2020年10月20日

政治経済ネタだけども「保守リベラルの補足」

矛盾する言語の組み合わせなので、
時に『歩留まり』のことか?と思われる場合もあると思いますが、
「保守リベラル」なんてのは、”穏健な改革派”程度の意味でこれという決まった概念ではありません(政治姿勢や志向程度のことなんだし)。

『歩留まり』のように(人の一生単位という)タイムリミットがあるのでも無し、
規制緩和・改革派を意図するリベラリズムにも「無限の自由なる概念がまた概念として矛盾する」てな側面もありますから、
わかりやすい論議で言えば、こんな感じかな、
 ↓
「非合理的な慣習法的規制を文化として残るのはアリなのであって(拘束力は無く自由選択である)、崩壊するべきのような極論はナンセンスである(英語の利便性は評価しても日本語を捨てると息巻くのは→この段階で非合理的だ→英語の利便性論議も大概に《穏健な範囲に》するのが安全)」

●これに対して保守派に見られる反動は(反動なのでやり過ぎのことね)
「日本民族の誇りとして、旧時代表記の漢字(なんて言うのか忘れた)をカッコいいみたいなノリで使用するネトウヨ気取り」みたいなさ、
(気持ちはわかるけど、旧漢字を常用化に戻すってのは流石に、、君のファンタジーってことで)
(※これが確信犯保守の場合、持ち前の知識でTPOに合わせた「この時のこの書面は旧漢字がベター」などのケースバイケースの判断になると思う。)


日本の自民党は現在英語教育なんかも絶賛推進中なので、
言うまでも無く、自民党はリベラル系で米国なら余裕の左派です。
 ↑↓
但し、日本の場合原始『共同幻想』からして『歩留まり』的というか(一神教系では無く戒律的な社会運用が”緩い”:言い換えれば「穏健が伝統」)、海外から渡来人が来る度に誰かが外国語話せたり、江戸時代の武士官僚はほぼ全員漢文できるワケで(現代で言えば全員英字新聞読めるみたいなことだろ)、「伝統の日本文化を」って居丈高に語られてもね、、
(※先日の記事じゃないけど「愛すべき100発100中のこと?」みたいな)

日本文化の無意識には「穏健で融通無碍な精神が流れている」と、
俺なんか思っているんだけどさ、


●現代的には「保守リベラル=リアリスト」みたいな理解だよね、
(政策的に言えば、その典型は「核兵器全廃を叫ぶのでは無く、冷静に”核軍縮”を語る側」)
(故に、そんな日本の「非核三原則はエキセントリック」ってことになるんだが、そこは社会心理としてのトラウマ論のようなものだから、日本の宿命と見るべきでしょう。)


野党の大失敗は、
民主党政権当初「実は憲法改正も(保守で)後ろ向きな(てか右派に草案書かせたらダメダメだったりする)自民党では無く(実現する気が無いので支持団体の遺族会向けに威勢のいい草案出してる)、改革派である民主党こそが憲法改正も堂々と論議できる」みたいな裏コードがあったのだよ(PKO法案の小沢がいたから)。
そこが対米という部分で(これがいつもの左翼の保守派煽りに引っかかる的な)根拠不明な対米強硬論みたいな失敗から瓦解するんだが→気が付いたら組織票頼みで「ド左翼に堕ちた」みたいな。
 ↑
なんか当時の民主党にはいろんな角度から批判あるけども、
鳩ポッポ「トラストミー」暴走の背景に(これがまた近衛文麿とよく似た流れで)対米自立強硬論としての煽りがあったのは事実(TPP反対に動いた山田農相も同じパターンかな)、
財務省策動での消費増税三党合意も「笑うぐらいに陰謀臭い」ネタだし、

「バシバシ手を突っ込まれた」つーのが事実だと思う。
そんぐらい守りがガタガタ(ある意味党是も全然堅く無い)
セキュリティソフト全く無しのOSみたいなもんだったのだよ。
(小沢追放騒ぎもガチあからさまな陰謀論だったからね)

●安倍ちゃんが言った「悪夢の民主党政権」が全て当たっているとは言わないが、
結果として「悪夢」だったのは事実、
「いろんな意味で政権取る資格が無かった」
(自民党は堅いって意味では無いよ、バリバリに日韓議連もあるしさ、二階さんの件といいガバガバなとこはガバガバでしょww、しかし自民は対抗性があるっていうか”何か外からやられてね?”って時には陰謀論的なところにも鼻が利く。←てか謎の怪文書が飛び交うんだけどね)

→続きを読む

posted by kagewari at 16:31 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月18日

日本文化を別角度から「100発100中が異様に好きなバカ伝説」

諸説あると思うけど、
「銃で狙撃」を最初に考えたのは日本人です(多分あってる)、
日本の火縄銃は鋼の質がいいため強度が均一で精度も高かった、
確か長銃身の狙撃専用モデルもあった筈で、
城の銃眼などから狙うワケだけど、当時西欧で銃と言えば突撃前の弾幕張るとか数撃ちゃ当たる程度の運用でしかなかった。

さて、この話の根本だが、
西欧の連中が一番驚くのが「サムライはどうして盾を持たないのかね」って話、
(確かに槍による攻撃を防ぐ機動隊の盾みたいなのはあるよね、上記は携帯する装備の話。右にロングソード、左に盾だろ?あれなんで?って意味)
しかも当時の刀剣は(ダマスカスあたりを例外に)鉄の板をぶち込むみたいな使い方なんだが(細身で折れてもいかんだろ)、
●日本刀は?→「カッターナイフばりの切れ味を持つレーザーブレードですが何か?」
(いやいや西欧の刃物が切れないってこっちゃネーよ、ハンティングの解体用ナイフは切れるからね。→それをめっちゃ長く伸ばして振り回すって感覚がわからない。)
しかもさ、理想は一撃一閃で切り伏せるだろ、←●俺は日本人の百発百中神話はここが始まりだと思っている

WWUの38式ボルトアクションしかり、南部14年式サイドアームしかり、
意味のわからない変態エアサス付いた74式戦車しかり、
戦後の64式自動小銃しかり、ミリタリー用途としての使い勝手を無視してもww、えー命中精度優先の設計だったりする。
特に拳銃設計の非合理的なとこは「一種病的で」、
「どこに安全装置つけてんねん!」「安全装置がこうなって、、えーーー!!」のようなですね、
 ↑
咄嗟に安全装置が解除できないようになっとんのです

俺思うんだ、根本的に発想が違うんだろねと、
銃の文化が根付いている欧米では、戦闘準備モードになれば薬室(チェンバー)に装填していつでも撃てる状態で安全装置をかけるワケさ(自動拳銃に至っては”コックアンドロック”のポジションとかもある)、でもね、日本人って実際の戦闘・戦争になればアレなんじゃないかな、
「抜刀!」モードだと、薬室に装填して安全装置も外しちゃうんじゃないの(笑
使用する時には、安全装置は外れてるから「はずし難いとかいんだよっ!むしろ使用しない時に安全でいいじゃん」って発想

■これがまた、妙なところでサブカル拗らせてるからさ、、
最新式の自動小銃の安全装置の表示が「ア・タ・レ」だよ?
(いやいや、、世界標準のアルファベット表記でいいだろ、AUTOとかSAFEとか、)
きっと、ア(安全)、タ(単発)、レ(連発)なのかな、、、
ここに拘る意味がわからない、、、



<<ちなみにだけど「オーバーエンジニアリングが文化のドイツ人の場合」は>>
「構造上必要の無いギアが何個もある、、、」
「必要無いとこにまでベアリング入ってる」みたいな話になる、
すっごく典型的な逸話は、
現代イタリアのマテバ系登場まで、回転式(リボルバー)は米国の独壇場だったんだけど、
昔さ、ドイツの某メーカーがコルトパイソンを意識した高級リボルバーを作ったんです。

パイソンの特徴はなめらかなトリガープルにあったんだけど、
米国ではなめらかはなめらかだけど、レットオフのタイミングが取りずらいとも言われ(別にそんな時にはシングルアクションで撃てばいいのでどってことないんだけど)実用性はやっぱS&Wかなって評判だったのよね。
ところがこのドイツのメーカーは「究極の滑らかさ」を目指し(ハイこの段階でもう間違い)
トリガーとシアーの間にベアリングを入れたんだわ、
「もうね、なめらかどころかスルスルスルんって引き金が引ける」
 →「いつ弾が飛び出すかわからない、、危ないだろーーがーーー」という駄作に、、

→続きを読む

posted by kagewari at 14:41 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月15日

具体的な「認知リミッター」の話(サンプルはイマイチながら)

今回は一歩間違うと(いやぁなんてか間違いなく)自慢話なんだけどさw
いちおう最後に「それはチゲーから」って”落ち”がちゃんとあるから
(トータルで読めば全然自慢話じゃないのがわかっていただける筈)

いくつかの断片的な話を列挙してみよう
・ひとつの着想は「地方と都会の間の情報格差」って謎現象に始まる
(インターネットの回線インフラにはほぼ差が無いってのに)
はたまたそれは民度の問題なのか?
ローカル『共同幻想』社会の仕業なのか?

様々ご意見あると思うけどさ、
実際通信販売含め、地方のインターネット利用率が著しく低いだろうって感触が実体験としてもある(時々北海道帰省するからね)、
・確かにスマホの普及以来、ハード面においても地域格差はほとんどなくなったため、近年は
地方でもインターネットを利用した情報取得が急速に拡大しているのも事実なんだが、

<そ れ は さ て お き>

『共同幻想』の縛りで、検索キーワードなどに絶妙な認知リミッター(思いつかない機能)かかっていると、ある筈の結果に(そのルートに何ら難易度無いのに関わらず)辿り着けないって現象が起きる。
たとえばローカル『共同幻想』の縛りで「非常識(『共同幻想』ルール違反)なことを思いつけない」←これがハンデになっているのではなかろうかと思うのね。
(※経済においても政治においても「保守性やナショナリズム・地域性はグローバリズムやリベラリズムの対立概念」になるだろ?←どっちがいいとか抜きの話として。「保守性=思考の枠組み《常識》がある」ってことだから、それは同時に非常識な発想に対し認知リミッターが機能していると同義になる。)
 ↑↓
いかにも起こりそうな現象を類推するとさ、
「ハローワークでトンデモな面白バイトを発見する確率」←ここで起きる個人差のこと
(選択以前に、発見し認知することができない現象が無意識に起きる可能性)


■■■<ちょっと話が逸れるけど:ここから個人的な話>■■■

まず「ヤフオクや、Amazon」
自慢じゃないが、俺はヤフオクやamazonなどでトンデモ級に廉価に商品をゲットしていたりする
ここでノウハウをアレするのも(ド・自慢話になってしまい)”感じのいい話では無いので”割愛するけれど、それほどの難易度で発見しているワケじゃない。
時折(いや〜いまどうしても必要ってのでも無いんだよねということで)暫くお気に入りにだけ入れて観察することがあるんだけど、「ほんとに誰も見つけないのな」、笑うぐらいに。
オカシイと思わないかね?何万人ものユーザが利用してんだぜ?

他にも(一部は過去記事に書いたけど)
某リクルートのインチキライターだった時代に、彼らが外注していたブログ運営会社のサイドバー設定に間違いがあってさ(何ら英語力無くても誰でもタグ見りゃわかるミス)、そこ自力で修正してるの俺ひとりなんだよ。たまりかねて運営にお知らせしたんだが「そんな事(気が付いて)言うのあなたひとりです」だってさ(いやいやソフトハウスの方でも気が付けよと)、
このブログ運営のseesaaのサーバ移転メンテの後で過去記事の画像が非表示になる変換上の問題があった時も、ちょっと運営さん知り合いなものだから「これみなさん過去記事の画像乱れて大変なことなってませんか?」と尋ねたところ、「そんな事(気が付いて)言うのあなたひとりです」だってさ、、(いやいや何万もユーザおるでしょ、、どうして平気でいられんだ?)

こんな話もありました、
某有名な加熱式タバコの登録サイトで(故障時など交換サービスが受けられる)、あるプレゼントコーナーである問題が発生(ちょっとここでは書けない事件がありましてww)、
ちなみに上記括弧の”ある事件”にしても「こんなんSNSで拡散されたら大変なことになるぞ」と思ったんだが、、(そんなニュースはどこにも出ていなかった)
な事態が起きるぐらいにここのサイト管理がちょっとアレなところで、
 ↓
そこで、他にも追加的に謎なことがおきたものだから、サポートにお知らせした、
(思うんだけど、きっとここでも「そんな事言うのあなたひとりです」が起きたんかしらんけど)
上の者がお話を聞きたいと、、、
(上の者って誰なんだよっ!てか高い給料貰ってるホワイトカラーが余っているでしょ。言われる前に気づけよって、変な事言われてこっちが驚くわ、、)

→続きを読む

posted by kagewari at 22:49 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月13日

アカデミズムが左翼政治思想の牙城となったのは大問題だった

俺の学生時代はどうだったって、さ、
(茂木さんあたりにはロシアのスパイ扱いされている某人物がらみの大学でしたがw)
どちらか言えば右寄り大学だったので(確かダライ・ラマもきたよ)、
「まったくそういう感じはなかった」のだが、そんな自由があったのも四流大学だったからなのでしょう。

メディアからインテリ知識人階層から左翼政治思想が顕著に感じられる背景が、
所謂『共同幻想』認知である”偏差値”評価で一流大学なる存在が、左翼政治思想かぶれ教授の牙城となったことに起因するのだとしたら、
「それは心理学も大いに関係する『共同幻想』ネタ」ですわね、

●左翼政治思想と『共同幻想』論は過去に書いているのでここでは割愛しますが、
学問と権威は切っても切れませんでございましょ?
そもそも古代から学校の始まりは「宗教系神学校」であり、
(当時の知識階級としては最高の)「宗教系『共同幻想』のネタ元を知る人達」に始まります。
といっても、当時のネタ元って「経典を読めた」とかの意味です、
(当時一般庶民は文字が読めず、また宗教の経典は門外不出の非公開であり《神のテキスト》、当時で言えば人類の・宇宙の真理みたいなものだから、)

最初の動機はそうじゃなかったと思うんだが、
後に、「非公開の経典を独占し庶民の識字率を低いままにすることが、権力にとって都合がいい」なんて形に陥り、ルターの宗教革命ガーみたいな戦乱を招いたりもしたと。

「自由で開かれた民主的アカデミズム」→ぶっちゃけ馴染まないんだわ、
ある意味、その権威を誇示する一流有名大学になればなるほどね、
(一流なる上下関係を自称するが故の宿命として)
■エリート知識階級の特権なる概念をカチっと成立させる条件って言えばさ
・オンザレールな『共同幻想』適応社会、
・反自由主義、反民主主義
・談合的な”偉くなる仕組みのお約束”
 ↑
現代社会でこれ兼ね備える『共同幻想』ってさ、左翼しかないじゃん(笑
芸が無いのではなくして、それしか手が無いんだわ



実際のとこ、
出世のためというか、大学に残るため「嘘でも左翼の論調に乗る『歩留まり』教授」が大半なんだと思うけど(『歩留まり』鉄板の法則:生活のため妥協せざるを得なかった)、
「正論吐いてる右派論壇のド貧乏ぶり見てりゃさ、、、誰でもわかることでしょ」

●逆説的に言うと
「一流大学」とかその概念自体がもうNGなんだわ(権威主義だから)
かといって?「一億総四流大学」が何か意味のあるスローガンとも思えない(笑

そこはそれ、
俺の個人的意見だけど、
(『歩留まり』って「先送りしてきた”選択の時”をいつか迎える」って説明してんじゃん)
会社も退職し、老後を前に”腹を決めた世代”が、
生涯教育とかの一環で、続々と社会人学生として大学に行くようになると思います。
(もう生徒の三分の一はリタイア組の高齢者とかになるんじゃないかしら)
 ↑
この実社会でキャリアのある人物ってのが、大学講師や教授にとって「もっとも恐ろしい生徒」らしいのね、だって教科書に出てくる話の当事者だったりしてさ(笑
『歩留まり』の終局を迎え、続々と『単独者』か”再選択者”を選んだ後みたいな人材こそが”再び大学へ”とか考えそうじゃん。
 ↑
この人達の突き上げくらうと
「アカデミズムの左翼ごっこなんざ一発で崩壊するのだろう」と思う。
(ゼミでも「どっちが教授だかわからない」みたいなね、)
●「『歩留まり』の逆襲」とでもネーミングしておきますかww




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 17:15 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月12日

菅政権が飛ばす飛ばす(それもえらい勢いで)


やはり二階幹事長とも密約あったんでしょう
習近平国賓発言とのバーターとして、二階幹事長が派閥の領袖集めて「憲法改正論議の促進を求める集会」、年内めどに条文の詰めまでやりましょう的な、
(憲法改正の原動力となることと引き換えに二階さんは中国関係自由に発言していいよと)

次の総裁選立候補しそうな勢いの下村政調会長には
「行政改革の一環として学術会議の存在そのものを検討する方向」を指示(やはりここにきたか)
政府としても河野大臣に見直しの検討を指示


立憲民主党に対しては
「本国会は学術会議のアレで諸君が荒れると思うので、(前の国会であらぬ検察人事デマで流れた)公務員の定年延長法案は見送るから」とのこと、
(立憲支持母体《公務員組合の》自治労は大ショック)

携帯各社は次々と「値下げを検討します」
(電波使用料による脅しの本丸はTV局だという噂も)

さらに控えているのが「福島処理水問題」「沖縄基地問題」←そのいずれも大きく動かしていくという観測が既に流れています(沖縄の選挙情勢にはもう動きが出ている)
●懸案事項はもう年内に目途を立てちゃおうと、


時に田中角栄と比較されるガースーですが←いや似てないだろ、、
政策を推し進める剛腕さは田中角栄以上なのかも知れません。
帰国したポンペイオ長官からトランプ大統領にも話が入っているでしょうから、(トランプ再選はガチの前提ですが)大統領も早く会談したいと思っているのではないでしょうか。
ビジネスマンが本業のトランプ大統領と(即断即決の)菅首相は、違う意味で話が合うだろうと予想します。

えらいことですぜ、
来年あたり、本当に憲法改正までいけるかもしれない。
ちょっと何が何なので詳しいことは控えますが、某報道から類推されることで(だいたい地方議員からの叩き上げの方はだいたいそうなんですが)「菅首相はやっぱり左翼にも気脈通じるところある人で」それって、事実上左翼陣営内部にも影響を及ぼすことができるって意味です。
アイヌ関連法の時も、何らかの意図を持った取引があったのだろうと見てます。
(現場の地域左翼は、なんというか利権がらみの団体なので角さんばりの利益誘導がらみで便宜供与してみたり、逆に手を突っ込むこともできる。)
 ↓
ええ、菅氏自身は政治信条として特別保守派ってことでは”ありません”から、
政策実現のためなら、相手が左翼だうろと躊躇せず連携もする。
(靖国参拝や歴史問題をテーマにしている政治家では無い)
 ↑
ここもちょっとトランプ大統領と似てるとこあります、
(大統領選立候補前のトランプ氏が民主党に献金していたのは割と有名な話←NY界隈でビジネスしていればそれはそういうことなんでしょう)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 16:45 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月11日

陰謀論を面白がるつもりは無いが(大好きですけどねW)


俺もこういうネタは、、うーん「見逃せない、面白すぎる」

『アマテラスの暗号』01 ユダヤ人と国際金融資本




(元々歴史ネタの秦氏やら平氏がらみの、中東からの渡来人が神道を拡大させた説はアリだと思っているからね、古代出雲大社がピラミッドの石室とデザインが似ているとかも、ウ〜ン堪らない)

「パート3が楽しみです」
(と思っていたらアップされた―、末尾に貼っておきます)


●全く心理学に関係無い話でも無いのだよ、
キリスト教が戒律で利子を取る商売が禁忌なので、欧米においてユダヤ人が金融資本を牛耳る形になっているとかの話は、欧米『共同幻想』論やら経済学的にも鍵となる話だし、
過去記事に書いているけど、
ケインズ経済学は、フロイト心理学の影響を受けており、
このケインズ経済学(国が投資などで所得分配を図る)ってのがまた、国家が金融の一部を代行するような話でしょ(故に政策として左翼的だとかの論議が出ることもある)、

欧米における政府の関与を認めない自由主義経済は、間接的にユダヤ金融資本がどうたらって話にどうしてもなってしまう(これさ、ユダヤ人がそう望んでそうなるとかでは無く、キリスト教の都合で結果そうなってしまう論理なので陰謀論では無い)。

更に”マネー(通貨)って何か”なる論議になれば、
即ち信用ってことだが、そら勿論心理学だよね。
「金(ゴールド)には希少性があるから、物々交換の代わりに間接的に一度金貨と交換することで、流通が格段に便利になる(交換するべき商品の購入を流動的に行える)」
しかし、その金(ゴールド)にも相場があり、、、

●経済で言えば「その地方の特産品」って言葉があるけど、
意味するものは”潜在的な過剰資産品”のことだよね(その地域では消費仕切れない)
その地元では(過剰生産故に)安いワケだ、
単純な話、別の場所に移動させて(その品物が過小な地域に)売れば高値で売れるから莫大な利益となる(特定品の名産地もこの交換により不足する産品を手に入れられる)。
土地で生産できるものには地域性があるから、これシャッフルするだけで儲けとなるのが商人の始まりだけど、→ハイ、現代社会のグローバリズムってのは「資源産出国以外ではその差異無く、総じて世界的な過剰生産となること」を意味する(どこでも安値→ただし生産性向上によるものなので効率はあがってる)、
 ↓
そのまま放置すれば、(せっかく生産性が上がっているのに→更なる過剰生産も可能)安値競争が起きるだけなので経済は収縮してしまう。
(そこはケインズが説いたように需要不足を補えばよいとなり)
先進国は”資本輸出国(事実上の無限の金鉱脈を持つ国:国際通貨発行国)”らしくドドーンと財政出動し(或いは金融緩和により)、所得を分配(流通)することで「更に生産性を加速させ、世界中に商品を流通させましょう」ってな動きが期待される(結果第三世界含めて一発で世界にスマホが行き渡った)。
しかし、その通貨にも為替相場があり、、、
 ↑
ま、現在の経済学的には「インフレが起きなきゃ(ケインズ的にはまだ需要不足なんだから)」、鉱脈から掘り続けて大丈夫ってことになる(国債など中央銀行に引き受けさせればよい)。

■しかし、先進国が何から何まで消費財を輸入に頼れば、諸外国の要因で(関係悪化で輸出が止まるなど)特定分野でインフレが起きる可能性もある(先日のマスクな)、
てか、生産国との関係悪化含めて「それは安全保障ってことだね」となり(そらそうだ金鉱脈を持っていてもセキュリティーがガバガバなら大変なことです)、
『経済安全保障』『外交力』『軍事力』ってのがその信用を担保するんだねとなり、←それらが先進国を先進国たらしめる条件となった。

事実上「安全保障本位制」みたいな側面があるのはこれ事実だよね。
(米国の信用とは米軍本位制っちゅう話)

同時にそれは「国体(國體)」にも言えることで、
ネタバレしても崩壊しない(幻想では無い)合理性により担保された「普遍的『共同幻想』」なる←もう言葉として矛盾しているんだけどさ(笑
その代表が「言語や通貨や国籍」という部分で、
(吉本隆明の『共同幻想』論で言えば「国家」も『共同幻想』であるが)
そこには、国家のように幻想であっても「ネタバレ崩壊させる意味が無い」って項目もあるワケさ、
破壊する合理性が無いってこと(アナーキズムのフリーJAZZ的ナンセンス論だわね)、
 ↑
しかしここって、そのつもりが無いのにご都合主義的に壊れてしまう場合がある、
ソ連崩壊もそうだし、北朝鮮も今後どうなるかわからない、
中国共産党も言うに及ばすだ、

→続きを読む

posted by kagewari at 23:59 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月08日

ひさびさにこのネタいっときますか(9月の連休2週後は大変じゃなかったの?)

えーどうやら今現在ほぼ9月連休の2週後みたいです。
昨日(7日)東京の陽性数は
【10/7の状況】新規陽性者数142人、うち65歳以上の高齢者数26人、死亡者数2人
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/hodo/saishin/corona876.html

(一部メディアでやれ連休の2週後大変とか言ってたみたいですが)
アレレ?9月以降安定の低空飛行継続してますが
※ちなみに今日の速報は陽性者数248人


日本は検査キットの精度も高いので(感染者いない筈の日本渡航者が空港の検査で続々陽性判定も出ているとも聞きます)、勿論”擬陽性も含む”だと思いますが陽性者カウントが伸びる中、重傷者や死者は増えておらず、7月以降流行を母数とすれば致死率もどんどん下がってきています。
(致死率の大幅低下は欧米でも観測されている)
普通に、例年のインフルと大差無い方向に落ち着いていくのではないでしょうか。

京大上久保教授の集団免疫説が全て的中しているとは思っていないのですが、
(教授による検査分析の結果、日本人の免疫反応が”ほぼ既感染者パターン”《B細胞抗体は無いが何らかの免疫を獲得している》となっている理由も、類似する地元コロナによる既感染の可能性もありますから、主張が全て証明されたとは言い切れないかと、)
自主規制を解除する度に「元々感染症に弱いグループ(インフルなどでお馴染みの毎年感染症拡大のリスクグループ)」の間で順次一巡し、概ねこのサイクルが2か月なのでしょう。
 ↓
解除範囲を拡大する度にその流行も小規模化しており(集団免疫論的に一致しているのかな)、
イベント含めて全面解除時には「ほんとど変化が無い」となり(今回の連休による陽性者上昇はほんの数パーセントだったと思われる)、
コロナ収束の証明として「インフルエンザの流行が確認される」←ここで終了ではなかろうか。
(ウイルスの相互干渉説が正しい場合《B型流行時はA型は流行できない》インフルの感染が拡大=コロナが縮小となるため)


上久保説だと、(あまりにも今回のコロナが弱いため:重症化パターンは免疫系と関係するある特定の感染パターンやサイトカインストームなど派生要因による)”T細胞抗体はガッツリ抗体記憶が行われる免疫では無い”とのことなので(有効期間が数ヵ月程度、B細胞抗体では無いので抗体検査では判定できない)、
■インフルの流行再開でコロナ終了が確認された以降、獲得された免疫の有効期間と外国からの観光客再開がどう関連するのか、そこに未知数な部分は残る。


但し上久保教授の説が正しい場合、「新型コロナS型からのG型」など特定流行パターンが多数の死者に繋がる(欧米パターン)と推測されているため、
外国人観光客が持ち込むであろうコロナが”何型に変異しているのか”で結果は違ってくるでしょう。
(総じてウイルスは時間経過での弱毒化が期待できるため、外国からの観光客解禁は遅いほど安心ではある)

→続きを読む

posted by kagewari at 15:40 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月07日

菅首相の動きには(インテリジェンスってことだと思うが)心理学的着想を感じる


学術会議の件「明らかに狙って仕掛けたネタだろw」断言しますよ、
(ひょっとすると数年前から念頭にあったのだろうと)
1)一般有権者にはほとんど関心が無い
2)不正がどうこう的な政権批判ネタにならない
3)左翼の釣りネタとしては大いにレスポンスが期待できる
(しばらくこれで盛り上がってくれる→これさ、コロナが流行るとインフルが流行れない相互干渉法則と同じ。左翼メディアがあるネタで炎上している時に、《また彼らモリカケサクラ&PCRやろうとしていたが》他は関心を失うんだよ。大流行できるのはせいぜい1ネタだけなのさ、) ↓
4)一般有権者がどっ白けの中、左翼は絶賛興奮するが彼らは最初から自民党支持者では無いので「ぶっちゃけどうでもいい」→どうぞぞうぞ、元気に炎上してください
5)中国の工作機関も疑われる学術会議などできれば潰してしまいたい(実際その存在意義が問われる事態にもなってきている)←ここは以下の経済安全保障がらみの話

※この作戦の監修が柿崎(共同)補佐官だったりするかもなww
ネタが炎上すればするほど官邸が得する話になっている


■さて本命はこの釣りネタ騒ぎで盛り上がっている間に、裏の動きがあるんだと読む
日印豪米「クアッド会議」のことかもしれない、
中国からの留学生のビザ厳格化のことかもしれない、
中国に対する貿易安全保障論議のことかもしれない、
米大統領選に関わることかもしれない、
 ↑
一概にどれがとは言い難いが、
マスコミ騒がれずに粛々と進めたいネタがあんでしょう。

菅首相、とんだタヌキだと思うよ(笑




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 18:26 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0