2007年12月28日

心理学と一般論

何の話かって、
これが以外と「やっかいな話」(説明になってないか、、)


狭義の精神分析から考えた方がわかりやすい、
そもそも精神分析は計測用の機器(スケールとかメジャー)のようでもあったり、言語解析的翻訳機(なので個人的には”デ・コード”って言葉をよく使う)のようなもので、思想でも哲学でも無い。むしろ哲学における実存主義が精神分析的発想なんであって、精神分析単体は「動物行動学の方が相性がいい」言うなら「人間行動学」みたいなもんだから。

しかし世間と申しましょうか、一般論の世界はそれが一般であるが故に『共同幻想的決まり事や与件』が多くなる。
なんでしょうね言葉にすると「それをいっちゃーおしまいよ」とか「それはネタバレだろ」みたいなタブーを残している。

なものだから、”そこまで分析したらやり過ぎ”的「歩留まりの法則」のようなものがあって精神分析形の理論部分の話ってのは「そこまで話すと誰彼と無く怪訝そうな顔をされる」ことも随分ある。しかしここからが「やっかい」なんだが、
精神分析は体系として「どこまでも分析できるから理論になり得ている」とこが、逆に精神分析のわかりやすさ→「制限無くタブーも無しにロジックをオープンソース化する仕組み」なのであって、検証とかその証明(プルーフの方)の意味で、制限付きにすると大幅に分析の理論的な背景が破綻してしまって、関連を認識すれば「ある意味特別な才覚無くても理解が早い」ものなんだけれど、制限をつければつけるほど「分析そのものが難しくなる」傾向がある。

それこそ「局面局面の一部のみ精神分析の理論を拝借」すると、「そもそもどうしてなのか」的な背景が関連性が欠落してしまうので、”臨床例的な統計分類”しないと「どれがあてはまってんのか」わからなくなってしまう。

なので、精神分析を使える使えないって才覚があるとするなら、「どれだけ与件化された構造が少ないか」とか「共同幻想の外側から共同幻想を第三者として認知しているか」なんかが重要になる。
これって=『アウトサイダー』だから、
ある意味、単独の開業医なんてスタンスが映画的な絵として似合っているのは、シナリオの枷的にも都合がいいからで、絵的に言えば正義感に燃えてもいかんし、個人的な思想や心情を投影してもいかんのであって、自分自身の立ち位置が常に第三者的であるのが適正になる。
精神分析が使えるといっても、何も用の無い時は「只の人」だから。
そもそも権威性は馴染まない(権威性のコアとなる倫理的道徳判断なる部分にリテラシー的意識は高くてもヒエラルキー的順列を持たない)。
それこそ大見得切った権威者的な環境に存在する事は構造的に難しいのであって、
「日陰者」とでも言えばいんでしょうか(笑
そんな立場でいてこそ本領を発揮するってのが、構造論的にそうなってなくちゃいけない。
大酒のみで鬱傾向の大学教授だからこそ「岸田秀」の株があがるのが心理学、
逆さまに言えば、「妙に第三者的に一般論も語れるので」時折それが個人的心情だと勘違いされる事もあるのだけれど、これ本気で全然違う。
その心理構造をシミュレートできるので「いかにもそんな感じの人が言いそうなこと」を「再現している」だけ。
おかしな話だけれど、精神分析をする人は「精神分析を抵抗や防衛で理解できない人が行う批判や中傷」も事前に分析できて予測できないと分析じゃないし、
それこそ、その時代にどれ位精神分析がどの程度認知されるのかを社会心理学的に分析してなーんとなく予測がついていないと、又精神分析とは言えない。

こういうのって「なんちゃらの論証」とかって哲学表現あるんだと思うけれど(笑
「自らの証明(プルーフの方)」を明快に鉄板で行った結果、「そのアイデアは社会の多数派から権威性的な認知(正当性)を認められない事が証明されている」ことが”証明”される。
そもそも多数決的正当性担保論的線上には”最初から乗らない学問”となる、
乗らないものは載らないんであって(笑
なんて言えばいいんでしょうね、「ヤバイ(流行語用例のヤバイじゃ無いっスよ)学問」みたいな、
常に逆さまがあるんであって、精神分析がもっとも得意としているというか容易に可能なのは「概ね多数の人」の方で、実際の運用は「悩みにコメントする」的場面で使われているんだけれども、ある意味これは「非常事態に対する対処」が可能という精神分析の補完的(サブカル)機能なんであって、そもそもの立脚は「概ね多数の人論」的な社会心理学的人間行動学の側面が本道なので(この辺随分誤解が多いけれど)、常に「(子供が見ているんだから的な視野から)そこまで言うな」的な圧力が「そこはかとなく在る」のが常態。

実際相談に答えたりって作業をしていて感じるのは、悩みを抱えている人は「概ね多数の人」なんかに比べて数段各論としてのタブーが少なくて、精神分析的アプローチに「一般論的抵抗が少ない(自我防衛は別っスよ)」。理由は簡単で共同幻想の構造化が自然な形で行われていないのだから所謂「概ね多数の人的な心理学への抵抗」が素養として構造化しない。
言い換えると「精神分析の得意分野は”概ね多数の人”の分析だが、精神分析の有効性は精神的に悩んでいる人の方が高い」となる。
ハマっているよね?何かのピースが、
そら社会的にも精神的に悩んでいる人が「概ね多数」になれば、心理学→そして精神分析がメインストリームとして頭角現すのかも知れないが、あーたそんな事になれば社会問題的に「問題すぎ」でしょう。
確かに、共同幻想の崩壊課程にある現代社会には「精神的に悩みを持つ人が多数じゃないか」ファンダメンタルがあるのも事実だけれど、やはりここにも「歩留まりの法則」のような限界(それを超えると本気で”反動ファッショ軍国主義”が台頭する心配もある)はあるのであって、「ちょっと悩みがな人が概ね多数」となり、軽いノリの”心理学”だけがにわかブームになる程度で終わる。
社会心理学的には、民主主義と政治という装置が後追いでファンダメンタルの改変に辿りつくからだ。「ちょっと悩みがな人が概ね多数」→「浮動票」、

なので個人的には、
常に「この世も捨てたもんじゃ無いよな」な楽観主義に支配される今日此の頃です。
タグ:精神分析
posted by kagewari at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0