2020年05月27日

先日某記事で書いた尖閣の状況(わかったかも知れません)

なかなかにいつもネタを提供してくれる
松田政策研究所チャンネルの動画で小川和久さんが教えてくれました
特番『フテンマ戦記 基地返還が迷走し続ける本当の理由と米中対立』ゲスト:軍事アナリスト 小川和久氏
https://www.youtube.com/watch?v=ao8egwc9M78



某過去記事で書いた
■安倍首相が「尖閣においては、中国海警武装船に”圧倒的な対応をするよう”海保に指示している。詳しいことは《機密事項なので》言えない」って発言の中身です

小川氏によると、
所詮中国海警武装船の狙いは(現場はともかく北京政府の狙い)、
「国内向けの強面パフォーマンスなので、4隻のうち機関砲などで武装しているのは1隻だけ」
「これに対して、海保の戦力は5隻で全艦にバルカン砲などを備えており、海保の諸君に間違って中国海警沈めちゃダメだよと、笑って話しかけたこともある」とのこと。

加えて船乗りというか、旧日本海軍直系の流れである海上保安庁の場合、
船体行動というか(自由自在に船団フォーメーションを組んで操舵する技術)かなり得意な筈なんですよ。過去にも北朝鮮不審船が目立った時に、米国のコーストガードの訓練に参加して二隻でクサビ形に追い込んで挟み撃ちで止めちゃうなんて訓練もやっており、
煽り運転じゃないですが、
中国の船団を追い込んで転覆させるぐらいの芸当はできるのだろうと思います。


■北京政府も軍部の暴走を抑えるのに困っており(著しく民度の低い調子こいたナントか将軍とか枚挙にいとまがない)、カチっと日本が海保なり海自なりで中国海軍・海警武装船を抑えてくれることは助かってるんです。
 ↑
時々あからさまに類することやってます、
中国国内のシンクタンク使って「日本の海自が凄く強くて潜水艦戦力が比較にならない」報告書出させたりね、
「勝てっこ無いから無謀なことしないように。せめて空母が6隻とかできてからにしようね」みたいな、
(海軍に空母なる金食い虫のおもちゃを渡したのも、運用するので手一杯にするためじゃないのかな)
 ↑
日本がいずも型を軽空母に改造することを決定したのもナイスアシストです
●「君たち、いずもに勝てんの?」と、頭おかしい将軍(これが有名な人が実在するんです)とかをいさめることできますから。
(俺、思うんだけど、安倍ちゃんがいすもの軽空母構想決めた時、中国からも”いいですね〜”って感触あっての話なのじゃないかな。外交辞令的な反発はあったかもだけれど、意外なほどいずも空母化の件で中国何も言ってこないよね。韓国のTHAADミサイルへの反発と比べてみな?日本の空母構想に関しては異例なほど中国の反応はおとなしい。)


とはいえ、
何事も先が読み切れないのが外交・安全保障ですから
●日本が国産主導で開発を決めている「F3ステルス・マルチロールファイター」
これが想定外の(現有潜水艦並みに)ダントツの高性能であるといんですけどね〜
(予算少ない時ほど日本人本気出しますからww)
それこそ夢のあるお話です。
まだ計画段階ですが、
過去に防衛省が発表した『i3ファイター』に存在した構想、
「複数の無人子機を従えた長距離ステルス大型機」←是非これでお願いします




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

posted by kagewari at 00:58 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月26日

SNSの存在自体が害悪(もう初期の頃から延々言ってきたことだが)

●欧州の一部で謎理論「5Gがコロナを伝染させている」
言いえて妙だよね(5Gが中国の隠語)

●同じ流儀でやると「SNSは人を殺す道具である」
と言ってもおかしくネーよな

俺のSNS論は以前から首尾一貫以下で
・SNSとは日本型(世間様式)『共同幻想』を知らなかった米国人が、うっかりそれを自分が発明したと勘違いした「だよね、そうだよねRPG」であり、これが欧米に普及したのは旧来の教会型『共同幻想』崩壊の中で(故に欧米では特にリベラル左派の利用が多いと思われ)、ノスタルジー効果の強い「なんちゃって『共同幻想』ゲームが一時大流行した」もの、

※現在では発祥地の欧米でもプライバシーが侵されていると「本音はもうやめたい」が世論調査でも半数を超えており、結果派生してしまった同調圧力への怖さから「やめたくてもやめられない状態」という困った社会問題となっている。

■言うまでも無く、欧米の事例を置き換えれば
日本のユーザの主力は「崩れ(DQN)と左派リベラル」ってことになる。
ここに様子見させたら世界一の『歩留まり』が「やむを得ず嫌々参加している状態」
(※勿論一部には、左派リベラルとの闘いのため参加しているネット右派論壇もいるワケだが)

答えは「百害あって一利無し、はっきり言ってキモチワルイ」

ネットでコミュニケーション必要なら、チャットでもメールでも困ること無いワケだし、
何か表現・発表なりしたいことがあればブログを書けばよろしい。
なんだか、システムの特徴でやたらリファラー稼いで何か多幸感求めるみたいなSNSは「承認欲求」煽るだけのクソアプリである。
(※インストールされている方は速攻削除すべし)


件の芸能人の自殺問題などであれこれしているようだが、
そもそもSNSの問題は青少年の自殺問題として以前から知られていたことで、
(なんでいきなり芸能人がーで今になって騒いでんだよ、バカなの?)
ノスタルジー(郷愁的抒情)を(しかも同調圧力で)煽るって行為はだな、
「存在そのもの、仕組みそのものが害悪だから」
(なかなか意味わからない人いるかもだが、ホームシック的な不安感《こっちの水はあーまいよ♪》を煽りつつ、モノを売りつけたり、流行を押し付けたり、激しくデイスッて追い込んだり、60年代の左翼運動ですかってね。「みんな作ろう自分のセクト・ゲーム《ゲバ棒も忘れないでねっ》」になっている。)

→続きを読む

posted by kagewari at 21:23 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

反安部(アベガー)心理のひとつを推論する(アンチ・トランプとの共通点)

欧米左翼メディアが編み出した用語が「反知性主義(アンチ・インテリ)」
言いえて妙はこちらの台詞で、
左翼政治思想は典型的な”権威性認知主義”であり『共同幻想』心理だよね、
(彼らの中には「知性的な人は”こんな感じのメニュー”を《PC:ポリティカルコレクトネス》のように、身に纏う《セオリーに従う》のが、当たり前である」という”ひな形”《インテリセレブ検定の偏差値評価ポイント》がありまして、そこから逸脱するイレギュラーは【全員無知蒙昧な愚民】判定を受ける。)

●「彼ら(左翼)のインテレクチャル(理性・知性)から逸脱していること」
 ↑
もう無茶苦茶だよね(笑

元不動産屋のプロレス大好きトランプと、元中央線族〇流大卒の安倍ちゃん
まず、左翼インテリから見た時に、書類審査でもうNGな人材です。
彼らがどんな発言をしているのか聞く前から、
「あら、無知蒙昧な愚民がきたわよっ、ちょっと臭いわよね、何の匂いかしら」
 ↑
まあね、朝〇新聞やらCNN,NYTあたりの連中の率直な意見だと思います。
(いちおう心理的にそうなるんだよね→彼らの自我構造を読めばさ)
※事実トランプ支持者は統計上違うのに、再三民度の低い白人労働者階級に違いないというレッテルを貼られている。


■うんでー誰だったか、、あれだ過去に紹介した「理系が考える左翼を論駁する理論」みたいな記事書いてる教授が書いていたと思うけど、

この先ほど紹介の「インテリ階級気取りの社会的地位のある階層」ってのは、
(ほれ昔の女性誌などの流行火付け役となるオピニオンリーダー的象徴と同じく)
TVや新聞で、識者役の演出されてますので、
『共同幻想』崩れ階層に、その発言が”流行します”
「最近ってさ、こうなんだって、」「ほんとー」「そうなのよ」「えーそうなんだ」「だよね」「そうだよね」
濃い左翼から→薄い左翼へ→そして頭いいと思われたい市井の人へ

なんだか知らないけど「アベガー」「だよね、そうだよね」階層構造の完成

俺はなんでもかんでもAO入試賛成派では無いが、
(むしろ入試制度の撤廃希望者が全員希望大学に入学できる制度にするべき派←この瞬間学歴ブランドも一発で終わるから)
 ↑
最近地味〜に”妙な角度から”AO入試で入った卒業生をディスる話も目立ってきとんのよ、
(AO入試組はその後の年収が低いんだってさ←ここに一体何の意味があんだよ)
(そんなヘンテコな入試にノリノリで内申書もいいって時点で特定人格も想定されなくもないんだけどさ)左翼インテリ主義な人からすると、
さしずめ「あら大変、白いブラウスにシミがつていしまったわ」ってことなんでしょうよ

→続きを読む

posted by kagewari at 04:48 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月25日

などなどコロナ後にガタガタと『共同幻想』社会の瓦解が進むと思われ

自宅SOHOテレワークしかり、オンライン診療・オンライン授業しかり、
飲み会から通勤まで『共同幻想』系習俗は「社会的リスク」であると認知されましたから。
【重要なことは】
コンサートやそれでも尚社会で体を張る仕事など”本人の確信犯的行動こそが”(リスクを取っても尚残るという意味で)セレクトされますから、
『共同幻想』論の中でも生き残るのは「確信犯的再選択が成立する状況」であることも明確化します。

つまり、動機不明瞭な(もっぱら気晴らし程度の快感代謝量しか無い)付き合い程度の動機で『共同演奏』系の習俗をなんとなく選択することが”社会的リスクとして割に合わない”(インセンティブの大幅減衰)って話です。

■そもそも日本の「高度経済成長『共同幻想』モデル」は、平成時代のとっくの昔に終わっており、
それを同調圧力や、なんとなく慣習としてや、時代錯誤のメディアの煽りでグズグズのガタガタ状態のまま引き摺ってきただけで、当初の合理性はとっくの昔に破綻しとんのです。
(※これがまた新世代の過渡期階層『歩留まり』が、形式的に合わせてナンボの消極的保守派なものだから、甘やかすって表現はどうかと思いますが、残存を助けた側面もある)


●イマイチ、ピンとこない人いるかもですが、
「高校球児の投球数」で考えればわかりいいですかね。
高校野球の投手の投球数の異常さは「昭和では美談でしたが、平成時代に既に故障を誘発する危険な行為であると広く認知されてました」よね?
しかし、なーぜかあーだこーだで投球数制限が進まない。
「もういい加減にしろ」って段になってようやく投球数制限が導入されますが、←問題だろって気が付いていたのはかれこれ10年以上前のレベルです。

(この過渡期の状況→「美談の正当性も喪失しているのに、なんとなくズルズルと以降10年以上に渡り《球児の一部は問題に気が付いているのに》150球とか投げさせてしまい、報道も心配ですとか無責任になことを言っている状態」←これが崩れな。そして問題意識があるのに「仕方がないと150球投げちゃう選手が『歩留まり』」、今期からロッテに加入した160キロ投手を守るため甲子園で投げさせなかった監督が『単独者』と同格の”確信犯的再選択者”←当時は当番回避が大問題だになるが、後にそんな論議はどこへやら今期の彼の投球に期待が集まっている=故障せずによかったねの雰囲気満載に。)

●そんな感じで「転換期」にはショック療法じゃないけど、
「もう多数の人が実はこれはオカシイと気が付いていたんだろ」って(コロナみたいな危機意識が高いと、人間にとって最優先事項の安全保障フェーズになるので”調子を合わせておくか”程度の動機は全て却下される)、ドーンと状況の変化が進むことがある。

そんなきっかけになると思うぞ、




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 02:27 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月24日

さらっとですが、検察ネタの背景を少しね(少しで終わらなかったわ、、)

■この話の中心は黒川君では無くして、林君(たぶん次期検事総長)なんです
「言うならば林君の出世物語」
&「黒川君のが政界とのパイプも太く(捜査能力も特異と言われている)」、検察がなぜ林君ルートに拘ったのかが謎のまま
 ↑
という話です、
●林君と言えば「上川陽子法務大臣との大ゲンカ」で有名ですが
この上川陽子大臣こそが、オウム死刑囚一掃の決定をしたツワモノで(この決断で彼女は一生警護対象になるという話もあります)、死刑決定数タイトルホルダーのひとりだったかなんです。
そんなところからも意思の強さが伺えます、

ところがケンカの理由がイマイチ不明なんです
「国際仲裁センターの日本誘致を巡り大ゲンカした」とのことなのですが、
(これTPPなんかにあるSDI条項などの多国間貿易紛争仲裁でしょうか)
たぶん、
大事なポイントは「実は林君当人は検事総長になりたいのでは【無く】、法務次官になって法務・検察の体制改革をするのが希望だったようなのです」
(ちなみに法務検察だけは異例で、次官がトップでは無く、次官より検事総長のが偉い)

事実(末尾参考記事参照)
検察サイドが、彼の検事総長を目論んで三階級特進みたいな人事をやった時、
「彼が辞めちゃうんじゃないかと心配していた」ってことなんですよ。
(彼は検察官としてでは無く、霞が関で法務省・検察の体制改革をやりたかったため)
 ↑
ここで末尾の記事の裏読みです、
記者のストーリーでは、必死に検察が林君を推薦しているのに、官邸サイドが期待した動きをしてくれず(上川法相との喧嘩もあって)”結果論で黒川君が邪魔になる話”が展開されていますが、
【重要な部分が抜け落ちている】→林君は検事総長になりたかったワケでは無いってことです
 ↓
そして経歴や実績からも申し分の無い黒川君がどうして林君よりワンランク落ちるみたいな評価となっていりたのか?(記事では”やっかみ”なんて適当な事書いてますが、、)

※1)参考記事だとその理由が「次を林君で回さないと、検事総長ポストをキッチリ2年で回すことができない」って言うんだけどさ、、

※2)参考記事に出てくる内閣の「内閣人事局」も、その趣旨から”事務次官”に注文付けることはあっても検事総長人事に介入することはできないでしょ(事実それを迂回することで法務・検察は林君をなろうと思えばそこから検事総長にもなれるポストにつけている)。



■稲田検事総長が慣例を破り居座った件も(末尾参考記事2本目)
須田のオジキ情報では「ゴーン逃亡のけじめつけないとメンツに関わる」でしたが、
(※故に俺の読みでは「米国捜査機関ゴーン共犯者の逮捕」が、米国情報機関とも通じている官邸からの稲田氏への引導だと思っている)

参考記事によると
「世界最大級の国際会議『国連犯罪防止刑事司法会議(京都コングレス)』の出席にこだわっていた。引退への花道としたかったようだが、」
と記載されてます(勿論コロナでその会議も流れた)、
いずれにしても、
それが理由かって話だったため、朝〇以下メディアは(定年の時期を見て)「黒川だけは検事総長にしたくない(或いはどうしても林君を総長にしたい)」と勝手に勘ぐったってのが、今回の騒動です。

●法務省の動きで言えば、
(検察はともかく法務省内部では)稲田→黒川が規定路線だったので、森法相に「稲田さんが辞めなくて困っている(黒川さんの定年延長しかない)」←が推定されます。
何故って(参考記事が正しければ)「京都コングレスが終われば辞めるそうです」←となるから。
(黒川検事総長を阻止シルみたいな話は出てきていない←確かにさ、稲田さんが黒川・林の誕生日を目論んで嘘ついて居座っている可能性もあるが、仮に稲田さんが《黒川だけはNGと》居座り続けるなら、あの黒川氏の定年延長《半年》では足りないよね?)
 ↓
須田のオジキ情報では、「IR事件を指揮している黒川君が国会が終わるのを待って(会期中は議員の捜査ができない)捜査を完結したいから」とされています。
※どっちが正しいのかはわからない


一部の噂では、黒川氏が大阪特捜冤罪事件の収拾を担当し、
「取り調べの可視化」など、検察お得意のデッチアゲなどをやり難くしたことへの反発なんて話もありますが、官邸と法務省は検察改革とバーターで「司法取引を認める」法律通してますから(取調室で違法な拷問まがいの追い込みも必要が無い)、黒川君が現場の検察に恨まれるほどかな?とも思います。
(この司法取引でゴーンを挙げたんですから←公には司法取引は行われていないと言われているけど)

注:また黒田氏はIR事件の捜査を実際指揮しており、自民の議員逮捕などにも踏み切り、政治家逮捕などで官邸に忖度もクソも無いワケで(IRなんて親しいと言われている菅官房長案件だし)
これまた菅官房長案件の広島選挙区での騒動にしても忖度していたらあんなことになっていないでしょ(ほとんど微罪ってか恣意的に運用できる公選法の話だからね:政治家なら誰でもやってるグレー領域の話)。黒川氏だけでなく、検察は忖度などせずガンガンやっている状況にあるワケで、

→続きを読む

posted by kagewari at 05:45 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月23日

ここ数年の左翼メディアの慌てっぷり(彼らの立場で考えてもおかしい)

今回の芸能人工作のバカっぷりだけでは無いんですよ、
件の桜を見る会しかり、
攻めるところはそこじゃないだろって、

いえね選挙も怖いので本気で攻める気が無いってのはわかりますが、
(今回の検察ナントかもコロナで間違っても解散のない今《自民党総裁選があるでもなし》、政権支持率を一時的に削っても痛くも痒くも無いんです。コロナで忙しいですから改憲論議どころでも無いし《首相自らが次の首相がやることになるかもって言及してる始末》、)

何が目的なのかさっぱりわからないのです、
(目的が明快だったのって、韓国のPCR検査キット送るから輸出管理を解除してって意味のわからないK国の要請を全力で後押ししたぐらいで、、、てか最初から全く噛み合わない話じゃん、←新聞社に入るような自称知的エリートの記者が本気でそんなことを「そうですね」と鵜呑みにできるのだとしたら、大丈夫ですかって真顔で心配するレベルで、、、)

■国会質疑でも野党議員は興奮して発〇する演技だけは上手になりましたが、、
「え、、それ票が逃げるだけだよね、、、」
東京都の小池知事なんか、相変わらずピントの外れたこと言ってますが、しっかり目立つことには成功してます(必殺「政策判断間違っても対応力のパフォーマンスで存在感示せる」図)。

やる気ないのかな、、
消費税の時だって、野田元首相に「間違いでした」って記者会見させて(財務省お怒りで政治資金ガタ減りするかもですが、国民民主の玉木代表脅して20億でも積めばやってくれるでしょうよ)、
堂々と消費税増税反対もできたし、
(野田元首相世紀の土下座も高視聴率取れたでしょう)
コロナ対策補正予算の時には自民減税派とも共闘できたのにも関わらず(これに成功したら政局に持ち込めた)。


●仮の話ですが、
安部首相がここ1年前後中国との関係がいいのご存じですよね
国賓で呼ぶって話においては、首相は右派の多くの支持者を失ってます。
この動きから読み取れることは何?
「首相は自分の支持率のことなど全く気にしていない」=4選はない、解散も無いです、
そして習近平主席って?左翼工作活動の大元中の大元でしょ、
習近平主席との会談で、安倍首相が改憲論議に触れ、
アドリブの利かない習近平主席がうっかり理解を示したらどうなります?
 ↑
左翼はそういうこと考えないのかな、、、

先日首相は評論家の櫻井よしこ氏と対談youtube番組に出演しましたが
さらっと重大な発言をいくつかしています
「官邸の安全保障会議(NSC)に経済部を編瀬した(中国経済離脱班)」
「尖閣諸島への中国海警船舶領海侵犯に対し”圧倒的対応”をするよう、海保に命じている。”圧倒的の意味は国家機密なのでお答えできない”ですが、、」
また、首相は海外の会議などで、習近平主席にウイグル香港問題などをずけずけ踏みこんで発言しており、国賓で呼んだときに日本の改憲について言及するとか
「彼ならやりかねない」ことなんですよ。

※この対談で安倍ちゃんはWHOなどの対応も「中国も巻き込んで(発生源調査の議決)やらせます」と明言しているんですが、もちろん櫻井よしこ氏は「えっ、そんなどうやって(できるワケ無いでしょ)」を受けて、「周囲から囲い込めば中国も断れないですから」の後に、櫻井よしこ氏が「(無理だと思うけれど)うーんそうですか」というやり取りがあるが、
後にWHOにおいて同調査案は日本がリードする形で(中国も賛成に取り込み)議決した
(日本がどんな手を使ったのか不明)


おかしいと思わない?
対中強硬派で、米中対立がある”この時期”に習近平の国賓での来日が企画されていた事
(まさかさ、たかだか補佐官の今井氏の画策に首相が抵抗できないワケが無いじゃんww←この情報伝える人はまず、今井補佐官がどんだけ凄い政界のフィクサーさのかをまず証明シレ)

→続きを読む

posted by kagewari at 06:34 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

緊急事態解除はハイブリッドになりましたね(東京は25か)

この手があったか、
「解除の検討は週単位」って話だったんですが、4日後25日に再度検討が行われることになりました。言うまでも無く、25日に全国解除の意図でしょう。
 ↑
いかにも日本的、中を取ったな(笑


●個人的意見としては
「首相の政治決断で今日全国を解除すべきだった」と思いますよ。
思いますが、
マスメディアがこの惨状じゃ、まずできない。
何を言われるか予想付きますからね(国民にもまだまだ煽られる階層が存在するのも事実)、

残念ながらそれが日本の現状です


メディアの問題は後日別記事でアップの予定ですが、
日本に限った話ではないのです。
(米国なんかもCNNやNYTなどで同様の問題が起きていて)
かといって、メディアが御用機関になってしまえば中国と同じになってしまいます。

オマケになりますが、
「ジャーナリズム『単独者』宣言」みたいな概念が台頭するまで諸外国含めてその過渡期の苦労が暫く続くことは避けられないでしょう。

(勿論その萌芽としてyoutuberジャーナリズムみたいなのもありますが、報道インフラと言えるようなレベルには達していません。、、ここは早晩”通信社の配信をまとめるAI”がポータルに登場すると思います。AI編集となれば《社説は全滅》、全ての記事に対論となる記事リンクも表示するなどの方法も可能になるでしょう。←このインフラをベースに個人ジャーナリズムが喧々囂々ってのが将来の姿じゃないかしら。)


しっかし、これ図ったように31日までに「やり過ぎレベルの完全終結」しそうですね
日本は面白い国だと思いますよ。


posted by kagewari at 20:51 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

意外と重要なのでこれ張っておく(検察ネタ続き)

ゴーン前会長逃亡で米国人2人拘束と報道
https://this.kiji.is/635832431737668705

一部引用
【ワシントン共同】ロイター通信によると、米当局は20日
逃亡を手助けしたとされる米国人2人の身柄を拘束した。
 ↑
何故すごく重要かというと、
ことの発端である稲田検事総長が検察の慣例無視して居座った理由だから
(「ゴーン逃亡の不名誉をそのままにおめおめと辞任できない」んだってさ)

多分、この逮捕には米情報機関かFBIがあたっているから、
安倍ちゃんとホワイトハウスの関係の中で進んでいると思われ、
(てかそもそもゴーン逮捕はGHQ時代から米国下部機関である日本の検察が米国の要請でと見る向きもある。トランプ大統領とマクロンが対立していて、逮捕直前にゴーンがそれまで反対していた「マクロンの要請で日産とルノーの統合」に転じていたのはご存じですよね。)

●「稲田さんもう満足でしょ」


えー現在、情報筋では
「黒田麻雀の監督責任取って稲田検事総長も辞任するよう官邸から要請が出ている」って話もあります
(オマエラのせーで、関係無いとこから批判されて冗談じゃネーぞと)
 ↑
ちなみにメディアからの批判に怒っているってレベルでは無く、
メディアに対してもいい加減にしろってことだと思われ(検察とつるんで何やってんだ)
さらっと米国情報機関との連携を(わかる人にだけ)示し、
(普段なら俺の悪口でもなんでも好きにしていいけど)
「今、日本が緊急事態宣言下という非常事態なのわかっている?」←という怒り方なのかな、



posted by kagewari at 16:17 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0