2020年06月15日

世界的にWW2は終わっていなかったのではないか論として見た時

大胆に今後を予想してみる(この前ちょこっと書いた奴の続きですよ)、
■ヨーロッパに関して、
米国はNATOから手を引く(ロシアは大幅な核軍縮に合意)、
EUは事実上解体、
米国曰く
「めんどくさいから、独ソ首脳会談で大枠決めちゃえよ」←結局当事者はここでしょ
(次項にあるように、中東のオイルが止まる可能性あるので、そこはロシアにとって有利)


■中東に関して、
米国は「とにかくイランが再び親米世俗化革命でも起きないかとひたすら待つ」、
(その間はサウジとイランの均衡の中、戦争でも何でも好きにしてくれと)
トルコはロシアと手打ちをして、米国同様に引き気味に傍観。
イスラエルはいつものように時々空爆(イスラエルに宣戦布告できる国は無い)
いつかイランで世俗化革命起きたら、
(イスラエルとの和平を条件に)米国は全力でイランを支援する(自動的にイラクもアフガニスタンも安定する)。
『アラビア半島はサウジ、大陸はイラン《ペルシャ》でいいじゃない和平』
(日本に対してはこの間、「中東の石油依存しなくていいよ、米国のシェールオイルで100年保証するから」と日米石油協定を締結→ヨーロッパはロシアが保証:世界が全力で中東を地元に任せる)

(次項にあるように、中国がグダグダになるからこの話に中国は介入できない)


■中国に関して(ここが本題だけれど)
米「香港はとにかくみんな逃げてくれ、それから香港の銀行は潰すから」
(台湾・英国に大量の移民の後、無血で香港に解放軍が入る)
米国は「台湾死守を明言」
何気に日本に対して台湾防衛の圧力(これはプロレス)、
このまま行けば日本が台湾防衛の方針なり協定などに及ぶかもしない情報を流す、
重要な事だけれど、米国は議会で台湾防衛に陸上戦力を出すことは無いと明言(暗にその場合陸上戦力として投入されるのは自衛隊のことであると示唆)、
はっきり言って中国軍部は日本と戦争して勝てると思っていないので、
日米でおかしな動きがまとまる前に(親中派市民の保護を建前に)台湾進攻を決める。
 ↓
実は、台湾海軍は必ずしも解放軍とのガチの戦闘を前提にして”いない”。
(実は台湾軍の元祖は本土の中国”国民党軍”なんだよ→正式な独立台湾の国軍とは言えない微妙な立ち位置。)
中国の工作などで(軍は民進党総統の命令に従わず)、ほとんど抵抗も受けずに解放軍艦艇が台湾に入港、
上陸部隊と、台湾治安当局が睨み合いで膠着状態に。
(デカい揚陸艦も無いので上陸する戦力は僅かだが、空母戦力などにより事実上無血で台湾軍事進攻の既成事実化に成功→国際世論に対しては”軍事進攻などでは無い、自国に停泊しているだけ”と声明)

<<<<その先のシナリオも考えたけど、「空想が過ぎる」のでやめておく>>>>


あんだかんだ、ほとんど事故以外では死者を出さず(日米は0)
中国は思うように軍が運用できず(撤退→とうか台湾の艦艇に乗せられ帰国)、
仮に台湾に軍事侵攻などしようものなら、それが原因となり中国共産党は崩壊すると思う。
 ↑
●北京政府にそれ読める人がいれば、台湾進攻は無い。
 ↑
その場合は、日米台の事実上安全保障協定が締結され、
(緩やかに、中国の民主化を促す、つーか圧力かける)


●このシナリオの根拠のひとつだけれど、
評論家の石平さんがさ、目からうろこの解説していて、
「これまでキチ〇イじみた強硬論言ってた解放軍の将軍だけど、彼ら戦争は無いと思っているからイキっているのよ。本当に戦争になりそうになったら全力で逃げ腰になるw、仮に負けでもしたら粛清されるんだから」って話と、

現代の米軍戦術は「限りなく死者は0で」を前提に立案もされているので、
(世論が戦死者報道にもたない時代になっているため)
仮に、解放軍の台湾進攻が行われても、それが撤退までに至る過程で「ほとんど銃弾の飛び交わない紛争に(真面目な話)なる」のではなかろうかと思っている。
(一部中国寄り軍事専門家の間で語られている中国から日本に向けてミサイル飽和攻撃がなんてふざけた作戦も発令されない←戦略的にもほとんど意味が無い上に→中国本土に対する米軍の懲罰的攻撃を誘発するだけですから。)

また、そうあって欲しいと思うのです。
(日米が全力出せばそれができるだろうと、楽観しているのだがね)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 16:45 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0