2020年12月19日

米国大統領選から見えてくる近未来(これは日本の出番か)

右派系歴史家の論点よくご存じの方なら
日本が戦うこととなったWW2戦争に「非常に多くの陰謀が絡んでいたこと」ご存じと思います。
米国のフィリピンへの権益やら、中国への野心やら、共産主義革命やら、金融資本の思惑やら(この当時は国家の戦争債権も普通に英国や米国の金融資本が引き受けていた:そもそもこの世に銀行が生まれたのは「十字軍遠征費用の貸付」みたいなものですから)、
 ↑
このフレームは現在米国大統領選で跋扈している動きと似たものです
(そのオマケと言っては何ですが、昭和の排ガス規制に始まり、共和党レーガン政権における日米半導体協定やプラザ合意まで順調に日本弱体化に成功”したのかな?”)

・中国をキーワードに(その意味はユーラシア・ランドパワーなのかな)、
・米国の金融資本などの意向もあり、
・ロシア嫌いで(ソ連時代は工作の首謀者でもあったけれど)、
・日米双方の、
ナショナリストが邪魔で(一部偽情報で煽り道具にすることもある)、
・それは太平洋の覇権を巡る争いであり、
・勘のいい英国はヤバいと気が付き(WW2の時にはそれを利用もしたが)、
・メディアを使った情報工作が得意で、
・味方同士になると困る相手を戦わせて疲弊させる(今回悪役は日本では無くトランプ派)、


■いちおう日本は敗戦と各種圧力で”潰しておいた組”なんだと思いますが
(そらどうかなww)
・肝心要の中国経済がオンボロ状態(金融屋さんはファンダメンタルが視野に無い)
・日本経済は内需経済で循環中(額面は伸びてないが大没落もしていない)
・地味なポイントだが自衛隊も健在(中国の軍事圧力がほぼ効かない)
・米国プレゼンス低下の穴を食い止めたのは安倍政権
・日本にはコロナも効いてない(メディアは効いてるんだと必死だが)
・豪州も健在(サイレントインベージョンがバレて絶賛反中へ)
・メディアの煽りもあまり効かない
・衰えたとはいえ技術力・サブカル力はまだまだ健在
・本気出すと戦争マジ強い伝説は(反日プロパガンダやり過ぎにより)健在
・投資による成長には失敗した結果として「地味だけど莫大な金融資産がある」

いざとなったら、
「日本一国でも中国ごときは余裕で対応できる」←(ホントか嘘か)そう思っている

こんなこというと米国市民に怒られそうだが、
「事実上の米国”内戦突入”は日本が太平洋における存在を高めるチャンスでもある」


<<<ここのとこ続いてる”ちなみに”大統領選だけれど>>>

●所謂ドミニオン社不正など確実な証拠が表に出始めている
●バイデン派による暗殺まがいの事件が複数起き始めている(事件的に米国民大好物)
●実はトランプ大勝利だった具体的数字が噂で流れ始めている
●軍やテキサス州がトランプについている
●反トランプメディアの視聴率は相変わらずどん底
●トランプが解雇した官僚が公聴会であからさまな民主党擁護に回っている
(裏切り者でした〜と宣伝しているようなもの)
●BLMの一部に(今頃かよって)騙されたとかトランプ支持が広がり始めている
●最高裁逃げ腰のゴシップ(ドアの外に「民主主義は終わりましたね」と聞こえた話)
●昨今「勇気の問題だったのか」てな話になってるぐらいに不正の事実認定は堅い

ひょっとすると、バイデン政権になっちゃう方が面白いかもしれない。
下野したトランプの影響力が(2024立候補表明)残るどころかホワイトハウスより大きいなんて事になり兼ねない(政権内から様々なリーク情報がが集まる)→全米各州で民主党弱体化の可能性もある、
バイデン側も調子に乗ってカマラ・ハリスに大統領を交代できない(バイデン追放でハンターの捜査をするとハリスの名前も出てきてしまう)
トランプは何らかの保守系メディアを構築するだろう(トンデモ視聴率)

個人的意見だけれど、
トランプ大統領の諦めない姿勢は凄く重要なんだわ、
それは勝てるかもしれないからでは【無く】、バイデン政権になっちゃった時の対抗策のカードを沢山持てるチャンスだからだ。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 00:32 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0