2020年04月17日

今からコロナのその後をちょっと考えておく

『worldometers』見てる人は既に”終わったな”感あると思いますが
https://www.worldometers.info/coronavirus/
世界的に感染者死亡者とも低下し収束の気配です
(※皮肉な事に医療崩壊が起きて無駄なPCR検査できなくなると収束していくという、、)

日本はカーブを緩やかにして裾野は伸ばす(緩いカーブで長期化させる)手法なので目に見える収束は世界より少し遅れてくる計算です。
(どっちにしろ幾分かの感染をワクチン的に広範に広げて免疫獲得者を増やしておかなければならない)
ちょっと話逸れますが、突然消え失せたSARSの謎ですよ
いちおう宿主がいなくて消え失せたって事になっているんですが
(中国が発端のハクビシンやらを絶滅させたって話←これを中国人が食うから伝染したんだが)
ウイルスは宿主と共存共栄が目的なので、本来軽症にしかならない。
ところが別種の生物に感染してしまうと「それは想定外」なので、軽症に抑えられず(共存共栄の仕組みがうまいこと機能しない)重症化して亡くなったりしてしまうワケです(これはウイルスにとっても実に困ることで)、

●重症化するコロナってのはウイルとしての失敗例
コロナとしても(本来はコウモリだったかな)「間違って人が感染してんじゃネーよ」って話で、
どんどん変異もするのだが、そらウイルスとしては「重症化しない方向に変異したい」ワケ、
SARSはそれに失敗して多くに感染できず死滅したってことかしらね、
今回の新型コロナは無症状の成功パターンを持っているので「そこそこいくで」って事でしょう。
※現在のところ「感染力の秘密」や「重症化の仕組み」がはっきりわかっていないので、ワクチンよかそっちが鍵な気もするね。「感染しても全員無症状」となればウイルスとしても願ったり叶ったりなのだし。

なんでしょう「無症状にしかならない感染方法」でも発見できれば、
意識的に感染することにより=ワクチンですからね。
案外(意外な方向から解決策がみつかったりして)収束ならぬ終息は早いかも知れません。
コロナもそう願っていることでしょう、
(※中国のことだからコウモリと断定できたところで絶滅させるかも知れませんが)


■<<<<占い師きゃネーから、あくまでもDATAから見た推測だが>>>>■
この騒動の最初から言っているように、
今回の新型コロナは
「インフルより死亡率は高いが、感染力は低く(しかし無症状や飛沫や《人やモノにより媒介される》接触感染に特化した特徴がある→接着力というかタッチするとウイルス量が過小でも感染する的な)、持病があるなどで免疫系に弱点があるとおしなべて肺炎になってしまう風邪」であって、欧米のようなPCR検査の勘違いさえしなければ医療崩壊も起きない。
(被害の全体像としても季節インフルと同等程度:高齢者や持病のある人を除く)
なんとなく世界的に収まっていくだろうと思います。

※1あくまで医療関係者の間の”噂”だが、過去に動画紹介した松田研究所:松田学氏情報の説(実は武漢では無く地元コロナによるただの風邪患者も多く陽性判定されている可能性)が有意なものであった場合『感染症対策専門家会議のDATA:感染力があるのは常に5人に1人って話』は下手すると他4人は地元コロナで(ただの風邪)←これを前提に計算し直すと今回の新型コロナのDATAは想定以上に致死率が高く、同時に現在のDATA以上に実は感染力が低いのかも知れない。←ここはなんとも言えない。
(俺も医療関係者から同様の話を聞いている→しかもその人のネタ元は地元の感染症指定病院で新型コロナ対応している医師)
 ↑↓
※2上記の説が仮に正しかった場合、無症状感染者は全く集団免疫の役に立たず(実は地元コロナのただの風邪感染者かも知れない)、同時に本当の感染力は低いのだとした場合(院内クラスターでも引き起こさない限り基礎的再生産率がそもそも1程度とか)言うほど集団免疫が必要ってものでも無いかも(CTで新型コロナ特有の肺炎が確認された患者のみ個別に特殊な非接触隔離を検討するなど)。←とにかく今回の新型コロナはこの辺の真偽がはっきりするまで「相部屋での入院は厳禁」であり、無症状・軽症者は入院では無く必ずホテルや自宅などの隔離がベター。


※ちょっとすご〜く話逸れるけど(武田教授のウイルス領地論→既存のウイルスがいる状態だと新規ウイルスは後から感染できない:同時並行流行できない法則、事実今年のインフル感染は例年の4分の1と激減中)、
うがった見方かもしれないが、とっととインフルエンザに感染しておくと(喉の感染領域がインフルの領地になるので)コロナにかかりずらいって事にならないか?
【冗談みたいな話だが】→ワクチンは間に合わないが無力化改造されたインフルエンザに”継続的に感染させると”(無力化インフルスプレーとかでさ)コロナに感染しにくいって事にならネ?
「インフルエンザバリアー論」(案外マジに言ってんだけど話逸れすぎたな、、、)



●季節が変わって南半球でって意見もあるが、まあその頃にはワクチンの実験も相当進んでいることでしょう(PCRの問題も周知されてくるだろうから、更に拡大を抑えられると推測)。
ブラジルのボルソナロもワクチン否定派じゃ無いからね。
 ↓
ちょっと話逸れるけど、
一部の検査検査って話の裏には検査キットで設けたい企業の思惑も無いじゃないと思う。
つまり「ひょっとしたら天文学的な利益をもたらすかも《世界的トンデモ大感染》」って可能性の減少は(企業も落胆するワケで)、検査検査の動きを停滞させますから。


ある意味不幸にも医療崩壊などで亡くなった方の原因は
ひょっとしたら、
●「誤った報道を続ける(パニックを煽って商売にしている)左派メディア」という可能性があってだな
 ↑
この点は社会学的な部分なので、感染症研究者の声としては出てこないと思うのだけれど、
「仮にコロナは収まっても、(原因となった)フェイクニュース・メディアが残っているので、世界の危機が終息したとは”言えない”」

今後、このメディアの問題はどうなるんだろうね、、、
ネット中心に拡大している右派メディアが勢力拡大すれば解決するか?と聞かれれば、
残念ながらそうとも言えない(単細胞な反動的右翼って存在も少なく無いのだよ)。

本来リアリズムとかジャーナリズムってのは、主として(誰とも利害の共有の無い)『単独者』の領分ではあるのだけれど(故に左翼メディアはヤバいのね=ガチ『共同幻想』系になるから)、大規模化とかさ大手法人とか、「GAFA」みたいな提供側とは相性がよくない。
youtubeなどで個人商店小規模メディアだからこそ生きるタイプであって、
社会的に拡散周知させる機能(グローバリズム)それ自体と『単独者』は相性が良く無いww
 ↓
●俺が一時RSSリーダー的なものに期待したのは、
AI編集者のようにさ、膨大なネットからトピックを集め”まとめサイト化”が進めばなと、
(だめぽみたいな若干偏りつつ、記事が重複とかも無く、自動翻訳で世界から情報を取得)
そんな感じに思っていた。
動画にしても、これ自動編集で繋ぎ合わせりゃ24時間配信ぐらいできっかもしれない。
と、思っていたんだが、うーんなんとも、、

少なくとも広告剥がしにビビッて自主規制ばかりになっても表現が委縮するだけだから、
ベーシックインカムやらでフリーエコノミーの基礎インフラが整ってからの話かな。


そういう意味で、
次回は”実はちょっとダメなところもある”と前述した、
「ネット中心に拡大する右派メディアは既存メディアのオルタナになるだろうか?」考えてみたい
(そのままだけど”期待も大きかっただけに残念な記事”になります)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 18:36 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0