2020年04月01日

何度か書いてるネタですが「現実世界はそのまんまVRです」


何故って
「音楽を聴いて感動する」<終わり>

、、、さすがにそれじゃいかんだろうから補足していきますが、
●これを説明する上で一番わかりやすいのが、
ドラマ・映画・オペラ・バレエ・ミュージカル・芝居etc、、
登場する背景音楽です(舞台でいきなり歌い出すのもありますよね)
そんなエンタメに「リアリズムがある」なんて感想言えちゃうんですよ、

そりゃね、
現実世界が脳内でどれだけ編集されCG付け加えられ、BGMが流れ見たことも無い世界の話に認識されとんのかって話です、
漫画などで有名なこの効果音も
(驚いた時)
『ガーーーン!!』←本当にそんな音なるワケが無いのですが、
これほど広く「そうだよね」と受け入れられている”非現実のリアリズム表現”も無いでしょうよ

「現実をそのままの現実で認知している生物など地球上のどこにも存在していない」
「全ての生物が見聞き体験しているのは、一度電気信号に変換された脳内世界である」
 ↑
これは学問的にも動かしようの無い事実で、
(しかも厳密に言えばタイムラグまであるときたもんだ)
人が現実と認識している脳内世界は完全にVRと同じものです。

ま、他にも
「色眼鏡で見るなよ」←なーんて言葉もありますね、
(お前脳内にどんだけ偏向レンズフィルター持ってんだよ)
先入観だとか既成概念やレッテルってのも、
脳内ではテロップが表示されているって話で、

<<<<正直なところ、>>>>
「放っておけばどこまでも偏向してしまう脳内認知を『自意識』の関与で、どこまで本当の現実に近づけることができるのか」って話なんですわ、
 ↑
こうなってくればですよ、
●いっそのこと「考え一つで現実などどうにでもなる」と思ってしまうほうが楽です(笑
(何がなんとか寄せの法則ですかっての、、、寄せるも何も脳が想定できない事は現実に存在していないのと同じなんだから→”信じられないこと”←信じられるかって言ってんですよ、在るか無いかでは無く、信じなかった場合それは無かったことにもできるって怖い話でさ、、)

●勿論その反対もあります
「現実が(ありもしない話なのに)”こうでしかないと思ってしまう”」ってのもある、
(連日脳内で「悲劇・惨劇・不快興奮ネタ振りドラマばかり上演してしまう」リスナー)

まーね、確かに、
「面白い事を探すより、それを面白いと思ったり考える能力のが【確率論的に堅い】だろうね」

<と、この原稿は次回に”つづく”内容《前説》となっております→次回必読




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 15:31 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0