2020年12月17日

『共同幻想』への皮肉では無い”常識論”(Common Sense)

『共同幻想』への皮肉では無い”道徳論”もそら存在します、
むしろ『共同幻想』専用語として使用されるときの「常識や道徳」があまりにも特有の意味になっているので俄かに(誤解を招くといけないので)使用できないってだけです。

●実際仕方が無いので(あまりにも誤用が多いので)
このブログでは「道徳的反射NG」だったりしてますが、そんな事情です

この話の根本論は
「いくら強欲でも一度に米1トンは食えない」って話に起因します
(※一部の高額所得者はそれを仮想するために、高級クラブで何人もの従業員全員に高価な酒を飲ませるみたいな話も無いではありませんが、経済学的に国民全員にとかなれば不可能となります。→ほとんどの人はストックなり転売するだろうってねw)

経済学でいうところの「限界効用」です、
(甘い物食べたい時のお汁粉1杯目は美味しいが、100杯目は拷問である)
 ↓
「常識的に食べてもこんぐらいだろ(そのまんま常識論)」
「昼間から飲むなというけれど、かくかくしかじかぐらいのホニャララならとやかく言われること無いだろ(これも一種の道徳解釈論)」
 ↑
これは論理的に証明可能な話でもある、
(勿論程度の問題となれば、各々の判断になるけれど)


■つまりそれは「予めこうと決まったものでは無く」
それぞれの『自意識』が自己責任担保して
「なんらかの能書きなり、講釈を垂れる腹(考え)があるのか」って事に尽きるのだと思う。
(※『単独者』論では誤解を避けるために美意識ってことでまとめちゃっているが)
「程度の問題」って切り口で言えば。
「普通は、常識的には、道徳的に」だって語れるワケです。
(逆さに言えばそれを類型化したり偏差値化する『共同幻想』サイドの概念が話をややこやしくしている。)

●困ったことに、「強迫心理」関連局面で著しく「普通は、常識的には、道徳的に」が誤用を連発するため、にわかに使い難いとこもあるんだけれど、
そこは逆説です、
「それを『自意識』管轄の自己責任担保における「程度の問題」に回復させれば”強迫傾向”を抑える効果もあるのだろうと」←一歩間違うと大変な事になるので軽率には言えないんだけどさ。

少し前に書いた心理学テキストの
「話に水を差す」「話の腰を折る」って”話”←この運用ってのは、
程度の問題であり、同時に「社員旅行を誰が止めるのか論」でもある、
”強迫傾向”を”社員旅行”に重ねてみるとさ、
(確かにその論旨としてのネタバレ崩壊論は必須だが)
丁々発止、喧々囂々やりあう局面においては、「程度の問題だろっ!」出るよねw
常識論や道徳論は危険だとしても、
経済学の限界効用論は(方法論として)積極的に使っていくべきだと思う、
<お馴染み『一拍置く』「バカか俺」の根拠もそこにある>
 ↓
反動形成におけるレバレッジ(反動係数)語る時

「俺が大事にしていた冷蔵庫のプリン食った奴は10倍返し」
このプロセスを理解するのが、ネタバレ崩壊だとすると、
「ちょっと待て、10個も食って美味いのか」ってのが「程度の問題」
(プリン10個じゃ無いと許せないが転じて、快感代謝欲求がマジ10倍に肥大する←この仕組みの説明抜きに「強迫傾向」は語れない。→「絶対プリン10個じゃないと」→転じて謎現象発生「”みんな”《知人の話や取巻き論》10個食べたと言っている」)
・精神分析ってのは「最初のプリンは1個だったことのネタバレ」であり、
・精神分析をベースとする心理学は「欲求が10倍化し、限界効用論を超越する(現実からの乖離)」現象をひたすら解説する、


すべからく、嫌われ者になったりw、水を差す悪役にもなる覚悟がいるんだわね。
(心理学的答申が相談者の想定内じゃ意味が無い→『抑圧』の結果自分で思い付けないことを尋ねてるんだからさ)
●そこで一個前記事の「サブカル論」に連なるんだわ
「面白ければ食えなくてもいい」←究極のアンチテーゼでしょ(プリン10個!の)
 ↓
「なんか卵と牛乳で、プリンもどきを作ったんだけどさ」(これがサブカル・オルタナ)
(一発逆転とは言わないが、こっちに抜け道は”ある”んだわ、)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
タグ:強迫心理
posted by kagewari at 19:50 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0