2007年11月08日

ま、小沢でしょうここは

しかしここのところ大騒ぎだったわなぁ
TVへの露出と広告性から見ると民主と小沢は100億近い得したのでは?
各局生放送で、ほぼ全局なんだから視聴率も事実上「総合100%」なんだしね。
ここを見当違いして、民主も終わりだみたいな解説している評論家は頭がどうかしている。確かに「今後小沢がどう動くのか次第」ではあるんだけれど、昨日の記者会見における緊張感(何言い出すんだオイみたいな)、これは今主導権が小沢にあるって事でしょう、
事実自民党には民主参議院を前に手詰まりであって何ら政治的勝利をしたのでもない。

巷では「これでテロ新法(鳩山法相を取り締まる法じゃネーよ)参議院否決→衆議院再可決」が容易になったなんてトンチンカンな事言っている人もいるが、自民から小泉新党(この前山本一太と竹中が立ち上げた研究会)が離党すれば衆議院の3分の2の再可決の数が足りなくなるって内部の発言力はより増すって事。
今度は福田を担いだ「新YKK」なる(中心人物は古賀と旧野中派とも言える)ところがすっかり置き去りにされた(笑
まー、元々福田担ぎの時点で小泉と森にひっくり返されて現在福田は正式所属の森(町村)派の人といって間違い無いんだが、小沢に連立持ちかけた動きに森が中心人物のひとりとして関わっているところ見ても、そもそも今回の連立騒ぎも森(町村)派主導である事がわかる。

ナベツネにいたっては(この人の妄言を本気で聞いている人はいないでしょう)、その中でやたらと自分を主役だと勘違いするオメデタイ人として関わっているのであって(結局自分ところの新聞で小沢おろしをしてしまって今回の騒動は自爆テロみたいな体たらくなんだし)、この人中心に考えると全体像が見えない。
そもそもの始まりは、勝負師小泉の「上り坂下り坂、政界にはまさか(連立)という坂がある。民主党は今や清和会(森(町村)派)の協力政党(自民内部の野中残党より)ですよ」発言以来始まっている。小泉はそもそも小沢を買っているんじゃなくて、小泉ラブコールなのは”いろんな意味で(笑”民主前原(第二の安部)なのはみなさんご存知のとおり。
※「小泉さんはまさかの坂と言いましたがボクシングの世界には赤坂(TBS)って坂もあります」と言ったのはガッツさん

今回の登場人物は『全員思惑が違っていた』
・政局の主役だと勘違いしているナベツネ
・清和会の日本完全制覇を夢見る森
・安部や前原等の若手保守主義者を担ぎたい小泉
・ノムさんよろしく「常に最悪のケース(衆議院選挙での敗北)」を考える小沢
・「テロ法を政局にするな、民主には政権担当能力が無い」と言いながら、「話し合いはけしからん、正々堂々と選挙で戦え(=テロ法を政局に使い解散に追い込め)」と支離滅裂なマスコミ(CXにいたってはついこの前まで、テロ法で話合いをしない民主を思い切り政権担当能力が無いと評論委員が非難している)
・小沢の記者会見の時にも本社からの指示なのかナベツネからの指示なのか、携帯電話のモニター見ながら「捏造報道を撤回しろ」と気色ばむ読売の記者
・他局(日本TV)が関係するのか、ナベツネへの追求がやたらと甘い各局
・参議院の勢い(半分は安部批判票で本当の実力じゃないから)で、解散すれば本気で衆議院でも勝てると思っていた地元にも帰らない民主の若手議員
・マスメディアの垂れ流し報道で、民主はケシカラン、小沢の裏切りだ等見当違いの発言する「街の声(まーこれも半分捏造報道だろうけど)」
・仕掛けには何ら関わっていないのだけれど、「これで憲法改正か」と気色ばんだ全く関係ないのに嬉しそうにあること無いこと「永田町よもやま話」みたいななのをリークし続けたお門違いの自民の議員
・おそらく福田(と小沢)になんやかんやと圧力かけたアメリカ

つまり日本全国(一部US)”迷走”したワケだ。
■そもそも今回の話は「連立という名の自民下野」だった
(アメリカの圧力があったのだとすればこれはより真実)
限りなく小沢総理・福田副総理的な話なのであって、小沢の心証は「自民が下野するって、しかし衆議院選挙前でもあるし、衆議院でこれだけ勢力持っている状態で福田が野党になりますといえない→そもそも首班指名で自民が小沢を支持しないと小沢政権は無い」「みなさんこの折衷案が”連立かも”なんですがいかがですか」だった。
政策協議で”話が違う”だったら?
小沢は昔野中と組んだ時と同じく(この自自公連立離脱で小渕首相は倒れ→死亡)、話が違えば「そんなもん離脱だ」なので、連立において小沢が妥協=安く売る事は彼の原理には最初から在り得ない。
連立のイメージが小沢と、民主の議員、マスコミ(大連立)とはハナから違っていた。

ところが外野席の様々な見当違いの発言で、不思議と小沢辞任ってどんでん返しに話は迷走した。

一段落したところで冷静に考えると、やたらと民主議員や民主党や小沢がメディアに露出し時の人となった事で、ネガでもポジでもこの事実をチャンスとして動かす事ができれば小沢有利の方向である事は間違い無い。
しかしね、今回の騒動でわかった事のひとつに、民主の衆議院選挙の候補擁立が意図的に数が少ないと見て、これを「小沢の自民(チルドレン)切り崩しか」って見方もあったんだけれど、これは本気で「候補擁立にも苦労が見える」のが真実なんだろうって事がわかった。
小沢の「政治生命かけて」ってのは、「各地元で勝てる候補をしっかり擁立します」って意味でしょう。心臓にマジな爆弾抱えている彼的には、命賭けるってのもマジな話なので、気負いすぎで小沢が倒れなければいいがとも思うが、

俺は民主支持でも小沢支持でもないんだけれど(選挙ではとりあえず民主かな、麻生が総理なら自民かもしらん)「小沢ファン」です(笑
何故ってね〜
@彼は明らかに『社会不適応』だから
ノムとも似ているんだけれど、ノムとの決定的な違いは「野村監督は基本的に情の人で、どちらかといえば戦術家、生きる世界がプロ野球なので負けても国民生活には無関係」「小沢は基本的に冷酷な男で、どちらかと言えば戦略家、生きる世界が政治なので負けると国民生活に直結する」ってところか、
そして、簡単に言えば野村には内向性は無い(全て野球の世界に向いている)、小沢には内向性(現実との乖離)がある。小沢は冷酷な壊し屋なのでは無くて、彼にはその実感が無いのだ。

誰が考えてもわかると思うんだけれど、衆議院選挙でも民主は「ギリギリ勝つ可能性あった」、これあったんだよ(むしろ確立は高かったかも知れない)。
前に自民崩壊・福田ジリ貧のエントリー書いたんだけれど「そのまま(連立しか手が無かった)」なんだな、状況は。
ここはドーンと構えて、国会は部下に任せて小沢は来年の選挙のための地元行脚に専任してもよかった。(確かにこの部分に「急いで法案を通してくれ」なるアメリカの圧力があったかも)しかし、小沢の内向性(ナイーブって表現が適当かもだが)が「過剰に負けるかも知れない機運」の原因になっているのだと思う。

ここがね、古田と似ているんだな。
小沢はノムより古田に近いのかもしれない。
「いつその内面を暴露して本気出すか?」
俺は思うんだけれど、小沢(古田同様)は本気を出していない。
関係あるのかわからないけれど、田中角栄から真紀子との縁談持ちかけられて(お互いそう悪い気じゃなかったらしいが)、それを断わったエピソードにも彼の政治家の立ち位置が現れているのかも知れない。

しかし今回の騒動に変化が見られた、
先日の続投記者会見も「変わったな小沢」と思ったけれども、
最もその変化が顕著だったのが辞任記者会見
小沢氏辞任会見詳報(2)「中傷報道に厳重に抗議する」
中傷報道に厳重に抗議する意味において、私の考えを申し上げる。福田総理との党首会談に関する新聞、テレビの報道は、明らかに報道機関としての報道、論評、批判の域を大きく逸脱しており、私は強い憤りをもって厳重に抗議したい。特に11月3、4両日の報道は、まったく事実に反するものが目立つ。私のほうから党首会談を呼びかけたとか、私が自民、民主両党の連立を持ちかけたとか、果ては今回の連立構想について、小沢首謀説なるものまでが社会の公器を自称する新聞、テレビで公然と報道されている。いずれもまったくの事実無根だ。

もちろん党首会談および会談に至るまでの経緯と内容について、私自身も、そして私の秘書等も、どの報道機関からも取材を受けたことはないし、取材の申し入れもまったくない。それにもかかわらず、事実無根の報道が氾濫(はんらん)していることは、朝日新聞、日経新聞等をのぞき、ほとんどの報道機関が政府・自民党の情報を垂れ流し、自らその世論操作の一翼を担っているとしか考えられない。それにより、私を政治的に抹殺し、民主党のイメージを決定的にダウンさせることを意図した明白な誹謗(ひぼう)・中傷報道であり、強い憤りを感ずるものだ。

このようなマスメディアのあり方は明らかに報道機関の役割を逸脱しており、民主主義の危機であると思う。報道機関が政府・与党の宣伝機関と化したときの恐ろしさは、亡国の戦争へと突き進んだ昭和前半の歴史を見れば明らかだ。また自己の権力維持等のために、報道機関に対し、私や民主党に対する誹謗中傷の情報を流し続けている人たちは、良心に恥ずるべきところがないか、自分自身によくよく問うてみていただきたい。各種報道機関が1日も早く冷静で公正な報道に戻られるよう切望する。以上だ。
(2007.11.4サンケイニュース)

この時小沢は「スゲー怒って」いて、辞めると決めてたのでかなり本気でつっこんでマスコミ批判(読売中心に)をした。

俺はこの時「あ〜何か変わるぞこれ」と思った。
マスコミはあんまし報道しないが、民主の中の人のかなりの人は「そんなら辞める事無いよ」と、(あれ、なんか大連立大連立と小沢非難したのは間違ったかな、、)この空気が急速に広まったと思う。
マスコミは「政権担当能力云々のくだりと衆議院に勝つのは難しい」の揚げ足とったけれど、民主の中の人には「そのまんま」なので、
確かに小沢の行動は説明不足な上に軽率だったが、党首批判は「かなり見当違いだった」事がいやってほどわかった筈。
なので、こりゃ辞表撤回はほぼ間違い無いとも思った。

小沢は内向的な部分を残す男なので、「こうじゃネーか馬鹿野郎」と言えば余計嫌われると思っていたのだろうけれど、「なんだそうだったんですか辞めないで下さい」と言われて、あまりに予測と違うので涙するほど感激したワケだ。

これね〜、小沢が”本気出す”って話のきっかけになるのじゃないか。
先日の辞任撤回記者会見の歯切れの良さに、そんな端緒を俺は感じた、
小沢の人格って世界から見れば、負けるか勝つかわかんないけれど、今何かが始まったんじゃないかと思わせる撤回記者会見だったように思う。
誰が見ても今回のドラマの主役が彼であったのは間違いないのだしね。
「次にあるのはどんな坂なのか」
posted by kagewari at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0