2019年12月08日

『単独者』の雑感「米国保守派の増税反対論(それほど根拠のある話でもないんだけど)」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


■時に、米国保守派の増税反対論議を左翼な人が、
「富裕層が増税に反対している様子」と勘違いしているのではなかろうかと思って、
何かしか書いておこうと思う。

俺は説明するまでも無く米国政治とか専門知識あるワケでは無いので、
寄せ集めた情報と推測含む駄文ではあるんだが、
誤解の方向がいかに斜め上なのかって話にはなっていると思う。

米国の保守派(福音派:エヴァンジェリストとも呼ばれる一派)と言えば、
すっかり共和制世俗派が進行している欧州から見れば「カルトかよ」ってぐらいの宗教保守派となるワケで(これがまた出生は欧州宗教改革派のプロテスタントだから更に誤解されると思うけれど)、
独立戦争当時の英国から見れば「プロテスタントの宗教カルト・テロリスト」だった。
(そういう事もあって英国から米国へ逃げ延びたって側面もある)


で、米国保守派の特徴に「聖書に書いてあることホントだから」的な要素が強くて、
●中東イスラエルを擁護するのも(実はこれ米国内で比較多数のユダヤ人左派も困っている)、聖書にエルサレムにイエスが復活すると書いてあるので、予言どおりにユダヤの国が治めるエルサレムをキリスト教徒が守らないとダメでしょって話で(実はユダヤ人を擁護しているのでは”無い”)。

また、この保守派は政府が行う福祉も嫌っており、
それは間違っても人権意識が低いとか差別的とか富裕層だからでは”無く”て、
「弱者救済とは「地域の『教会』が行う責務であって(自分達もこれに積極的に協力している)」、政府が福祉政策でこれに介入する事は(アンチ・キリストであり)『教会』の権威や存在意義を害する不当な連邦政府の介入であり、信教の自由に反する行為だ」
 ↑
こういう見解があるからなんだわ(米国の宗教的『共同幻想』保守思想として)

皮肉な事に(実はこれも有名な批判のポイントなんだけれど)米国のリベラル的法案を通した代表的な大統領はニクソンで共和党なんだよね。民主党は人権派インテリを自称することが半ばビジネスになっていて本当に改革法案通しているのかって聞かれると実は怪しいんだわ。
※この点は日本の法制でもリベラル的法案を自民党が一番積極的に通していたりする実情とも似ている(改革派保守=リアリストだから、本質的リベラル派だったりする)

→続きを読む

posted by kagewari at 16:30 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

「荒らしみたいなリクエストに何故俺が返信原稿を書くのか?」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


時に、このブログ読者界隈に
昔の『公開掲示板』に始まり、現在の「記事リクエスト」まで、
「コイツ単なる荒らしじゃんみたいなのにイチイチ返信原稿書いてんじゃネーよ」
などとお怒りの方もいると思うんだよね。
うっかり腹立つ依頼文の引用を読まされて気分悪くなったとかさ)

で、何故俺がそういう事案に(全部が全部対応してるワケじゃないが)返信原稿書いているのかって理由についてちょいと書いておく。



■私的に別の目的でブログが利用されてしまう事の既成事実化を防ぐためです
『公開掲示板』時代には、有名な”(HN)これはひどい”さん事件ってのがあってだな、
ちょっとした心理オタクの書込みだったと思うんだけど、
格闘戦となり、まあ論駁したワケだが。
このやり取りの(道場破り撃退の)意義は大きかったと思うのね。

心理学に絡んでくる謎の投稿の動機形成の大半は、
自分の「強迫心理」がネタバレすることを避けるための”自我防衛”だよね、
(これがまためんどくさい話なんだが)
「だったら(奴らも)読まなきゃいいだろ」って皆さん思うでしょ(笑

そうはならないんだなこれが
どうしてなのか?

●世間のどこかで「強迫心理」が敗れ『自意識』がのさばっている世界があるらしい
 ↑
それが自分の耳に入ってる段階でもう(自我防衛上)許せないワケさ、
「社会からそんな悪しき運動を根絶させなければ」みたいな謎展開になってさ
(なのでほとんどの荒らし的依頼原稿は「上から目線の説教口調」となる)


ザックリ言っちゃうと
「自分の強迫神経症に依存する自我を防衛するため、心理学など強迫心理関係の解決を促している空間や場所や個人を世界から排除してしまいたい」ワケなんだよ。
(スゲー動機だよね「強迫心理」あってこそのレバレッジの効いたアレなんだよ)
ちょ〜っとニュアンス違うんだけど、
触れる琴線が似ているのかなってのに、
「戸建て高齢世帯の保育園立地反対運動」とかがある、
どこがどう似ているのかって、めんどくさいから長々とは話さないが、
「運動している高齢世帯にとって、保育園がさ知らない間に”悪の組織”みたいな認識され方になっちゃう」ってとこかな。


■■■<<<<※道徳的興奮による反論とは>>>>>■■■
道徳=『共同幻想』権威性認知→その概念が”共有されない”場合(孤立)=「強迫心理」
                        ↓(困るので共有を強要すると?)
                        「承認欲求」


→続きを読む

タグ:強迫心理
posted by kagewari at 00:30 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月13日

『単独者』の雑感「ワイドショー論やっておきますか」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


若い人はご存じ無いと思います
ワイドショー問題に悩まされたのは「阪神野村監督時代」からです
(※この時の読売TVのバッシングは酷いもので、どっかで原稿書いたと思うけど「そのきっかけはNHKが野村野球を特集」したその後でした。)

右派の方はマスメディアは左派なんだとか言っているかもですが、
その次のワイドショー偏向報道が「小沢叩き」です
(※この時もあること無い事酷いものでした。←やたら半離婚状態の夫婦関係のゴシップを連発しで政治的には全く意味の無いものだった)

同時並行で「ホリエモン叩き」もありましたねww

■ですから俺は経験的にマスメディア=左翼工作員だと「思っていない」のです
読○新聞の戦後CIA関連なんとやらなど知らない人いるかもですが、
電○の母体である満○鉄道新聞が違う意味の工作機関では?とかも知らない人いるかもですが、
背景は様々で一色に割り切れるようなものだと思いません。

加えて、某副業の職業柄メディア関係者との接点無いではなくて、
出合った彼らがどんな人だったのかって個人的印象もあっての話です。


俺、注目すべきはワイドショーのマーケティングだと思うんだな
「スノッブな主婦層」←ターゲットはここでしょう
(メディアの想定は「それほそ政治に詳しいワケでは無い」「スキャンダル的には女性問題や夫婦関係が当る」《安倍ガーの時にもターゲットが夫人だったでしょ?》、皇室報道しかり、女性・女系天皇論議しかり、)
保守系論壇があれこれ糾弾していますけど、
●今でも圧倒的に「芸能人の結婚や離婚や不倫」が最有力コンテンツなのも事実
(これに政治とか関係無いから)
●気に入らない関係者を追放する時の得意技は「セクハラ」(女性の関心が高い)
●「家族のお涙ちょうだいの絵」は意地でも(被害者感情無視で)撮ってくる

真実とかデマとか関係無く、「スノッブな主婦層」に響かない話はやらない。
(勿論その背景に意図的方向性もあるのだけれど)
久米宏がニュースステーションであたった時、彼は「中学生でもわかるニュース」と言ってましたが(元祖池上的な)本音は違うと思います、
この時も、ターゲットは「スノッブな主婦層」だったのだろうと。

→続きを読む

posted by kagewari at 02:42 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

『単独者』の雑感「ガールズバンド論」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)



全ての有名ガールズバンドがそれに相当するという意味では”無い”

俺が知っているとこだと(わずかになっちゃうけど)、
『BAND-MAID』であり『BABYMETAL(神バンドは黒子だから)』の話し
男子のバンドだけれど『人間椅子』も一部被る、
彼らは共通して、下手すると日本より(ロックの本場)欧米で有名なんだが、
(だからどうしたって短絡的な話ではなくってさ)

似たように欧米で検討している「ワンオク」と微妙・絶妙に様相が違う。
(ファンの方、彼らを揶揄しているのでは無いので勘違いしないで欲しいだけど)
「ワンオク」は(ある意味伝統の)男子のバンドなんだろうねと、


■最初に『BABYMETAL』をテーマにしたのは「音楽における羞恥心の壁」論だけど
当然の話、
そこには自己顕示欲も関係してくるよね。
伝統的な男子バンドの場合、そもそも音楽始める動機がさ、
ロック界で言えば、ビートルズがそうであり、エルビスがそうであり、ディランがそうであったように「女子のファンが卒倒するほどキャーキャー」なるワケだと。
そこに憧れた男子たちがわんさかわんさか、、
近現代のロックシーンを語る上で、このストーリーに異論ある人それほどいないと思う。

日本で言えば『Y・M・O』タイプのような異例な音楽集団を例外に、
所謂高校生の軽音楽部のノリってのは上記のようなもので、

「音楽における羞恥心の壁」論でも書いたけど、
ここに欧米の場合、かなりディープな人種差別、性別差別などが関係していた。
(現在でもロックコンサートのファンの過半はド・白人達)
(そしてyoutubeで日本関係の反響動画やる連中のかなりの層は「必ず有色人種が仲間にいたり、そのカップルだったり、LGBTだったりなど」マイノリティー層が多く、weeabooと蔑視される事を忌避して白人保守層やエスタブリッュメント系は滅多に登場しない。)

●ディランが歌った「反抗の音楽」だった筈が”話が違うぞ?”へ発展を遂げ、
そして飽きられた、
(ワンオクのタカ氏がいみじくも語っているように「欧米のロックは死んだ」、現代ではラップなどに代表されるリズム・ビート系やポップス歌謡に傾倒している。)

→続きを読む

posted by kagewari at 06:27 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

『単独者』の雑感「夢(分析)って言えばだ」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)



「俺の『夢』だよ夢、フロイト先生」


なだろう転校生人生が自然とそうさせたのか、
その後の精神分析関連にのめり込み過ぎたからなのか、
俺はかなり『突飛な夢』を観る

数年前まで完全にパラレルワールド状態で”そっちの世界の日常”が普通に継続していて(元ネタは17年間勤務したフリーター時代の話がモチーフだと思うが夢の中では全く別会社)何の課題の仕事をしているのかってのが、続き物として継続してんのね(笑
この続き物シリーズを数年間に渡って(見る度に次の回として始まるんだがww)見続けた、
ってか”そっちの世界で数年生きた”みたいな。

●時にそっちの世界の仕事があまりにも難航して、そっちの世界でもにわかに寝付けないぞって思い悩んで、ふと起き上がって「ヤバいどうしよ」と目など擦っていてだな、、
「いったいこれをどうやりゃ、納期近いぞ」とか(もう起きてんだけどww)

あれ?ひょっとして夢の(あちらの世界の話しだった?)
なんだよ、勘弁してくれ「夢でよかった」←このような”夢落ちかよっ”て、夢が原因で目が醒めてしまうケースが二度や三度では無いのであってだね、
(どうやらこのシリーズは完全終了したらしい)


■新シリーズが始まったってことでは無いのだが、
(ネットではけっこうヤバいサイトを見て回るので、たぶんadblockでも止められないSPAMを踏んだようで”お約束”のポルノサイトに飛んだ先に「えっ今米国のポルノシーンってこんなんなってんのっ!」と驚いたってのがきっかけだと思う←ちなみに映画マニアだった俺は思春期特有の関心もあってww購読する月刊スクリーンはポルノ系も欠かさずチェックしていた口なので、要チェックのサブカル情報として常に頭にある。←数日前の事なんだが”米国サブカル語る上でこれは重要だ”としっかり頭に入っていた。)

ある雑誌製作会社の取材に行っていて(多分これ不動産ブログ取材の派生イメージ)、
名物ライターだかななにかの”なんとか女史”の話を聞きに行った、事前情報で今その”なんとか女史”が好きな食べ物が何だからと、ネットではその代理戦争みたいに”その食べ物関連の”いいだの悪いだので騒ぎとなっており(これは”誰とヤッタのか”的な暗韻踏んでたと思う←勿論元ネタはポルノサイトで見た画像の女優)、
俺は、その取材後の記事を書いているんだけれど(現場で撮影した画像などあれこれ見ながら)、
この時何故か”見知らぬ実家”に帰省しており(誰だか知らない姉ちゃんとその血縁のガキだかが周囲で幽霊のようにウロついている)、
ちょっと集中できないからと(これは喫茶にいかねば)
お気に入りのロングコート(最近寒むなってきたからコート出さネーととか思っていたからだと思う)引っ張り出して外に出た。

何時に帰るからと告げたんだが(いちおうその世界では”ここに喫茶がある”のメボシはついていた)、なんだか駅近くまでその”誰だかしらない姉ちゃん”がついてきて(多分この女は取材の編集者が被っていたように思う)、適当なところで帰ったが、
「余計遠回りになったじゃねーか」と、どうやら”その世界では知っている街”のある方角に歩いていくんだが(実際の実家では無い”その世界の実家”で→この実家は夢の中で過去にも一度登場した記憶がある)、「えーっと喫茶はあるのか?」←ここで目が醒めた(笑

目が醒めてから1分ばかり「そこんとこの”食べ物関係の代理戦争”とかのネタ部分をどうやって書くんだよ」←本気で考えている始末

「あっ 夢 だ」(笑


■■■<これさ、アレなんだよね>■■■
映画やアニメに登場する心理学関係のネタじゃないけれども、
俺は精神分析関係の相談とか受けると、脳内シミュレーションがバリバリで、ほとんどVR空間で聞き取り情報の世界を実体験するように考えるので、
いつだっかの相談者から「どこだかで家同士の挨拶みたいな(結婚ネタ)」
とかの話しがあったんだが、
(どうやら俺の脳は勝手にその喫茶を西新宿地下道のどこぞの喫茶をベースに映像化しており)
ハイハイあの話って、何気にそれが頭によぎると「この写真のことね」と脳内に決まった映像がポンと出るような事になっとんのね(笑

自分で言うのもアレなんだが、有料相談系の原稿を書くと疲れ果てる
”脳内リソース全開で血糖という血糖を使い果たす”ため、
(執筆時間的にさ、2時間もののドキュメンタリー映画を30分内外で一気に早回しで観るようなプロセスを都度何度も繰り返すような)
書き上げると、しばらくの間(下手すると数日)何も手につかなくなる
(※書き手としてはまったくもって修行が足りないんだが、、)

実際関連事項は普通に夢に出てくる始末だからね(笑

→続きを読む

posted by kagewari at 04:22 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

『単独者』の雑感「多くを望まない」


※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


いくら食欲が凄くても牛一頭食える筈も無く
ワイルドネイチャー的に食い残しがハイエナの糧となることも無い


■「成功者の憂鬱」みたいなボーダーラインがある
芸術やスポーツにそれっぽい限界は無いけれど、
社会的成功、とりわけ所得額(この段階で偏差値認知なので『共同幻想』)、
典型的な高度経済成長『共同幻想』インセンティブ(金になりますよって誘い)
これは貧しければ貧しいほど(ハングリー精神ってので)効きはいんだけれど、

既に一定の成功を収めてからはの『共同幻想』思惑は
「そろそろ守りに入ってください(既得権エスタブリッシュメントの構成)」の筈なんだが
(日本経済で言うと、高度経済成長から一億総中流社会への変遷ね)
誰が見てもその様は後ろ向きのインセンティブで(インセンティブと言えるのかって)、
動機形成を突き動かすモチベーションは自然減衰する。
それこそ「成功者の憂鬱」


●権威主義を借りたエスカレーション上等の『共同幻想』ですらそうなのだから
エディプス的レバレッジや反動形成をネタバレ崩壊させてる前提の『単独者』がどんだけって話でさ(社会的成功者なる概念すら無いんだから)、
物欲に関して「多くを望まない」のがデフォルトって話に収まるのが自然、
(芸術やスポーツに限らず、”自分の関心事項”については底なしに追及するため「成功者の憂鬱」のようなボーダーラインは無く動機形成のモチベーションは一生ものとなる。)

(※そっから類推すると、平成にあった「断捨離」や、昨今の「ミニマリスト」ってのは『歩留り』層の考える『単独者』イメージ試行錯誤の一環なのかしらって思うんだけれどさ。)


■やっかいな構造的テーマってのは
「退屈したら死ぬ病」の上に「リビドーのカオスが底無し」の人類ヒト科において、
無限大な快感代謝欲求を、いかにして日常的にちゃっちゃと”快感代謝”に及ぶ生き様に辿りつけるかって部分かなと。
歴史や群れの手を借りれば『共同幻想』であり、
独力で抗えば『単独者』になる、
(そのため『単独者』の必須条件は『自意識』が自由であること)

と わ い え だ

人類ヒト科の「リビドーのカオスが底無し」って進化からが”異常”なのであって、
(根本的になんとかならネーかとその本丸を『煩悩』と呼んで突っ込んだのが禅寺で修行している人←その気持ちはわかるが、どーなんだろ「俺は人間を捨てるぞ」って意気込みはもう”生き様”では無いような、、)

岸田心理学『唯幻論』の基本原則のひとつ
●「この世にどうでもよくないものなど無い」って煽り的なアレはww
(ちなみにこれを大藪春彦のハードボイルド小説的に”青臭い皮肉”にすると「金で買えないものにロクなものは無い」)
 ↓
『単独者』を参考に合理的選択を考えるとさ、
追及するネタってミニマルなとこで十分なんですよ。
「ボンカレーの美味い食べ方に一生を賭ける」のようなバカバカしいネタを面白がるのが『単独者』だから、難しく考えるようなもんじゃネーでしょ。
(千利休がきったねー不細工な茶器に「ワビサビがなんたら」とやらかす着想なんてその典型)

→続きを読む

posted by kagewari at 16:59 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月31日

”実存”云々の話「哲学専攻の方からの”突っ込みは禁止”」(2)

哲学に対する専門性はまったく自信が無い事に”自信”あります。
というわけでこれも『単独者』の雑感で、

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)



<てなわけで>
■『単独者』がめんどくさい奴である真骨頂ってのは、
「世界で一番美味い牡蠣の食べ方を知っていて(なんとそれで1年間満腹となる発見)、それを誰にも決して話さない奴」←こういとこにあんだよwww
そして確かに、
「その方法を他者に知られると、その効用は知られた人数分に減少するのだ」←みたいな建て付けになってんのさ(古い時代になるほど『共同幻想』の脅威もデカかったのであり)
 ↓
「教えるのは構わないが、だとしたら『特許として申請したい』(知られて代謝が減る分の対価を払え)」的な認識ね、
自己責任を担保に、人生賭けた「事象の個人所有権」があってこその
「誰でも無い”俺が”実際に存在するってことだろ【実存上等!】」


【注】もちろん「知られたら減る」なんてのは妄想であり
”近代『単独者』盛り過ぎ”なんだけどww
(もっと冷静になろうよって)
しかし古代にはありがたいお経を「一子相伝(一番弟子にだけ自分が死を覚悟した時に話す密教みたいな)」とかさ、実際にやらかしていたのは事実なんだわ(決して文字に残してはならぬとかね)。


●『共同幻想』社会を”上場企業”、『単独者』を”自営業”に置き換えてみるともっとわかりいいかな?(ちなみに確信犯的『共同幻想』再選択は→創業200年の老舗とかね)

たとえば、
・ある喫茶店で「誰も考えた事の無いパンケーキがあった」とします
これは店主自慢のキワモノメニューで、顧客も喜び賑わうほどでは無いが今後店を維持する上で盤石のディシュだった
・意識高い系SNSオタクがこのメニューを画像で拡散
・近所の西友も(おおよそ半値で)惣菜コーナーに似たパンケーキを並べ始めた
・喫茶店の売り上げはそれほど違いは無かったが(驚きの声は消え)、かつて得られていた店主の喜びはどこか消え去り、(かといってその味が多数の子供達の知る事となった事を悪いとも思えず)店主はひっそりとそのパンケーキメニューを廃止した

(※そのキワモノパンケーキのお店って”実存”は失われた)


えーそんなこんなで、
■■■「知られたら減る」なんてのは基本近代『単独者』の被害妄想であって■■■
(さっきのパンケーキの話も、それこそ『自意識』の出番で「へー面白くなってきた」と転じることもできるからね)

存外に現代の『単独者』はおしゃべりなのじゃないかしらと思う
昨今『共同幻想』怖れるとかあんまし無いし、
あれこれ思いついたこと話しても減るもんじゃないしさ、
『単独者』が本当に『単独者』ならば、
だいたい『共同幻想』適応人格は「何言ってんのかわからない」から(笑
だいじょうぶなんだわ

(※ここが”カタギの医者”には「ほとんどフロイト心理学が理解できない」事情でもある)

→続きを読む

タグ:『単独者』
posted by kagewari at 02:57 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

”実存”云々の話「哲学専攻の方からの”突っ込みは禁止”」(1)

俺の哲学の知識なんてものは、高校の時「意味もわからず読み漁った本」だとか、
某有名四流大学の一般教養で選択したぐらいの話で、
フロイト心理学以降は(もうわかった的に)ほとんと接点無いから。
哲学に対する専門性はまったく自信が無い事に”自信”あります。

というわけでこれも『単独者』の雑感で、

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)



■心理学テキストなぞに頻繁に出てくる”実存”って何か
前回が『共同幻想』の話だったので、今回は『単独者』の話です
どうもね、リクエストで『歩留り』『歩留り』と意図されてる意味が(自我防衛じゃネーのみたいな)都合のいい誤解から見たいな側面あるので、
『歩留り』をわかりやすくする意味でも、
『単独者』の話をしておくべだろうと思ったワケだよ。


●”実存”ってのは(『単独者』の発明でお馴染みの)「実存主義哲学」の”実存”なんだけど
「シュースポスの神話でお馴染みの『不条理』にこそ実存がある」っちゅうのを心理学的に補足してみようかなと、
(シューシュポスってのは神の啓示で無意味に岩を転がす男の神話で、その『不条理』こそが《人知の及ばぬ》神の実存である的に実存主義哲学がこれを展開した)
 ↑
知見無い人が『不条理』を非合理って意味か?みたいな考えちまい、
・あたかも「キチ○イじみた言動の事か」と勘違いするかもだけど”全然違う”から。
実存主義って言えばアルベール・カミュの『異邦人』思い出す人いるかもだけど、
(殺人の動機は太陽が眩しかったからの名台詞でお馴染みだが)
むしろカミュと実存主義語るなら『ペスト』でしょう
(治療法も無く、診療してもまったく無駄なのに《そんな不条理な中でも》治療を続ける医師の話)

確かにね「アンチ『共同幻想』」重視すっと、
「”彼ら”の合理性で理解できない事で無ければ”俺の実存が濁る”」ってな
原理主義的アレはあると思うんだが、
 ↑
この意味ワカラン人いる?



でわ、わかりやすくする意味で
◆◆<<【ちょっと”実存原理主義みたいな過激派”なら?】で考えてみますか>>◆◆

■事の始まりの近代ぐらいに戻して考えてみよ(西欧モデルで)
「俺はかくかくしかじかの理由で、この決断をした」
「ははーなるほど、聖書に書かれているなになにですね」
「おーいみんな○○君が、”なになにの行い”を始めるんだと」「なにほんとかっ」
 ↑
いやいや、それがキリスト教的に何かとかじゃネーって
(俺個人の言動をテメーらの『共同幻想』ロジックの意味で語るな)
「俺は自分の考えの話をしてんだっての!」

→続きを読む

タグ:『単独者』
posted by kagewari at 16:55 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0