2005年09月13日

自民党大勝利、その心理的考察

「こりゃ大勝利だ」と、
かくいう俺は世界の平和のためにと「民主党に一票」
完全に死に票だった(笑
東京は管直人以外全滅したワケだ

小泉の勝利は「概ねみんな予測していた」とはいえ、これ勝ち過ぎなぐらい勝った。投票した有権者の心理として「彼が衆議院でもスレスレ参議院にいたっては負けた」という国会運営から「こりゃ少々わかりやすく勝ったとわかるぐらい勝たせてやらないと」と思った事は事実だろう。
言っていることがマトモで、特に政策的に結構イケル民主党は「小泉の今後を心配する有権者」にはむしろ心配材料に見えたのではないか。

そこで余計に「わかりやすいぐらいに勝たせてやらないと」となった。

今回の選挙を「事実上首相公選的な小泉の信任投票」にもっていった小泉は戦略上「既に勝っていて」、後はどれくらい勝つのかが問題だった。
有権者に「小泉を勝たせてやろう」って部分は投票前からムードとしてあったのであって、
民主党は全体像を完全に見誤った。

「俺の不信任だから、是非国民に聞いてみたい」解散に打って出たのは小泉で、今回の選挙は不信任案可決によるものではない。
彼が勝手に仕掛けた戦なわけだ。
この時点で民主党の存在は「ほとんど眼中にも無い」状態で、マスコミとしても「郵政民営化反対派(元自民党)対小泉」の図式で報道しているのであって「今回の選挙における民主党の位置付け」なんて何処にも無かった。

なんと言っても、民主党が小泉を国会で追い込んだのでは無いのだから民主党も「単に解散させられた側」に過ぎない。

小泉は自分のとこ(自民党)の集票マシーン「全国の特定郵便局長」を切って捨てているのに対し、民主党は「支持母体の労働組合なんでしょ」というイメージを最後まで払拭できなかった。
第一、基本的に郵政民営化の大枠に賛成なら法案は後に(政権を取ってから)修正すればいいのだから参議院で否決されそうになった時にオープンに党内論議して「勝手に賛成する」戦術を取っても良かった。
しかし「絶対賛成できない」
誰がどう転んでも「労働組合だわな」と思ってしまう。

『改革』
このイメージとして、小泉はわかりやすい。
何と言ってもこれまでの支持母特定郵便局を切るワケだ、当然その先は「地方に利益誘導する財源なんか無いよ」だから、自民党としてはどえらい改革になる。
今回の選挙で自民は「都市型政党」になった。

なんとなく都市型の受け皿として、浮動票を集めていた民主党は急激に株を下げた。
元々政策的に同じ保守系の二大政党のひとつである民主党にとって、「より都市型だから」を強烈にアピールできないといかんかったのだが最後まで目立った動きは無く、その違いを鮮明にする事はできなかった。

「いや〜けっこう民主党に入れる人がいるかも知れないぞ。マトモなだけに」な不安感(民主党は負ける前提で戦略を練るべきだった)が「小泉大勝利」に繋がり、憲法改正も可能なぐらいの大勝利の結果に、、
次の首相はタカ派で、A級戦犯岸の孫“安部ちゃん”だぜ
こりゃ外交が大変だわ、、

「あら〜驚いた」のは有権者も同じで、、
ちょっと面白い事になってきた。
『自民296』この国のダイナミズムを実感する数字だろう
心理的にこの国が完全にデフレから抜けた事は間違いない。
posted by kagewari at 18:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0