2020年09月21日

夢遊病者のように工作してしまうことがある(ほんとにどうでもいい話)

今回、ほんとにどうでもいい話なので、
心理学テキスト読もうと思っていた人はスルーで

子供時代から工作は得意だったようで、
正直なところ自我の発現とほぼ同時に工作していたように思う。
俺は本来左利きで(左利きのB型という最悪のアレ)、この時には右用のハサミを左で使っていたと聞く(それが判断ミスで右利きに強制され、、これはトンデモなアレとなる)。
その名残で、今でも「ハサミの親指入れる側と人差し指入れる側を無意識に反対に手に取ることが多い」(脳内では左手のつもりだったりするんだわ←ハサミ逆さにしても右も左もネーだろと思うでしょ?でもね、なんか脳内では無意識に逆さにすると左用みたいな感覚が残存してるらしい)
(※ハサミさけでなく、いろんなものが脳内で逆さになっており、東西の向きを間違う、ネジ巻く方向を間違う、左右を時々間違う、などなど今でも残ってます。)

フランス帰りの本格派美術教師と、技術家庭の教師がピンチヒッターで登場した時以外は(俺の評判が効かなかった)、「顔パスで図画工作・美術は5だった」
我ながら妙な”勘”があって、
測らず適当にカットしても何故かピッタリとかありまして、
(そういうのあるとちょっと気分がいい)
というか元々”定型”という概念(杓子定規)が嫌いで、
小学校の頃から、ノート取るときに定規を使った事が無い、数学のグラフでも必ずフリーハンドで描いていた。←つまり計測するのがめんどくさいんだよww
 ↑
本当は絵が得意なワケでは無いんだな、本来の利き腕では無い右手を自由自在に使えている感覚は”無い”んだわ(故に俺の画法は”やたら修正しまくるデッサン”だった)。


●ちなみに三歳児後だと思うけど、
記憶に残っている工作は「その時から銃」で、
サイドバイサイドのダブルバレルで、三角錐の弾丸を詰めただけの仕組み、
手首を振ると弾が飛ぶって単純な奴で、
その工作が偉く褒められたのを覚えている。

そして6歳前後だろうか?
ちょっと記憶は確かじゃないのだが、
つつみ弾を込める子供の玩具にしては案外本格的なポンプアクションの空気銃を買ってもらった。
商品名「アイアスロンライフル」って代物でww
なんか切ない仕組みのブルズアイターゲットもセットになっていた、
これをほぼ真っ暗の長い廊下に設置して、プローン姿勢でひとり射撃にいそしんでいたものだ

そんな事はともかく(笑

時折「あーやらなくっちゃ」みたいな調子で今でもあれこれ工作する、
先日、基盤スケルトンで購入したUSB-DACにバルサ材みたいな足つけていたんだが、
廃棄しようと思った2.5inHDDのケースサイズがピッタリかもと思い、
(確かこの時20時間ほど寝ておらず、意識朦朧としていたのだが)
もくもくとバラして、ダイカストのフレームをボトムにし、カバーもそのまま再利用、
サイドがスカスカなので昔ヤフオクでゲットしたPS3用だったかな?HDDトレーをやおら折り曲げ出し、二つに割ってサイド側の壁として再利用、
(やっつけなので両面テープで固定しているだけなんだけど)

「意識朦朧の中、若干夢遊病的に作った割にはピッタリやんww」
(こういうことあると一週間は幸せになれると思える)

思うんだけれど、
かな〜り無意識寄りのとこには「古い自意識」も生きていて、
出番になると”いつもの技術屋さん”のように登場してんじゃネーのかな?
ちなみに俺は、自我ってのはレイヤー構造のような重層的なものだと思っている。
(必ずしも”統合されているのでは【無い】”だろうと)

●中二病バリバリの反抗期前後は、唐突に「左利きを取りもどそう」と発起して、
あれこれやってみたが、ダメでしたww
(箸ぐらいは昔から左でも使えるが)
当時の名残で今でも時計は右腕にはめてっけど、ライフル左で構えることはできなくなってる、、。
 ↑
今思えば、左利きに戻そうとした時、
(強迫心理の構成とは別の趣旨で)「オリジナルな『自意識』から組みなおすと何か起きるんだろうか?」的な、漠然としたものだが「今現在の自我の偽物感」みたいな着想からの発案だったように思う。
(※いろいろ試してみたが、思っていたような変化は体感できなかったように記憶してる。なんつーかなー現在右利きの自分が邪魔するみたいな?)
 ↑
この辺の体験というか着想はその後の「強迫心理」論に影響与えているかもしれない


※そうそう、工作の時に無意識にハサミを親指人差し指逆さに手に取るってのがさ、
「気になる」ってか、実はニヤけていたりするんだよ。
(50過ぎた中高年がこのザマですよww)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 13:27 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0