2020年04月04日

言語学じゃないからの続きで”美術の時間”でもVR論を補完しとこ

これで三回シリーズってことで、
http://kagewari.seesaa.net/article/474348335.html
http://kagewari.seesaa.net/article/474367456.html


『現実認知』ってものが
(生き物にとっての現実認知の仕組みが電気信号化されて脳内で上映される映画なのだから)
まったくVRと同じだって話の続き、
(脳内で編集され効果音付きの映画を観るように認識していると言ってもいい)

●このネタも過去記事に書いた話なんだけどさ
「絵の描ける人、描けない人」
 ↓
「大真面目に真剣に描いているのに、デッサンが小学生の悪戯書き程度の人」
凄く沢山いますよね、
(ちなみに俺は最近の腕前がどうなのか知らないが、小中と顔パス図画工作5なので”描ける口”)
後さ、
形態模写が(モノマネ)得意な人、苦手な人もいますね
(ちなみに俺はそっち系も特異な方だと思う。即座にザーマス言葉で話せたりもする。方言の模倣も得意な方だと思うよ)

「その違いって個別の能力じゃないからな」
マジ、その人の脳内のリソースに”それだけの情報量しか無い”ってこと
●事実、デッサンに関しては画面を24分割など分割してから個別にそこだけ書くと普段の絵が小学生の悪戯書き程度の人でも驚くほど写術的になる。
(多分、方言なんかも”ひとことだけ”ならイントネーションの真似ができる)
 ↑
何故1080pHD画質で入力されてんのに、脳内で”数ビット”みたいなことになるのか?
(これさ、逆説的に言えば絵の描けない人は、実は脳内のめくるめく小学生の悪戯書きアニメーションに一度置き換えて事象を認識しているようなものなんだわ。←リアルタイムに見えてる感じはHD画質だけど、脳内に認識される事象が大幅に劣化してるってことね。)
 ↓
何故って、必要にして十分ならドンドン圧縮して軽いファイルにした方が都合がいいからだよ。
(※事実、サバン症候群のひとつなのかもだけれど、直観像記憶といって見たものを常にHD画像で取り出せる”症例”がある。言うまでも無く極度のトラウマ耐性の脆弱さにもなるし、脳に対する負担も大きく「病気」の分類となる。)

脳科学系の推測だと、
「人の顔」ってものほぼほぼ(通常の人は)「〇▽□」に簡略化され(その程度の情報量だけで)格納されていると考えられている。
(多分、犯罪捜査のモンタージュ作成も”輪郭から”みたいな、〇か▽か□か?の大枠から詰めて行き、個別にディテール《その中にまた更に〇▽□がある》掘り起こして描いてるんじゃないかな。)

そんだけいい加減なんだよ(笑

●現実認知において”偶発的に起きた事象を”「かくかくしかじかでこうだった」と断言できることなど”ほぼ皆無”だと言ってもいい。
(故に、犯罪捜査における目撃証言の聞き取りは、詳細になればなるほど「何故そんな事を覚えているのか」《同時にそれが予断とならぬよう”個人的利害と無関係”であること=第三者性》の説明が必要になる。←これを説明できない場合信用性が無いってこと。)

自意識過剰でテンパってる不良やチンピラの名台詞
「ちょっと待てお前、今何言った、もう一遍言ってみろ!」
 ↑
よく聞き取れていないんだわww
(Pardon?)

親しい間柄の会話(もうこの段階で『共同幻想』チックだが)でも?
予定調和の「だよね、そうだよね」話は快調だけれど、
誰かひとりが(掟破りの)
「自分の個人的意見を言ったらどうなる?」
(それは予定調和の会議における唐突な意見みたいなことになる)
一同「えっ?(ちょっとまってもう一回)」
 ↑
ほんとに何て言ったのか聞き取れないんだわ(Pardon?)
てか『共同幻想』オートモードだと事実上(話の中身とか)何も聞いていないから・”そうだよね”を返すリズムを取っているだけ(最後は”お疲れ〜”の一本締め)。


●視覚・聴覚情報も同じです、
(『自意識』ダウンの日常モードの場合)
「あれっ今なんか〇〇しなかった?」
「さっきすれ違ったのってもしかして〇〇さんじゃなかった?」
「えっ、今アラームの音みたいなの聞こえななかった?」
「なんかさっき外で話し声みたいなの聞こえなかった?」
 ↑
(『自意識』覚醒、オンタイム『自意識』マター状態ならまだしも)
『自意識』寝てて日常モードだと、
チラっと何が見えたとか、何か聞こえたとか”何か”までしかわかんないから。


<<<<では日常性って何ってことになるのさ>>>>
ちょっと深い話になるけれど、
ある意味「見たいものを見ている、聞こえると思っている音を聞いている」んです。
(前例主義、見慣れた日常映画の繰り返し上映)
 ↑
こうも考えられないかい?
「そうに決まっている」と、予めシナリオあってテンション掛っている時、
(極端な例:ここには幽霊出ると決まっていると強迫的に思っている場合)
「そうなると思っているものが見える」んです(マジに)。
 ↑
そういう動画配信システムがさ、脳内で稼働してんだから。


●この話すっとさ、またメンタルがとか「強迫心理」の話かって思う人いるかもだが、
違うから(そこも含むだが)、
そうと限らない話だからね、
この予断の典型例は(メンタル云々です無く)以下のケースだよ

「誰々はいっつもミスすんだよ、係長としてしっかり管理しなければ」←などと強く思っている時
「あーーーまた、お前だろ!!」←係長の脳内には本当にそう見えたんだってば、
「なんですか、いきなり私じゃありませんよ」←これもさ、係長の後ろから聞こえてくるぐらいのインパクトじゃないと信じてくれないから。
 ↑
ここ凄く重要で、信じてくれない=係長は自分の”見たもの”をぜってー現実だと思っていて、少々の物的証拠を見せられたぐらいじゃ、話を覆さない(そんぐらい”そう断言できるほど”本当に見たんだよ→脳内の映像をさ)。


冒頭どっかで書いたココ
 ↓
【犯罪捜査における目撃証言の聞き取りは、詳細になればなるほど「何故そんな事を覚えているのか」《同時にそれが予断とならぬよう”個人的利害と無関係”であること=第三者性》の説明が必要になる。←これを説明できない場合信用性が無い】
 ↑
本人の心象として「断言できます、自信があります」って部分は何ら信用性に寄与しないのさ
間違いありません的に興奮していたとしても、上記の証明が無い限りその証言には信憑性が欠ける←と自分自身で考えなくちゃいけないのよ
 ↓<ワカル?>
「あれ、(一拍置いて)ちょっと待ってください(確認走査開始:興奮鎮静化させて一度第三者になる)」
 ↑
即レスNGの法則とか「反射認知は間違いだらけ説」の根拠でもある)


●まず人間に限らず、生物ってのは現実を直接知覚・認識することは【できず】
(一度電気信号に変換された情報を)脳内スクリーンに上映したものを見てる。
人間に認識される現実とはVRそのものであり(効果音なんかも余裕で流れる)
よっぽど覚醒した『自意識』が、リアリズムの追求として(余談に流れそうな無意識的な投げかけに)抗うスタンスを保ち続けることで、
どうにかこうにか”現実方向”への姿勢を維持できる程度の事なんだってのを忘れてはいけない。
(人間が幻想世界の住人だから岸田心理学は『唯幻論』なワケですよ、)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 16:48 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0