2020年12月21日

リクエスト関連(猫好きさんの”続きだってさ”)

猫好きさん
>ちなみに私も猫の保護活動をしてるからこそ思いますが。
>あなたは何故猫の声を聞かないのですか? 猫のためだけに他の動物や生態系の問題は無視ですか?またそれによって被害を受けてる人もいます。猫を外に放ってる時点で迷惑かけないなんてことはないんです。


■「だからどの生態系が自然だの抜かしてるのはお前の主観だろ!」と言ってんの
ニンゲンもサルなんだぞ?
夜の摩天楼もアリ塚も同じ自然だ、
お前さ、人類ヒト科も生態系の一部なんだけど?
ニンゲンが拡散した行為は自然現象だ(火山の爆発で環境が変化するのも人間の経済活動で環境が変化するのも同じ自然現象だっての)、
だったらアユの放流しているような”人為的操作”している組織に批判の電凸でもやってくれ
自然保護の名目で、野生化したネコを駆除すべきなんざ論議も人為的介入じゃないのかね?
誰の承認でその決定権を貰ったと証明できるんだ?

「それも人為的な関与」だろが、←たとえば民主主義とリバタリアンの関係で論じるなら”人為的な関与は少なければ少ないほど良い”となる(リバタリアンの国家の関与は少なければ少ないほどよい)、ネコを自然界に広めてしまう人為的操作は悪で、広まったネコの駆除は正義だって話は「どこそこ増税はいいがどこそこ増税は悪」みたいな論議になる。←これはご都合主義であって、
仮にあなたがナチュラリストを自認するなら矛盾してると言ってんの。
(下段に記載しているように”ご都合主義”でも民主的な合意があるなら”その考えは否定しない”と俺は言ってんの。→この場合そんな自分をご都合主義と自認していることがポイントで、何やら正しいことを言ってますみたいな態度を他者に関与する形で主張するのは”単なる傲慢”だろ。←●勿論あなたが自分のサイトでどんな主張をしようが自由だし関与するつもりもありません”見もしないから”。)

経済学で言うところの政策的関与を可とするのか、全て市場に任せるのかって古典派的考えになるのかって論議も同じ、インフレ対策やデフレ対策に「善悪持ち込んでどうすんの」って、
”自然自然”抜かすなら「神の見えざる手」に任せることこと自然なんじゃネーのか?
それを”自然放任”ってんだから、
(俺は社会の合理性で様々の”理不尽”な政策なりが論議することはあってもいいと思っている。それが民主主義だから。しかしだ、やれ何が悪だ何が正しいだの抜かす話には同意できんと言ってんの。)
 ↑
里山のご都合主義で猟友会のみなさんが鹿の間引き猟するのも”そういうこともあるだろう”と、否定はしない。
あなたの意見も同じさ(あなた好みのバランスを勝手に”これが自然だ”と定義しているに過ぎない)、
「特定一派の自称自然愛好家が、そいつの主観で”なにかにを保護すべきだ”」と抜かしてるだけに過ぎない(そしてそれを俺は否定していない)、それが多数を形成すれば政策的動きにもなるだろうが、
「それが正しい行いだ」みたいは発想は(宗教じゃあるまいし)どうかしてるぜって言ってんのさ。
(それがその土地の習俗なら『共同幻想』だから「ここではこれが正義」って台詞でいんだけどさ)

■ヒトが介在する行為にイチイチ善悪の点数付けるってのは、奢り以外の何物でも無い。
(神様気取りか?)
合理性は論議できる(意味の無いことを止めることには自然現象としての指向性があるから)
しかし、いい悪いにからめて論議すれば「それは宗教だ」、
(しかも「表現の自由」を規制するような話を善人面してよく言えるもんだっての)

→続きを読む

posted by kagewari at 07:39 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエスト関連(猫好きさん”続くんかいっ”)

猫好きさん
>アドレスなおして頂いてありがとうございます(リンク先をスペースなしで入れるとエラーになるもので)。私もTNRや地域猫(全ての猫を去勢避妊することが条件)の効果を全て否定はしません。ただそれは猫を引き取るのに限界がある場合の苦肉の策であり、全ての地元住民が全て合意、納得してもらう上で、地元住民主導の元でやることが条件です。またそれに甘えて猫を捨てにくる人がいるので常に監視の必要もあります。あと奄美大島の野猫問題はTNRしてたら希少種絶滅にもなります(続く)。

■だからね(全文掲載してんだから十分でしょ)
私 を あ な た は 構 造 的 に 説得 で き な い んだってば
(あなたの論旨は誰でも思いつくことで、私も十分承知した上で「そういう人もいるよね《そういう人もいていい》」と決着がついてんの=私の考えもあなたにとっての「そういう人もいる」なんだってばよ)

オーストラリアのウサギの話知ってるか?
(最近評価ダダ下がりの上念が言ってた話だったかなw)
オーストラリアには本来サモア・ポリネシア系の原住民(アボリジニでいいのかな)がいた、
そこに英国が主として刑務所の罪人を北海道の屯田兵よろしく半ば強制移民させる。
その時、食料になるだろってウサギを持ち込み、これが大規模に逃げて野生化、
有袋類の相当数を絶滅することとなり、
慌てた英国は野生のウサギを根絶しようと「生物化学兵器」を持ち込んだ、
ウサギだけを殺すウイルスだ、
当初大規模な成果をあげた殺人ウイルスだったが、この中から耐性を持つ変異種が登場する。
英国はウサギ根絶を諦めた。

はい、ここで「有害ナントカウサギ君」と呼ぶのは自由だが、
明らかに事の発端は「英国の移民」だよな?
(或いは帝国主義と言ってもいいのかもしれないが)
現在オーストラリアに暮らす白人を外来種として駆逐すんの?
進撃みたいに全員に避妊手術してさ、
(あんたさ、これに類することは南アで起きてるから。アパルトヘイト撤廃後黒人の国になった南アでは市井の白人農村の焼き討ちが相次ぎ、白人農民が多数虐殺された。)

話を古代に戻せば、
縄文文化が想像以上に各国に伝播してる説がある、
(縄文土器に類似するものが古代アフリカの地層から発見されるなど)
はたまた、ガラパゴス諸島の話も、
説では地殻変動で離れ小島になったからそこだけ独自の生態系がって話になる。
「しかしだ、本来は地続きだったんだろうが」
流木や(実際北極海では流氷により生物が行き来する)何かに乗って他種が移動することはあり得る。
 ↑
何時代のどこの定義で固有種と定義するのか?
■「人類が勝手に決めてんだが」
あのさ、エボラ根絶とか言ってるけどよ、
エボラウイルスだって保護が必要なんじゃないのか?希少生物だぜ?

仮に超未来に人類を超えた上位種が登場したとしようか、
その超人類から見れば、俺たちはチンパンジーみたいなものだ。
(クジラに寄生し移動するフジツボがいるけどよ)
人類の手によりあちこち移動した生物は、クジラの背中に乗って他の海に到達したフジツボとどう違うのかね?
それとも何かい?「人間は特殊な生物で、どれが有益だの悪いだの決められると?」
するとどうなるよ、
「古代文明、封建時代、近代、現代」←人間の言う事コロコロ変わるんだが
当然、超人類登場前の近未来の人類の言う事はまた違うだろう。
 ↑
どこの時代なら正当なんだよ?教えてくれないか。

→続きを読む

posted by kagewari at 03:27 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月18日

リクエスト関連(猫好きさん”二部 この世に正解はありません”)

猫好きさん
>気になる16の「なんとも”気まま”で楽しそう」楽しくもないし、幸せでもないでしょう。外にいれば車に引かれる確率も高い(殺処分よりも死亡率が高い)、ノミダニに食われる、暑さや寒さ病気など過酷な環境にさらさらてる。家の中で暖かく安全な場所で過ごしてる方が猫のためです(もちろん何頭かで飼う場合は猫の環境は考えるべきです。あと先住猫との相性もあるし、単独じゃないとだめな子は単独で飼うべきとかもあるでしょう)。写真の掲載も外猫の問題を伝えず、外猫を正当化してるようなものです。

(続き)写真の掲載も外猫の問題を伝えず、外猫を正当化してるようなものです※岩合氏のことも、猫が野生生物をむやみに殺してる問題や外飼いによる弊害を伝えない、外飼いを助長させているなどと問題視されてますよ。IUCNでも猫は侵略的外来種に選ばれてます。詳しい猫問題についてはこの方が解説されてます。https// youtube.com/watch?v=mvZbbEQfbU8


(ちなみにリンクはAmazonの仕様なのか崩れてるので踏めませんでした)
これのことかな?https//youtube.com/watchtv=mvZbbEQfbU8
アホ論だと思うので低く評価入れておきました
(関連動画からもネコに対して批判的な人物だとわかりますが、たいして視聴回数も回って無いサメ専門の奴が何故ネコ語ってんの?)
地域ネコ運動として、私は野良猫の去勢手術賛成しているんだが?
何年も続けている杉並区あたりではそれなりの成果あがってると思います。

■さて”ぶっちゃけそうですよ?”(と書いたつもりなんだが)
私の主張を要約すれば
1)飼い主が(可否地域感の読み含めて)責任取れるなら外ネコでも(推奨はしないが)問題無いという「容認派」です
2)外ネコを公式的に容認できない(そりゃうちネコが望ましい)のは”ネコをイジメる不審者がいるため”で、ネコの野生を否定するものでも・外来云々を肯定するものでは無い(ほぼほぼ世界のどこでも外来種の人類ヒト科はどうすんの?全員アフリカに帰れってこと?
3)国連の機関かなんだか知りませんが(権威性認知は単なる『共同幻想』であり「だからどうした」って話:論旨次第である)、所謂左翼リベラルの巣窟ですから所謂PC(political correctness)系の延長にあるものでしょう、

野生生物のことをあれこれ語るなら、

あなたは何故ネコの意見(人権)を聞かないのですか?《終わり》
(人間ごときが偉そうに、、と私は考えているのですが)
岩合批判も大いに結構です(そういう意見も尊重します)堂々とNHKにクレーム入れてください



「子供には英会話を習わせようと思います」
「高機能おむつには問題が散見されます」
「子供の外出時間には規制が必要です」
「ベビーカーとの利用には年齢制限をつけるべき」
 ↑
ご意見はいろいろあるでしょうと言ってるんです
(私はあなたのような保護論者があることを”否定していません”←一理あるからね)
しかし俺の考えは違うし、あなたに従う義理はネーんだよって言ってるだけです、
(国連の方からきましたって人も、iyi《Intellectual Yet Idiot》だと思ってます、、、今回のコロナ感染症にしてもWHOのグダグダ感と言ったら、、)
私にも私なりに考えってものがあります。
ネコと人類の関係がどうあるべきか「各人違って当たり前」だと思いますが?

それぞれの論旨は論旨、どちらが正しいなんざ、(学術的定説はあり得ても)普遍的正解などこの世界にもありません。
(考えが足りなきゃ、論駁されるって流れもあるがそれも自然の流れです:知恵を獲得したって事←既に知っていることには効力はない)
上記括弧のように「論議が深まる」って事はありますが、
制度や政策にそれをどう落とし込むかについて、人類は現在「民主主義」以外の方法を持っていません。

仮にあなたの論説(俺が正しい)を強要すれば「全体主義」です、
「これが正しいのにお前はケシカラン」←誰が何の権限でそれを決めるんです?

→続きを読む

posted by kagewari at 20:06 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月07日

リクエスト関連(大統領戦の件で先日メッセージ送った者さん”篠原とか”)


大統領戦の件で先日メッセージ送った者さん
>興味深く拝読させて頂きました。ありがとうございます。勉強します。今篠原氏の最新動画を見たところですが、世界はこれからどうなるんでしょうかね。日本人として自分の立場を明確にせよと、その通りだなと思います。物凄い時代の転換点にいる気がします。トランプ大統領がこれほどの人物だったなんてと恥ずかしながら今回の件で初めて気がつきました。

(リクエスト後半一部は持ち上げすぎなので削除しておりますw)

トランプ大統領個人は凄くないのだと思いますよ(マヌケなところも多い)
どうでしょう(観てないけど)イーストウッド監督の映画『運び屋』に出てくる爺ちゃんみたいなもので(気さくに差別用語を連発する憎めない爺ちゃんが主人公)、
大金持ちながら、市井のアメリカ人感覚の持ち主ってだけです。
(所謂エスタブリッシュメントでは無い)
彼は若い頃、普通に管理会社の担当として家賃未払いの店子とギューギューやりとりしたりって現場の経験もある男ですから(近年はどちらか言えば芸能人に近い)。
見方変えるとレーガンに似たとこあるのかも知れません。
 ↓
大統領になってイロイロ初めて知って「おいおいこれは冗談じゃないぞ」と(怒れるジジイがブチ切れ)、

いったいどうなってんだよ!的なとこは、谷村新司さんじゃなくて、、歴史家塾講師の茂木さんが吐露してます
(多分私とも世代的に近いのかな)

ネコをもふりながら妄想



茂木さんも地政学関係のネタで知られる著作家ですが、
私が某四流大学進学のキッカケは日本でも珍しい地政学の倉前教授がいたからで、
(実際の授業が面白かったかかと聞かれると、、微妙なんだが、、、)
そういう意味でも、茂木氏は考え方似てんな〜と思う事多いです。

私は陰謀論者のディープステート論には違う見解持ってまして
(なんか所謂悪の組織みたいなものは無いと思っている)
今度個別記事で書こうと思うんですが
 ↓
●「社員旅行を誰が止めるのか、パラドックス」
何故か出席者の過半数が嫌がっていても、誰にも止めることのできない社員旅行、
(流石に最近は時代の流れで企業そのものの新陳代謝の中で消滅していきましたが)
そもそも止める権限なり職能が誰にも付与されていない、
個々人で「嫌ですよ」と言えば
(仮にその意見が多数でも)単に決まった慣例に疑義唱える反乱分子でしかない。
トップか責任者あたりが「もうやめようか」と言い出さない限りとめられない、
”同党圧力やナントカバイアス”みたいな難しいものでは無いとも思ってます、
(単純な『共同幻想』論でも”無い”と考えてます)

農家の人は、大豊作だと市場が暴落する可能性ありますが、
やっぱり大豊作を目指しますよね(こう自然な感情として)、
社員旅行を取り仕切る人事部は「今年はこんな催しものを」は考えますが、
「廃止すべきじゃないか」とは考えない”システム”になっとんのです(職能として)。
(●警察ドラマに出てくる監察官って決まって悪者ですよねw)
日本の戦争が途中で止められなかったのも同じ理由かと、
(それを単純な官僚主義で説明するのは乱暴すぎる)


ディープステートを所謂〇ダヤ金融資本的陰謀論でくくる例があると思いますが、
(金融資本が別の論理で動いているのは、そらあたりまえですが)
官僚たちや、メディアなどの「自称支配階級のみなさんの自己保身本能」ってのは、
「社員旅行を誰が止めるのか、パラドックス」みたいなところ、あるんだろうと思ってんです、


そらトップダウンで「そろそろやめようか」って人が、元都市銀行の頭取で会社運営儀礼上も常に「そうだよね」って尊敬集めていれば別ですが(エスタブリッシュメント的なお上の判断)、
がらっぱちで大丈夫かって異端者のワンマン社長が「やめちまえバカ野郎」と言った場合(彼の発言が”異端者だからこそ”常に的を射たものだったとしても)最初の反応は「なんてことしてくれるのか、社員旅行だけは絶対に守る」みたいな動きが”システム”として発動する、
 ↑
ここに外部から何かを促す資金なり投げかけがあった場合、
(コミンテルンが得意とする「大規模ゼネストの誘導」そっくりの)
多くの公務員なりメディアなりを動員する”なんだこれは”みたいな妨害工作も可能となる

こういう研究する担当が文化人類学なのかちょっとわからないんですが、
「組織システム論」みたいなとこで、
これ十分ゼミで3年生の研究課題にするぐらいのテーマじゃないかと思うんです。

→続きを読む

posted by kagewari at 03:27 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月02日

リクエスト関連(記事化、すみませんさん”面白いからここだけ”)

<面白い速報あったのでまた末尾に追記>

記事化、すみませんさん(記事無しでOKとのことですが個人的に面白いので”ここだけ”)
>日本はどっちなの?(菅さん真っ先にBデンさんに祝辞送ってた気が…)

大変面白いネタなので(えー昭和の頃は政治オタクだった僕的には)
日本について

■どこそこでも書いてますが、菅ちゃん個人は”右派ではありません”
29日に書いた記事(米大統領選を面白がる)
そこで紹介した対立軸で言えば彼は”改革派”なので間違いなく後者です。
後者「保守リベラル(改革派)」ってのは、思想的に右派も含まれますが「それは各人の再選択などによる自由意志」ってことで、多数派の形成や組織票化をすることが”馴染まない”のです。
(それやったら時代に退行してしまう)

●つまり安倍政権ってのは、とっても現代的な政権だったのです、
再選択者右派の安倍首相と、右派では無いが急進改革派の菅ちゃん、
この二人は、拉致被害者議連で出会い意気投合します、
(本来は清和会と元竹下派ですから水と油なのに)
一議員として勉強中ながら失意の安倍ちゃんを首相選のギャンブルで担いだのは菅氏で、
そんな菅氏がいなければ「安倍政権はなかった」

そんな菅氏は大阪維新の橋下擁立にも関係しているとも言われ(この当時の維新はもし安倍ちゃんが首相選に立候補もできない状態なら維新国会議員政党の党首に迎える腹でした→それがコケて石原氏とかになった)、
菅氏を言い表すなら「左派国防族改革派」みたいな人ですよ(笑
だから大阪維新も裏から応援していた、

さて、するとこれがまた大変なんですが、
二階派(実体は菅派とも言われる)→二階幹事長は選挙区関連で大阪維新と激しく対立しており、本来その背後にいる菅氏とは合わない筈なんですよ〜、ところが現在この両者に対立は無い。
加えて二階幹事長は(田中派由来の)利権としての親中派であり、勿論左派ではありません。
この関係をどうやって調整してんのか?謎中の謎

更に菅氏の個人的趣味趣向は「政治の若返り」にあり、
他派閥なのに、勝つ見込みの無い「河野太郎の立候補の時に20人集めたのも菅氏」です。
(そういうやり方の元祖は、経世会にたてついて立候補した梶山静六を応援した時から←これによって自らも経世会を離脱し、フラフラする→自民左派宏池会古賀氏の世話になったこともあります)
菅氏が、河野太郎や小泉の倅を買っているのは、政策ではありません「若いから」です、
思うに政治オタク的ナイーブな大学生とかでは無かった菅氏にとって(左派とも案件では自由に連携する地方議員あがり)個人の政策では無く「その世代で政策論争して頑張れ」みたいな世界観なのだと思います。


■さて菅政管の政府スタッフには多数の左派人材が入っています
あからさまなアンチトランプな国際政治のシンクタンクの人もいますし(元外務省)
菅氏のスパイだったのかって、共同のジャーナリストまで多彩です(こちらはメディアに対する脅し)、
 ↑
思うに、各人喧々囂々会議で盛り上がっていただいて
その様子から、後は持ち前の情報も勘案して考えるって事でしょう。

「安倍政権、菅機関」並みの情報収集能力だったのですよ(ひとりCIAみたいな)、
そんな菅首相が全体像を見ていない筈も無く、
(即時解散しなかったのも、当時のコロナ”たいしたことない派”の読みでは11月に収束だったもので、、、←えーそこはちょっとハズレちゃいましてww12月収束になるのかな、、、つまり彼は裏情報もしっかり勘案している政治家だってことです。GOTOを当初止めなかったのもそれが理由)

バイデンへの祝電は「それは送る」と思います(それも随分考えた形跡アリ)
いちおうそこは外務省も立てているのだろうと(日本の外務省は”ナントカ新聞”にも劣るダメ省庁で、、)、但し、菅人脈と言えば(例の広島選挙区でやられた)河井克行元法務大臣がいます。
彼は(事実上の菅機関要員として)トランプ政権内においてスティーブン・バノンとツーカーの関係で(しょっちゅう情報交換していた)、広島選挙区の不手際であんな事になってちゃっているとは言え、そういう情報は安倍政権官房長官時代から菅氏はリアルタイムで取得してます。
 ↓
当然現在の情勢も菅首相は「わかっている」でしょう

→続きを読む

posted by kagewari at 14:53 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月30日

リクエスト関連(アメリカ大統領選挙(in日本)についてさん”エプスタイン島”)

<また書き忘れあったので末尾に追記>

アメリカ大統領選挙(in日本)についてさん
>日本人って真面目なんだなあ…と思います。(トランプを応援してる人のほうが真面目)そんなに不正不正言うなら訴訟費用の寄付をしてあげればいいのにと思います。(私は寄付したいとは思いませんが)特に質問ではないので記事化無しでかまいません。最近のコロナ対策を見ていても思うのは「A」という方向性に対して必ず「いや違う、Bだ!」という勢力があり、AにするにしてもBにするしてもまとまらないこと。でも外に出ればみんなマスクしてる。真面目ゆえの弊害ですかね?二元論は必ず片方の排除に向かう。誰の言葉でしたっけ…。

「ま、エンタメですからww」
楽しむのが上手って見方もあると思いますよ、
(米大統領選を楽しむ日本の状況は「貴乃花騒動」の時と非常に類似してます←悪のモンゴル軍団VS日本人力士みたいなね)
ちなみに中国で殺されまくった法輪功亡命米国メディアなどが募金先も紹介してます(ただし匿名では募金できないので”みなさん自己責任で”と注記付きの紹介です)、
米国でも外国からの政治献金は制度的に難しい筈なので、簡単にはいかないと思います、
敵方米民主党のアクトブルー(ActBlue)がどういう仕組みなのかもよく知りませんが。


■むしろ(そういう意味で)真面目なのは(マスクと同じ方角なら)バイデン大統領かと真に受けている方でしょ、
「メディアの言う事を(バカだから)真面目に本当だと思っちゃう人」、

(本当の意味で健康重視のサージカルマスクしている人のことじゃありませんぜ、そこは誤解の無いように)
(トランプ支持派にはマスク不要論者も多いので、外出時のマスクもかなりの数がお付き合いです、そもそもトランプが最初はマスクいらねー言ってて、盟友のボルソナロ大統領もそうでしょ。)

現在トランプ支持派というか、陰謀論面白がってる方向は(情報や意見がバラバラだから)内部で喧嘩になってます(多分虎ノ門ニュースとかの上念あたりの回にはスゲー低く評価が押されまくってる筈)。
「保守分裂か」って喜んでる左翼メディアもあると思いますよ、
●てか、厳密に言えば「不正があったのは間違い無い」←ここが議論の余地がない
それこそ”厳密に”言えば、民主政治にとって”組織票動員活動”は既に不正です
つまり不正が行われるのは”当たり前”であって、
今回の話は「法を犯すほどの限度を超えてんのか?」ってそのレベルの論議です
(双方スキがあれば不正だろうが何だろうが狙うのがあったりまえの世界ですから)

日本の昭和の政治状況に置き換えると、
「企業団体献金はどうこう」みたいなこと(隠していないので陰謀では無く”圧力”)
(何かの事情で隠したいと圧力では無く”陰謀”になります)
ド貧乏だったバイデンがどうして億万長者になってんの?だとかww
トランプはそもそも自分の金で始めてるから(大統領の報酬もトランプは年1ドルです:維新や名古屋の減税日本みたいなこと言ってんですよこの人)、ファンダメンタルとして最初からトランプのがインセンティブとして”バックに誰”って話では無い。
バイデンが問題になってんのは(そら昭和の自民みたいに)シリコンバレーとか特定の米経済団体ならOKだったんです(ウォール街もOKでしょう)、
”そっち側がグローバリスト多国籍企業”なものだから、中国の金が入ってる(これも検証の必要が無いんです、現在の国際経済を考えればシリコンバレーもウォール街も中国とビジネスしてないとこなど無いから:日本も二階さんが親中なんでは無くて、経団連が親中なのでそうなってるワケで構図は同じ)、


●そらペンスが既に中国に宣戦布告してますから、
現在の大統領選は事実上の「中国と米国の戦争(Real War)」です
廃止を決めた孔子学園問題も放置すれば、アイビーリーグを乗っ取られていたでしょう。
(日本の学術会議の話と同じですよ”お前公金貰ってどこの国の組織だよ”って)

この件に感しては二元論もクソも、「中国VS米国の戦争」なので、
どっちにつくかって「二択しか無いじゃんww」

そらこの戦争そのものに第三者として攪乱なり別の思惑で仕掛けるとかはあるかも知れませんが、残念ながら憲法9条あるんで、現在の日本ではこの論議ができんのです。
(戦後レジームの属国であるが故に)

マスクに関して言えば(俺は安倍ちゃんのマスクはスマッシュヒットだと思っており)
表向き日本人は真面目にマスクしているように”見えます”が、
(それこそ真面目な日本人ですから”その性能差の詳細”を知らない筈も無い)
布マスクでもOKになってます、シールドタイプの奴も、
真面目な事言えば(左翼メディアがやんや批判していたみたいに)安倍ちゃんの布マスクでは不十分の筈です(効果は0では無いが)、
 ↑
ここに(当時の安倍首相はこれがトンデモプロパガンダ込みの情報戦であること知ってますから←そっち系の専門家も多数官邸に出入りしていた)
「裏をかく」じゃないけど、
政府の判断として布マスクOKと表明することの意味は大きく(背理は”たいしたことない”)、
阿吽の呼吸で日本国民は(あっ)わかったんですよ、ルール変更を(コスプレでいいから)、

なので外歩いている人のマスクはいい加減なものも多数で、
私なども「覆面文化がアリになるとは驚いた」ぐらいに面白がってます。


●勿論バイデン大統領に決まったんだとメディアの言う事真に受けている人達は
”真面目に”サージカルマスクしてんだと思いますよ。
(この件では転売屋含めてサージカルマスクの在庫抱えて赤字になった事例多数から《中国では工場が続々倒産》観測されるように、日本では真面目にサージカルマスクしている例は”多数では無い”)

そらね、、日本に憲法9条無ければさ
「大チャンス到来」と、日台軍事同盟の締結ってカードも切れたでしょう。
(台湾に退艦保存扱いのスターリングエンジンの潜水艦無償援助)
香港民主化だって見過ごすと無かったと思います。
日台ミサイル防衛構想として、イージスアショアを台湾に設置することも可能だったかも知れない。
(加えて、北朝鮮に軍事技術流しているのはウクライナだけではありません、台湾の国民党系マフィア青幇の存在が大きい。そこの首ねっこも抑えられます。)
 ↑
この手を打っておけば、仮にバイデンになっても安全保障上の空白はうまれない。
(トランプが勝てば、台湾独立を認めかねない勢いで米軍駐留も検討されてますので、自衛隊は後ろから応援するだけでOK)


<追記>
てか米国民主党と結託してんのはどちらか言えば上海閥江沢民派なので、習近平とは対立関係にあります。
(オバマの時にわかにTPPが中国包囲網になったのも、上海閥が習近平の毛沢東回帰路線をけん制する狙いもあったのでしょう)
話に登場する中国というのも一枚岩では無いので(今回の工作もどこまで北京政府が掌握していたのかもよくわからない)、
日本の保守論壇の一部に「トランプと習近平が組んで上海閥と民主党を潰すこともあり得る」なんて話が出てくるのもそれが理由(アメリカファーストのトランプ的には、中国の人権問題は可哀そうだが、米国のできることは米国の国益重視の中国経済制裁まで:習近平は行き過ぎた経済成長を”それこそ不正だ汚職だ”と《潰してもいい》と考えてる可能性もありますから→現在彼は内需循環経済計画を主張している)、

ま、どうなるのやらよくわからん(が、面白い)って話です




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 15:56 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月26日

リクエスト関連(猫好きさん”ワイルド’)

(なんか読み直したらドロップ&ドラッグ編集ミスした箇所があり26日一部修正:中段”嫌う人もいます”のくだり、加えて同箇所に26日,27日一部加筆)
(27日冒頭総論部分に一部加筆「心理学的にはキモ」と思われ:末尾オマケ”外来種論”にも追記)

猫好きさんより
>(気になる16より)野良猫は厳しい環境の中で過ごしてるから幸せではありませんよ。そもそも猫は侵略的外来種で問題視されているからこういう記事はやめた方がよろしいかと思います。書くなら近隣住民の被害も考えない無責任な餌やりさん(餌やりするなら自宅で保護して飼う、できないなら飼わない)や多頭飼育崩壊(障害や精神病が絡んでる人も多い)への警告をなさって下さい。猫好きの方ならなおさらです、周り回って不幸になるのは猫ですから。


お気持ちは理解しますが(あなたの意見を否定するつもりはありませんよ)、
同意はし兼ねますね(同様に私にも別の意見があります)、
(私も猫にとっての不幸は多頭飼いによる崩壊などであると考えてます:が、紹介した画像と多頭飼いにはなんら関連性はありません←勿論絶対ではありませんが、本来ネコの本能として屋外単独行動の姿は多頭飼いを否定する要素です。《勿論絶対ではありませんが》ネコの本能には無い多頭で一ヵ所に群れを形成するのはイエネコ近親交配など飼育放棄などによるものと考えています。←この問題は特に昨今の高齢化《及び高齢者一人暮らしにおけるサポート》と関係する案件かと、)
同時に、ネコは野生生物です、本来人の力を必要としません。
あたかも人が管理しなければならない生物だという定義はあてはまらないと思っています。
(特に穀物を主食とする文化圏では共存共栄の関係かと、)

【.27加筆追記】
「それは昨今の高齢化社会問題」←この点の心理学的補足としてペット多頭飼い事案の背景に
「汚部屋」「ゴミ屋敷」が関連していると見るべきで→多頭飼いによる飼育環境の崩壊は(その全ては否定しないが)主としてペットを飼う文化や民度に起因するのでは無く、『共同幻想』適応系高齢者のひとりぐらしと(『共同幻想』適応人格の場合構造的に「孤立」の概念が発生する)その周辺で起きる社会問題として理解するべきだと考えています。
(BSNHK有名番組『岩合光昭の世界ネコ歩き』《や、それに類する外ネコ画像》が多頭飼いや飼育環境崩壊に関係しているなどという学説は存在しないし、類する風評すら無い)
(参考)『岩合光昭の世界ネコ歩き』
https://www4.nhk.or.jp/nekoaruki/


また、Hans Silvester 氏の世界的写真集『Cats in the Sun』は過去等ブログサイドバーの推薦図書でした
(写真家岩合氏着想の原型と思われ)
https://www.amazon.co.jp/Cats-Sun-Hans-Silvester/dp/0811847667



また(今回北海道の画像だということから補足すると)民度のポイントもあります、
こういっては何ですが、決して北海道のペットをめぐる文化は決して民度が高いとは言えません。
しかし、それも習俗として都会の意見をあたかも正しいのだと(はたまたドイツにおけるような)決めつけるものでもありません(バックグラウンドが全く違うためです)、何故なら北海道は土地が異様に広く「戸建てに塀を立てる習慣も無い」からです。
道民から見れば、関東の狭い戸建てにことごとく塀があるのはちょっと謎なぐらいで、
(それだけ道民は私有地への関心が淡白だってことです、事実上土地はタダみたいな地域ですから)

私の実家は精米店であったため(事業は行っておらず所謂オーナー権だけあるみたいなものもでしたが)、任せていた店主は(精米店だけに)長い事複数のネコを飼い続けていました。
自由に外出できるウチネコ?です、私の幼年期からネコ達と何匹接してきたのか記憶はありませんが(そこそこ有力な中堅都市の駅近5分の商工地域)、そんな半外半ウチネコで近所から苦情がきたことは通して何年でしょうか(店をたたむまで40年以上でしょう)ただの一度もありませんでした。

■確かに関東に限らず本州にはネコを極度に嫌うヒトもいます(接する機会が多いからかも)
類する話を2chなどで目にすることあります(同様のスレッドは不快なのでそれ以上読みませんが)、
痛ましい虐待事例の報道を耳にすることもあります。
しかしそれは完全に動機形成が別物です(嫌いとかの動機では起こり得ない:同様虐待事例が社会問題になるほど頻発しているとも承知しておりません→むしろそれは潜在的不審者問題だろうと、
故に、私はネコを虐待するような輩は猟奇殺人犯の一歩手前と考えており(心理学的に言えばサディズムのリミッターがどうにかなってる:構造はDVや幼児虐待と同じ)、
(残酷映像から目を逸らすのがヒトの一般的反応だからです:嫌いと虐待には動機の関連性が無い:インセンティブが釣り合わない)
●やる人間の頭がどうかしていると考えてます、
そういうことが無いようにネコをイエネコにって考えが、関東なり本州のペット文化にあるのは存じてますし(副業上ペット可賃貸契約時に必ずイエネコであることを【厳重に説明】してます)、民度としてもそれが好ましい・望ましいと考えます。

と考えますが、

保護ネコ(元野良)の中には「どうしても外ネコで」という個体も存在します。
この場合、時々外に出すという飼い方が(近隣との折り合いがつくなら)あり得るとも考えてます。
(それで逃亡して結局巡り巡って殺処分になっても仕方がない)
(欧州で差別されるロマ人の「定住したら魂腐る」って文化も嫌いではありません)
●別途運営している不動産ブログにはチャンスがあればネコ画像添えてますが、何かそれで殊更コメントがきたことは、15年近く運営してますが(16年だったかな、、)”一度もありません”。
ですから私は(岩合氏のNHKにおける”ネコ歩き”撮影スタンスも支持してます)関東で外ネコを見る場合でも必ずしもそれを看過し難い問題であると考えません。
「そらできたらイエネコでいてね」と思いますが(問題意識が無いワケでは無いが)、
ましてや、北海道の場合(少なくとも私の子供時代北海道でネコ虐待などの話を聞いたこともありませんので)気になるのは「寒くないかい?」ですね(北海道のネコは雪の中でも平然と出ていったりなかなか本州のネコでは考えられないワイルドだったりしますから)、

●本州における「餌やりさん」と苦情を述べる地域住民のトラブルは確かに問題であると思います
(特に関東は敷地も狭いから→保護NPOなどに対する去勢手術補助金制度なども建設的判断であると考えます)

→続きを読む

posted by kagewari at 03:50 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月09日

リクエスト関連(にしきさん”大きな勘違い”)

(えーいつもの誤変換を修正11/10)

にしきさん「それは完全な錯覚です」
>記事リクエストにも友人と遊んで楽しいと言ってる(その為にぼっちに妬まれて相談してる)人もいるのだし、楽しいから遊ぶのでしょう。他の相談にもありますがつまらない人とわざわざ遊ばないし。
友人ができるかはさておき少なくとも友人は必要ないと思う必要があるとのことですが、趣味などのオフ会に参加して友人作ってる人もいるのだし、その人達はなぜ問題じゃないのですか?友人ってどうしたらできるのでしょう?バカや重度のコミュ障持ちだと諦めるしかないのでしょうか?


記事リク内のいきなり【知人の話】ですか(笑
(当サイトは「知人の話NG」は絶対遵守でお願いします「他人の話はまったく関係ございません」ので)

そんなことはともかく、
●過去記事に既に友人関係などのある生活を前提に「なにかがどうした」という相談があった場合
その人物はある特定宗教信者と同じですから(自我と社会の関係が)、
「何々教信者の方向け」の心理学的返信になります
<この事務所は「心理学」サイトなので>
依頼者が軍人でも、暴力団員でも、左翼過激派でも、ハウスワイフでも、フリーターからニートから、エクゼクティブから、フリーランスや、野球部員や、ホストもホステスも、政治家や(新興宗教を除く)宗教指導者まで《可能な範囲で各宗教バージョンに至るまで》、
それぞれのスタンスに応じた返信が可能です
(左翼過激派と神父さんへの返信が同じだったら大変でしょww)

「神父さんにはこのような返信してますね」←いやいやいやいや、、、あなた神父さんじゃないから(笑
(※重要な事ですが、人類ヒト科は平等ですから「大統領とホームレスに上下はありません」→既に対等・平等な関係にあります。ホームレスが大統領にタメ口をきいても《個人心理学上は》何ら問題無い)

■所謂「社会適応」=『共同幻想』適応タイプの自我について説明しますが
それを表す典型的な”彼らの奇行”に「記念撮影」というのがあります。
本来旅行の趣旨が本音である場合、撮影すべきは「行った先の絵」であり、
自分達ではありませんよね(笑
本末転倒で、「エジプトにまで行って肝心のピラミッドがバカ面してピースサインの日常顔合わせているメンツの影に隠れてよく見えない」なんてことになれば、
ピラミッドの壁紙の前で撮影するだけでいいだろ(実際これを実現したのがゲーセンなどにある写真関係の遊戯になります)、「それで旅行が本当に楽しかったのか?(エジプトに行く意味や意義)」となると疑問符が付くのが、『共同幻想』適応タイプの自我特有の”奇行”です。
(周囲の多数が”奇行”を協調して行うため、奇行を奇行として認識できない仕組みがあるだけ)
 ↑
ザックリこの仕組みを解説すると
 ↓
■社会適応として「昼から酒を飲んでいけない」という行動原理を”共有”し、自分の自我の一部とする場合、「自分ひとりの判断で酒を飲むことができません」。
(酒を飲んでもいい許認可権を、社会の側が持っているため、その実行には「社会の承認」が必要となる。)
そこで「友人に今日飲みにいかない?」と誘うワケです(本旨は自分が酒を飲みたい)
ある程度の母数が集まればそこで複数人による”即席社会”が成立します、
このメンバーで「だよね、そうだよね」の合意がある場合、
●「飲酒が権威に承認された」ことになり→(自分も)飲みにいけるのです
 ↑
この行為は無意識的なものなので(自分の行動が適応している社会に拘束されている実感は無い)
当該自我は「何か漠然とした欲求不満が」→「友人達の力で解決した」と認識します。
(社会的承認機関として)喜ばしい、
後はパブロフのイヌ的に(風俗店の前で既にニヤけるのと同様に)「友人達の顔を見ると笑顔になる」
 ↑
つまり、この行動は、予め「自らの選択による社会適応という”枷”(宗教なら戒律)とのコンビネーションで」(ラマダンの後の祭りが大変なことになるように)”大きく賑わう様”を見せますが、
ご案内のように、その事情(社会適応するために自分の個人的権限の一部を放棄した)あっての話で、そういった「特定の事情のある自我に限った話」です。

<重要な事ですがそれは、人類ヒト科の普遍的原理では【ありません】>

●極端に言えば「宗教信者パターン自我の習性」です
(合わせて言えば、現在彼らは社会的少数派となっています:多数は欺瞞的世俗派選択者である無党派『歩留まり』階層)

→続きを読む

posted by kagewari at 18:12 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0