2020年04月03日

またか(欧米DV民度の問題)

外出禁止中のフランスで、家庭内暴力が増加
https://parstoday.com/ja/news/world-i60346

(一部引用)
フランスの男女共同参画担当大臣は、新型コロナウイルスの蔓延を統制するための外出禁止令が実施された最初の週に、家庭内暴力が増加していると発表しました。
カナダの新聞ナショナル・ポストによります、マルレーヌ・シアッパ男女共同参画担当大臣は30日月曜夜、「統計によると、国内での外出禁止がへの取締りが始まった第1週に、これを悪用しての家庭内暴力が増加した」と発表しました。
シアッパ大臣はさらに、「家庭内暴力の犠牲者は、フランス政府が費用を負担するホテルに収容されている」としました。

なんか機械翻訳的記事になってますが、、
そんなことはともかく、
またか、やっぱりかと(過去幾度も欧米男性メンタルとDV論書いてきてますが)、

●一次的欲求の断念→反動形成→承認不安→マチズモ(男性誇示)による暴力的マウント→征服感と行為の無謀性で二次的不快利得(酷いことをした)→更に(内向・退行による)行為の断念→承認不安2→マチズモ(男性誇示)による暴力的マウント×反動係数で2倍

※いや仕組みはわかるんだよ
『共同幻想』適応系人格の場合、契約上社会が用意したインセンティブにアクセスできないと”快感代謝”は滞り「退屈したら死ぬ病」を発症するからね:ひとりでは《権限行使の点で》何も決められない系人格だから。
仕組みはわかるんだけれどどの破綻っぷりの様として「いきなりDVかよ」って落胆は隠せないだろうって話(どんだけ脆弱なんだよって)。


もともとが、欧米男性には”チンコ劣等不安”みたいなさ、
原始的なコンプレックスが強く(一神教系『共同幻想』特有の強い階級意識)、
”ダメ人間”的なサブカル系緩さに対する”強い拒否感”が多く”なりがち”なんだよね。
(即効「談判(らんぱん)破裂、暴力の出る幕だ」)
 ↑
時にこの状況を(階級なんとかは女子にも関わることだから)
欧米特有の個人主義だとか、主張の強さみたいに理解する人もいるけど、
【違うからね】
(大声出してギャーギャー取り乱してる時点で、自我破綻しとんだから←そこにダイナミズムが無いとは言わないが、、)

→続きを読む

posted by kagewari at 15:23 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本におけるコロナ感染状況の現状認識

(※4/3追記→”報道によると”即効で厚生省が「無症状・軽症者を入院では無く宿泊施設などで隔離」動いたね、事前に打ち合わせがあったようで都も即日宿泊施設の手配に入った《これ予め打診していた筈》。日本は合理的に先手打てていると思うよ。)


しつこいようだけど、
俺は占い師じゃネーから、
予想とかできないんで「DATA見ての現状分析と推測・予測」ってレベルの話な(判断は自己責任で)、あくまでアバウトな論議だってこと前提の話です、

と に か く
厚生省なのかな、統計の見方がわかり難い
「クルーズ船、チャーター機帰国者、外国帰国者、一時滞在者、国内感染者」
 ↑
この統計はどこからどこで、この統計がどこからどこの数字とかってのがさ、、
すんごくわかり難いんだよっ!
●知りたいのは「国内だけの感染状況」だろ?
海外での感染事例と思われる人数を除外してくれっての

これでも完全じゃないのだけれど、一番絞り込みかかってる統計かなってのがこちら
(都道府県別のDATAが横に並ぶので、日本国内だけの感染DATAだと思う←TV報道などで流れるDATAと数字違ってます)

東洋経済オンライン
新型コロナウイルス国内感染の状況
https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/


見るべきDATAは
・患者数(いちおう感染者数とも比較)
・退院者数
・重症者数←【一番重要なのがココ】

ざっくり見ていくと、
1)患者発生から遅れること2週・3週遅れで退院者が追いかけている状況(大幅な累積はない)
2)重症患者の動向からピークは3/17前後と思われる
3)感染者と患者数の差異(そして重症患者が比例して増えていないこと)から直近の増加は「都心部の若年層無症状及び軽症者」だろうと推定できる(同時に都心部=シングルも多いと思うのね)

感染症指定の法律をそのまま守ると、無症状・軽症者も病院に建前上隔離する必要があるので、
これを放置すると、意味の無い事情で医療崩壊が起きる。
(また、この患者は「実はただの地元の風邪の可能性もある」ため《PCRにそこまでの精度が無い》、変に入院させると、本物のコロナに隔離中院内感染リスクが高い。←NYで起きているだろう現象がコレ、)
●今、対策会議が必死こいて「無症状・軽症者を分けろ分けろ」と政府に訴えてる部分だよね。

無症状・軽症者を早急に病院では無く宿泊施設などで「可能な限り個室隔離してあげれば(軽症者の中には本物コロナも勿論存在するだろうから)」、医療崩壊も感染爆発も起きない。
自宅隔離はちとリスクあると思うからさ、
(米国の感染爆発には医療制度の関係で、医療費を気にして病院行かない人も多いってのもある)

で、どっちなのか判断が一番めんどくさい「若年層の無症状・軽症者」は、
小池知事の「夜の繁華街NG記者会見」以降に減少すると思われる。
(この結果が表れるのは翌週かよく翌週)
前述と被るけれど、重傷者統計のピークは3/17前後と思われるので(死者のピークはその翌週前後であってると思う)、
軽症段階に高い効果があるとも言われるアビガンの処方が増えれば「退院者増を稼げる」ため、
「無症状・軽症者を入院では無く宿泊施設などに分ける」
「無症状・軽症者へのアビガンの投与(ドイツも始めるとのこと
 ↑
スムースにこちらに移行できれば、ほどなく収まると”思うよ”

→続きを読む

posted by kagewari at 02:34 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

大きな期待感を持って米国の現金支給を見守ろうじゃないですか

少なくとも
これで
日本各層に「ベーシックインカム」なる経済政策が存在することが周知されます。
※今回のはベーシックインカムでは”無く”ヘリコプターマネーだけどね、
(何と言ってもそこがデカイ、選挙演説で言葉の意味が通じるってことですよ。)
マイナンバー活用の意味も理解されていくでしょう

ベーシックインカム最大の特徴は”効率”です、
よく比較される商品券ですが、最悪の事例だと「小規模自治体の商品券8千億の経済対策に事務経費が8千億かかる」などいう話もあるぐらい、
●現行で存在する、年金・労災・生活保護・確定申告還付金・児童手当他様々、
いったいどれだけの事務経費が存在するのか?
まったく馬鹿らしい話で、

BIの論議がいまいちピンとこない人に少し角度を変えて説明してみましょうか、
・日本経済というひとつの賭場があるとします
・ゲームのルールは実体経済に投資し生産活動を行い”それを売り切ったら勝ち”
(賭け率に応じて、投資額以上の配当が受けられる)
(先進国なので資金含む資本財は余剰状態でアイデアと投資行動だけで即生産が可能とする)
実際に売り切れる商材も存在しますから(=実需を的中させた)、
勝者にインセンティブを与えるのは(実需的中=有効需要の創造)社会的にも合理性がある。
但し、勝か負けるかは時の運で(所詮賭け事ですから)「勝者が能力的に高いのではありません」(全く無いとは言えませんが”その時代で需要は変化します”から、才覚だけで勝ち切ることは不可能)、加えてこの勝者の得る報酬は「日本経済という賭場があっての話」であり、一から自力で稼いだものでもありません。

※同時に(ここも重要)「何の生産投資に賭けるのか?」このネタ元は「最低限自分にとってそれは実需だ」となりますから、売れ残ったとしても(在庫として保有し越年販売すればいつか完売する)それは「棲み分け論的多様性(個性化)」として別途固有の価値を持つ。←インセンティブ発生の社会的合理性は無いが、それも営業権的(自然権)実存に違いない。


●このゲームの運営上「実需があるのに、何らの事情で消費が手控えられる」なんてことがあると(ゲーム運営それ自体のスケールが縮小するため)、平均的投資額に対するリターン(利回り)が低下します。
ベタな言い方すれば「シケたゲームになる」。
賭場も盛り上がらず、生産活動全体が縮小し「基礎的必需品まで不足する」社会的窮乏状態になってしまいます。←これが経済破綻です

重要な事は「合理性を欠く意味の無い過剰浪費(インフレ)」みたいな事象の発生は(資本財の分配的にも)社会的合理性を欠きますね。
社会的合理性を担保する消費(所得)の配分は
「バカ騒ぎに繋がらない範囲であればよい」となります。
 ↑
これを調整するのがベーシックインカムです
(俺は、このBIを社会的基本給と考えていて、この施行により雇用主は基本給を除く給与で従業員の募集を行えばいいのではないか?的な政策展開を考えている。→勿論BIで最低賃金もカバーしているので、事業主はバイト時給を200円とかで募集することになる。→ちなみに年金制度も糾合されるため、現在のような厚生年金は廃止されBIに一本化される=雇用主の社会福祉負担も免除、基本保険制度は国民保険に一本化→それ以上の部分は民間保険や個人年金に任せればよい。)

→続きを読む

posted by kagewari at 00:15 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月31日

グローバリズムとナショナリズム(『単独者』が暮らしやすいといえば後者でしょ)

これがまたリベラリズムが(自由主義>暗黙の了解で『共同幻想』崩壊屋)、左翼の専売特許かと勘違いされているため混乱も招くんだけれど、米国リバタリアンに代表されるように自由主義の本質的背景には”ローカル『共同幻想』の保守”を前提とする(米国の場合州でキリスト教宗派もわかれていた)、地方自治やミクロで言えば個人の信教の自由を念頭に置いたものがリベラリズムであって、
左翼リベラリズムが標榜する、
「『共同幻想』崩壊の後、グローバリズム(世界的覇権)としてのインターナショナルな(国際的一党独裁の)世界政府(共産主義社会)」みたいな話が本質では【無い】(笑

●そう見ると(保守派にとってはローカル『共同幻想』保守なのだから)ナショナリズムは『単独者』に都合悪かろうと思うかもだけけれど、
概念ってのはそのお題目に拘束力を持つからね、
(そもそも前述のように、米国におけるローカル『共同幻想』とはかなり”確信犯的再選択者寄り”の自身がマイノリティー《minority》である事を自認するとこがポイント←布教活動などで世界的覇権を取るって考え方の反対なワケだよ、=それを普遍的であると主張するつもりも”無い”)

結果として「個人の(連邦政府やましてや空想としての世界独裁政府からの)自由」を重視するなかで、『単独者』的な生き様も包含する余地がある。
そもそも論だけど、『単独者』と『共同幻想』再選択者は仲良くやれたりするからね。
「そうかお前は異邦人なんだな《終わり》OKだ」
(そのいずれも確信犯的に”俺の考え”に殉ずるもので、それを広めようとか共有しようとする意志は無い←彼らの考えるローカル『共同幻想』としても「この土地では”俺達”はこう生きる」と観念的なものを指していて、いちいち共有の確認を求めるような意味では無い=故に確信犯的なんだけどね)


●言うならばそこに”再選択者固有の”論理矛盾もある、
何故なら『共同幻想』の論理は基本”膨張主義””覇権主義”グローバリズムであり、自らマイノリティーを選択することは、その正統性権威の主張において弱点となるから。
(俺は以降が『単独者』との強い類似性なんだと思うけど)
しかし、事、この論理矛盾を「論理矛盾では無く”不条理(だからこそリアル)”と置き換えたら?」
それもひとつの実存主義なんだわ、
ある意味”特定の理念に集合する”群れとしての『単独者』が”再選択者”と言える、
(その土地に根差し、拡張主義を取らない→保守《再生産》のみをMAXだと理解する)


時々、再選択系ローカル『共同幻想』保守を(これ崩れの意味じゃないですよ→名家に拠り所となる伝統宗教や習俗があるから→先祖信仰が権威性《先祖を含む延べ人数による多数派民主制による権威》の背景を構成する)「排外主義の右翼」みたいに勘違いする人いるけれど、
そんな連中は《反動勢力であって》本物の再選択系保守では【無い】、
彼らも「改宗しろなど圧力かかれば(自分のシマは)正当防衛で守り戦うが、拡張主義者では無いので、越境してまでエスカレートした排外行為を行う動機が無い」、
 ↓
つまり合衆国憲法には従うが、連邦政府がEUみたいに(ローカル『共同幻想』保守に反する)新しい概念を押し付けるなら銃を持ってでも戦うってスタイルだよね(それが米国憲法には保証されている:連邦政府と戦う時のための”武装する権利”ですから)。


一種の「棲み分け論的保守派」とくくればいいのかな。
(『単独者』との関係でわかりやすい事例考えてみっと、「『単独者』は親友だが、娘に手を出したら殺す」みたいな関係だよww)
 ↑
つまり彼らは「自らをマイノリティーグループ(社会的少数派)として、社会的個性化、多様性」を求めているのだわ、
(全然同じじゃないけれど概念としては『単独者』と被るよね)

→続きを読む

タグ:再選択者
posted by kagewari at 05:22 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月30日

関係者は事情わかっているだろうに、誰も何も言わないのな(河井案里議員可哀そうだろ)

たいがいのタブーに遠慮なく切り込む須田のオジキですら触れないけどさ、
(ちなみに河井案里議員の容疑は通常立件もされないような微罪で、公職選挙法にはそういう恣意的なとこあるのは有名→だいたい選挙後落選議員のみせしめ検挙があったりするぐらい)

河井案里議員関係の背景はガチこれでしょう
(こんなん事情知る人は全員わかっていることだと思うけど)
2019の参議院選挙におけるコレ
 ↓
緊急連載 広島選挙区の衝撃】<中>宏池会の行方 岸田氏、求心力に懸念
https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=555673&comment_sub_id=0&category_id=1146

(一部引用)
最後までもつれた地元広島選挙区(改選数2)。6選を狙った岸田派(宏池会)最高顧問の溝手顕正氏(76)の落選が報じられる。

で、この広島選挙区は官邸の菅ちゃんとひと揉めあったんだよ、
官邸筋は(対米交渉論功行賞もあって)夫の河井克行衆議院議員への希望もあってだと思うけど、河井案里氏を擁立(地元的には岸田さんガッチリ固めてるだろうから現職は大丈夫でしょってことで)、官邸はもっぱら案里氏の応援していた(宏池会は保守票割れるからやめてってあったのさ)。

そしたら案里氏は当選したが、岸田派議員が落選してしまい、、
どこから検察に情報いってるだろうかって、考えなくてもわかるでしょ、、。
(背景には、安倍後継を巡る主導権争いもあるだろうけど)
岸田さんがしっかりしてりゃこんな事になってないと思うのね、

うんで、検察がギリギリといじめたらこれだよ
(秘書の事件だって裁判所に筋悪だって釈放されちゃっているってのに)
河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用
https://mainichi.jp/articles/20200330/k00/00m/040/093000c


筋悪な話に食いつく検察も検察なら、
この動きに何ら動きが見られない岸田氏も岸田氏、
(加えて菅系人脈が次から次とスキャンダルでって流れあるのは、みなさんもご存じでしょ。IRの一件もあるのかな的なさ、)
 ↑
まあ各所でいろんな思惑あるのはわかるけど、
弱いとこに集中砲火して(ウグイス嬢どうこうなんざほぼ全ての議員が違反してるのに←もう法律のが問題あるって政界でも有名な話)、
●弱いものイジメの典型だよね?
(てかメンタル強度的に案里さんに議員は無理だったんでは?って論議は別にあんだろうけど《国会議員が可哀そうとか言われちゃダメだろうから》)

河井克行衆議院議員なんて、トランプ大統領関係者のバノンとツーカーの関係で、
事実上官邸のインテリジェンス関係サポートやってたぐらいの人材だよ?
選挙区めぐるケチな話で(検察の思惑で言えばIR・パチンコ関連かもだが)、
国政全体に及ぶ話を損なうような筋悪のネタで大騒ぎしやがって、

報道する側もさ(裏が取れないのはわかる)
まーそっち方向に期待するのは間違いだろうけど、
非常に不愉快なアレですよ。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

posted by kagewari at 18:32 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

お里が知れる民度の問題(欧州のDVリスクとコロナとか)


外出制限でDV増加の恐れ オーストリア、24時間支援 共同 2020/03/20
https://www.msn.com/ja-jp/news/coronavirus/外出制限でdv増加の恐れ-オーストリア、24時間支援/ar-BB11rZyW

(一部引用)
【ウィーン共同】オーストリアのラープ女性相は19日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため全土で外出制限が導入されたことで女性や子どもへのドメスティックバイオレンス(DV)が増える恐れがあるとして、救援を求める24時間ホットラインの受け付け態勢を拡充すると発表した。
通常の状況でも、同国の女性の5人に1人がDVの被害者と述べ、


新型ウイルスの高齢患者乗せた救急車に若者が投石 スペイン AFP 2020/3/26
https://www.afpbb.com/articles/-/3275485

(一部引用)
スペイン南部アンダルシア(Andalusia)自治州で、新型コロナウイルスに感染した高齢患者計28人を乗せた救急車の車列が居住施設に向かっていたところ、若者の集団が石を投げつけるなどして走行を妨げようとする事件があった。警察が25日、明らかにした。
(中略)
また、この代用施設の外に「若者を中心に」50人近くが並び、警察や搬送に関わった人を脅迫、侮辱し、より多くの高齢患者を運び込むのならばさらなる抗議を行うと警告したという。
同日夜には若者たちが周辺の建物の屋上から「可燃物」などを投げ、騒ぎは激化したという。
貧しく失業率の高いラリネアは、麻薬取引やたばこ密輸の温床となっていることで知られている。

●まさに『共同幻想』ド・崩れ
(てか元が近代『共同幻想』時代に残虐の限りを尽くした連中でもありますからね)

一部のネット世論にもちらほら散見されてんですよ
今回騒動で欧米の正体見たり的失望が広がって、ありがたがって海外旅行とか行く人も将来的に減るんじゃないかって、
再三紹介してきた(バカでもわかる)PCRでスクリーニング検査するナンセンス
これを止める民度が”皆無”って時点でもう終わってる。
んなものバーバリアンそのものじゃないですか、、

旧『共同幻想』保守の伝統バチ〇ンに至っては、聖職者は患者と交わるようにのお達しで(指導を受けたイタリア教会では危篤患者に精油でナントカする行があるらしく)事にあたった聖職者が次から次と感染し亡くなってるという(イランを笑えない)地獄絵図にもなってます。


心理学フロイト派としては、
(ガチカソリック系のオーストリアにおいては、心理学そのものが《ユダヤ人のアンチキリスト的なアレもあって》禁忌だったり、マジに「フロイトって誰ですか?」だったりすることもあるようで、、、)
そら、認知リミッター強くてこんだけ心理学を理解できないのだから(学ぶ当時者の『共同幻想』保守のため、ユングやらアドラーやらが枝分かれした)、『共同幻想』崩壊時代に苦しむだろうと思いましたが、急場しのぎの”EU帝国”も肝心な時にクソの役にも立ちませんでしたね。

とはいえですよ、
●「悪魔と罵られつつも近代引っ張ってきた矜持を見せてみろと」
(この際だからさ、カミュの「ペスト」でも読んでひとりでも多く『単独者』覚醒してくれよ)
芸術わかる人は(ここは『歩留り』と『単独者』と”再選択者”の独壇場だったりするから)現実の理解力あるんだけれど(差別なく『BABYMETAL』も楽しめたり)、
そんな芸術・サブカル志向の若者が(日本で言えばオタク的に)、地元では厳しい視線に耐えられないとかも聞く(そんな人は日本においでみたいな)。

この現代社会においても「よっぽど強烈な発信力のある(英雄的)大政治家でも登場しない限り自律的変化が期待できない」って土壌はどう考えたらいんだろうね。
(地元的にはどうなんだろう?北欧とかもダメなんかなぁ、、)
このままいっちゃうとさ、「ヨーロッパは第三世界に堕ちるぜ?」
世界に例の無い「『共同幻想』崩れによる暗黒社会」が台頭するかも知れない。
・案外中世の暗黒時代や日本の戦国時代がそれに近いものだったのかもだけど、
(中国の侵入を許し、国内においては”共有概念”においてムスリム有権者に負け、健全な再選択系中道保守ですら”その反動”で本当にネオナチみたいになっちまうかも、、ポーランド・ウクライナあたりはかなりヤバいからね)

英国のEU離脱がいい意味の刺激になればいいのだけれど、、
何をやっとんだろね

→続きを読む

posted by kagewari at 00:56 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月27日

検査厨と放射能デマとグレタファンが同一人物の件

コロナ騒動界隈でネットで伝わる話ですが、
「検査厨と放射能デマとグレタファンが同一人物であり、
所謂ファッション左翼(”インテリぶった軽薄左翼ごっこ”)だろ」と、
真正の共産主義者は「そうじゃないでしょ」
(環境問題の元祖は右派で左派では無い。軽薄化した左翼思想の宣伝媒体として環境思想がツールとして使われるようになったという《所謂組織暴威のためのシノギとしての》背景がある)

放射能に関しては全てデマというのはアレかなと思いますし(この件は築地と豊洲の環境問題も同じ)、全部が全部じゃありませんが(嫌煙同様に風評だとかブランディングも「それが実体経済に影響を及ぼすなら」事実としてとらえるべき場面もある)、
築地豊洲関連は随分上念やらも小池批判しているけど、不動産の”読み筋”としてよく似た開発プランである近隣の歌舞伎座再開発でオカルトまがいの関係者の疾病や事故が続いたでしょ(俺さ銀座の旧歌舞伎座の裏とか行った時だけどただならぬ雰囲気感じたんだよね)。
築地に関しては”屋号”に匹敵するブランドを売却し、開発予定で底地価格上昇を狙う(当時は大幅に価値の低い)豊洲に移転するってさ「共産党が指摘した問題点の杜撰さ」なんて自業自得で(科学的に問題が無いとかそういう話じゃないから→底意に”そんな豊洲をいいとこ化して一儲けしよう”って筋があってだな)、
小池を擁護するつもりは無いが(結界都市江戸を守護する意味でも)「段取りってもんがあんだろうよ」(下手踏んだとこには痛い目合わせてケジメ付けさせないと後か怖い)と思っていた。←そんな意味で上念とそりが合わないとこも多数ある


<そ、そんなことはともかく>
”それを煽りネタい使う”という意図の部分に絞り込めば「確かに同一人物かな」
不動産の世界から見えるポイントを付け加えると「大地震が来る系」もアレかなと、、
(薄く広い知識はあるが、肝心の耐震建築破損率などのDATAや知見が抜け落ちていたり、地震予知のナンセンス性について全くリテラシーが効いてなかったり、、、。予知の風評や”一律の建築年次判断”よりも、既に確認されている地盤調査などの土地の揺れやすさと構造別耐震性などの具体的知見のが重要って話は出てこない。)
 ↑
もういっこ付け加えさせてください「嫌煙ファシスズム」
、、、こちらも同一人物な気がする←俺はこの点に限り完全に”上念アンチ”である
(言うまでもなく憲法改正反対派も、グレタ的レジ袋反対派も←せめて昔の紙袋復活してくれ)


その特徴としては、
騒ぎを大きくして実体経済なりがどうなってもいい、むしろ社会が騒然として混乱状態になることを期待している(その裏に金儲けの話も同時進行)などなどで、
心理的には「そんな大混乱の予言的中させた凄いインテリ」みたいな、、
なんてーか、
本来の左翼なら糾弾すべき”ブルジョワ的階級思想”があるだろうと思うんですよ、、
どうなっちゃているのかしらね
●心理学的には「まあ崩れている」ってことですが

(※”崩れ”=後ろ盾となる権威正統性の崩壊《根拠となる歴史や伝統の正史無いし実態が無い》=組織全体に及ぶ正統性不安《典型例が暴走族の自己顕示暴走》→悪目立ちするぐらい”上から”組織的にマウントポジションを取ろうとする行動原理→根拠の無い過剰な概念《過剰でなければ不安鎮静効果が無いため》の同調圧力が”目的化”し《爆音で暴走しようぜ=環境保護のためにレジ袋撲滅しようぜ=全員PCR検査しなさいっ》当該組織が社会にとって悪質な存在と化す《もし近代なら暴徒化を意味する:ラッダイトとか》現象。)

→続きを読む

posted by kagewari at 13:02 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

スクリーニング検査がどれだけ馬鹿らしいかよくわかる数学の動画

2/26 末尾にオマケ追記


すっごくわかりやすいので是非ご覧ください

むやみな検査を行ってはいけない理由、数学的に説明します【条件付き確率】


簡単に言えば(現在行われているPCR検査より精度の高い検査であっても)
蔓延度がまだまだ低いレベルで全数検査すると「間違った陽性が200倍出る」
 ↓
そして以前紹介した動画の「現場医師の証言」
「ごく普通の風邪の患者も陽性判定で隔離されているとしか思えない」
 ↓
更に、ここに軽症者として相部屋で隔離が行われた場合
(症状がある絞り込みでいくらか判定確率が増して20人に1人は本物だとしましょうか)
20人の相部屋で院内感染→本物が20倍

検査母数の絞り込みがいかに重要かわかります。



●更に重要なことが、数学愛好動画主の方が説明しているように
個別の計算は「小学生でもできるレベル」だってことです
東大や京大出の「検査検査と発狂した地上波コメンテーター」の知能レベルがわかりますよね?


※加えて一部推測になりますが(私が感染症専門家のワケが無いので)
現場医師の「遺伝子とか見ても普通の風邪(コロナ)と、今回の新型コロナの区別がほとんどつかない」って状況こそが、8割無症状の中に紛れ込んでいるとした場合。
日本が行っている絞り込み陽性判定の中に存在する2割の”本物”をいかに発見するのか?が重要になります(そしてこの対象者を”個室隔離”する)。

下手すると今回の世界的騒動の本質が、
1)数学に無知である文系インテリと(高学歴バカ)、
2)文系出身者多数のメディアの煽りと、
3)勘違いから本物に感染させられてしまう”実は普通の風邪の患者”、

である可能性が否定できないって事です。

と に か く

高学歴バカの数学に無知なインテリの罪は重い
今でもCNNは検査検査言いまくっているようです(兄貴のNY知事も自画自賛している有り様)
(イタリア、スペイン、フランス、NYのかなりの患者がド勘違いから亡くなっている推定になります)

今日本でも検査の保険適応により、検査母数が増える傾向にあります(時々さじ加減で多めに検査しDATAを拾っているって噂もあり)、100前後の新規陽性患者数の発表に一喜一憂しないように、
●重視すべきは新規重症患者数(確実に新型コロナ)の推移です
東洋経済オンライン 新型コロナウイルス国内感染の状況
https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/



<オマケ>
・考えてみれば
当初の中国発表DATAなどから推定されたWHOの致死率関係の発表も”違っていたかも知れない”
致死率はもっと高く(1%〜5%)、感染力は低く(再生産率も低い)、
その特徴は「普通の風邪に紛れて本当の感染者を絞り込み難い」ということかも。
そして、普通の風邪発症者への院内感染力が強い、
現在日本ではそこをCTスキャンの活用で本物判別している(特有の絵になるという医療関係者情報があります)
肺炎症状だけでは断定できない(通常の風邪でも高齢者が肺炎で無くなるケースは決して少なくない)
感染症対策的には”本物の感染者発見と個室隔離”が重要になるので、
いかに医療体制に余力を保持できるか?が鍵になるのではないだろうか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 13:52 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0