2020年11月06日

ネタバレ論は(推理小説なら見せ場の)エンタメなので

ガッツリネタバレやれば(カタルシス効果もあるんだと思うけど)
過去用例「強迫心理」を破壊(幻滅)できる。

●勘違いしないで欲しいんだけど
「フェチシズム」に代表されるような、強迫傾向とも個性とも悪い癖とも分類のできないもの
何から何まで解体すべきエピソード記憶だって話では”無い”
(それを煩悩やカルマと読んでその撲滅を目指す仏教みたいな宗教もあるけどさ、、)

「クジラにとって体表のフジツボは困ったことか共棲なのか?」←こういうこと
共存共栄が可能な場合、それは個性の一部と解釈できるのであり、
(そんな暇あったら他にやることあんだろってこと)
鹿の角にだって普段はたいした使い道無いんだからさ(笑

結局「本人がどうしたいのか?」が全てです、
(棲み分けできる=どうでもいいことである)
欧米のような一律な歯の矯正を常識化する話もどうかと思うけど(なんだか割礼をイメージしてしまう)、当人が気になって「歯の矯正しようかな」って自由意志は尊重されるべき、
つまり「ケースバイケース」


■なんつっても「エピソード記憶」ってのは、
言い換えれば(その是非はともかく)「〇〇の思い出(the ノスタルジー・カード)」には違いなく、
片っ端からやっつけるべきって話では無い。
(※確かyoutuberとしても有名な高須クリニックの幹弥先生チャンネルだっけか?彼は依頼受ける時にカウンセリングを重視しているんだけれど、「その整形が本当の必要なことですか?」←ここ一歩間違うと、整形やり過ぎて人形化する”アレ”みたいな話にもなるらしいのね:整形依存)
参考:高須幹弥高須クリニック
https://www.youtube.com/channel/UCwywumWHI4_hQtZpJwsC8cw
(メンタル系の相談が多いことでもよく知られている)

心理面でもさ「やれここも直したい、あそこも直したい」ってなれば、
何か違うく思うだろ?
(ニュアンスとしても”直す”って表現がもう間違いだろ)


心理学の使い道も同じで、
(ナンセンス語のひとつに「性格美人」ってあるけど、「心理学の用途を性格美人を目指した整形」みたいなことだと考えるなら”完全な間違い”だし、たとえば刑務所における犯罪者の厚生プログラムをどうするのかみたいな論議と《合理性の置き所が全く別物だから》ごっちゃに考えたら大変なことになる。)
●素性が変わるどころかさ、
『抑圧』されている本性を回復するのが心理学だから
 ↓
それこそ”極端に言えば”さ
「洋服がきつくて自由に手も使えないです」
「いやいや、長袖シャツに手を通さないと意味無いでしょ。自作自演の拘束着ごっこですかww」
(こういった種類の話です)
「(袖を通して)ああ”本当は”こういう服だったんだ」


実際の現場では
「かくかくしかじかで私だけ洋服がオカシイとか言われます、どうやってセンスは身に付きますか」
(いきなりそこからくるのかよって流れからの)
「いやいや、まず袖をところかだと思うんだか」
「私の知人も同じようにして問題無いといってます、どこが違うんですか」
「ですからね、知人の話はNGだと、、、」
 ↑
な感じで紆余曲折の長期戦になったりする←単純に深刻って意味ではないのですけどね
(SF甲殻機動隊的に言えば「強迫心理」本体の前に何重もの防壁が張り巡らされていて《知人の話防壁やら、いい悪い論防壁やら、何故私だけそんなことしなくちゃいけないんですか防壁やら》、簡単に事は進まない。)


流石に長袖シャツの袖も通さずに頭からかぶっている状態は
「にわかに棲み分けできる個性とは言えんだろ」(笑
(※勿論どんな場合でも例外はあるから、確信犯的に”ナントカファッション”として成立しているならOK←つまりこの場合も”確信犯的なのか無意識なのか”って話になる)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 23:09 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0