2020年05月04日

人格、パーソナリティー、ペルソナ(ユングはやらんからな)とかあるけれど

「オオカミはウサギを狩るもの」とかさ、あるじゃん
人物としての素性のまたそれ以前の生物としての素性ってのが。
なんだか、人間の考えるご託には「レーゾンテートル」などに代表されるような、『自意識』の人としての僕みたいな部分を核というか、コアというか本質みたいに捉えがちだけれど、
(そら当事者にとってはそれでいんだけどさ)

たとえばペンギンを見る時に、
はたまた魚類全般の生存競争や進化のプロセスを見るときに、
パーソナリティ以前の主としての習性があって、またそれ以前に有性生殖生物の市場最適化原理というか仕組みがあるでしょ(そこの中間に個としての生存競争もあるけどさ)、
●そんな全体像としてのビヘイビアを考えるとさ、

個のプレーヤーとしてのパーソナリティーってのは、枝葉末節なんだよね
言うまでも無く、
「俺が誰」ってのはミクロであって、マクロには「人類ヒト科」ってカテゴリあるんだから、
(ミクロはマクロの枝葉末節のことでしょww)

「どうだっていいことだから、どうやってもいいのだよ」
 ↑
ここは哲学論争になっちゃうけどさ、
(別段進化を是としているワケでは無く、まーちょっと運命論的解釈としてさ)
それでも尚(マクロなビヘイビアに対してすら)『抗(あらがう)』のが『自意識』だとするなら、
●ぐるっと回って「レーゾンテートル」ってのは、

結果、何にも意味が無いのだろうという前提の中でも、
「俺が誰」って問いをあれこれ・ゴリゴリ考える様それ自体が(またぐるっと回って)種としのてレーゾンテートルに合致するでしょ(でなきゃ種に進化なんか起きないから→「無限に続く個と個のせめぎあいこそが進化の原理」なのだから)。

実存主義哲学における”不条理”論ってのは、
かといって全ての個が(意味が無い事無限大だと)それを断念するならば、種として終わっていると(進化の可能性というマクロの全否定)真っ逆さまにダウンしちゃうワケなのだよww
 ↓
だとすると、その反対は?(人類が種としてもテイクオフするじゃないけれども)
 ↓
■「当人の感覚的には、どう考えても全く意味の無い事に拘り考え続ける(『抗(あらがう)』)様」が、【最強伝説】なのさ(笑
 ↑↑↑
このアホみたいな禅問答の答えが、
「不条理こそが、自己の実存証明である」って筋立てになるのであって
(文学的には神がやれどうこうとかでめんどくさいから、そこは生物学的合理性に置き換えるのが中立的でわかりやすいかなと、)

岸田『唯幻論』心理学的にはさ、
所詮『自意識』が観測している世界はVRなんだし、
「この世にどうでもよくないことなどない」から
「どうだっていいでは【無く】」→「どうであってもいいから【命賭けて選べ】」に転じるワケで、
その様子はいずれかの方角なりを正解みたいに指し示すものでは”無い”ので、
 ↑
この動作の様子を客観的に『抗(あらがう)』と表現しているワケだけれど
(『抗(あらがう)』って言葉は単なる独自の説明方便)

現実を舞台にたえれば
『抗(あらがう)』を”踊る”と置き換えてもいいのね、
うんでさ、
「その時にどんな踊りをっ!」って部分がパーソナリティーなり人格って事なんだが、
(ここでユング心理学的発想は完全排除でおながいしまふ)
マクロで言えばさ「枝葉末節でどうでもいいこと」だよね、
(文化人類学ならどこぞの土人がキテレツな踊りを踊っている程度の意味)
しかし、それ当事者(ミクロ)にとっては命賭けで一番大事なことなのさ、
 ↑
<ここ経済学と全く同じだからな>


日銀がノーリミットで国債引き受けますよって何百兆の話している時に、
僕の財布の1万円は枝葉末節過ぎるほど(砂粒以下の)末節でしょ、
しかし、当事者個人とちゃさ「その1万円が大問題じゃん」
同時に”だがしかし”マクロの貨幣論として見た時にもそれは同じ1万円であり、
1万円ってのはさ、俺の1万円である以前に流通している貨幣なわけさ(こっちが本当の意味の1万円の素性)、
●「さてそんな枝葉末節の1万円なのだから、どう使ったって構わないのだが」
「何に浪費しようがどうでもいいのでは【無く】→「どう使ったって構わないのだからこそ(俺の自由だ)【命賭けて使い道を選べ】」」に転じるワケさ、
(どうでもいい事だ《不条理》の理解が→俺の自由を明示してるんだよ)
その先に?→(需要動向が求める先に)発明もあるワケでしょ

ここは生物学で言うところの
「所詮人類ヒト科」からの「さて(待ってました)そんな”どうだっていい個体に過ぎない”俺だからこそ〇×▽□!(自由にこんな考え)」となる
 ↑
究極の個人主義や個別性は(健全なミクロ経済学)、合理的な(種としての)普遍的社会性(マクロ経済学の前提条件)である

(つまり個人主義と社会性や公共性は矛盾しないのよ。反対に「妙なドグマ共有による社会主義」は、全体主義《その正体はエディプスコンプレックスと承認欲求》を招き入れる毒水となる。)



<<<<オマケ>>>>

■この全体としての逆説論は同時に『共同幻想』の構造分析を可能とする
(その逆:前述の反対だから)
「どうでもいいなんて”あってはいけない”、世の中にはこうあるべきって標準なり基準なり価値判断(いい悪い)がある(ドグマが必要)。それを重視してこそ(だからこそ自由は制約され)何者か(役職名)として権威に認められる。誰に認められることもない好き勝手な振る舞いは1mmの意味も無い。」
 ↑
個が個で実存しない(許されない)から、
その埋め合わせで(取引で)
「(存在意義を権威に依存し)その意味を教えてあげましょうね」=”社畜”
(※言っちゃなんだけど、限りなくそんな世の中は人権侵害上等社会なワケでさ、、これの極端な《反動化した》事例が「共産党独裁全体主義国家」←ジョージオーウェルがUKインテリジェンス工作の一環で書いた名著「1984」だよね)


そんな『共同幻想』世界観に、さすがに嫌気がさしてきた『歩留り』階層が、
(もう我慢ならないとばかりに)
『共同幻想』社会全てを=「ブラック企業」と命名したのだよ。
(これ以上続けるなら、実は”非適応個性派である『歩留り』の”正体カミングアウトするぞゴラァって感じ)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 19:52 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0