2020年06月20日

”マス”(mass :集団)が終わりとなる時代の民主主義

想定としてだけど、
■近未来、先進国のひとつの形は、
・ベーシックインカム(労働フリー化、自由労働社会の目標化)
・『単独者』ネットワーク社会
・フリーエコノミーが豊かさの指標
(あくまで極論だけどGDP算出は潜在的過剰資産能力《或いは投資されない留保資産》算定の方が重要で、インフレ率《所得分配政策》との関連で結果としてのGDPが逆算される謎指標に変貌)
 ↑
上記の構成がほぼほぼ”ひとつの基本形だと思う
(ありそうなのは、北欧や日本)

■この場合の政策ってのは「勝手に自分で選ぶモノ」が多くなるので、
(或いは勝手に提供される行政サービス)
自分で選ぶ前提なので、規格や規制など判断する行政組織は必要が無い。
公務員の過半はベーシックインカムだけの給与でOKな、半分ボランティアのような位置づけの流動的な人材構成となるだろうから、そんな状況で語られる政策的課題と言えば、
・安全保障、災害対応、外交、インフラ管理ぐらいのものでしょ、
そこにイデオロギー対立とかが入り込む余地が”まず無い”
(生産や投資、雇用、労働分配など過去イデオロギー対立の要因となっていた部分は、全て経済学により解決してしまうので、論争の対象から外れてしまう。:”マス”(mass :集団)が鍵となる集約的生産のような構造そのものが《そこはロボットやAIなどがカバーするので》消える乃至大幅に後退するため。)

つーことは、
「政治の舞台にイデオロギー対立なんて前近代的なものがある方がおかしい」ってな状態になる
いやいや、
(俺はこの世からイデオロギーを消滅させるべきだなんて言ってないのさ、誰にだって理想論を語る権利はあるのだし。)
個人が何を信じようが自由だけど、そら「プライバシーでありプライベートの話でしょ」
政治なる公的論議に持ち込むなやって話です。
(組織化された時点でアウツって民度→「洗脳や強迫の関与しない組織化はあり得ない」→組織化ハラスメントみたいなさww)

●安全保障、災害対応、外交、インフラ管理でいえば、
・安全保障は「防衛力は強ければ強いほどよい」←論議の対象にならない
論議になるのは、程度の問題=予算規模だけ。
・災害対応も「災害に強ければ強いほどよい」←論議の対象とならない
論議になるのは、程度の問題=予算規模だけ。
・外交「海外との関係は良好な方がよい」←論議の対象とならない
論議になるのは、程度の問題=文化や慣習など濃淡の付け方
・インフラ管理「常に盤石であればあるほどよい」←論議の対象とならない
論議になるのは、程度の問題=予算規模だけ。
 ↓
初めて”予算員会の意味が本質的に重要となる”(イデオロギー抜きでね)

「全部程度の問題」なので、代議員は選出選挙区有権者の温度感を議会で表現してくれればよい。果たして党議拘束のある”政党は必要か?”って話にもなってくると思う。
(もろ組織化ハラスメントだろ?w)


■確かに米中覇権対立のような、国家の存亡に関わるような話で、且つ先が見えない(賭けとして選ぶしかない)国家の重大方針は政治家抜きに決定できませんから、
それこそ、内閣がいくつかの選択肢を議会に出し(その選択肢の詰めはまた大いに論議してもらって)、国会における論議は「その演説なりで(党議拘束の無い)多数の議員の賛同を得るための弁論」を戦わせ、発言が出尽くしたところで決を採ればいんじゃね?
 ↑
内閣の選出法も上記と同じパターンでいんじゃないかと思う、
(立候補者が演説で多数を取ればよい)

俺が小沢ファンだった時代は、なんつっての米ソ冷戦時代だからね、
二大政党論もこの時代には意味あったと思うけれど、
もう二大政党論の時代じゃないですよ(たぶん)、
所謂「自民与党系+維新」ぐらいいれば十分で、左翼革新系政党は消滅していいでしょ。
大きくなり過ぎた自民は、どうしたって(抵抗野党が消え去れば)”党議拘束解除”しますから(だって党の総務会が=国会みたいなことになるんだし)、自由闊達に論議してくれたらいいのだと思う。
(なんだかんだ党内はタカ派・ハト派の大きく二つの潮流に割れているんだから)

※少なくとも立憲君主制の(天皇の存在する)日本国において独裁とか無いので最初からその心配は無い。

ま、今回の話も(予測っちゅうか)半分理想論(皮肉です)だけどな(笑


●イージス・アショアの件で興味ある人もいると思うけど
アショアはイージス艦の負担軽減と裏メニュー的に後からトマホークも撃てちゃうよって”駆け引きのひとつで”(先方もそれに対応せにゃいかんからね)、戦術的にすぐ必要かと聞かれると「ま〜ま〜」なものなので無駄な反対運動の起きない立地やスペックに関しても見直しでいんじゃねと思う。
政府は地上配備の迎撃システムを諦めた訳では無いから。
前述のように、いきなり日本全土にミサイル飽和交易とか戦術的にあり得ない作戦だからね。
(戦略上何の意味も無い:せいぜいが「威嚇が効いて怖がった相手国が言いなりに」ぐらいなのだけど、日本人は「だからどうした調」なんで、その点から最初から無意味な戦略となっている。←中国の方から何故日本人は怖がらないのかと、不思議がられている。)

※この政権が「左翼も真っ青」な判断する時には”必ずなんらかの意図”があると見るべき

今回の件も、メディアは報道に困っていて(アベガーやるためには「日本がミサイルの脅威に」ってやらないといかんだろww)敵地攻撃能力の件を質問した記者を問題視するで無く、
なんかする〜っと「抑止力の見直し」の批判の切り口を見つけられないでいるんだよね。
(てか俺が左翼ならアショアにむしろ賛成しただろうに、なんでも頭から批判ありきでやるから、切り返されると何もできなくなる←心底バカなのかと思う。)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 20:34 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0