2020年07月22日

『共同幻想』の合理性についても書いておく

その根拠となる安全保障の意味をちょいと考える
「始まりは生き残るため」です、
そして思い出していただきたいのが、近代以前はヒトの寿命も40代以下などトンデモでありまして、
日本においても気候の関係で生産が豊かだったのか、江戸時代まで「健康の概念すらありませんでした」(江戸時代に初めて”養生”なるマニュアル本が大ヒットするんじゃなかったっけ)

言うほど自分の生命も(儚すぎて)守り抜くって言えるほど堅くなかったのです、
死んでもいいとは言わないが、ヒトは簡単に死んじゃうんだよねって時代だった。
その中で(女王アリや女王蜂の社会性じゃないけれど)文明が続くとか社会が存続するとか血統が続くことのが守るべき永続性としてイメージしやすいワケで(なんせ寿命が40代以下なら”人生における家幻想時代”の占有率も非常に高くなります)、
●たとえそれが当時の権力者一族の永続性であったとしても「合理性」になり得た
だいたい、当時はそこに宗教性がからんでおり、
自分の死後のイメージも所属する文化習俗に倣うものであったでしょう。

江戸時代の武士における”お家大事”って言葉じゃないですが、
主君や宗教的権威や”お家”なる概念の保守は「リアリズムの点からも個人の寿命感を上回っていた」。
そんな『権威を守るための安全保障』が自分の命(死後も含む命運)に重なるのですから、
社会常識として「どれほどトンチンカンな『共同幻想』を守ることにも合成性があった」んです。
『権威を守るための安全保障』を超える価値などあり得ないのですから、
地球が平らだろうが、太陽が地球を回っていようが、神罰でいつかこの世が滅亡する話だろうが、
「どんなデマでも許される」んです。


■言うまでもなくこの経済認識が逆転するのは、
世界が平和になり、経済も豊かになり、個人の寿命が50歳はおろか70、いや80と伸びるにつれ、
個人の命の重みってものがそりゃ違ってきます、
現世と謎の死後の世界幻想との対比も変わってくる(現世が何倍も重要になる)
宗教的権威は自動的に世俗化し、
速攻消え去るだろう自分の命よりお家大事みたいな発想は、発想そのものがナンセンスとなる。


先日書いた「武田教授ネタのトンデモ『共同幻想』話」なんてのは可愛いもので、
「『共同幻想』の歴史とはトンデモ級デマが常識として横行する時代」なのであって、
仮にね、『共同幻想』系メディアが嘘をついたなんざ話もさ、
「いやいや、最初から『共同幻想』系を信用しちゃダメだろ」って落ち、
(嘘も方便上等って、それ専業にしているのが『共同幻想』なんですから)
 ↑
そこで”確信犯的再選択”の余地があるのは、
古代においては、神官が最高学位の教授みたいなもので、
欧州でもインドでも日本でも、学校の始まりは宗教系神学みたいなところです。
当時のアカデミズムとは宗教思想だったのであり(科学や福祉や性教育や公衆衛生まで多岐に渡る)、【当時の科学者の思惑】を知ることは初心にかえるじゃないけれど、原点となるべき知見が隠れていたりします。
 ↓
なんだかんだ、当時の考えは現代に連なるのであり(事実現代でも伝統宗教生きてますから)
「今流通している考えやら概念が全て現代人の発想と思うな」として、
”再選択”はあり得るんです(謙虚な人生観だったり、自ら進んで象徴化を受け入れるなり)。
(※その背景には、数千年前だろうと現代だろうと所詮人類ヒト科でしょ、脳がバージョンアップしたわけでも無いんだから。古代の英雄的知的トップが何を考えたのかって事に興味あるとかアリアリでしょう。)


■同時に現代人特有の『共同幻想』崩壊と、現生の自分の命(尊厳)を守る「安全保障」
上記は、”再選択者”から見れば「実に現生利益的な浅薄な知見か!」にも見える。
方や、時代や世界や宇宙を論議しているってのに、
「へ、お前個人の命が今日した明日どうしたって話に全力とか、、、」
個人や、人権、個性、などなどの概念が『共同幻想』バリバリ時代とは逆転した
しかし、近代以前の『共同幻想』が得意とした神話性ファンタジーは失われた

この世に何が正しいなんざ”ありません”ので、
『単独者』の台頭が時代の趨勢なのも事実なら、
”保守系『共同幻想』確信犯的再選択者”の登場も「その選択もあるでしょうね〜」って話
であり、
同時に、この世の『共同幻想』デマだらけってのにも当時の世界なりの合理性はあったのです(現代からみれば無茶苦茶な道理だが)。

(※見方としてはオンザレールな『共同幻想』適応系”崩れ”なる階層は、生きる時代を間違えちゃったかのような”タイムラグ世代”になります。←昭和に生きていたらメインストリームですからね。)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 17:32 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0