元政策で実績積むことで実直に票を積み増しできるなら?ワンチャンぐらいあるかも知れないじゃん。事実トランプ陣営はCA州知事も狙いにいくだろうからね。)

※前述のさ、トランプが『共和党』主流派のマコーネルと対決している図ってのは、どこかでそれと戦ってきた民主党の一部と利害が一致するかも知れない。有能な選挙アドバイザーがいれば「何かの取引材料」にもなると思う。
今回左翼リベラルが『共和党』主流派を味方に抱き込もうとしたのは悪手なんだよ、、
結果としてそれは(民主党内分裂の誘因など)トランプ陣営を利することになるような気がする。
そういう根拠無しに、トランプがいきなりマコーネルに喧嘩上等の表明しないだろう。

まずはCA州のニューサムのリコールが成立するかだわね、
(ニューサムはコロナ対応では《クオモと対照的に》トランプと意見交換していたらから、左派からの批判もあったと思うのね。だから200万もリコール票が集まりかけてんだと思う。←ここでも左派分裂の動きがあるのだろうと、)
新知事選挙となってトランプの応援演説があるとなれば、そら目玉になりますわな。


posted by kagewari at 19:23 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国大統領選で表面化した「ポリコレ全体主義」

ポリティカル・コレクトネス:political correctness(政治的配慮)
俗称PC、ポリコレ
(ポリコレで特定政治家などを非難する行為をゲバ棒になぞらえて”ポリコレ棒でボコボコに”などと呼ぶ場合もある。ゲバゲバの”ゲバ”は60年代学生運動時の「独:Gewalt《暴力》」ゲバルトの略、)

これが顕著になったのは、ブッシュ政権後期あたりからか、、正確にはわからないが、
米国でクリスマスという言葉が特定宗教を示唆するとして使用禁止になり、「ハッピーホリディ」など謎の言い回しに変えられたことなどから保守派が問題として取り上げ始めた。
(というか、ようやく危機感を持った)
(就職時の面接で年齢や人種の質問がNGなのはもっとそれ以前からだったと思う→それが今後は性別の質問もNGになるのではないかしら)

※皮肉な事に、クリスマスはキリスト教となんら関係が無く(日本の神仏混合よろしく)キリスト教布教の折に、地元宗教行事を取り込んだものでw、元ネタはゲルマンのお祭りと言われている(もぎせかが皮肉ってたが「中東にもみの木やトナカイがいるワケネーベ」って話)。
ちなみにハロウィンもキリスト教となんらの関係も無い(これもゲルマンの土着宗教収穫祭らしい)
(クリスマスもハロウィンも喧伝されているストーリーは全部デッチアゲですww←クリスマスもハロウィンも現代キリスト教の「サブカル」なんだよ、)

●つまり、二重の意味で「ポリコレでクリスマス禁止」ってのはマヌケな話なワケ、

この類似例の笑い話が先日発生しまして、、
選挙で票を落としたため、下院院内総務の首があやしくなったナンシー・ペロシが左派過激派の票欲しさに、議会で「性別を明示する表現の禁止」を打ち出した(本人が即日これを違反するオマケ付き)、
性別を示唆する「父、母、息子、娘」などの表現禁止だ、
うんで、
ここから笑い話なのだが、
キリスト教でよく登場する「アーメン」とはヘブライ語であり、
アブラハムの宗教において「本当に」とか「然り」という意味で、男性名称のmenとは全く関係が無いのだが(英語ではamen)、
暴走族の当て字じゃないけどさ、
ペロシが「amenが男性名詞を想起させるから、awomanがあってもいい」とかそれっぽいこと言ったら、配下のものが何かの役職の宣誓で「アーウーメン」とか言っちゃつてさ、
言い出しっぺのペロシが爆笑みたいな話があった。
(まあ、ある意味バカ丸出しだったという話で)

すっかりこれがネタとなり、保守系界隈では、
「PC的にはラーメンは、男性名詞をうかがわせるので、これからはラーウーメンも無いといけないな」とか言われる始末。

→続きを読む

posted by kagewari at 13:41 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月17日

「エピソード記憶を疑え」番外編「”性差”とはなんぞや」

以前書いた導入部分の引用から
<引用長いけど我慢してくれ>

”男らしく”や”女らしく”などの概念は言ってしまえば「でっち上げのデマ」なんだが(根拠はパッと見で決めた程度のもの)、
●子供のプライバシーにはエディプス・コンプレックスが関わるだろ?
「大人相手にこんな場面で逆らっていいのだろうか(嫌なのは確かだけれど、その理由の説明が子供の朝知恵を超えずに”我ながら恥ずかしくて”言えない)」←こういうことが”起きる”ワケ、
でー、困ったことに”女らしく”概念の一丁目一番地は?「おしとやか」だろ?
 い き な り 『抗(あらがう)』 封じ か よ !
ある意味これが最大の女性差別なの、
近代までの『共同幻想』社会の場合、女性本位制とは言わないけれども政略結婚だとか、誰の嫁にするのかは家父長の権限だったりした。→の延長戦として近代以降の昭和においても「社会として一般職をお前の嫁に斡旋する」みたいなインセンティブだったワケ、
(あのねこれ一方的に男性社会だったということも意味しない、選択権が無いのは双方だから)
 ↓
これがうまく回ったのは、男性の性的衝動は(エロネタとして)わかりやすく表面化してくるため、
「男を釣る方が簡単」なので、男性社会にして女性を褒美にすればバカ男たちが”なんでもやる”という構造”に至るワケ(反対にやるとうまくいかない女性の性欲は男性に比べ”わかり難い”からだ)

そこまではいいとして<よかネーけど>
メンタルを考える場合、男性に比べて女性の方が「奥ゆかしくていなさい」的にさ、男性シンボルのようなコンプレックスは起きないが(”お前も社会のビッグになれ”妄想)、あたかも『抑圧』そのものを正当化するような概念が刷り込まれるじゃん。
=するとどうなる?(女性の方が『抑圧』が効きやすい)
自我構造上、女性の方が「プライバシー領域が大きい」ことになる(それは=能力制限)、
女性のプライバシーエリア>男性のプライバシーエリア
女性の『共同幻想』<男性の『共同幻想』←●この図がさ、男性の方が社会性関心度が高いなどと錯覚されたのさ。

同時にさ●女性の方が我慢強いなどと錯覚されたのさ
(『抑圧』上手に刷り込まれているから:出産伝説の部分もあるけれど)

もっと簡単に言えば、女性は子供時代から
「人に言うんじゃないわよ」って事項が刷り込まれ、そういう概念も入りやすいワケ、
(男性は荒事担当だからみたいなパッと見合理性も《実はその根拠はいい加減》、子供の方がより響くだろうから。)

■こんなこと言うと全方面から叱られそうなんだが、、、
根拠のある話だからまっいいか、ままよで書くけど
・何らかの事情で欲求不満があるとき(そこに退屈とう病で動機形成が全く行われないと、構造的に欲求不満は無限に蓄積してしまう→これが「退屈したら死ぬ病」だ)

<<わかりやすくするために『共同幻想』用例で説明する(選択肢がパターン化されるから)>>
・男性はかなり広範囲の欲求不満を性欲がらみのエンタメで代謝できる(男性は自分にとってもわかりやすい『興奮』エンタメネタを内蔵している)
・女性は広範囲な欲求を、女らしさみたいな枠内で代謝を求められるが(この局面は男性より幅が広い:最初から広義的だとも言える)自分にとってもその『興奮』エンタメ要素がわかり難い
 ↓
ズバリ言えば以下の図だ
男性の性風俗やエログラビアなどエンタメ>女性のコスメ・グルメ・ファッションなどのエンタメ
(男性に比べて、女性のがわかり難い分《自分にもやった感が響きにくい》行為そのものがエスカレートしやすい→これをマーケティングで”女性購買層”とかの論議になるワケ)

論理的にさ(子供時代の刷り込みに大きな原因があるのだが、男性と女性の個体に生理的な性能差があるのもまた事実なので、それで全てを語ることはできない)

「男性に比べて女性の方がメンタル的な課題を抱えやすく、女性の方がプライバシーエリアも大きいため、話せずに抱え込む傾向も強い(但し男性と違いその抑圧には権威の重しがかかっているのでは無く、広範に抑圧せよが常識化しているだけなので”キッカケ”さえあれば、男性より女性の方がプライバシーエリアを話す事の抵抗は少ない)」

→続きを読む

posted by kagewari at 14:09 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第4ラウンド(Make America Great Again)「パトリック・バーン」

私財を投じ調査を続けているパトリック・バーンのハッカーチームがかなりの証拠を集めつつあるようで、詳細は非公開だが、国別の「票書き換えアクセス」を発表している(現在のとこ200万票前後まで裏を取ったとのこと)。過去に紹介した彼の回顧録でご存じのように、彼はトランプ弁護団のジュリアーニと反りが合わずにシドニー・パウエル弁護士と動いている、
つまり、この辺の証拠はシドニー・パウエルが起こしている訴訟で今後登場することになりそうだ、

詳しい話は割愛するが(また速報はコピペのできない保守系ニュースbonafidr.comなものだから)
動画で公開された資料には、集計の比率(どちらに何票、どちらの何票のパラメータ)などが明示されており、「小数点以下8桁まで同じ」みたいな話も出ている。
(興味ある方はニュースサイトでチェックしてくれ https://bonafidr.com
●前から主張してきたとおり、この”比例配分の操作”は昨年だかのK国国会議員選挙でも行われており(複数地域の比例票比率が全く同じという数学的にあり得ない珍現象が発生)、集計機器の問題では無く、投票結果の操作手法として”業界内でよくやるベタな手法”であることがわかる。
 ↑
以前から思っていることだが、この動きは世界的に拡散していると見るべきなので(1社の投票機に限った話では無い)、K国の国会議員選挙不正問題は(国際的問題として)もっと注目すべきだったと思う(米国もね)。←ここはトランプ政権「K国をなめた」というか軽視し過ぎたな、
(てかジュリアーニはこの辺が苦手と言うかさっぱりなんだよな。米政府筋的には”サイバー・インフラセキュリティ庁”:CISAが敵方だったのが致命傷となった。)


それらの不正を同じグループがやってるって【意味では無い】
【その筋の業界手法として定番になっている】って話です。
(大手メディア”世論調査のDATA操作”をイメージしてもらえるとわかりやすいかも→彼らはそれを不正と思わず日常的に行っている)


●不正の手口を誰とわからないようにバリエーションを持たせるとか不可能だから、
「バリエーションって、、、狙った候補を無理やり勝たせる不正」なんだから(笑
(わからないようにしてやるってことは、間違えて狙った候補も負ける場合のあるランダムな部分があることになるが、「負けてたら不正の意味ネーじゃん」)

ある意味PCやネットの世界で一番難しいのはDATAの完全な消去であり、
(あーたSSDの物理フォーマットやったら何時間かかると思ってんの)
腕利きのハッカーを集めたのだとしたら、削除されたDATAなら相当レベルで掘り起こせる。
裁判を有利に運べる水準の証拠となっているのかだな、

1州でもいいから選挙結果を覆す裁判結果が欲しいものだ。
(その瞬間左翼のケツに火が付く「トランプ勝利を頭から陰謀論として否定できなくなる」)



posted by kagewari at 12:08 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
Amazon












































タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0