2020年09月22日

工作論2(ほんとにどうでもいい話)

前回以上にどうでもいい話なので、心理学ネタ期待してる人は速攻スルーしてくれ、
PCの調達と言えば「ヤフオクでジャンクのノートをゲットして再生する行為」だと認識されているワケですが、
オーディオファンだった過去もあるとこから(文系なので回路とかはわからんのでいじらんよ)、何年かに一回はスピーカーの改造に手を出す。

東京アジトでは諸般の問題でほとんど音出しできず、ヘッドフォンマニア化してる体たらくだが、
帰省の機会を利用してひさびさに大規模改造をやった、
「箱開けて、内部のユニット総とっかえ」
てか、ツィーターは上部に置く形式なので古いツィターは線切っちゃっただけになっとるけどね。
なんせ40年前ぐらいのスピーカーなので、ほぼフルレンジの8インチウーファーとコーンツィーターの構成なんだが、箱開けて驚いた。

「バスレフだと思っていたんだが、ポートに何ら共鳴管がついてない」
つまり”穴あいてるだけ”(なじゃこりゃ、、どういう意図なんだろね”準前面開放?”)
ブツブツ文句言いながらなんとかユニット取り外した。
グリルも着脱式じゃないため、バッフルごと取り外し、サランネットもステップルみたいなんで直付けという面倒な構造。
仕方が無いので一部ネットを切断し、前面ネジをと思ったら、、、
なんかアンカーみたいなボルトになっておりまったく抜けない。
「同じ8インチならボルト残っていてもハマるかもれなうじゃん」と思うでしょ?
ところがあれだよ、
バカだからさ、「音の勢いでるかな」とヤフオクでゲットしたのは、
調子子いたベースアンプ用の英国製(せれっション)10インチなのよ。
(いやいや、マグネットがデカいデカい。重量で言えば元々ついてた8インチの10倍ぐらいある。)

ええい、ままよと「破壊する方向でボルト撤去」
バッフルの一部は無残に破損しとるんだが、
そもそもが、開口ほったらかしで10インチつける予定だったので(どうせ前面塞がるのはエッジだろ)、そのまま10インチつけました。
(現物測らず注文したものだったが、いや〜ギリギリピッタリやんけ)

ツィーターは元から箱の上に増設してるのがあったんだが、
(今回PA用か楽器アンプ用のローランドのアルニコホーンユニットという珍しいのをゲットしてる)
安物だったので、コンデンサーだけ外しユニットは廃棄、
10インチフルレンジにはコイルを入れず直結、ホーンツィータ―もアッテネータ無し6dboctのコンデンサー一発(6.9uF)ざっと5khzクロスとなる。
キテレツなユニット使ってるので能率は100db超えてると思う。
(現代のSPはレンジを欲張ってすっごく低能率化しており、音に勢いが無いのが特徴になってる)

●バスレフポートならぬ「穴をどうしたかって?」
手じかにそれっぽいものが何も無くてさ、、、
いろいろ思案しているうちにひらめいた、
「ガムテープを適当なサイズまでグルグルグルグルっと巻き取ってそのままパイプとして使用した」
(ガムテープそのものなので、パイプをテープなどでダンピングする必要も無し)


さて、音出し、
まだエージング段階だが、大成功と言っておこう、
スピーカーの能率が高いので、40年前の20W 前後の非力なプリメインアンプでもバリバリ鳴ってくれます。ツィーターがアッテネーター無しの超シンプル回路なので(てか文系なのでそれ以外の方法を知らんのです)管楽器やギターのガリゴリってアタック音的なものがビーンと前に出る。
勝ったなと思いました。

入れ替えユニットはヤフオクで10インチが5千円ぐらいだったかな、ツィーターは確か2700円、
追加購入のコンデンサーは1000円ぐらい、
驚くべき超ハイCPの改造であったと言えるでしょう。
スイマセン、ただの自慢話でした、、、。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 22:13 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0