2020年10月15日

リクエスト関連(にしきさん”勘違い”)

にしきさん
>私が質問していたのは対人依存がどうとかじゃない。
能力や収入面は普通の人以下(底辺層)、単純労働しかこなせなくて人生経験が積めない、お得な情報を提供できるわけじゃない、面白い話題を提供できない(つまらないと言われる)、相手にとって私といることで新しい発見や刺激がない、私が与えられるメリットがないからのようです。やはり面白い話題や情報を与えられる、人生経験積んだり、新しい発見や刺激を与えられないと友人はできないものなのか?ということです。本題に答えてください。


答えてますよ?

>やはり面白い話題や情報を与えられる、人生経験積んだり、新しい発見や刺激を与えられないと友人はできないものなのか?
 ↑
話が逆さまだって説明してんの、
あなたの言っている人物像は「個性的な人」であり、
個性的な人ってのは、日常において「殊更友人とか必用としない人」のことだから。

(友人が欲しいので”そういう人”になれるかなってのは論理矛盾になるのさ)



<もう一度、頭から説明しましょう>
「にしきさんは、この世に存在し得ない人物になる方法を質問してますよ(パラドックスになってますよ)」とお答えしてるんです(にしきさんもガキじゃ無いんだからその程度の話本来は自力で答えを見つけられる筈なんですよ。それが何故見つけられないのか?にしきさんの【問い自体が矛盾している罠】にひっかかっているからです)。

【心理学の出番としては】その(矛盾する問いにひっかかる仕組み)説明のが早道だろと、
そういうことですが、

●もう少し具体的に説明しましょう
 ↓
1)個性と所得しゃ社会的地位には【全く関係が無い】
(部長が読んでも、アルバイトが読んでも「太宰治の価値は同じです」)
 ↑
あなたは、『共同幻想』適応時の組織内カーストと、自然権的に存在する個性の違いを理解できていません(ホームレス寸前な人にも普通に魅力的な人物とか存在しますが何か?)
(※まあある意味俺の過去の人間関係には、生活保護の入り方教えたげた某往年は〇〇の営業マン〇さんって爺ちゃんいたけど、それはそれは魅力的な人でバイトの女子大生にも好かれてたぜ。金欲しさに某外国人国籍取得のために偽装結婚とかにも手を出してる人だったけどさww:あーちなみにその四谷の営業マンも社員では無く軒だけ借りるローンウルフな、)

2)あなたの説の(お得がどうとか)それは営業マンの”からめ手”であって、それで気を引くことができたとしてもそれは何らあなたへの好感などに”関連しませんよ?”
(相手が興味を示しているのは、情報提供者のあなたでは無く”情報そのもの”だからです)

3)「メリットを与えて関係を結ぶ」←売春ですか?
人が何故どこぞの誰かと親しくなるのかって、(そういう腐れ縁が発生する時の話ですが)そりゃ接触遭遇した時に「表現しようとする意欲的な個性を見て」ケースバイケースで判断することになります。
(イスラム過激派がユダヤ教シオニスト相手にいきなり私的な好感持つとも思えないでしょ)
自分自身の本音を肯定し(肯定すると自然と表現することになりますから)表現される本音の断片を錦して「相手が興味を持てば」って話で、
 ↓
そら言うまでもなく、「この地域ではその個性に好感持つ人はいないぞ」って場合もあるでしょうが、
【全く問題ありません】

■原理原則として、大人とは他者を必要としない(基本ひとりで生きる)自己完結性所有者のことだからです。
殊更「知人や友人を必要としない」のです。
(『孤高のローンウルフ』に何か問題が?←基本的にカッコいいタイプの自我だと思いますが)


時にオンザレールな『共同幻想』適応社会を見て(ベタに言えば”いかにも一般社会”のこと)
(彼らは家族ぐるみの付き合いから、同期の桜だ、大学時代の同じサークルの友人だ、お世話になった上司から、可愛がっている後輩まで腐るほど「腐れ縁がある」ので)
彼らがそれを好き好んでやっているように見えるのかもしれませんが、
社会構造として、『共同幻想』社会の原型は「宗教」です、
保守派のキリスト教徒が日曜日に地域の教会に赴いて同じ信者と歓談する様を見て、
「それを一概に仲良しだとか、親しいんですね」と見ていたら、ちょっと失礼な話で、
(彼等にはまず帰属を決めた社会に対する責任《適応するだけ個を捨てる》が優先されてますから)
 ↑
異邦人から見れば「なんだか大変そうな話ですね」ってのが正確です


■現代社会では主流派の『歩留まり』選択者(器用にプライベートな時間も確保する中途半端だが合理的選択者)をよく目にしますから(彼らは口を開けば”自分の時間”だとか”個性を大事に”など言うだけは言いますからね←実は本音だからです)、
●「私は打算でこの人と付き合いがあるのでは無く、同じ趣味で話が合うからだ」←のような能書きを言いたがるんですよ(自分の自由な時間をみすみず捨てていると思いたくないからです)。
 ↑
そもそもこの『歩留まり』適応者の私的な親しい友人って概念も実は裏がありまして、
”自分の時間”というほどに個性化した趣味の場合=似たような趣味の人は個性化すればするほど(自由に選択を続ければ続けるほど)対象者が減ります(人と似てたら個性じゃないから)。
加えてそんな大事な友人が(天文学的確率で偶然個性の類似性や関連性のある人物)、何かの因果で嫌々就職した同じ職場にいる筈が無いでしょ(笑
(数学的確率としてね)

『歩留まり』適応者は、薄っすら横目で”大事な友達”を「ほんとはめんどくさい付き合いなんだよな」とかわかっているんです(口に出さないだけで:『歩留まり』選択者の最強技は”諦め”と”妥協”ですから)、
 ↑
ここに詩的情緒を加えて(だからこそ、本当は大事な友人とは違うからこそ)
「因果な縁だよね」って(そう思っているとこはお互い様で”共通”してますから)
「〇〇さんは私の大事な友達」って深い意味の言葉になるんです


■で、前回のリクエスト文からにしきさんは幸運にも「オンザレールな『共同幻想』適応者では無い(=現状担保すべきは個性派)」のは明白ですから、

今後『歩留まり』選択をするにも、ローンウルフ的な『単独者』を選ぶにしても、
一度完全に「よく考えたら友達とかそれほど必要としてないんだよな」←この状態になる必要があります(※思春期『反抗期』の模倣です)
一度自立した人格を確立しないと「選びようが無い」からです。
(判断した主体が存在しないのですから)

加えて、現状未選択状態で「親しい友人関係ができません」みたいな事言えば、
100パーそれは「強迫心理」です(対人依存強迫ってこと)、
仮ににしきさんが職場で高い地位についたとしても解決する話じゃありませんぜ。
※誤解されるとあれなので注記しとくけど、対人依存は好きでそう選んでいるとか、意識的にそう思考しているって意味では【無い】からね。強迫って文字にあるとおりで、「無意識にそう仕向けられている(思わされている)」って意味です。
説明するまでも無く、私はにしきさんはそもそも殊更友人とか必用無い系の人だと説明しているワケ、



てか、解決のルールはその100倍簡単、
一度完全に「よく考えたら友達とかそれほど必要としてないんだよな」←この状態になることです
繰り返しになりますが、
 ↓
■原理原則として、大人とは他者を必要としない(基本ひとりで生きる)自己完結性所有者のことだからです。
殊更「知人や友人を必要としない」のです。
(道具を使うことでその辺の捕食獣より比較強者となった人類が、どうして日常群れる必要があんです?:例外事項は『共同幻想』適応を選択する因果な立場にいる場合だけですが、ご存じのとおり”ゆとり教育”を試行した時期から、現代日本は完全な「個性化社会」を目指しており、もうそういう時代ではありません。←よっぽど前近代な地方にお住まいの場合は例外ケースもりますが→その場合は《確信犯的保守選をしないのであれば》都会に引っ越せば解決です)

どっちにしてもまず自立(原則他者を必要としない)するところからだって話です


それから
>本題に答えてください。
と末尾にありますが、
記事リクの説明文に記載あるとおり、「このシステムは必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が」と”太字”で注記してあるとおりで(”記事のリクエスト”だからね)、
答えるも何もそれを決めるのは、残念ですが俺の専管事項になります
(記事リクは有料相談の依頼ではないですから:だから「さすがに20円とかは《業務妨害になるので》冗談じゃ無いが」的範囲でも運営できている。)

あくまで記事のリクエストで「記事化のお題」のことです。
(個人的な質問と回答を担保するものじゃありません)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
タグ:強迫心理
posted by kagewari at 02:30 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0