2020年06月07日

妙に『興奮』のツボがある評論家は評論家としてちょっとな〜

かと言って、それと”熱意”との区別が難しい。
熱意ならいんだよ、或いは素の怒りや好き嫌いもアリでしょう(ゲーとか、なんだこれとか、冗談じゃネーとか)。
しかしだね、そこだけ人が違ったように(何つーか事象に対するレスポンスでは無く)、異論や反論の余地がなさげなレッテル貼り的興奮を隠さずに条件反射するような論評は論評ですら無いと。←誰もが感じることだと思う。
(代表的な事例は「左派の護憲こじらせた保守派叩き」と「右派の中国嫌い」とか)
 ↑
その特徴は「思慮を欠く汚い言葉がやたら多くなる不快さ」にあるかな
観察される違和感のそれは、「道徳的『興奮』」なんだろうけども、そこをちょっと掘り下げてみよう。


●そもそも素の『道徳』ってさ『興奮』する場面じゃない筈なのさ
 ↑↓
概念としてかく「かくしかじかかく”あるべし”」だから、
本来冷静な根拠のある”べき論”だよね。
「なになにであるべきだと、僕は思うから」←殊更『興奮』のポイントは無い筈だ

故に、
「道徳的に『興奮』している様」←これ自体が論理矛盾してんじゃないかしら
(道徳論で『興奮』してたらダメだろって)


■もうちょい話をかみ砕いてみよか
たとえば、
すごーくアイスが食べたいとする(暑くてさ)
「アイス食べたい」なんて口にしてしまったばかりに『興奮』のスイッチが入る
しかし、その時自宅に財布を忘れコンビニの前なのにアイスは買えない
「万引きしようか(more 興奮)」
(何を考えているんだ俺は、恥を知れ、盗みはいけない)
賢者モードで?
「(この世に)アイスなど無い」
 ↑
典型的なさ、「道徳執行モード」だよな

ま、バカか俺の亜種ってか、四文字熟語みたいな”崇高っぽい概念”の馬力で(欲求係数にカウンター)「こうあうべき論」を自らに課す振る舞い。←アバウトだけど「素の道徳」ってな、こんなかんじかな、


■■■<その反対(道徳で『興奮』)だとどうなる?>■■■

1)まずストーリーの背景を説明しよう
古代のある時、男達の喧嘩は”決闘”と呼ばれ互いにナイフを手に相手を殺害するか、相手が降参服従するまで続いたとする
(”翁達は言った”という《神話》があり:「人の世に不遍的いい悪いなど無く《それを語れるのは神事だけ→人情事である喧嘩騒ぎに神は関心が無い》、争いとは誰が勝者である以外の結論を持たない」と伝承されていた)

2)それが
長年続いた風習だが、誰かが考えても「たかが喧嘩で殺し合うのはバカらしい」と薄々思っており
宗教指導者が以下の発言
「武器を手にした喧嘩は名誉ある決闘などでは無い、神は言った武器を使うなど卑怯であると」

3)喧嘩に武器を持ちこむことが卑怯であり悪だとの道徳が定着
「名誉ある決闘は、素手の殴り合いである」という慣習に宗旨替え(正確には古代の伝統の否定)

4)ある事件が起きた
喧嘩騒ぎにナイフを隠し持った男が相手を殺害、
怒れる民衆は男を捕縛し「宗教に対する罪、異教徒」として激しい拷問の末、火刑とした
男の磔火あぶり刑時には、広場に大衆が集まり激しく罵り、
刑の執行前から野次馬の投石によって男は既に死んでいた

●「最後の話になると、それは道徳だったのか?」にすら及ぶよね、、、


道徳が、個人個人の知見として「何故そうなのか」的背景含めて、確信犯的(まあ或いは世俗的)理解にある時、「道徳は『興奮』(動物的欲求など)を抑える方便(賢者機能)」といえるが、
 ↓
それが”権威性道徳”の場合、当事者の「承認欲求」や帰属不安なども喚起し(煽り)、
「道徳事象発動を理由にする『興奮』(リンチ殺人)」に転じることがある。
(※ちょっとタイムリーな話として現在進行中の全米デモ思い出してくれ)
特に、イデオロギーにはそのリスクを誘発する仕組みがあることを上記は証明している

「それは君の(自覚されなぜなのか屁理屈含めてよくよくわかっている)道徳?それともイデオロギー(こうにきまっている)なのかね?」
 ↑
ここは現代思想やら知識人(評論家)にとって重要なとこでさ、

(左派でも右派でも現代知識人なら社会学や歴史などの知見から”初版のイデオロギーの始まりなどの経緯”ご存じですよね?そこ抑えずに”まさかイデオロギー気持ちいい’”とか無いよね?)


■ちょっと話逸れるかな、
『BABYMETAL』の反響動画で最近ちょっと話題になったものがあってさ、
調律師が反応しますって日本人の動画ですが、
(全く予想だにしていなかった作品を前に)
途中から「おい、なんだこれ、どうなってるんだ」と涙が抑えられなくなり、
そこは評論動画ですから、
(それはそれとたばこに火をつけて)涙流しながら”その状態を無視するように”語るんですが、
 ↑
これが評論だと思うんですよ、
『興奮』をそのまま興奮して(スゲー連呼とかで)伝えるのでは”無く”、
自分の興奮さえ音楽的に分析しながら伝えようとする。
(最近海外のリアクターにも同様事例があって「お前はSUMETALのお父さんかw」みたいなさ。彼は珍しく動画の最後に別撮りの解説をつけていたよ。)

評論だとか識者の論説で「自分の『興奮』を興奮ネタとしてお伝えしたらダメだろ」w
前述の調律師の動画は最後に(画面の向こうの視聴者に向け)以下のように語り、終わる。
「これさ、みんな泣くんでしょww、笑いながら感動しながら泣いてるんでしょ」
(ここ、ニコ動ではコメント「はいそうです」とつら〜と流れる)

時に絵画や写真家の作品ってのも(被写体)評論の一種だと思うのね。
俺はyoutubeなどにおける反応・評論”を独立した作品”だと考えている(二次創作の一種)。
(反応する素材が無ければ何もできないじゃないかって意見あるかもだけど、それ言うなら絵画も写真も著作権は被写体の方にあるって話になっちゃうからさ)
 ↑
映画評論によくある”ネガティブ評論”の一部は”妙に不快”だったりするのだよ、
(ほら、最初から興味も無いのにネガ評論の炎上目的みたいなヤツ)
画家が不快なものを不快だから適当に描くとか無いよね。
(不快でも高い問題意識からあえて描くってのあるじゃん=高い関心度が前提)
有能な映画評論家って、嫌いだったり不快に思う作品も雄弁に語るから。


●個人が個としてそれをどう思うのかって作業は
やっぱ、どこかに『賢者モード』ありきだよな
(個として独立していればそれが可能だと思う)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 17:04 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0