2019年11月08日

『単独者』の雑感「夢(分析)って言えばだ」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)



「俺の『夢』だよ夢、フロイト先生」


なだろう転校生人生が自然とそうさせたのか、
その後の精神分析関連にのめり込み過ぎたからなのか、
俺はかなり『突飛な夢』を観る

数年前まで完全にパラレルワールド状態で”そっちの世界の日常”が普通に継続していて(元ネタは17年間勤務したフリーター時代の話がモチーフだと思うが夢の中では全く別会社)何の課題の仕事をしているのかってのが、続き物として継続してんのね(笑
この続き物シリーズを数年間に渡って(見る度に次の回として始まるんだがww)見続けた、
ってか”そっちの世界で数年生きた”みたいな。

●時にそっちの世界の仕事があまりにも難航して、そっちの世界でもにわかに寝付けないぞって思い悩んで、ふと起き上がって「ヤバいどうしよ」と目など擦っていてだな、、
「いったいこれをどうやりゃ、納期近いぞ」とか(もう起きてんだけどww)

あれ?ひょっとして夢の(あちらの世界の話しだった?)
なんだよ、勘弁してくれ「夢でよかった」←このような”夢落ちかよっ”て、夢が原因で目が醒めてしまうケースが二度や三度では無いのであってだね、
(どうやらこのシリーズは完全終了したらしい)


■新シリーズが始まったってことでは無いのだが、
(ネットではけっこうヤバいサイトを見て回るので、たぶんadblockでも止められないSPAMを踏んだようで”お約束”のポルノサイトに飛んだ先に「えっ今米国のポルノシーンってこんなんなってんのっ!」と驚いたってのがきっかけだと思う←ちなみに映画マニアだった俺は思春期特有の関心もあってww購読する月刊スクリーンはポルノ系も欠かさずチェックしていた口なので、要チェックのサブカル情報として常に頭にある。←数日前の事なんだが”米国サブカル語る上でこれは重要だ”としっかり頭に入っていた。)

ある雑誌製作会社の取材に行っていて(多分これ不動産ブログ取材の派生イメージ)、
名物ライターだかななにかの”なんとか女史”の話を聞きに行った、事前情報で今その”なんとか女史”が好きな食べ物が何だからと、ネットではその代理戦争みたいに”その食べ物関連の”いいだの悪いだので騒ぎとなっており(これは”誰とヤッタのか”的な暗韻踏んでたと思う←勿論元ネタはポルノサイトで見た画像の女優)、
俺は、その取材後の記事を書いているんだけれど(現場で撮影した画像などあれこれ見ながら)、
この時何故か”見知らぬ実家”に帰省しており(誰だか知らない姉ちゃんとその血縁のガキだかが周囲で幽霊のようにウロついている)、
ちょっと集中できないからと(これは喫茶にいかねば)
お気に入りのロングコート(最近寒むなってきたからコート出さネーととか思っていたからだと思う)引っ張り出して外に出た。

何時に帰るからと告げたんだが(いちおうその世界では”ここに喫茶がある”のメボシはついていた)、なんだか駅近くまでその”誰だかしらない姉ちゃん”がついてきて(多分この女は取材の編集者が被っていたように思う)、適当なところで帰ったが、
「余計遠回りになったじゃねーか」と、どうやら”その世界では知っている街”のある方角に歩いていくんだが(実際の実家では無い”その世界の実家”で→この実家は夢の中で過去にも一度登場した記憶がある)、「えーっと喫茶はあるのか?」←ここで目が醒めた(笑

目が醒めてから1分ばかり「そこんとこの”食べ物関係の代理戦争”とかのネタ部分をどうやって書くんだよ」←本気で考えている始末

「あっ 夢 だ」(笑


■■■<これさ、アレなんだよね>■■■
映画やアニメに登場する心理学関係のネタじゃないけれども、
俺は精神分析関係の相談とか受けると、脳内シミュレーションがバリバリで、ほとんどVR空間で聞き取り情報の世界を実体験するように考えるので、
いつだっかの相談者から「どこだかで家同士の挨拶みたいな(結婚ネタ)」
とかの話しがあったんだが、
(どうやら俺の脳は勝手にその喫茶を西新宿地下道のどこぞの喫茶をベースに映像化しており)
ハイハイあの話って、何気にそれが頭によぎると「この写真のことね」と脳内に決まった映像がポンと出るような事になっとんのね(笑

自分で言うのもアレなんだが、有料相談系の原稿を書くと疲れ果てる
”脳内リソース全開で血糖という血糖を使い果たす”ため、
(執筆時間的にさ、2時間もののドキュメンタリー映画を30分内外で一気に早回しで観るようなプロセスを都度何度も繰り返すような)
書き上げると、しばらくの間(下手すると数日)何も手につかなくなる
(※書き手としてはまったくもって修行が足りないんだが、、)

実際関連事項は普通に夢に出てくる始末だからね(笑

→続きを読む

posted by kagewari at 04:22 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

『単独者』の雑感「多くを望まない」


※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


いくら食欲が凄くても牛一頭食える筈も無く
ワイルドネイチャー的に食い残しがハイエナの糧となることも無い


■「成功者の憂鬱」みたいなボーダーラインがある
芸術やスポーツにそれっぽい限界は無いけれど、
社会的成功、とりわけ所得額(この段階で偏差値認知なので『共同幻想』)、
典型的な高度経済成長『共同幻想』インセンティブ(金になりますよって誘い)
これは貧しければ貧しいほど(ハングリー精神ってので)効きはいんだけれど、

既に一定の成功を収めてからはの『共同幻想』思惑は
「そろそろ守りに入ってください(既得権エスタブリッシュメントの構成)」の筈なんだが
(日本経済で言うと、高度経済成長から一億総中流社会への変遷ね)
誰が見てもその様は後ろ向きのインセンティブで(インセンティブと言えるのかって)、
動機形成を突き動かすモチベーションは自然減衰する。
それこそ「成功者の憂鬱」


●権威主義を借りたエスカレーション上等の『共同幻想』ですらそうなのだから
エディプス的レバレッジや反動形成をネタバレ崩壊させてる前提の『単独者』がどんだけって話でさ(社会的成功者なる概念すら無いんだから)、
物欲に関して「多くを望まない」のがデフォルトって話に収まるのが自然、
(芸術やスポーツに限らず、”自分の関心事項”については底なしに追及するため「成功者の憂鬱」のようなボーダーラインは無く動機形成のモチベーションは一生ものとなる。)

(※そっから類推すると、平成にあった「断捨離」や、昨今の「ミニマリスト」ってのは『歩留り』層の考える『単独者』イメージ試行錯誤の一環なのかしらって思うんだけれどさ。)


■やっかいな構造的テーマってのは
「退屈したら死ぬ病」の上に「リビドーのカオスが底無し」の人類ヒト科において、
無限大な快感代謝欲求を、いかにして日常的にちゃっちゃと”快感代謝”に及ぶ生き様に辿りつけるかって部分かなと。
歴史や群れの手を借りれば『共同幻想』であり、
独力で抗えば『単独者』になる、
(そのため『単独者』の必須条件は『自意識』が自由であること)

と わ い え だ

人類ヒト科の「リビドーのカオスが底無し」って進化からが”異常”なのであって、
(根本的になんとかならネーかとその本丸を『煩悩』と呼んで突っ込んだのが禅寺で修行している人←その気持ちはわかるが、どーなんだろ「俺は人間を捨てるぞ」って意気込みはもう”生き様”では無いような、、)

岸田心理学『唯幻論』の基本原則のひとつ
●「この世にどうでもよくないものなど無い」って煽り的なアレはww
(ちなみにこれを大藪春彦のハードボイルド小説的に”青臭い皮肉”にすると「金で買えないものにロクなものは無い」)
 ↓
『単独者』を参考に合理的選択を考えるとさ、
追及するネタってミニマルなとこで十分なんですよ。
「ボンカレーの美味い食べ方に一生を賭ける」のようなバカバカしいネタを面白がるのが『単独者』だから、難しく考えるようなもんじゃネーでしょ。
(千利休がきったねー不細工な茶器に「ワビサビがなんたら」とやらかす着想なんてその典型)

→続きを読む

posted by kagewari at 16:59 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月31日

”実存”云々の話「哲学専攻の方からの”突っ込みは禁止”」(2)

哲学に対する専門性はまったく自信が無い事に”自信”あります。
というわけでこれも『単独者』の雑感で、

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)



<てなわけで>
■『単独者』がめんどくさい奴である真骨頂ってのは、
「世界で一番美味い牡蠣の食べ方を知っていて(なんとそれで1年間満腹となる発見)、それを誰にも決して話さない奴」←こういとこにあんだよwww
そして確かに、
「その方法を他者に知られると、その効用は知られた人数分に減少するのだ」←みたいな建て付けになってんのさ(古い時代になるほど『共同幻想』の脅威もデカかったのであり)
 ↓
「教えるのは構わないが、だとしたら『特許として申請したい』(知られて代謝が減る分の対価を払え)」的な認識ね、
自己責任を担保に、人生賭けた「事象の個人所有権」があってこその
「誰でも無い”俺が”実際に存在するってことだろ【実存上等!】」


【注】もちろん「知られたら減る」なんてのは妄想であり
”近代『単独者』盛り過ぎ”なんだけどww
(もっと冷静になろうよって)
しかし古代にはありがたいお経を「一子相伝(一番弟子にだけ自分が死を覚悟した時に話す密教みたいな)」とかさ、実際にやらかしていたのは事実なんだわ(決して文字に残してはならぬとかね)。


●『共同幻想』社会を”上場企業”、『単独者』を”自営業”に置き換えてみるともっとわかりいいかな?(ちなみに確信犯的『共同幻想』再選択は→創業200年の老舗とかね)

たとえば、
・ある喫茶店で「誰も考えた事の無いパンケーキがあった」とします
これは店主自慢のキワモノメニューで、顧客も喜び賑わうほどでは無いが今後店を維持する上で盤石のディシュだった
・意識高い系SNSオタクがこのメニューを画像で拡散
・近所の西友も(おおよそ半値で)惣菜コーナーに似たパンケーキを並べ始めた
・喫茶店の売り上げはそれほど違いは無かったが(驚きの声は消え)、かつて得られていた店主の喜びはどこか消え去り、(かといってその味が多数の子供達の知る事となった事を悪いとも思えず)店主はひっそりとそのパンケーキメニューを廃止した

(※そのキワモノパンケーキのお店って”実存”は失われた)


えーそんなこんなで、
■■■「知られたら減る」なんてのは基本近代『単独者』の被害妄想であって■■■
(さっきのパンケーキの話も、それこそ『自意識』の出番で「へー面白くなってきた」と転じることもできるからね)

存外に現代の『単独者』はおしゃべりなのじゃないかしらと思う
昨今『共同幻想』怖れるとかあんまし無いし、
あれこれ思いついたこと話しても減るもんじゃないしさ、
『単独者』が本当に『単独者』ならば、
だいたい『共同幻想』適応人格は「何言ってんのかわからない」から(笑
だいじょうぶなんだわ

(※ここが”カタギの医者”には「ほとんどフロイト心理学が理解できない」事情でもある)

→続きを読む

タグ:『単独者』
posted by kagewari at 02:57 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

”実存”云々の話「哲学専攻の方からの”突っ込みは禁止”」(1)

俺の哲学の知識なんてものは、高校の時「意味もわからず読み漁った本」だとか、
某有名四流大学の一般教養で選択したぐらいの話で、
フロイト心理学以降は(もうわかった的に)ほとんと接点無いから。
哲学に対する専門性はまったく自信が無い事に”自信”あります。

というわけでこれも『単独者』の雑感で、

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)



■心理学テキストなぞに頻繁に出てくる”実存”って何か
前回が『共同幻想』の話だったので、今回は『単独者』の話です
どうもね、リクエストで『歩留り』『歩留り』と意図されてる意味が(自我防衛じゃネーのみたいな)都合のいい誤解から見たいな側面あるので、
『歩留り』をわかりやすくする意味でも、
『単独者』の話をしておくべだろうと思ったワケだよ。


●”実存”ってのは(『単独者』の発明でお馴染みの)「実存主義哲学」の”実存”なんだけど
「シュースポスの神話でお馴染みの『不条理』にこそ実存がある」っちゅうのを心理学的に補足してみようかなと、
(シューシュポスってのは神の啓示で無意味に岩を転がす男の神話で、その『不条理』こそが《人知の及ばぬ》神の実存である的に実存主義哲学がこれを展開した)
 ↑
知見無い人が『不条理』を非合理って意味か?みたいな考えちまい、
・あたかも「キチ○イじみた言動の事か」と勘違いするかもだけど”全然違う”から。
実存主義って言えばアルベール・カミュの『異邦人』思い出す人いるかもだけど、
(殺人の動機は太陽が眩しかったからの名台詞でお馴染みだが)
むしろカミュと実存主義語るなら『ペスト』でしょう
(治療法も無く、診療してもまったく無駄なのに《そんな不条理な中でも》治療を続ける医師の話)

確かにね「アンチ『共同幻想』」重視すっと、
「”彼ら”の合理性で理解できない事で無ければ”俺の実存が濁る”」ってな
原理主義的アレはあると思うんだが、
 ↑
この意味ワカラン人いる?



でわ、わかりやすくする意味で
◆◆<<【ちょっと”実存原理主義みたいな過激派”なら?】で考えてみますか>>◆◆

■事の始まりの近代ぐらいに戻して考えてみよ(西欧モデルで)
「俺はかくかくしかじかの理由で、この決断をした」
「ははーなるほど、聖書に書かれているなになにですね」
「おーいみんな○○君が、”なになにの行い”を始めるんだと」「なにほんとかっ」
 ↑
いやいや、それがキリスト教的に何かとかじゃネーって
(俺個人の言動をテメーらの『共同幻想』ロジックの意味で語るな)
「俺は自分の考えの話をしてんだっての!」

→続きを読む

タグ:『単独者』
posted by kagewari at 16:55 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

音楽の話ってほどではないけれど(Steely Dan / Donald Fagen)


なんてことない話なので「『単独者』の雑感」で、

ちょっと凄い動画を見つけまして

米国AORの雄 Steely Dan が名アルバム『aja』作成を語る動画で
日本製作だったのかな、日本語字幕の動画にコメント欄が全員アメリカ人みたいな、奇妙な動画でもあるんですが、とっても面白い必見です

Steely Dan "The Making of Aja" (Japanese)


何かコメント付けるってものでもなく(動画を観てくれって話です)
素人が何言っても仕方がないんだけどさ、
『aja』はアナログLPレコードがどっかにある筈でww
俺ウエィン・ショーターのファンなのに、
ajaで出てくる間奏のSaxがまさかショターとか知らなかった…。
なんてこった、
ショーターがちょい役で出るほど Steely Dan が大物だったのも知らなかったし、
そんなにJAZZ好きだったんだ、、
(Donald Fagenはアメリカの音楽がとってもセンス良かった時代の代表選手だと思ってたけど)


ちなみにDonald Fagenと言えば『I.G.Y.』

(何故かドトールの有線でよくかかっている)
大変録音がいい名盤と知られ、
スピーカーテストのポップス・ロック系リファレンスになってたりする


そもそもがドウービーの「Minute By Minute」がほぼDonald Fagenだよな〜とか思って
この時協力してたっけと思いあれこれ動画あさりしてて先の動画を発見したんだが
03.Minute By Minute〜Minute By Minute(1978)-The Doobie Brothers


(思いっきり Steely Dan みたいだよね 作詞 / 作曲Michael McDonald, Lester Abrams)

そして、あの動画ですよ
マイケル・マクドナルドがちょい役でコーラスとかやってたのかよ、、
「なんか友達だったわけね」どんだけ豪華メンバーのアルバムだったんだろ
やっぱアメリカは豊かな国なんだな

アメリカのミュージックシーン的にも”いい時代”でしたね
(※妙に日本のシティポップが人気の欧米ですが”その時代”へのノスタルジーなのかも知れません)

→続きを読む

posted by kagewari at 23:36 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月09日

『単独者』の雑感「米朝会談の顛末に思う」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


何時の時代からでしょうね、
■「北朝鮮は口ではこう言ってるが、その本音はおのように読み取れる」
 ↑
なんだか得意げにそんな解説する事情通の評論家が増えてきましたが、


なんで、そんなめんどくさい翻訳ごっこに世界が付き合わなければいかんのだ?
ふざけんなっ
■(本当の大統領は彼という噂もある)ペンス副大統領あたりが
「世界 は 北朝鮮やK国の 意訳を前提とする発言を今後一切認めない」
「聞 い た ま ま 理解 す る か ら もうわかったな!!」

 ↑
大音量で言うべきだよ


やってらんないっての
(あれで切れないトランプもたいしたタマだぜ)
どんな思考回路してんだ、
本音を話すとカモフラージュでも解ける呪文か何かか?
(お高くとまるような権威の裏付けすらネェってのに”偉いさんごっこ”の小学生なのかっ)

非核化交渉なんざ、トランプが威嚇で誰もいないとこ狙ってトマホーク一発着弾させるだけで妥結するんじゃないのか?
(真面目な心理学的具申だけどさ)

スポークスマンの朝日が言ってんじゃん

「一発だけなら誤射かも知れない」
(これ引用だったらしいけど)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 20:45 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

『単独者』の雑感「音楽関係の小ネタで(BABYMETAL全米ツアーに思う)」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


今回は『BABYMETAL』の話しっつーよりバックバンド(神バンド)の話です
通称「神バンド」と呼ばれるBABYMETALのバックバンドは、腕利きのスタジオミュージシャンなどから構成され(勿論自らのバンド活動ある面子も多い)、異様にテクニックを持つことから欧米でも有名となった。
メンバーは正式固定されておらず、初日と2日目でメンバーが交代することもある。
●当初この話は(なんつーか高いテクニックを持っていても音楽一本では食えない業界において)『BABYMETAL』というプロジェクトが、彼らの力量を(羞恥心を全て引き受ける少女達を媒介にして)大解放する仕組みとして記事にもしてきたんだけれど、

(※ある意味BABYMETALとは、仮想上の確信犯的『共同幻想』再選択であり、参加メンバー全員のリミッターがBABYMETALという確信犯的『共同幻想』世界の中で”全開放”される。)

(※その後の展開としてバンドのスキルが高いため、高度な演奏を前提とした楽曲作りの結果、後述のギタリストを失い演奏できなくなった楽曲もある。この高度な演奏能力を求められるところもBABYMETALの特徴。そもそも始まりがパロディバンドなので、ドラゴンフォースだとかドリームシアターなど既存のバンドをモチーフとした作品も多いが、本家より凄いかもなことになっている。)


この話にセカンドシリーズが登場
●今回の全米ツアーは1ヵ月前後で20公演だかの異例のハードスケジュール且つ大規模なもので
(ひとつの目標的なものは、今回初のデカいアリーナでのLA公演)
他にも各人仕事を持つプロフェッショナルである日本の神バンドのメンバーでは、1ヵ月丸々米国を回るツアーには帯同できないとのことで、
(思うに運用は全米ツアー計画時からこの点見越していたのだろう)
直前の公演から、日本の神バンドもマスクを”着用し個人を特定しにくいスタイル”に変更していた。


<<<<『US神バンド』として外人傭兵部隊が結成された>>>
ある意味、腕利きの『単独者』用心棒4人で構成された助っ人部隊
(「七人の侍」の売りウッド版『The Magnificent Seven』みたいにさ)
■『BABYMETAL』の運営は秘密主義で徹底しているため、彼らの名前などは一切公表されていないが、刺青などからまたたくまに本人特定され

ツインギター、ベースはGalactic Empireの3人
(銀河帝国、スターウォーズのコスプレでスターウォーズ楽曲をMETALで演奏するバカバンド、過去にBABYMETAL日本公演で前座をやっている、この時BABYMETALヘイターからの批判コメントに「バカなのか?俺達みたいなコスプレバカバンドにこんな光栄なことはないだろ」とコメント)

ドラムがAnthony Barone (Shadows of Intent)←Shadows of IntentのジャンルはDeathcoreとも呼ばれてますが(ちょっと聴いてみたけど)プログレMETAL系と言えばいんですかね、
なんとShadows of Intentの公演を抜けてまで、BABYMETAEの全米ツアーに帯同してます
 ↑
このアンソニー・バロンが凄いんだわ
(加えて言えばベース、ギャラクティカのClint Tustinもグルーブ感というより米国ハードロック畑のゴツイドライブ感満載だったりする)

アンソニー・バロン氏語るならさ、
■■■まさに「無法松の一生」ですよww■■■
被り物で(名目)本人特定無く、US神バンドとしてせいぜい個人アクションできる場面は、入場時に「おー!」と手を挙げるぐらい、後はひたすら黒子的位置で演奏に専念します。

→続きを読む

posted by kagewari at 16:44 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

『共同幻想』社会のグダグダぶりについて思う(リクエスト記事補完)


自分のリクエスト記事に触発されて思ったんだが、
●確かに「ナントカ講座の話」じゃないけれど、
最近特に目立つのが「NHK教育TVを牙城とする『共同幻想』左翼思想派』のグダグダ感。
(もう彼らにとって身体障碍者及び難病とかってアイドルの条件なんでしょうね←なんかこの風景どこかで見たような気がしませんか?「米国東部リベラル左派のアイドルが黒人だった時代」とか、日本の左翼運動が解○同盟や在○組織と共闘していく時代の話。)

あんまし話題になってませんが、
不見識にも笑ってしまった話ってのがこちら
夜回り先生(水谷修氏)サイト閉鎖?:子供支援とネット相談の難しさ
https://news.yahoo.co.jp/byline/usuimafumi/20190823-00139532/

 ↑
彼を一概に左翼活動家とは思わないけれども、
「わからない事を無理やりやってきて、自分も鬱病になりました」みたいな?

■心理学サイドとしては岸田教授も鬱病に苦しんでたりしたので、
人の事は言えネ〜な〜なんですがwww
(※教授は『単独者』の概念展開し損ねたとこあるんだと思うんだよね。←そうなってしまうと出口見つけられなくなってくるから。この辺の教授の見識は「『共同幻想』の承認とナントカ」みたいなところに留まっていたように記憶している。ま〜飲み過ぎだったのではないだろうか。)


■■■<<過去ログにおいて「カサンドラ・ナントカやメサイヤ・コンプレックス」の話していると思うんだけど>>■■■
ざっくり言っちまえば、
『救世主願望のように表面化する「承認欲求」であり、その「強迫心理」の一群と依存関係』
わかりやすく言えば
「わかりもしないでおせっかいしたがる病(よく考えたら『興奮』受益者は自分だった:『被(こうむる)』連発ド・M系)」
 ↑
ここに営利的腹心やパトロンくっつくと新興宗教に化ける


■もう昨今のNHK教育TVなんてのは、
「どこぞの新興宗教セミナー動画なのかしらん」ぐらいの凄さで、
「何がなんでも『共同幻想』枠内に答えがあるんです(これバチ○ンが毎年科学的発見を「これも聖書に書いてあった」と強弁する会議に似ている)、全てお見通しですよ」みたいな無理筋の強がりというかさwww
←そもそもこの左翼活動家なる彼らこそが自らの自我防衛のため憑代として「左翼『共同幻想』」へ依存し、組織を形成するに至っているんだからね。
(笑っちゃいかんけど、差し詰め「革命の原動力は俺の強迫心理だ」みたいな)

→続きを読む

posted by kagewari at 12:57 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0