2020年04月25日

ちょっと緊急でコロナPCRの補足(松田さんの情報はやはり使える)


今日かな池田ノビーとの対談があったのだけど
特番『いつまでやるのか?緊急事態宣言』ゲスト:潟Aゴラ研究所代表 池田信夫氏氏
https://www.youtube.com/watch?v=iPPyRe57B7Q


松田学氏のいつもの「名医とも呼ばれている医療関係者情報」の話で
(先日松田氏は意図的にデマサイド《ナビスタ軍団》の対談をやっている)
「PCRは(遺伝配列を指定するプライマーsの設定により)正確だよって話もありますが、僕の友人の名医の話だと」で切り出した話が凄くわかりやすい。
 ↓
(これさナビスタ派がやってんのって意図したパラドックスだよね)
●ここが武漢ウイルスですって明示できそうな遺伝子配列をプライマー設定して「はい一致しました陽性です」ってのがPCRの仕組みだが(それでも精度は100%では無い)、

そ も そ も それ以前の話として

人類は世界に存在するコロナウイルス全ての遺伝子配列を知っているワケでは無い、
その上、ウイルスとは常に遺伝子配列変異する生物なので、
 ↓
「ここが武漢ウイルス特有の遺伝子配列ですよ」って箇所に類似性のある未知のコロナウイルスが存在する可能性を否定することは100%不可能、
(※そらコロナウイルスの風邪ならウイルスの配列も症状も似ているワケで)

わかりますよね?
●「地球上全ての(将来変異する未来の可能性も含め)コロナウイルス遺伝子図鑑」でも存在しない限り「ここの遺伝配列は武漢特有だから」と断言できないって話。
 ↑
せいぜいが、人物の特徴として「口元にほくろがあります」程度のものでしかない。
(そら今から生まれる新生児含めて、その辺にほくろのある個人は山ほど存在する)
 ↓
しかし犯罪捜査や、身元不明遺体の判定でそういう特徴使いますよね?
その条件は
「それ以外の状況証拠で、母数としてここからここまでの人物なんだろうと絞り込まれている場合」
 ↑
これがPCRの検査精度を上げる話と同じなんだわ
「(どこのコロナウイルスでも風邪の症状は共有なので)あーこれは武漢かも?と疑われる特有の肺炎症状がある場合の検査に限り」→PCRは有効なんだわ。


●つまり絞り込み(状況証拠)が甘くなればなるほど
「警部!口元にほくろある人見つけましたっ」って部下の報告が100件も出てきちゃうって話さ
(偽陽性、亜種)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 19:51 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0