2019年12月30日

『単独者』の雑感「人知れず偉人(一部では超有名なんだけど)」


※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


そういう人いるよね、

名前知らないけど便利にマシンで使わせていただいてるフリーソフトの設計者もそうだし、
会社組織なんてとこでも「あの人がいるから」とか思い当たる方、みなさんにもいらっしゃるのではないでしょうか。
(違った意味で〇暴なんかではそういう際立った偉人が少なからずいそうです。)

それこそフロイトの『昇華』論ですが、
始まりは強迫的だったかも知れないが、何かの偶然でその道に才能があり(正確には『自意識』の相対強度が半端無く《乗りかかった船的野暮用感覚で》抑圧されないままその世界に本気で面白おかしい世界を発見するに至り→爆発する)、
まんまあり得ないとこまで(なんせ強迫的=現実からの乖離、超越ですから)本当に実現してしまうという(人が頼んだだとこでこんな事してくれる人いませんから)、それを好き好んでやり「そんなのあったら凄いな」程度の(こちらはマジもののアイデア)愚民たちが歓喜するみたいな絵です。


心理学的にはそんな状況を軽はずみに「素晴らしいですね」とも言えないのですが、、
「マジスゲー」と思うのは事実なのであります(笑

(いやほんと外野席からは想像もできない、トンデモな修羅の道を極めた人達だから)

ある意味『単独者』超えてる、
それこそニーチェが’待望した超人って奴かしら、


●仮にその表現されたものに触れることができたとしても、
私たち外野席にわかることは、その一端に過ぎないのです

サブカル系音楽界ならやはりこの人でしょう

自分の曲を人に奨めないでほしい平沢進




平沢進を知らない人のための10分でわかるかもしれない平沢進(2)



平沢面白すぎるっww




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 19:46 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月23日

まーさんガレージに『人間椅子』gtの和嶋慎治氏来るで死ぬほど驚いた

本気でどうでもいい話なので興味ない方はご退場ください

「類は類を呼ぶ」

そのままかなと、
先日NHKの番組なのかな?ほとんどyoutubeに著作権違反であがってた、
「『人間椅子』和嶋慎治VS『BAND-MAID』KANAMI、ギターの振動で紙相撲対決」にも笑いましたが、あまりにも、あまりにも唐突でした。
俺は車も持って無ければ運転もしないんだが(ゴールドのペーパードライバ)、若いころはF1中継なども欠かさず観ていたり、鉄砲だけでなく車関係のエンタメも好きなんですよ(機械いじりが好きなのかな)。

youtube動画の車関係最大のエンタメは「オンボロ車のレストアもの」なのね、
欧米には有力な番組もあってですね、
廃車同然で朽ち果てかけてる往年の名車を新品同様にするような奴、
(※特に米国人はガレージで車いじりする人が凄く多いから)
だいたいそれ系の動画を観ていると必ずサイドバーにお勧めで出てくるのが、
■「まーさんガレージ」ですっ
https://www.youtube.com/channel/UCwKRHVk7e1EhGB1S03Xmlrg
(まーさんは、元自動車雑誌ライター)

昔アクセスない時に女装コスプレまでやったという謎のオッサン貧乏系レストアチャンネルで、
何が面白いって説明できないんですが、
大好きなコンテンツなんですよ(笑
新しいのきたら必ず観てます。


するとどうしたことでしょう、
何の予告も無くこれだよ
 ↓
NINGEN ISU 和嶋さん来たる まーさんとバイク談義


これには驚いたですよ、
世の中って「類と類で言えば狭い」のね
(そもそもさあのイカ天の人間椅子がまだバンドやっているって知ったのも海外反響動画の英国ヘッジーさんがBABYMETALやってる時の話だからね。)
貧乏談議が最高に面白い、
やぱ低迷期はド・貧乏だったんだろうな、、
ギターのエフェクター自作しているのはそれが理由だったか!
素晴らしいっ、素晴らし過ぎて泣けてくる。

来年はバンド結成30年にして初の海外公演、
これが本当に楽しみでね、
ロックの本場で度肝を抜いてやれと
しかし感じいい奴だよ和嶋、サブカル男はこうでなくっちゃいけない

→続きを読む

posted by kagewari at 07:26 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

性差とエンタメ性の関係(男女の人生)

(今回これ試論だから、かなりアバウトなとこあるので『単独者』の雑感としてます)

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)



そらどうしたって差が出ます。
ホルモンバランスであるとか関連する脳内物質も違ってくるでしょう。
時にトランスジェンダーでしたっけ?
そういう話出てくるのも自我タイプに違いがある証左かも知れませんが、
(※エビデンスの無い推定でしかないのですがいくつかのケースにおいて性別に対する違和感はメンタル問題に起因するとこあると思います:ここ予備的に言うと近代などではバイセクシャルがデフォルトな世界もあったからです。)

さて、その生き様として大雑把にどのような分類が可能なのか

■ベタな論議から行ってみましょう<身体的特徴>
 ↑
ハイ、この段階でひとつの結論が見出せます
既に偏差値認知が発動してますよね?この段階で男女の性差を固定的に見る認識は『共同幻想』認知であることが証明されるのです。

<そ、それはひとまず置いて置いて>


もとい、●ベタな論議から行ってみましょう<身体的特徴>
・男性は力仕事や兵士ができる(ほぼ=で政治権力を運用できる)
◎男性にはマチズモ(男性誇示)コンプレックスがほぼ普遍的にあるため、身長や筋肉などを自慢したがる(男性器の大きさにもコンプレックスがある)。

・女性は(武田教授の話によると)幼児が安心感を抱くため特異な育児能力がある(生物学的子殺しができる男性に対し幼児は生理的不安感を持つという話←武田教授の話だからエビデンスある筈)、そして子供を産むことができる
◎女性には「結婚願望」コンプレックスの”影響を受けやすく”(潜伏期に母親との同一化を経験する事が多いため:ママゴトやリカちゃん人形遊びもその類型)、女性らしさや美形っぷりにコンプレックスを持ちやすい。
(男性のコンプレックスほど普遍的っでは無い:理由は目で比較できる乳房は性器としては副次的なものであり、男性が自分の性器を直視できるのと違いコンプレックスを明示的に突きつけられるとのはちょっと事情が違うと思う)
 ↑
とにかくこのくくりが古代から前近代まで鉄板で、
現代においても「女子供」などとう差別用語があるぐらいで(ちなみに”弱者”ってのも差別用語だと思う)、『共同幻想』社会構造を見れば明らかに、男の活躍の場はノーリミットで上部構造(権力者)にまで及ぶが、兵士に守られてナンボの存在である女性の活躍の場は下部構造の”家幻想内部”に限られる。
 ↓
結果として(欧米なんかだと家事業務って奴隷の仕事なので→外国人のハウスメイドが一般的な理由)、『共同幻想』内部において女性が「決して上部構造に関わらない下層階級」の位置づけになったものと思われる。
(※ちなみに欧米で猛烈に開発された”白物家電”は、同齢解放でハウスメイドを使い難くなった白人階級が同じ家事労働をすることが絶対嫌だったため「電気で自動化して」なる強い要求があったためとも言われている。)


●さて勿論の事『単独者』目線で言えば、
戦闘強度の点からも男女差というより個体差でしょ(この男性よりこの女性は強いなどの相対関係はナンボでもあり得る)、社会を偏差値認知で平均化して見ない限り『共同幻想』的な女性差別史観は概念として思い付けないのであって(事実古代から前近代の農業などにおいても女性が主力的労働に従事していただろうことも予想できる)、
・結果として(世界最古レベルの小説、紫式部のハーレクイーンロマンスじゃないが)『単独者』とまで言わないまでもアウトサイダーであった女性達が「なんだこりゃ」と延々と女性解放闘争に関係せざるを得ない構造があったかもしんない。

(※マグダラのマリアの話を蒸し返すつもりは無いだけれど、職業売春婦という存在が=『共同幻想』的拘束《やインセンティブ》から自動的に解放される側面があるため、こういう表現は不謹慎だと思いますが、類似世界観の風俗嬢=女性版ハードボイルドな世界観があるのは事実だと思う。→なんてか「銀座のママ」とかの称号は、どうなんでしょう「極道の親分」と同格ではないのかしら。)

→続きを読む

posted by kagewari at 15:23 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

膝が痛い(割とどうでもいい話)

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)



ド・貧乏がこうじて数年前に自力引越しを強行した後遺症
(家財を全て台車で運ぶと言うだなww)
未だに気圧変動あるようなときには両膝が痛む。
若い時と違って治りが遅いんだな(年オーダーだからwww)

そもそも右膝は昔個人事務所として使っていたオンボロアパート玄関ドアの通気口スリットがスタックしていたものだから「意地でも開閉したろ」と足付いて力入れた時にポキッと脱臼したんだよね。こりゃイカンと自力でハメたんだが(ギャーとか言いながら)靭帯伸ばしたのかこいつは完全に古傷化しており、右に関しては前からポンコツだったのであり、

時々両膝が痛ェのも
いい歳こいて無理した罰だと思っているが、
着想として「面白そうだった」のだよ、
(そう思うともう止められない)

その時の引越しってのはまた相当曲芸じみた話で、
副業の会社登記とかの関係で事務所可でスゲー安いところってことから始まり、
そうそう選択肢もある筈無いから、
もう見る前に即決、
■管理会社曰く「まったくリフォームするつもりの無い現状貸しで」との事でwww
・バリバリに表面仕上げの樹脂が剥がれている玄関ドア
・ガタが来てるトイレ
・こちらもバリバリに表面剥げてるキッチンシンク
・キッチンのPタイルが割れており剥がそうにも接着されていて取れず
・そして立派に事務所として撮影できる出来栄えに(和室6帖をだ)
・改装資金は5万以下
 ↑
ほぼ2ヵ月前後でこの改装と、できたとこから荷物搬入を両立するため、
(そこそこ近所の引っ越しということもあり)
出たとこ勝負でやってみっかと

俺は元々図画工作は顔パスで通知表5だったので、
(極度のめんどくさがりなので普段は一切何もしないのだが)
根性入れれば大概の事は出来る(と思っている)。

→続きを読む

posted by kagewari at 20:06 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

『単独者』の雑感「米国保守派の増税反対論(それほど根拠のある話でもないんだけど)」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


■時に、米国保守派の増税反対論議を左翼な人が、
「富裕層が増税に反対している様子」と勘違いしているのではなかろうかと思って、
何かしか書いておこうと思う。

俺は説明するまでも無く米国政治とか専門知識あるワケでは無いので、
寄せ集めた情報と推測含む駄文ではあるんだが、
誤解の方向がいかに斜め上なのかって話にはなっていると思う。

米国の保守派(福音派:エヴァンジェリストとも呼ばれる一派)と言えば、
すっかり共和制世俗派が進行している欧州から見れば「カルトかよ」ってぐらいの宗教保守派となるワケで(これがまた出生は欧州宗教改革派のプロテスタントだから更に誤解されると思うけれど)、
独立戦争当時の英国から見れば「プロテスタントの宗教カルト・テロリスト」だった。
(そういう事もあって英国から米国へ逃げ延びたって側面もある)


で、米国保守派の特徴に「聖書に書いてあることホントだから」的な要素が強くて、
●中東イスラエルを擁護するのも(実はこれ米国内で比較多数のユダヤ人左派も困っている)、聖書にエルサレムにイエスが復活すると書いてあるので、予言どおりにユダヤの国が治めるエルサレムをキリスト教徒が守らないとダメでしょって話で(実はユダヤ人を擁護しているのでは”無い”)。

また、この保守派は政府が行う福祉も嫌っており、
それは間違っても人権意識が低いとか差別的とか富裕層だからでは”無く”て、
「弱者救済とは「地域の『教会』が行う責務であって(自分達もこれに積極的に協力している)」、政府が福祉政策でこれに介入する事は(アンチ・キリストであり)『教会』の権威や存在意義を害する不当な連邦政府の介入であり、信教の自由に反する行為だ」
 ↑
こういう見解があるからなんだわ(米国の宗教的『共同幻想』保守思想として)

皮肉な事に(実はこれも有名な批判のポイントなんだけれど)米国のリベラル的法案を通した代表的な大統領はニクソンで共和党なんだよね。民主党は人権派インテリを自称することが半ばビジネスになっていて本当に改革法案通しているのかって聞かれると実は怪しいんだわ。
※この点は日本の法制でもリベラル的法案を自民党が一番積極的に通していたりする実情とも似ている(改革派保守=リアリストだから、本質的リベラル派だったりする)

→続きを読む

posted by kagewari at 16:30 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

「荒らしみたいなリクエストに何故俺が返信原稿を書くのか?」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


時に、このブログ読者界隈に
昔の『公開掲示板』に始まり、現在の「記事リクエスト」まで、
「コイツ単なる荒らしじゃんみたいなのにイチイチ返信原稿書いてんじゃネーよ」
などとお怒りの方もいると思うんだよね。
うっかり腹立つ依頼文の引用を読まされて気分悪くなったとかさ)

で、何故俺がそういう事案に(全部が全部対応してるワケじゃないが)返信原稿書いているのかって理由についてちょいと書いておく。



■私的に別の目的でブログが利用されてしまう事の既成事実化を防ぐためです
『公開掲示板』時代には、有名な”(HN)これはひどい”さん事件ってのがあってだな、
ちょっとした心理オタクの書込みだったと思うんだけど、
格闘戦となり、まあ論駁したワケだが。
このやり取りの(道場破り撃退の)意義は大きかったと思うのね。

心理学に絡んでくる謎の投稿の動機形成の大半は、
自分の「強迫心理」がネタバレすることを避けるための”自我防衛”だよね、
(これがまためんどくさい話なんだが)
「だったら(奴らも)読まなきゃいいだろ」って皆さん思うでしょ(笑

そうはならないんだなこれが
どうしてなのか?

●世間のどこかで「強迫心理」が敗れ『自意識』がのさばっている世界があるらしい
 ↑
それが自分の耳に入ってる段階でもう(自我防衛上)許せないワケさ、
「社会からそんな悪しき運動を根絶させなければ」みたいな謎展開になってさ
(なのでほとんどの荒らし的依頼原稿は「上から目線の説教口調」となる)


ザックリ言っちゃうと
「自分の強迫神経症に依存する自我を防衛するため、心理学など強迫心理関係の解決を促している空間や場所や個人を世界から排除してしまいたい」ワケなんだよ。
(スゲー動機だよね「強迫心理」あってこそのレバレッジの効いたアレなんだよ)
ちょ〜っとニュアンス違うんだけど、
触れる琴線が似ているのかなってのに、
「戸建て高齢世帯の保育園立地反対運動」とかがある、
どこがどう似ているのかって、めんどくさいから長々とは話さないが、
「運動している高齢世帯にとって、保育園がさ知らない間に”悪の組織”みたいな認識され方になっちゃう」ってとこかな。


■■■<<<<※道徳的興奮による反論とは>>>>>■■■
道徳=『共同幻想』権威性認知→その概念が”共有されない”場合(孤立)=「強迫心理」
                        ↓(困るので共有を強要すると?)
                        「承認欲求」


→続きを読む

タグ:強迫心理
posted by kagewari at 00:30 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月13日

『単独者』の雑感「ワイドショー論やっておきますか」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


若い人はご存じ無いと思います
ワイドショー問題に悩まされたのは「阪神野村監督時代」からです
(※この時の読売TVのバッシングは酷いもので、どっかで原稿書いたと思うけど「そのきっかけはNHKが野村野球を特集」したその後でした。)

右派の方はマスメディアは左派なんだとか言っているかもですが、
その次のワイドショー偏向報道が「小沢叩き」です
(※この時もあること無い事酷いものでした。←やたら半離婚状態の夫婦関係のゴシップを連発しで政治的には全く意味の無いものだった)

同時並行で「ホリエモン叩き」もありましたねww

■ですから俺は経験的にマスメディア=左翼工作員だと「思っていない」のです
読○新聞の戦後CIA関連なんとやらなど知らない人いるかもですが、
電○の母体である満○鉄道新聞が違う意味の工作機関では?とかも知らない人いるかもですが、
背景は様々で一色に割り切れるようなものだと思いません。

加えて、某副業の職業柄メディア関係者との接点無いではなくて、
出合った彼らがどんな人だったのかって個人的印象もあっての話です。


俺、注目すべきはワイドショーのマーケティングだと思うんだな
「スノッブな主婦層」←ターゲットはここでしょう
(メディアの想定は「それほそ政治に詳しいワケでは無い」「スキャンダル的には女性問題や夫婦関係が当る」《安倍ガーの時にもターゲットが夫人だったでしょ?》、皇室報道しかり、女性・女系天皇論議しかり、)
保守系論壇があれこれ糾弾していますけど、
●今でも圧倒的に「芸能人の結婚や離婚や不倫」が最有力コンテンツなのも事実
(これに政治とか関係無いから)
●気に入らない関係者を追放する時の得意技は「セクハラ」(女性の関心が高い)
●「家族のお涙ちょうだいの絵」は意地でも(被害者感情無視で)撮ってくる

真実とかデマとか関係無く、「スノッブな主婦層」に響かない話はやらない。
(勿論その背景に意図的方向性もあるのだけれど)
久米宏がニュースステーションであたった時、彼は「中学生でもわかるニュース」と言ってましたが(元祖池上的な)本音は違うと思います、
この時も、ターゲットは「スノッブな主婦層」だったのだろうと。

→続きを読む

posted by kagewari at 02:42 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

『単独者』の雑感「ガールズバンド論」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)



全ての有名ガールズバンドがそれに相当するという意味では”無い”

俺が知っているとこだと(わずかになっちゃうけど)、
『BAND-MAID』であり『BABYMETAL(神バンドは黒子だから)』の話し
男子のバンドだけれど『人間椅子』も一部被る、
彼らは共通して、下手すると日本より(ロックの本場)欧米で有名なんだが、
(だからどうしたって短絡的な話ではなくってさ)

似たように欧米で検討している「ワンオク」と微妙・絶妙に様相が違う。
(ファンの方、彼らを揶揄しているのでは無いので勘違いしないで欲しいだけど)
「ワンオク」は(ある意味伝統の)男子のバンドなんだろうねと、


■最初に『BABYMETAL』をテーマにしたのは「音楽における羞恥心の壁」論だけど
当然の話、
そこには自己顕示欲も関係してくるよね。
伝統的な男子バンドの場合、そもそも音楽始める動機がさ、
ロック界で言えば、ビートルズがそうであり、エルビスがそうであり、ディランがそうであったように「女子のファンが卒倒するほどキャーキャー」なるワケだと。
そこに憧れた男子たちがわんさかわんさか、、
近現代のロックシーンを語る上で、このストーリーに異論ある人それほどいないと思う。

日本で言えば『Y・M・O』タイプのような異例な音楽集団を例外に、
所謂高校生の軽音楽部のノリってのは上記のようなもので、

「音楽における羞恥心の壁」論でも書いたけど、
ここに欧米の場合、かなりディープな人種差別、性別差別などが関係していた。
(現在でもロックコンサートのファンの過半はド・白人達)
(そしてyoutubeで日本関係の反響動画やる連中のかなりの層は「必ず有色人種が仲間にいたり、そのカップルだったり、LGBTだったりなど」マイノリティー層が多く、weeabooと蔑視される事を忌避して白人保守層やエスタブリッュメント系は滅多に登場しない。)

●ディランが歌った「反抗の音楽」だった筈が”話が違うぞ?”へ発展を遂げ、
そして飽きられた、
(ワンオクのタカ氏がいみじくも語っているように「欧米のロックは死んだ」、現代ではラップなどに代表されるリズム・ビート系やポップス歌謡に傾倒している。)

→続きを読む

posted by kagewari at 06:27 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0