2020年07月18日

どこかで書いた話の続きじゃないけど”少子化”はたぶん問題にならない

なんだかインチキ臭いタイトルですな、
「どう問題にならないんだって」
それは、解決するかも知れないポイントと、
解決しなくても関わる懸案が問題無しになるかも知れないんだな。

■ちなみに歴史的経緯からすると(これは経済評論家の上念説だが)
そもそも近代以前の多産は
1)嫡男(長男)もしもの時のスペアと、長男のためのレイバー(農奴)
2)近代は労働集約型経済だったので”人手”として多産が必要だった(飢饉の時には絞めて埋めるか、女子は女衒に売り飛ばす)←所謂資産ですね

先進国化で経済がソフト化、そもそも世帯の過半がサラリーマン化する中、
子供価値は近代に比べて”大きく後退”
「(お叱り覚悟で言いますが)ペット的に可愛いからと、育成ゲーム的愉悦、優等生に育成成功すれば自慢できる」←とかしか残らないので、どうしたって少子化します。←後述しますが【ここのインセンティブも先進国化が更に進行すると後退する】
(※生活もワイルド近かった近代に比べ、大幅に向上するため”狭義の性欲”から”広義の性欲”へのシフトも進み、少子化どころか性交回数自体が減少している。)

■論議となるのは、もっぱら年金制度の運用です
まあね、労働力人口がどうしたこうしたって話ですよ
この点は世界の全てを日本をベースに考える事はできませんが、
先進国化への道のりで高齢者は莫大の資産を持ちます(日本のように貯蓄性向の高くない国の場合は株価なり経済が拡大していることになるのでファンダメンタル全体に余力がある形になるのかな)。
国が経済政策を誤らなければ、年金基金の株式運用などで破綻は起きませんから、
なんつーか保険料の徴収だけで考えたらいかんだろ。
(労働力人口減も”生産性向上していないとかおかしいだろ”ってことなので無問題)

うまいことやれば割と困らない《終わり》
(加えて言えば年金制度では無く、ゆくゆくベーシックインカム的なものになるのでそこで考えないとあんまし意味が無い=すると”ヘリコプターマネー”とかの論議にもなるんで、保険料の徴収がどうこうみたいな話は一部の論議に過ぎない。)


<<<確かにね文明の多様化って意味で人口の総量をそこそこ維持したいって気持ちはあるかも>>> ↑
この点は、欧米の事例だと(それを成功と呼ぶのかって論議は置いておくとして)
予算さえつければシングルマザーと移民の出生率は爆上げすることがわかっているので、
個性的文化が特徴の日本としては(移民を否定するワケでは無いが少なくとも親日だとか日本文化への親和性を前提ってことになるでしょう:欧米ほど極端には増えない)、シングルマザーが主力になるかなと思うところです。
「子供一人で年収1千万」みたいな”プロ・マザー”台頭上等な政策です
●教育の無償化に現れているように、子供の養育も「世帯個別教育から社会による教育へシフトしており」、下手に家父長制を連想させる夫婦世帯の出産より個性化予備軍として有望ではなかろうかと思います。

加えて”高齢化はハンデとなりません”
何故って、寿命は少なくとも50年を待たずに150歳近くいくでしょうから。
(現代でも120が視野に入りつつあり、政治家の皆さんが証明してますが90代までバリバリ現役も普通に可能な時代が到来してます)
「死なないので人口が減らない」
●シンギュラリティ―じゃないけれど、人間の寿命が150歳になった時「その時代の人は次なる寿命延長を何歳と考えるだろうか?(まあ150までバリバリ現役を前提とする200だよねww)」
 ↑
この時代にはアンチエイジングで30代〜70代まで容姿も変わらず、80代〜110がシニアで、120歳以上を高齢者と呼ぶみたいな感じになっていると思われ。
 ↑
この場合さ子供を産み育てる適齢期が「人生の中でいかほどの意味を持つのか」って話さ、

・そりゃ出産可能年齢の延長は更に技術が難しい上に、赤ん坊が障害抱えるリスクも高くなる
・仮にそれが実現したとしても(その時代の成人年齢は15歳だろうから)「夫婦世帯ゴッコは15年で終わる」んですよ?←これ人生の10分の1というマイナー期間になります
まさか、「平均結婚回数4回の時代がくる」とは到底思えませんし(笑
夫婦が100年超える期間同居を続けることが可能かって問題も別に発生します。
【結婚して子供をとかに関わる(タイトル的な意味や)インセンティブがほぼほぼ無価値になる】
 ↑
※同時並行して起きるペットの高寿命化かを逆算するとこの時代のネコの寿命は30歳超えますから、相棒というか同居人として暮らすなら(15年で終わる人間の子供より)はるかに猫との暮らしの方が充実もするでしょう(しかも多頭飼いでスタガードに40年50年も視野に入る)。

■加えて一番大事なポイントはココ
現役時代の延長(大人年齢が15歳〜70代の55年)
結婚を一生ものと考えない時代
 ↑
組み合わせてかんがえてみな?

大学時代の同級生の成人した子供は自分の妻より高齢だとかさ、
ザラに発生することになる。
少なくとも、30歳の実子と60歳の自分がほとんど同世代に分類されんだよ?
(しかも遺伝子似てて容姿も似ているとか別の意味でヤバくないか:はたまた子供の方が社会的地位高いとかもよくある話だろうから、勤務先の上司は子供の友人だとかさww→はたまた子供の友人と再婚したとかも起きるんだぜ?)
 ↑
これどうなるよ、、子供とタメぐちが標準になるのは間違い無いし、
親子関係として成立せんだろ(笑
などなど少子化が問題だってのなら、よっぽど後者の方が大問題だろと俺は思っている
(現代では想像もつかない理由で殺人事件が起きても驚かない)


<<<今回のED>>>

JOJO原作者の荒木飛呂彦先生も”歳を取らないことで有名”だがww
(少なくとも40代から60代の間で容姿に変化が無く不老不死という噂もある)

この人もバリバリで


我々はそんな時代の入り口に入ってます



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 23:45 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0