2020年03月25日

「都合のいい”取巻き”論」のおさらい


”取巻き”の話は各所で書いているんだけど(サイドバーにもあったかな)
かなり重要な話なんで、おさらい的に書いておこう。

通常この用語は「「強迫心理」に都合のいい”取巻き”」などと表現するんだけれど、
「『共同幻想』の”取巻き”」でも意味は同じ。
(『共同幻想』と「強迫心理」の違いは”その概念が共有されているか否か”の違いだから)
概念としては『共同幻想』用語と考えてもいいのかも知れない、

●この言葉のネタ元は「ホラー映画の『オーメン』です」
実は悪魔のダミアンを守る悪魔教信徒の配下の呼称(翻訳前は何て言っているのかは知らん)
この”取巻き”は劇中でダミアンも知らないところで信者として次から次と現れるんだけど、
(ダミアンを守り立派な悪魔に育て盛り立てるために)
「特定の自我であることを望む見知らぬ賛同者」ってところから”取巻き”を引用してる。

『共同幻想』や「強迫心理」の場合、
揺れ動く自分の本音が出ちゃいそうな時に(ご存じのように『共同幻想』ルールでは個人的意見の表明はご法度だから)
「やっぱちがうかしら(疑問や個人的意見なんて持っちゃダメだね)、きっとこうなんだよね」と投げかけると、100%「ですよ、そうだよ」と返してくれる一群の事。
この辺の概念はフロイト岸田というより、
(アンナ・フロイト参考にした)自我防衛論の一解釈なんだけど、
●無意識に周囲の同調圧力を自分の自我『抑圧』に利用する自我防衛行動と考えている
(『自意識』共犯の一種)

昭和で言えばさ
「悪い友達と付き合っちゃダメよ」「友達は選びなさい」
なんて言葉に代表される
「友達は『共同幻想』同調圧力メンバーで固めなさい」的な、、悪く言えば”洗脳”さ、
個性化を抑制し、自我を”普通の人”なるモデル人格概念に押しとどめようとする試み。
 ↑
それが昭和までのオンザレールな時代なら、まだ一定の合理性はあったと思うけれど、
現代社会に代表される”ウザいSNSの仲間(相互監視で秘密警察化みたいな)”的に、『歩留り』時代の昨今では嫌煙というか半ば嫌悪されており、実態は「『共同幻想』崩れ」に属する。
(典型例がDQNの”グループ”)

更に言えば、昭和の時代なら「友達は選びなさい」にあるように、階級であるとか属性で同質性のある(できればワンランク上の)仲間を”選ぶ’ことが前提となっており、
それは一種の”スカウティング’なのね、
でー、この話がやっかないのは、
(文字通りオンザレールな『共同幻想』自我なら同胞見つけるだけの話になるんだが)
●当該人物が「強迫心理」の抑圧に悩んでいる場合、
(「強迫心理」って子供自我であるパターンが大半だから、自分の階層を低目に見立てるってかさ)
なんか「え、どうして?」な仲間をスカウティングしてしまう場合が少なくない。
その背景には、自分の「強迫心理」を周囲と共有できず(『共同幻想』化しない)、周囲と共有できない様から(自信喪失じゃないけどさ)、「低きに合わせる」みたいな傾向になりがちで、
皮肉な話になるけど、
昭和で言えば「自ら悪い友達をスカウティングしてしまうみたいなケース」が起きがちなんだわ。

気が付くと周囲はロクでも無い”崩れ”仲間で一杯みたいな(笑
 ↑
この様子が”取巻き”ってことね
(「強迫心理」からの離脱を考える場合、真っ先に縁を切るべき連中)

→続きを読む

タグ:取巻き
posted by kagewari at 15:38 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

ちょっとガタガタだったリクエスト記事の補完(この記事もガタガタだなww)

話し出すと「あれもこれも」となってしまった「犯罪者と家族」のお題がいろんな意味で『共同幻想』の背景をわかりやすく説明しているので、ちょいと補足記事を書いておきましょうか。

肝心の中身は直前の記事を参照してくださいな
リクエスト関連(犯罪と家族さん”性犯罪とか”)
http://kagewari.seesaa.net/article/474155562.html

■で、犯罪者の家族への責任追及って話になれば
その中心が「親」であることは言うまでもありません。
他、派生的な話になると(以前のキャリア官僚がDVな息子殺害事件にも似た話ありましたが)「兄弟などの縁談が壊れる」なんてのも有名ですね。
 ↑
総じて言えることは「全て『共同幻想』ネタ」であることがポイントです

それを確実にする材料としては
家族の責任追及のひとつに「謎の猟奇殺人事件の動機の探求」とかがあります。
何故そんな犯罪心理が醸成されたのか?って着想です、
しかし、
その犯罪者が「施設で育った私生児で誰が親かわからない場合」、
やれDNAの問題だとばかりに親探しに報道機関が大わらわって話を”聞きません”よね?

●つまり犯罪者家族の問題=テーマは”家幻想”としての『共同幻想』であって、
所謂一般論としての”家族だから”では【無い】ワケですよ、
事実、家族への報道機関の聞き取りも
たとえば「関係が疎遠で何十年も音信不通」などの場合、追及は消極的となり、
世間の責任追及の温度差も急速に醒めます、
 ↓
そこはそれ『共同幻想』適応者は、その自我の大半を外部の『共同幻想』からインストールし、個性としての自分の意思を抑圧するワケですから、
『共同幻想』社会が、世の中を『共同幻想』の理解で見渡す時、
「なるほどその犯罪者を、周囲の『共同幻想』がどのように作ったのか?」と考えるワケですよ、
「その周囲にはよっぽど犯罪的な『共同幻想』が醸成されていたに違いない」
(『共同幻想』認知リミッター的に彼らは”そうとしか考えられない”)
 ↑
所謂犯罪者発生の原因を環境に求める考え方の典型例です
(時にやれ子供時代に虐待がどうこうって話も典型例ですが、これって全く関係が無いとは言いませんが《通常事例と同様の犯罪確率はあるワケだから》、昨今の児童虐待死事件などで「こんなにいい子が可哀そうに」などの事例があるように、虐待被害者が何やら固有の犯罪性をどうこうって話は安直すぎる発想で、一概にそうとは言えないと考えるのが正しい。)

■もう一段話を深めると
『共同幻想』的な発想で行けば
「その犯罪者はよっぽど犯罪性の高い『共同幻想』世帯で育ったのに違いないのだから、=特に親は事実上の共犯者だ」という考えに行きつきます。→つまり親に対する責任追及は共犯者を罰するためなのだから社会的責任追及として合理性があるという考え方です。
 ↑
一元的には一理あるのは確かなんですが、
1)『共同幻想』社会は”そうとしか思えない”ので責任追及を緩めないだろう(しかし現在は少数派に転じた)
2)”非適応社会”は、むしろ「現代にもしド『共同幻想』な家幻想社会が残存しているなら、別の意味で犯罪的だ(いつの時代だおい?)」←むしろ関心はそっちの意味の責任追及となる
3)『単独者』的には、動機の探求という意味では(犯罪とはかなりの部分において「反動形成」抜きに考えられない”非合理的”動機形成なので)コンプレックス介在など必要な情報と考えることはできますが、共犯者というレベルの話にはならないだろう。
※前述2)同様に犯罪者の周辺に”いかにもド『共同幻想』社会があれば”「あーあーあー今時それですか」的な別の意味の責任追及は同様にあり得る。

●【忘れちゃいけない重要な部分】
現代になればなるほど犯罪発生率は急速に下落しており(民度の点からも”非合理的犯罪動機形成”が発生する事情が”無い”)、これと『共同幻想』崩壊は関連しており(民度の向上=『共同幻想』の崩壊)、そういう意味でも「犯罪→また『共同幻想』がやらかしたか?」みたいな着想が前述の2)や3)において想定されるだろうって話。
※『共同幻想』の必然性ってのは=必ずしも全員が食えない近代以前の貧困社会なので(トンデモの残虐性や暴力性が横行する世の中に安全保障的な秩序を確立する目的で『共同幻想』が発明された)=近代以降世の中が豊かになり不条理な貧困問題などが根絶した場合、そもそも論として『共同幻想』の必要性も消滅したことになる。

→続きを読む

posted by kagewari at 01:42 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月18日

過去記事に連続モノの夢を見る件を書いたが


夢の異世界で書いてるブログがあるようで、、、っ
何らかのシステムで妙な書き込みがあり(引用した別ブログ記事のコメント欄か?)
「案外文字制限に収まるもんですね」みたいなすっとぼけた書き込みがあって、

あーあー返信書かないとと、
5回連続で目が醒めやがった、、、。
(起きては寝落ち、起きてはウトウト寝落ち、起きては「夢だろ?」寝落ち、起きては、、)
困ったことに、その元記事を書いた記憶があんだよ、
そっちの世界でww
「すわ、レスポンス来たか(この記事踏み込んだ問題提起したから)」
コメント欄閉鎖の筈なのに、あれれどういうことだ、

実機のX220で確認して、
「やっぱ夢の世界の話じゃん」(大勝利)


 バ カ か 俺

ちょうどその数日前に、そっちの世界のブログ記事の引用で
「あれれ、エロ動画にさし代わってるぞ(SPAMか?)あちゃーヤバいかも」って事件があり、
修正しないといけない件があんだよなと、思ってたので
(どこの世界で思ってんだよ!)
修正する前にそのクレーム合わせ技がきたと思っちゃったんだよ(笑
、、頼むよ俺
(うーん、見解としては、夢の世界だからと軽率なミスすんな)

連続モノの夢に関しては「数年間に渡る某日本世界」がありましてww
(最初はバスルートシリーズだったのだが近年鉄道路線シリーズになってる)
路線図とか駅名(東京の実際に存在する駅がベース)まで理解しており、
(簡単な図も描けるんだけれど、本来左利きのとこを強制された影響もあって《時々脳内で左右が反転する》、このマップも左右が《東西》現実世界と反転してんだよねww)
その世界で何年か前はどこそこに暮らしていて、最近はあれで、、昔大衆食堂だったとこが今はこうなってみたいなだな、、余計なエピソードまでちゃんとキャリーオーバーされている。

→続きを読む

posted by kagewari at 17:26 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月16日

「『歩留り』覚醒」が社会的に進行するかも

『歩留り』人格選択階層の定義ってのは、
ざっくり言えば、
「実は横目で薄々『共同幻想』(権威性共通認知を自我に導入して普通の人を演じる社会)崩壊に気が付いている(気が付いた瞬間ネタバレ崩壊してしまうので:新興宗教の脱会みたいなもの)」
 ↓
「かといって実体経済含む社会は守旧派の『共同幻想』適応人格が仕切っているので(特に霞が関や経済界)、生活の事を考えれば”適当に調子を合わせて潜り込んでおく方か得”だと考え」
 ↓
「『共同幻想』適応なら(中の人は嫌々でも)自らの正統性を疑うことは無いが(正しい事していると思える)、『歩留り』階層はそれが間違いである事を知ってやっているので”自己欺瞞”のストレスを抱えている(その生き方を人に勧める気は無く)”お気楽な『単独者』(無頼漢個性派)”になりたいのやら軽蔑しているのやら複雑な人」
 ↑
だいたいこんな感じ(勿論中の人は個性派趣味人)

●「退職して(経済的事情の『共同幻想』との縁が切れたら)本気出す」みたいな人達
(そこで育ってる子供達は別の意味で困難に直面するかもね、基本『歩留り』は嘘つきだからww)

所謂””事情通なので、
今回のウイルス騒動のバカ野党だとか、マスメディアにはほとほと呆れている
『単独者』みたいに何か行動をとか普段考えない人達だけれど、
流石に今回は腹に据え兼ねていると思う。
そして、
経済的事情で適応したフリしている『共同幻想』社会の脆弱さへの失望だよね、
(なんか権威性認知で偉そうにしているので、普遍的強さがあるのかと思いきや、弱い弱い、たかがちょっと性質の悪い風邪ごときでぶっ潰れようかって騒ぎになってる。)

『歩留り』階層はわかってますよ「バカじゃん」って
しかしそれをあからさまに声に出せば、巧みな潜入工作で築いてきた自分のキャリアも怪しくなる。
ずっと黙ってきたんだけれどさ、
その実体経済がアホみたいな話で吹っ飛んでしまうとか
「オイオイ冗談じゃネーぞ、話が違うぞ偏差値同調圧力社会、責任者出てこい!」
なるよねそりゃ、


■手始めにITベンチャーなんかから
「これまで遠慮していたけど、全面的に自宅SOHOしてみよか」な動きは加速する
●なんとなくパートで働いていた奥さんも
「政府の政策次第では専業主婦もアリなのか」と気が付く
●今勤務している会社の仕事って本当に必要か?なんて思っていたサラリーマンやOLも
「そうだとするなら、一発で倒産し兼ねない業界じゃね」と気が付く
(見方変えりゃ無理な営業で社会に迷惑かけてる仕事かもしんないワケで)
 ↑
この辺全て政策に直結するテーマです

有権者総数から言えば『歩留り』階層が比較多数にあるなかで(無党派浮動票)、
疑問に答えるような政党なり、政治家が登場すれば大きな力を得る、
この動きは表立ってわかりやすい形にならなくても、潜在的に相当規模で拡散していく。
(わかる人達だから)

→続きを読む

タグ:『歩留り』
posted by kagewari at 19:50 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月15日

更にウイルスと戦争についての考察

(※3/17末尾にトンデモ情報の追記)

今回本気でヤバいと思っているのは、
首謀者が誰とかでは無くって(甲殻ネタでは無いけれど)、前から陰謀でも何でもやらかして仕掛けようと悶々としていた連中(カオス状態)が、コロナショックというトリガーで(あたかも示し合わせたかのように)それぞれの目指す方向に暴走を始めている”全方位戦”であるため、
「予め描いている筋書きというか絵が誰にも読み切れない」
●そもそもキッカケが偶発的なものなので
余計(各人準備不足もあって)バッタバタの展開になっており、
(洒落にもならない、本当に中東ではエクソシストの黙示録みたいにバッタの群れが穀物を食い荒らして大問題になっている)

どうやって終わらせるのか誰も考えてない

実際の陰謀や、噂程度の疑い(これ噂でも敵方は”そうかもしれない”と対応するためデマでも意味がある)、そんな動きを分析するいくつかの傍証などなど、
<一度ズラーっと並べてみよう>

・ロシアの感染者が異様に少ないのは何故?
(今後の様子を見ないとわからないことだが、ちょっと奇妙だ)
このタイミングでプーチン永久政権になるかも憲法修正法案がロシア議会下院を通過


・習近平のビビりまくりが普通じゃない
(そしてあのふざけたパフォーマンスは何だ?僕は悪くないみたいな猿芝居を誰に見せようとしていたのか?あんな恥ずかし芝居を中国国民向けのポーズでやる動機が無い。)


・現在国境封鎖中の北朝鮮は国境超えてくる密貿易の中国人を発見したら”射殺”の通達出している(これはオープンソースであり事実)


・イランでは宗教指導者ハメネイ氏が「敵対勢力の細菌兵器であると批判」
(現在イランでは原理主義派に感染者が拡大しているだけでなく、どさくさ紛れにコロナ対策と称して国連の勧告で政治犯《世俗派》の釈放が続いている)


・イラクでは選挙結果を不服として”大統領が二人”勝手に宣言状態で、内戦待ったなし
(またぞろ米軍への攻撃があり、米軍は限定的報復爆撃を行ってる)


・米国のシェールオイル会社を倒産に追い込むため、ロシアはサウジとの生産調整を決裂させた
原油価格の暴落で、30ドルになるんじゃんみたいなトンデモ暴落中
(ところが、実質ロシアの財政基盤である原油の輸出は、50ドル以下だと採算割れし兼ねないギャンブルで、仮にこのままロシアが仕掛けた原油暴落が続けばロシア財政は破綻してしまう。→”それなのに”ロシアは暴落作戦を仕掛けた)
みなさんどう思う?
ロシアは米国シェールオイル会社を倒産に追い込んだ直後に原油価格を冒頭させる目算があることになる。→それは何だ?
(米軍撤退後の中東紛争を画策しているとしか思えない→イラン・サウジ戦争とかな)


・中国の一帯一路に好意的な国から(代表選手イタリア)コロナショックが本物の国家破綻的疫病化している
(これが奇妙な符号となっているのは、ある意味偶然で→その理由は「中国と仲良くしようなんざ左翼政権故に、現在進行中の左翼メディアのデマをそのまま信じてしまい、PCR検査やりまくって勝手に医療崩壊している」からだ。)
 ↑
メディアの一部はこれを”わかってやってる”節がある、
(※孫の検査100万件ネタはビル・ゲイツのワシントン州における無料検査支援のプロジェクトを真似たもの。ビル・ゲイツの思惑は何?たとえばさ、、本当に環境保護宗教みたいになっちまって先進国経済が破綻してもいいと思っているだとか、、●と言ってたらマジにビル・ゲイツはこの時期にMSの取締役を退任し第三世界の教育や”環境問題”に取り組むそうだ)


・ヨーロッパの大崩壊は「国境の無いEU」だからこそ拡大している
(明らかに米国はEUを見捨てた)
以前から大問題になっていたドイツ銀行破綻の時限爆弾も動き出している


・トイレットペーパーゲームだけでなく、、
英国のヘンリー王子(ハリー)が週刊誌みたいなヘボなドッキリにひっかかり、

「王子こんにちわグレタちゃんです」
(グレタ女史を名乗る電話に調子よくトランプの悪口言った様子を録音公開された)
「所謂欧州意識高い系ハイソは、グレタ支持で(本物のバカで)PCR検査が必要だと信じるタイプだ」と暴露される←これひょっとして裏にいるのはMI6かもね、、はたまた女王陛下か、、
それはともかく、
(意識高い系首長の地域や国家は「コロナ医療崩壊で追い込める」)


・安部ちゃんの異様に早い動き
(官邸が後手後手?冗談じゃないよ)
自分の支持者からも評判の悪い(罵詈雑言だった)習近平国賓もそうだったが、最近官邸の動きには謎が多い、
武漢方面からの入国禁止→北海道オプションを真似て全国休校措置→歴史的災害指定(この決断が一番怪しい安部ちゃんは何を知ったのか?)→緊急事態法、
矢継ぎ早に繰り出している動きで「何に備えているの?」
(このウイルスが感染症単体としてはインフルより被害が少なく、筋の悪い風邪程度の話なのは百も承知なのに?)


●何故こんなに要人に感染が広がってんだよ!おっかしーだろっ!!
(イランの官僚に始まり他閣僚、スペイン女性大臣、加トルドー大統領婦人、ブラジル大統領補佐官、イタリア医師会会長《死亡》、イバンカまで自主的隔離《会談した豪内相が感染》、ブラジル大統領《感染の疑い》と会談したトランプも検査対象へ、一時ローマ法王にも感染の噂が立った)
 ↑
今回のウイルスは、空気感染もしないので感染力ははっきりいってインフルより相当落ちる、
その代わり、
クラスター的媒介者は「鬼ごっこタッチ程度で確実に触った奴を感染させている」
(ウイルスの接着力が強いみたいな?)
これさ、狙って感染させられるってことじゃん。


→続きを読む

posted by kagewari at 06:40 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月13日

今回のウイルス騒動は「仮想第三次世界大戦」である

この話連載になってきているけれど、
想像を超えた局面になってきてます。
(イタリアなんか経済壊滅するかも知れない)

いくつか”ゲームのルール”をおさらいすると、
1)左翼偏向メディアがデマで煽る
2)自称インテリ系識者が「破滅に至る検査厨として激しく活動」
3)海外では一般人も債権・証券投資を行っているため市場が連動する
4)試しにトイレットペーパーで煽ってみると市場大混乱
6)∴故に「コロナで負けると株式市場は大暴落する」
7)市場だけで無く、市民のパニックを止めるため実態経済も止まる
(コロナの死者より経済崩壊による死者が何倍にもなるだろう)

●ある意味ここに展開している”最悪の連中”は
「左翼偏向マスメディアであり、自称インテリ識者」なワケですが、

試されているのは”民度(各人の情報リテラシー:判断能力)”です
すなわちそれは=民主主義の正当性(妥当性)であり、
これを計る「実態世論調査みたいなものが」株式市場や為替市場の動向です。
(民主主義を語れないバカはコロナの悪夢で経済まで崩壊してしまうという”世論操作ゲーム”)
 ↑
ナンセンスに思われるかもですが、
実際の戦争の契機となるような世論だって同じようなものです。
(WWU前の日本だって、わかっている人の間では対米開戦なんてあり得ないとわかっていたが止められなかった。←この時にも鬼畜米英と開戦を煽ったのは朝〇新聞、)

●ほんのちょっと前に、
「無意識に悪手を打つ”善意の第三者”(SBの孫)」による大変なアクションがありましたが、
(ビルゲイツに触発されたのか「100万人のPCR検査を無料で」なるトンデモの告知を行った)
「日本を滅ぼすつもりですか」の反対論がTwitterに殺到し、
この企画はたった2時間で撤回されました。
(それでもまだこの動きは予断を許さない、SBは海外の医療品関係社を取り込み、デマで有名な上昌〇氏を取締役に据えたビジネスを画策しているという噂があり→100万人はその宣伝ではないかといぶかる意見もある)
 ↑
この力が試されているんです、
(ちょっとアベマTVでどう報道されているか確認したところ、あたかも批判したTwitter民が悪意のネトウヨであるかのような怪しげなBGM流して伝えてました、、最悪ですよ、、)

現在でも一部のワイドショーなどでは(無知蒙昧な善意の第三者による)日本を医療崩壊に追い込む「検査検査」の煽りが続いており、
一部左翼系自治体では政権の助言を無視して検査優先させているとこもあります。
(この動きで大阪の医療リソースが圧迫されかねない)

このバカな動きに「踊るのか」「(何が本当なのかを知り)踏みとどまれるのか」
本当の民度が試されてます。


→続きを読む

posted by kagewari at 21:13 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

ウイルス騒動の裏で「$の実弾飛び交う激しい国際戦」The New Great Game


「最後に立っているのは誰か?」
とんだクソゲーです

(人の生き死になどお構いなしの国際戦略のぶつかり合い)

1)国際金融資本は高騰し過ぎたNY市場の調整局面を探っていた
2)中韓に対し、欧米は(特に米国は)経済制裁に近いスタンスでウイルス問題に配慮するどころか、ここが攻め時だと見ていた
3)日本の消費増税による景気後退は明らかでここも調整局面を探っていた
4)やたら中東にコミットしだしたロシアは石油覇権をめぐる争いで仕掛けるチャンスを狙っていた(ロシア的にはできればイラン・サウジ戦争でも起きて中東の生産拠点が壊滅してもらえれば儲けもの)
5)近年各国のメディアにはインテリファッション左翼が蔓延し(グレタ女史に代表されるように)「終末論みたいな危機感煽って、それを救う賢者は私です」的(どこぞの新興宗教と変わらない)”妄想世界の痴呆症”みあいなんを絶賛発症中
6)イタリア・フランス・ドイツ・カナダなどOECD諸国の一部(及びK国)は上記のような「左翼痴呆主義」的な逆神状態にある(ちょっとつっつけば裏目裏目に暴走する)


■そして(小手調べに)「トイレットペーパーゲームの開始です」

 「 バ カ 丸 出 し 」
 (こいつら左翼メディアのショボいデマでも動く動く)


●「さあ、世界のみんな”こっから”本当の世界市場ゲームの始まりだよ」
ルール:無知蒙昧のバカどもがコロナウイルスの患者数などで株のパニック売りなどを始めます
(マスクやトイレットペーパー並みの値動き連動が発生)
”買いだ買いだ””売りだ売りだ”
ここぞとばかりに、ロシアは(一歩間違えば自滅まっしぐらの)原油暴落作戦のカードを切った
(これは長年オイル市場低価格化の元凶である、米国シェールオイルをぶっ潰すため)

何のゲームが始まっているのか即座にわかった安倍官邸は、
即座に政治判断し休校作戦に出ます
(ひそかに、米国より早く中国などのホットゾーンからの入国はストップさせている)

このゲームのルールは、しょっぱいコロナウイルスの本当の脅威では”ありません”
頭のイカレタメディアと、情弱消費者が織りなす”バカ騒ぎ”に市場が切った張ったしてんです。
しかも信用取引で手持ち資金の何十倍も多額の金額で勝負始めている。
下手したら世界経済ひっくり返すほどの大勝負です。

・日本だけ謎の「円高なのに(日本買い)、株安」
 ↑
これは確実な脅しです、
(大規模財政出動や金融緩和などで《俺達の配当なんとかしてくれないと》”売りあびせるぞ”)
 ↓
もうひとつそこには見解がある
「コロナウイルス対策でトランプ政権は下手を打つだろう、下手すると再選も無い(バイデンなら暴落)」
(ドル安《米国売り》、株安に100万ドル!)
 ↑
これね、元不動産屋のトランプ大統領としてみればさ、
トランプタワーの株に空売り仕掛けられて倒産させてやるぞってなってるって話でしょ、
「お前が負ける方に全員賭けたぜ」って、、、
ビジネスマンの血が沸騰して怒髪天だと思うぜ、
(スーパーサイヤ人みたいになってんじゃん?ww)


●「ヘッジファンドの連中は皆殺しだ(破産に追い込んでやる)」「安倍ちゃんに繋げ!!」
(下手すっと、そこで火事場泥棒みたいな勝負しかけてきたロシアに中東で調子こいてんじゃねーぞと《シリアで》大空爆するかも。トルコのエルドアンと「仲直りしようぜっ」ってな具合でさ。米軍はアフガンからの撤退も決まって、正直余裕あるしね。)

さーーて、みなさん、お立合い!!

 勝 つ の は ど っ ち だ?!!




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 12:13 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月09日

ちょっと関連事項の補足(例のウイルスの件)

安倍首相「歴史的緊急事態指定」の観測が流れているけれども、
ここ例のウイルスが固有に大変の意味では無いことを勘違いしないように。
(現在でも世界的死傷者数は圧倒的にインフル以下だから)

■例のウイルスの謎に
「無症状のキャリアによる感染可能性」が否定できていないってのがあって、
現在も休校措置なども行われているのだが、
(※通常のウイルスは症状が無い=増殖していないので=感染力も弱いと考える)
ここの感染力の判断が微妙なところに、
イタリアなど「どうしてそうなる」的なパンデミックも起こり得るということで、
現在の自粛状況が継続する可能性がある
(死傷者自体のスケールは小さくてもね)

感染によるリスクは大きくなるものでは無いが
●経済的損失がドえらい事になりそうな状況にある
特に米国の状況がねぇ、、


今ですね、ここぞとばかりにヘッジファンド系がギャンブル仕掛けてきており、
市場の読みは「米国が大変なことに!1万ドル」みたいな感じかな、、
大規模な空売り空買いが発生していると思われで、
(相場師にとってはウイルスの実態がヘボでもメデイィアが風評煽って市場に乱高下が発生するか否かがポイント)
●事実アホのなんとかで世界的にトイレットペーパー品切れデマが有効に拡散している
=相場師にとっては、ウイルスの実態がどうとか関係無く、
デマで右往左往する民度の低い消費者の動きが証明された段階で、
「確実にこのネタで市場が動く」ことは確定している。
(トイレットペーパーデマはそのテストケースになっている、なんと米国では5.56oNATO弾《223レミントン》も買い占めの対象にww「オマエラゾンビドラマの見杉」)
 ↑
関係無いでしょと思う人いるかもだけれど、
俺の記憶が確かなら、米国世帯の6割近くが何らかの形で株式投資を行っており
(故に、米国は株価と消費動向が密接に連動する)
「トイレットペーパーと同じように株価も動くんだよ」

■日本の場合、消費増税の時の『枷』ってさ
「リーマンショック級の経済問題の発生の場合は増税ストップ」でしょ
つまり、
財務省を説得するためには「それ級の事案があった」事をそれ相応の建前として必要とする。

これは俺の読みだけど、
首相の「歴史的緊急事態指定」の噂は、
前代未聞の財政出動経済対策を打つための布石
と読んだ。

(ハズレたらゴメンなww)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 15:01 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0