2020年10月24日

(雑感)『共同幻想』崩壊論的には「今現在、既に結婚制度は破綻している」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


『共同幻想』崩壊論の現状ってのは、『歩留まり』階層の動機から考えるのが早道で、
(過去記事で紹介した、「実は宗教世俗派が少なく無いイランの庶民の話」にあるように)
『歩留まり』階層にとっての『共同幻想』神話(インセンティブ含む)とは「もう終わった迷信」程度の意味に堕ちてます。←これが『共同幻想』神通力の崩壊

英国法的な意味の”慣習法”では無くて、
自然権的な(実際の法的拘束力を訴求するのは難しい側面もある)”慣習化”←言うならば『共同幻想』の世俗化崩壊ってのはそんな意味。
(離婚時の財産分与関連については別途明文法化されているのは、ちょっと英国法のエクイティみたいな意味があるのかも知れないけど)、


■結婚制度と不倫で考えるとわかりやすい
 ↓
(近代日本では”世間様”教の媒介として”仲人”が欧米における神父役となるのだが)
形式はっきりしてる、欧米式で考えてみよう
●キリスト教なり、イスラム教なりに「結婚を誓う」ことになります
不貞行為は「宗教に対する冒とく」であるから、死刑なんです。
(婚姻相手への裏切り行為だからでは【ありません】→神の前に嘘をついたからです)

でね、宗教への信心が世俗化していると?
(代表例が血で血を洗うフランス革命を経たフランス)
「不倫は文化」になるんです、
 ↓
何故って「制度としての結婚を保障していたのは、宗教(この場合『共同幻想』)だからです」
『共同幻想』崩壊により、
■この契約は(勿論公正証書契約でも無い)
「不動産賃貸契約と同じ特約契約になった(よく似ているのは定期借家契約)」
つまり、『共同幻想』崩壊後の社会における不倫とは
「そうだ引越ししよう」程度の意味になります

(※ですから、現代において入籍が必要なのだろうかって論議になるんだわ。入籍《登記》が必要なのは売買などの契約で、定期借家賃貸契約の実態を法務局に登記したりしないでしょ?《むしろプライバシー保護のが優先される》:俺が今後の結婚は”事実婚をベースとするだろう”と考えている理由のひとつです。)
 ↑
加えて更に補完すると「だから昭和の結婚は(契約の担保として)不動産を買うことが前提だった」←昭和のマイホームや、平成の分譲マンションであり、住宅を購入することのできない男子は信用が無いとされ、結婚対象外みたいな事となり(愛人にもその契約の証がマンションを買い与えるとかだっただろ?)、それが崩壊した平成後期から令和に「(そのつもりなのは旧世代だけなので)資産を持ってる祖父や祖母が子供に住宅を買い与える」というどうにも変則的な辻褄合わせが横行しているワケ。
 ↑
キャリア優先で(=地位や名誉関連なので『共同幻想』適応に未練があるという皮肉)、
バリキャリとなった独身女性が「自分用に1LDKのマンション購入しちゃうのも(心理的には「結婚をプルーフした」事になる)」変則的な辻褄合わせの一種。
(全部が全部そういう意味ってことでは無いので、誤解の無いように。その傾向もあり得る敵範囲の話だからね。)


●逆説的に言えば、「配偶者の現代的ネタバレ崩壊度をチェックする簡単な方法」は、
「結婚しても賃貸で全然OKだよね?」←この質問で確認できる
(これも絶対では無くて、あくまで簡易的な意味ね)


■重要なことですが
不倫や(浮気でもいいですが)離婚が別途社会問題になるのは、
付随して(それこそ慣習的に)同居を解消しなければならない(と思ってしまう)ことです。
なんというか、後者こそ本来予定していない話で、
「共同経営を解消したので”家から出ていけ”」、、、はっ?←確かに慣習的にもそうなっちゃうんだけど、ここでは原則論で考えてる。
(厳密に言えばそれとこれはまた別で)
同居するか別居するかは”結婚とは本来関係が無い”のですよ、
(同棲、単身赴任、ルームシェア、他もろもろ)
※勿論「同居しない結婚(自宅SOHOリモートワーク的共同経営)」だってあり得る



<話は戻って『歩留まり』論とのからみですが>

誰よりも現代の結婚というものが「特約契約」であるこをを知っているのは『歩留まり』階層ですが、
(ま〜基本優しい人達というか、、煮え切らないとこありますのでww)
旧世代オンザレールの親の心理を考えたらどうなります?
(嘘でも)「結婚式でございますの体裁に調子合せておく(歩留まり)」として”形式的にだけその形や慣習を保守”します→これは「実は嘘」でありww
なんというか、周囲の旧世代やオンザレール崩れな劣化知人などがマジになって感動していたりするのだが、主役の結婚する二人は(内心冷や汗というか)醒めていたりすることになります。
(※勿論、瞬間風速「”ノスタルジーレベル”の退行化」により感傷的になってたりもしますが)
 ↑
よーーーく読んでくださいよっ、式場の演出は?
「子供時代の写真や、親への手紙」→ベタで「the ノスタルジー」カードやんけっ!!

ええっと、、、ゴ、ゴッホン、、、

ちょっち厳しい言い方すれば、
「そんなワケで現代結婚式なる茶番劇は(笑えない)ナンセンスコメディの体を成す」のですが、、、

(※本来日本の伝統保守的結婚式は、近代の嫡男総取り方式における後継者襲名披露宴を意味しており《当時は次男以降はスペアとしての役割を終えた後、結婚にすら至らず長男の農奴や丁稚奉公に出されるなど、、政略結婚的な目途が立たず家計が苦しい時の女子は余裕で女衒に売り飛ばした→「故に当時から大阪や江戸の町人文化はド・フリーなサブカルだったのです」》、”相続するべく家督”が何かも曖昧に《何代目襲名の説明も無しに》行われる現代の結婚式は本来非公式なものとなるんですが、そこにキリスト教徒でも無いのに神父が登場するなど、、、えー、サークルのかくし芸大会みたいなノリってことです。→●個人的意見ですが『歩留まり』階層の方へお勧めするウェディングなんとかは、【ご祝儀も儀式も無し、出席者実費のレストランなど飾らない食事会やホームパーティー程度の趣】のが”非公式なベンチャー・キックオフ会”として縁起もよろしいように思うのだが、、、)


話は戻って、
■一種バツの悪い”やらかし”に近い現代の結婚においてだ、
「妻(夫)が不倫で号泣」ってのもさ、、
(不倫とか離婚とか全く無関係に、同居の解消をめぐる会議で号泣←これはおかしく無い、むしろ感傷的になる本体は”同居の解消”にある:リアル・ノスタルジー開放だもの)
いやいや、君達、日常生活で「妻(夫)の性的シンボルは私のモノ的なエログロで濃厚な関係でもあったのか?」←それを不義理と言うのなら、義理立てしている関係も証明必要だろ?
(、、、うーんとこれ以上は成人指定で言えない、、)
 ↑
なんだが、先日水泳選手の不倫報道で、奥さんが「世間を騒がせて申し訳ない」みたいなコメント出して、「どうして奥さんが謝るの」みたいな話あったけど、
存外にこの奥さんこそ現代ネタバレ崩壊世代なんだと思うよ。
(夫婦の世帯法人はCM広告なんかもその業務《家業》として企図したものだから、共同経営者としてはクライアントに迷惑かけましたって、正直な気持ちなのじゃないかしらね。)


●さらに現代心理のやっかいなとこに(現代SEXレス論にも繋がるのだが)
「本当に仲のいい関係では性行為がなかなか企図できない」って論議もあんの
(そこが不妊問題とどう関係しているのかは《完全専門外だし》ワカラン)
うーんと、成人指定スレスレになっちゃうけど、
大人の性行為にはグロテスクというか暴力的なとこあるでしょ(代表例として血が出ちゃったりさ)
えっ大丈夫?でストップしていたら一回もできないワケだ、
「何より、笑顔で平和な関係でいたい」が第一位である場合、
(そこから先は想像してくれたまへ、、、うーんと補足的に「友達と呼ぶほど親しくなった風俗嬢とは行為に至らない」って世界も実際に存在してます。→「高級ソープにおける社長さんの貸し切り」で何するのって終日ゴルフだったりするのです。)

つまり不倫や浮気ってのは「よく知らない相手だから抜刀できる」ってとこあるのも事実
(これ比喩的に男だけを対象としたものでは”無い”からね:羞恥心との関連もあると思う)


※ちなみ”よくご存じなのか”(臨床系の知恵じゃネーかなと思うんだけど)
日本SEXレス協会みたいな任意団体があってさww
(ここが世論調査とかしてんだわ)
彼等の定義によると「キスや抱擁や同じ寝具で就寝するなどあればSEXレスに”カウントしない”」って判断なのさ、
(現代社会では「性行為の定義そのものが世俗化→広義化」してんの)


なんつーかさ、現代社会において、
不倫を巡る論議で「オンザレール”崩れ”みたいにナイーブな論議」してたら
「結婚がいつくあっても足りない」(←なんだねこの日本語は!)

ま、『単独者』の雑感だから
(一部では深刻なネタかもしれんけど)「またしょうもないこと言ってる程度の話」ね、




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 20:27 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0