2019年08月01日

『単独者』の雑感「犯罪心理」(1)

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


本当はさ専門外だから犯罪心理なんてやりたかネーんだが(故に雑感カテゴリにした)
どっかで一本まとめておかないとめんどくさいことも多くなるだろうと思って、
あえて「犯罪心理学」じゃなくて「犯罪心理」として書いておく。


■この話で重要なのは
(適当な言葉が無いので造語した)”資産勘定”と、
退行化に関連する無意識下にあるレイヤー構造(思い出すって現象の仕組み)ってことになると思う。そして、経済学かな。

●まず原則論だけれど「犯罪」って概念からして
息を吐くように犯罪するって事はできないわね、
「犯罪者」って言葉にあるように、
言い換えれば「仕事(近代以前なら”狩り”)をするように犯罪をする」ってこと。
 ↑↑↑
よーくここ繰り返し読んでくれ、

そして憲法9条思い出してくれ、
「国際紛争を解決する手段として武力を行使しない、軍隊の保有もしない。」
 ↑
個人に置き換えてざっくり言えば
「何かを得る目的で暴力的選択をしない、戦闘準備もしない」

■上記から言えることは?
犯罪とは何らかの個人的目的実現(快感代謝)のため、法令遵守精神も逸脱する能動的な働きかけ
 ↑
こうなるワケですわ、
(ここ誤解も多いところあるので強調するけれど)
『個人的目的が実現(快感代謝)するだろうという明解な目算(或はイメージ)がある』
ってこと
(それが各犯罪者の脳内でトンデモの想像力によるイメージだったりするので、にわかに市井の人には「何言ってんのかわからない」って事情があるだけ。)


【重要なことだから繰り返すけど】
単純に、人格が破たんしているだとか、論理性を欠いているって現象には”犯罪性に結びつく要素が無い”のだよ。
「彼はゲテモノ食いだからきっと犯罪者に違いない」←あり得ないだろ?
「彼女は奇妙なタロットカードで意味のわからない作品を造り続けているので犯罪者に違いない」←これもあり得ない
「アルコールや薬物によって人格や論理性が破たん状態の人物は、全員率先して犯罪行為を行う」←なんてこともあり得ない
 ↑
こんな人物がやおら「どこそこ襲撃のため防犯体制を調べたり、手持ちの攻撃力を高めるためちゃくちゃくと戦闘準備を始める」←こんな動機形成あり得ないから。

→続きを読む

posted by kagewari at 22:27 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

『単独者』の雑感「首相個人でインテリジェンス的対応しているのかも」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


日本にはCIAのような諜報機関はありません。
内調は新聞記者などからネタを聞いて回る的な(勿論外信もチェックしていると思う)図書係的な機能しか無く、ましてや工作員などいません。
(それに近い行動が推測されるのは大使館付きの武官《自衛官》だとか、イラクへのPKO派遣前に現地情報収集行った特殊作戦群の現地偵察行動ぐらいかな。)

■しかしですね実際本当に007のようなスパイがいたとしても
”いたとしても”その情報の確度を上司が判断できなければ「全部未確定情報」となるので意味が無いのですよ。
日本を代表するスパイマスター小野寺信


そして誰だったかな、
外国評論家か記者さんだったと思うけれど、
「公開情報の裏が読めれば(公開情報こそ意図的に公開されているのだから)、秘密工作員情報のような確定できないソースと比べて決して現状分析に劣らない判断が可能である」っつー話があるワケ。
(ま、日本の内調はそんな公開情報や記者さんの取材メモ聞き取りなんかを主たる業務としているけれど、使い方によっては「公開情報」をベースにしているので案外使えるのかも知れない。)


加えて俺の個人的な読みだけれど、
ここ数年日本は英国との密接な協力関係にあり(日英軍事同盟なんて話も出るほど)、
日本は将来ブレグジット後の英国をTPP11加入させる優遇措置などのカードを持っている。
政府の秘密保護法の施行以来、一部英国(IM6)からの機密情報も得ているのではないかと思っていて、米国に関しても保守系シンクタンクへの浸透など、官邸には「やろうと思えば」かなりの情報が集まっていると推定できる。

■官邸はこれを”現状判断を行う上で活用しているのではないか
いくつか飛ばし的に”あり得そうな話”を挙げてみると、
・朝日に情報流している官僚を二重スパイにしてんじゃないか?
(官僚が朝日にリークしている情報を事前に知っている)
・朝鮮半島に関する情報の一部は明らかに米国か英国の諜報機関から取得したものが含まれているのではないか?
(韓国と北朝鮮の裏の関係は相当確認していると思われ←一部噂では例の横流ししたフッ化水素をイランの原油とバーターしたという話もある←過去決済に使ってた取引口座が韓国の使い込みか何かで凍結されているらしいんだわ)
・旧民主党議員の一部は既にスリーパー的に官邸に情報あげてんじゃないか?
(旧民主党議員が続々と自民党に鞍替えしつつある動き見ればそう考える方が自然)

●そして「国民民主」が憲法改正論議に参加する可能性があると読んる

→続きを読む

posted by kagewari at 20:40 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

『単独者』の雑感「日常と非日常」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


そういえば、
岸田心理学的におけるベタな原則論書いてなかったかもと思って、
中身的にざっくりした話でもあるので、雑感シリーズに書いておこうと思う。

●言語的に「日常と非日常」は「ONとOFF」ってことで
『共同幻想』適応社会の話なのね。
「義務とインセンティブ」「仕事と行楽」の事なので、本来的意味の非日常では”無い”。
非日常も日常的世界のうちみたいなね。

『単独者』の場合、その人格選択からして(『共同幻想』ワードで言い換えれば)「アブノーマルなぐらいの個性化選択」なので、
これ『共同幻想』世界から見れば、
「『単独者』の日常は、『共同幻想』世界における非現実的なぐらいあり得ない話」となる。
故に、
『単独者』は非日常を求めることもしないし、そもそも『単独者』にはほとんどインセンティブの原理が通用しない(金や地位や女や男で動かない)。

●理屈はすごく簡単で
『単独者』は日常そのものがトンデモなので、生きているだけで”欲求代謝”するため、殊更のイベントを必要としないからです。
(そら全く無いとは言わないけどさww)
むしろ『単独者』にとって、勘違いした『共同幻想』社会から行楽的イベントに誘われることは”悪夢”であって(貴重な自分独りの時間を削られる=折角予約した個室から無理やり相部屋に移される)、
迷惑な話でしかない。

自動的に『単独者』に社会性は無いのだけれど、
行動に社会性が無いだけで、知見として社会的常識を意識的に逸脱することは無い(現代で言えば法令遵守の範囲に限る合意で=『共同幻想』の意味では無い)。
何故って面倒事に巻き込まれても”損なだけ”だから(単に合理的判断として)。

ひょっとすると『単独者』ってのは、岡本太郎ばりのエッジの効いた人と思われるかもだけど
全然違うからww
(フロイトで言うところの昇華に相当する現象って「強迫心理や反動形成抜きに語れない」から。)
『単独者』ってのは、その心理に強迫性が”ほとんど無い”ため、
殊更特別なことに拘ったり、でなければならない論とかの外にいる人なのであって、
 ↓
自らを規定する(周囲から見れば瑣末なことかも知れない)自分だけの日常性には命懸けで拘るため、ある意味理解され難い。
「そんなしょうもないことでどうしてそんなに怒るの?」←みたいな状況起きがちだからね。

●ちょっと解説必要だと思うのでアレすっけど

→続きを読む

posted by kagewari at 22:14 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

『単独者』の雑感「川崎19人殺傷事件」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


やおら岩崎隆一容疑者の精神状態がどうこうって話も出てくるんだろうけれど
原理原則を整理しておく
俺は刑法39条否定派である←【ここ凄く重要だと思ってる】
(計画的殺人などの動機形成は、自身のメンタルに問題意識を持つ人物には不可能である)

●「強迫心理」は誰にでもあり、同時に所謂臨床系の診断における症例で言えば「サイコパスは政治家や社長、弁護士、医師などにも多い」という分析ある”そのまま”だけれど(スポーツ選手にも存在すると思う)、
・メンタル問題は”病気では無い”(症例)
・それをメンタル問題であるか否かを決めるのは自分自身で、
自身のメンタルに問題意識を持てば、それはメンタル問題だけれど
同じ「強迫心理」の一種『共同幻想』に社会適応している自我は(所謂通称:健常者)、自身のメンタルに問題意識を持たないのでメンタル問題と呼ばれないだけで、自我の構造の基本は同じ。

●通院に至るなどの厳しい状況が何故起きるのかって、
問題意識を持つ『自意識』と、無意識下の「強迫心理」が(双方の関係性が矛盾するのだから)葛藤関係に至るからで、
(暴論だけどさ)
「俺ってさ、いかしたキチガイなんだよね〜」という認識があれば、
第三者から見て”そうとういっちゃている人”でも全然アリなんです。
(「芸術は爆発だ!」の岡本太郎じゃないけどさ)

つまり「岩崎隆一容疑者のメンタルがどうだこうだみたいな論議には意味が無い」のですよ。
彼が犯した”犯罪”その犯罪を構成する行動と動機形成が全てです。
(まだ噂の段階ですが、兄弟のように育った同居のいとこふたりは事件の小学校に通っていたという話もある)

だから(俺の個人的意見だけどさ)刑法39条には全く意味無いんだよ。
刑事被告人となり裁判となっている時点で精神鑑定など必要無いんです。
(てか心理学的に、人の精神なんて鑑定できネーっての。)
あれさ、
仮に岡本太郎を鑑定してさ、彼に責任能力無しって診断出ると、
(芸術家岡本太郎を揶揄するつもり一切ありませんので誤解のないように、市井の評判から医者によってはナントカ症とか診断するかもねって過程が入りやすいだろうってだけです。芸能人やアーチストで実際に精神科通院歴ある人多数だと思うけれど、以下の論議において同様に「だからといって作品の著作権を認められない《責任能力無し》」などとう話になることは”あり得ない”。)
彼が作った芸術作品は(責任能力無しなんだから)彼の作品として認めないってこと(無罪)?
おかしいだろ、
芸術家の場合、作った作品と創作の企画が全てであってだ、
創作時の精神状態が作品の著作権や真贋論争に関係するか?



心理学的暴論言えばさ、
「見方変えれば、『共同幻想』社会適応の通称健常者は(原始時代の人類ヒト科ルーツ世代から見れば)全員キチガイ」とも言えるのだから。
そんな話を事件の真相語りに持ち込んでも全く意味ネーんだって。
※心理学には健常者なんて概念無いから

→続きを読む

posted by kagewari at 06:53 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

『単独者』の雑感「トランプ大統領来日」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


(安倍トランプの関係知れば)予想するまでもなかったけれど、
大成功でした。
米国詳しい知識人の話だと
「アメリカ人はあー見えて名家の血統とか権威ある人とか好きだよね〜」らしくて、
令和天皇陛下との会見は本当に喜んでいたと思うよ。

■安倍トランプの関係から言えば、
あまりにも安倍ちゃんトランプの信頼厚いので
(安倍首相は外様の首席補佐官とも呼ばれている)
米国国防省や国務省の役人が、日本の官邸経由で「かくかくしかじかの事を大統領に説明してくれないか」とお願いするぐらいの関係だから(この話にはリップサービスもあるだろうけど)。

安倍政権下での官邸外交は想像以上の実績を上げており、
(全く報道されていないが)
米国保守系シンクタンクに財界から資金提供し日本の拉致問題専門の機関を設立したりしている(そこにトランプ政権の元高官を代表者として登用)、
こういう地味で影響力の強い外交は過去の政権には見られなかったもので、
(安倍政権にはトランプの相談役とも言えるスティーブ・バノンとツーカーの人物がいるからか)
これって、日本の拉致問題が米国の外交政策の一部になるって意味だからね。

●ここでまた右派論壇の(ちゃんねるくらら)ウクライナのグレンコ・アンドリー 氏からすごく面白い指摘があって、彼曰く「欧州の反移民ポピュリスト政治家は”偽装右翼”でロシアの息がかかっている」と断言するんだよね(笑
こういう視点はなかなか無かった。
ちなみに、この欧州の反移民系右派政治勢力は、スティーブ・バノンが協力して国際的影響力を持たせる仕掛け(組織化)をしていてですね。

どっちが正しいとかそういう話しじゃないと思う。
(そりゃどちらも反EUが国益になるのだとしたら手を突っ込んでくるでしょう)
国際政治は一筋縄ではいかないんだと、そういう話しです。

まーねウクライナのグレンコ・アンドリー 氏はそういうけどさ、
あの時のウクライナの政変は、クーデターっぽいっていうか、ポーランド系右派の民兵が銃持ってデモ?とかやらかしていたのも事実だから、
ロシアにも冗談じゃないの言い分があるでしょう。
(第二次大戦だっけ、第一次だっけ、イギリスにそそのかされてポーランドが実質大戦への鍵になってしまった話もあるからさ「またか」みたいな部分もある。)

→続きを読む

posted by kagewari at 19:59 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月25日

『単独者』の雑感「イラク戦争のこと」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)



革新系・保守系に関わらず、イラク戦争の事を随分批判する人いるけれど、
(俺もどうしてこの時戦略目標がイラクになるのかよくわからなかったけどさww)
発端はイラクのクゥエート侵攻の湾岸戦争と、
911テロとの戦い、イラク政府側の意味不明の挑発(米国の出方を完全に読み誤った)
米国が情報機関の謀略も総動員して(ベルリンの壁崩壊後の東欧をイメージしていた)「中東民主化ドミノ現象」を画策していた(=独裁者との契約破棄→独裁者は友好国でも許さない)、
 ↑
流れ的には不可避で起きた戦争だと思う。

■そもそも論として俺の知る「米国」ってのは
「大統領ってのが、聖書片手に腰にガンベルト下げてやるんかこら」って言う国だろ。
勝ち目も無くふざけた事言えば、
「テメーも盛ってんだろ、そいつを抜け」ってなるのは、
(それで都合悪くなるのだとしたら)どちらか言えば挑発した方が悪いだろ。

世界には名目国際法ってのがあるが、
そもそもだ「国連」っての「WW2戦勝国連合」の意味で、
「(平和もクソも)俺達戦争に勝とうぜ」って団体だぜ、
勿論、過去の大戦であんまりにも人が死んだので、流石にまずいと国際法なるルールも決めたが、これってサッカーのルートと同じだよ?
「ファールもプレイのうち」だから、
小学生でもあるまいし「法律に書いてあるんですからね」みたいな話が通じる筈も無く、
てかさ、その法律作ってんの主として米国だぜ?
都合悪けりゃいつでも自分で書き換えられんだから。
(実際はお約束の「中国、ロシア」の拒否権で通らないんだろうけど)

イラク戦争が問題だ?何をガタガタ抜かしとんのかと、
どこのお花畑の話をしてんのか意味がわからない。
NRA(全米ライフル協会)嘗めてんのか?
「Go ahead, make my day(映画『ダーティーハリー』の名台詞)」
(やってみろ《銃を抜け》俺を楽しませてくれよ)



イーストウッドの共和党応援演説(最後にGo ahead, make my day)

(この人気、大統領なのかと思った)


レーガン大統領のジョーク(最後にGo ahead, make my day)



●(右派メディアのくららでお馴染みの話だけど)メキシコに不法移民で買ってに入植して、中核派よろしく砦築いて「洒落にならない不法占拠は犯罪です」と言いにいたメキシコ軍と対決して、
玉砕したあげく「アラモ砦を忘れるな」のスローガンの元(という言いがかりで)、
メキシコからテキサス州を不法に自国に編入しちゃう国ですよ?


アメリカ人の脳内では、ジョン・ウェイン演じるデイビー・クロケットが英雄で、メキシコ軍が悪者になっておりますが、実際は武装し他国に不法侵入して勝手に入植しちゃっているテロリストがクロケットで、劇中登場するメキシコ軍は自国防衛のために出動しているだけなのであります。

→続きを読む

posted by kagewari at 16:42 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

「『単独者』の雑感」シリーズ

心理学サイトってことで、立ち位置的に中立的第三者を意識しているってこともあり、
(やろうと思えば『共同幻想』保守系の論戦も張れますから)
あまり尖った話をしないように抑えてきた側面あります。
(仰々しいものでも無いので『自営業』の雑感ぐらいの意味で読んでくれ、、)

しかし、ちょっと考えてみた。
1)サイトの趣旨から「自身のメンタルに問題意識を持つ自我当事者」の閲覧が多い
2)基本的な「強迫心理」ネタバレ解放(自己分析含む精神分析)以降はリハビリ期間となる
3)リハビリ期間は「思春期『反抗期』の再現(以前の『共同幻想』思想を一度全否定)」を想定しているため「仮想『単独者』状態」での思考が推奨される。←推奨ってかそうでなければ先に進まない。

だとすると、閲覧者の多数に「仮想『単独者』状態」をキープしようと試行錯誤していることになりますわね?
(勿論、人間の心理それ自体に興味があって読んでいるケースも少なくないと思うけど)

であれば、
変に意識せず『単独者』バリバリの時事論説みたいなのある方が参考になるとこあるのじゃないかと考えた。
■残念な事に『単独者』はその名のとおりで、全員意見が違うのだから俺が何を書いたところでそれが類型を意味したりしないし、模倣されても困るっちゃ困るんだけれど、
「ひとりの『単独者』にこんな切り口ありました」的な意味はあるだろうと。

そんなワケで、遠慮容赦無くあれこれ時事ネタをどう考えるのかってカテゴリを造ろうって訳です。
「冗談じゃネーぞ(『単独者』の雑感)的に時々アップしていきます。



ついでなので「第一回」
「佐藤浩市の失言をどう思うか?」いってみよう
思えばいろいろ論議もある、三國連太郎先生(佐藤浩市の親ですよ)、
やれ共産党だ脱走兵まがいのやらかしで酷い戦争体験があるなどもれ伝わりますが、
映画俳優として凄かったのですよ
ええ、特に軍人役が

(リチャード・ハリス主演『カサンドラクロス』にインスパイアされ作成されたという)

え、これいいのかな、、、ままよと、

(軍人役と言えば『八甲田山』だと思ったでしょう?違うんです)
名作『皇帝のいない八月』

共産党員としても有名?な吉○さんも出演していらっしゃいます、
三國連太郎先生はキ印の自衛隊秘密警察組織の人物を怪演

→続きを読む

posted by kagewari at 00:47 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0