2020年06月30日

政治家という人格

本来誰もやりたいなんざ思わないんだよ。
民度の怪しい支持者に頭下げてさ(立花が随分皮肉で言ってたけど)盆踊りに参加してさ、その後は自治会のみなさんにお酌して回って、
実態は外国語もペラペラだったり、元霞が関のエリート官僚だったりするワケだ、
(※訪米ではそこに実業家が自分の資産投げうってってトランプみたいなんもいるが、日本の場合経団連お歴々もサラリーマン社長である、、)

地方自治体議員からの叩き上げってのもある、
・地域のみんなのためって義侠心の右派(談合も特異だったり)
・弱者のためって思想からの左派(主として共産党)
・労働組合活動の一環として(主として旧社会・民社系)
・所属宗教団体を守るため

●そんなかでも”まあまあ中立中道保守”となる主力が
・先祖伝来政治家で保守系与党政治家の跡継ぎ
(しかし世襲なので二世三世が優秀とは限らない:半面後援会がその主力だったりするので政治家が少々アレでも後援会がしっかりしていればというところか、後援会は地元経済界となるパターンが多いので政策瀬的にはサプライサイドってこととなる。)

「いや、、この人材で国家の命運をって厳しいよね、、」
時にこのブログでは無能な左翼を批判もしているけどさ、
左翼に人材的問題があるっていうより、左翼が政治家となる背景が「そういう思想の人だから(=限りなく宗教みたいなもの)」彼らに何をいっても「最初からそういう人だから」と考えれば意味のあることなのか怪しい、

この辺の話となるとさ、もう昭和のころから
「金のかからない政治で、政策本位で誰でも立候補できるように」なる優等生的な論議になったものだけれど(現在各政党が候補を公募する制度もっているのはその系譜にある)、
どうでしょうか、
市井の民の中でさ、「おーし政治家なっちゃうぞ」って動機形成あるだろうかって、、
●「無いよな、、(めんどくさいし、自分の人生に忙しいワケで)」

うーんひとつ参考になるのが米国大統領選挙制度かな、
大統領選出の代理人(選挙人だっけ)を各地域で選出するんだよね、アレ、
そのやり方で、人口比ってか辺境地域やらの調整している。
■果たして可能なのかはともかく、
「次の国会だけ、ナントカ政策ではコレで都度選出された代理人がその時だけそれ系の部会だけに出席して、決を取ったらもう家に帰るみたいな」
(議員全体で議決必要な首相選出みたいな案件はまだ別制度とする)
マルチ代理人制度みたいなんして、政策登録代理人は職にあぶれた弁護士とかさ、ボランティアの大学関係者なり(登録している政策の知見が本当にあるのかの簡単な審査《論文提出できればOK》程度のチェックで)”政策個別の瞬間代理人制度”でも作らないとちょっと無理かなと、、

あんだかんだ
・先祖伝来政治家で保守系与党政治家の跡継ぎ
 ↑
この二世三世に偶然優れた人材出た時は”当たり年”←●この時代が暫く続くのでしょう
(だって、ほかに方法ネーんだだもの)

構造的には”家幻想”含む、確信犯的『共同幻想』再選択者(『単独者』同様のリミッター解除人格)に頼らざるを得ない。
左派としては、「それは確信犯的保守となるんだから危ない」って忌避感情あるのもわかるけど、
本質的に確信犯的再選択者の保守系思想ってのは”伝統文化”的な理解となっているので、リベラルって言えばリベラルなんだよ(右翼的に『興奮』するような事情は無いからね)。

●妙な話になるけど「反動が反動を呼ぶもの事実」で、
右翼過激派が台頭すると、それは左翼過激派の呼び水にもなってしまいます。
(チャンネルくららなどではそれを”ワンセット”とか”セット販売”とか揶揄しているけど)
※俺が欧米で危機的だと思っているのは、左翼過激派がガチ台頭しちゃっていることだよね。それは右翼過激派の呼び水にもなっちゃうワケでさ、

日本がそこそこ安泰なのは、
左翼メディアなどが市井の民にも「バカじゃね」扱いで目に見えて衰退していることで、
キテレツな左翼運動も瞬間芸みたいに出ることはあるけど、まあ地元民からどっちらけだったりする。
それが脅威にならないのであれば、その反動も登場しない。
かといってさ、少子高齢化でしょ、
後継者問題ってのは天皇家だけでは無いのだよ、
・先祖伝来政治家で保守系与党政治家の跡継ぎ←これにいつまでも頼れない
(こうなったら当たり年の人に続けてもらうしかないってのが「安倍政権」

困ったもんだよ、何かいい方法は無いものですかね、




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 20:31 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0