2020年08月30日

SNSと『共同幻想』(ヤバくないしけた話)

これがまたノリが軽いんだわ、、
超軽薄『共同幻想』RPG
「だよね、そうだよね」を模倣した「イイね」のスイッチがついているという、、
(ふざけてんのかと)

そもそもザッカーバーグあたりの述懐だと、
大学時代の同期会名簿をネットで管理しようとしたのが始まりってことなんで、
「その動機はモロに、時代遅れの『共同幻想』ごっこですよ」
(彼らの世界の古い時代の”名簿”で言えば元祖は教会信者の名簿です)

日本が発明した(きっとこの世俗化の理由は天皇制にあったのだと思う)世俗的『共同幻想』である「世間様教」これをザッカーバーグは自分の発明だと思ったんだろうね。
(いやいや日本では、もうすたれて崩壊しかけているんだが、、、)
ハードな教会権力『共同幻想』世界だった欧米から見れば、日本式のライトな『共同幻想』はやさしい世界に見えたのか、これが世界的に大流行した。
(※結果として日本の場合は、衰退の一歩だった『共同幻想』系人格を勇気付けたww)
 ↑
もっぱら愛好者は『共同幻想』系人格です、
(いつものように『歩留まり』階層は調子を合わせるために嫌々付き合っているだけ)

●上手に使えば情報を集めやすいとも言いますが、
その機能は「高性能なRSSチェッカーがあれば可能」だった話で、特にSNSが凄いのではありません。
たとえば、検索サイトなどが主催する言論空間として「特定課題を投げて意見を集約する(報酬として電子マネー系のポイントを付与)」のような仕組みがあればほとんどの情報価値としての機能は代替可能でしょう。


これが昨今、秘密警察なのかってぐらい
「今何しているの返事はまだか」←こんな話が横行するならキチ〇イ沙汰です。
ねずみ講や、マルチまがい商法的な「承認と追認の連鎖(反動化パターンは批判の連鎖)」←こんな市場価値0のインチキ詐欺まがいの仕組みでネット世論だとか片腹痛い話で、
「同調圧力強迫ゲーム」まんまじゃないですか(こんなもの『共同幻想』ですらありませんて)、
アホなのかって、
(逆説的に言えば、そこで本音が語られる可能性って、既にフォロワーを多数持っている言論人や著名人の最初の発信だけみたいな事になり兼ねない。→それじゃ単なる宣伝効果を高めたショートブログでしょ。)

●「あれは何だったのか」って勢いで衰退していくと思います
確かに、ミュージシャンなどのコンサート告知やら使い方によっては便利な部分あるでしょう(RSSチェッカーとして)、便利なところはあるので捨てアカウントは持っておけみたいな使い方に変容していくのかも知れません(かなりの数が既にそうなっているんじゃないかしら)。

※とにかく理解に苦しむのは”SNSでの論議”って奴で、
「論議のできる文字数じゃネーだろ」って話
(システムの基礎は”上意下達式短文告知掲示板”だし)
(詳細確認事項あるならDMでとかなんじゃないの)
村の役所の広報掲示板が炎上するようなものでさ、そこに何の意味があるってんだ。
そもそも村民意識の無い者は目にする必要も無い情報だぜ?



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 04:21 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0