2020年03月25日

「都合のいい”取巻き”論」のおさらい


”取巻き”の話は各所で書いているんだけど(サイドバーにもあったかな)
かなり重要な話なんで、おさらい的に書いておこう。

通常この用語は「「強迫心理」に都合のいい”取巻き”」などと表現するんだけれど、
「『共同幻想』の”取巻き”」でも意味は同じ。
(『共同幻想』と「強迫心理」の違いは”その概念が共有されているか否か”の違いだから)
概念としては『共同幻想』用語と考えてもいいのかも知れない、

●この言葉のネタ元は「ホラー映画の『オーメン』です」
実は悪魔のダミアンを守る悪魔教信徒の配下の呼称(翻訳前は何て言っているのかは知らん)
この”取巻き”は劇中でダミアンも知らないところで信者として次から次と現れるんだけど、
(ダミアンを守り立派な悪魔に育て盛り立てるために)
「特定の自我であることを望む見知らぬ賛同者」ってところから”取巻き”を引用してる。

『共同幻想』や「強迫心理」の場合、
揺れ動く自分の本音が出ちゃいそうな時に(ご存じのように『共同幻想』ルールでは個人的意見の表明はご法度だから)
「やっぱちがうかしら(疑問や個人的意見なんて持っちゃダメだね)、きっとこうなんだよね」と投げかけると、100%「ですよ、そうだよ」と返してくれる一群の事。
この辺の概念はフロイト岸田というより、
(アンナ・フロイト参考にした)自我防衛論の一解釈なんだけど、
●無意識に周囲の同調圧力を自分の自我『抑圧』に利用する自我防衛行動と考えている
(『自意識』共犯の一種)

昭和で言えばさ
「悪い友達と付き合っちゃダメよ」「友達は選びなさい」
なんて言葉に代表される
「友達は『共同幻想』同調圧力メンバーで固めなさい」的な、、悪く言えば”洗脳”さ、
個性化を抑制し、自我を”普通の人”なるモデル人格概念に押しとどめようとする試み。
 ↑
それが昭和までのオンザレールな時代なら、まだ一定の合理性はあったと思うけれど、
現代社会に代表される”ウザいSNSの仲間(相互監視で秘密警察化みたいな)”的に、『歩留り』時代の昨今では嫌煙というか半ば嫌悪されており、実態は「『共同幻想』崩れ」に属する。
(典型例がDQNの”グループ”)

更に言えば、昭和の時代なら「友達は選びなさい」にあるように、階級であるとか属性で同質性のある(できればワンランク上の)仲間を”選ぶ’ことが前提となっており、
それは一種の”スカウティング’なのね、
でー、この話がやっかないのは、
(文字通りオンザレールな『共同幻想』自我なら同胞見つけるだけの話になるんだが)
●当該人物が「強迫心理」の抑圧に悩んでいる場合、
(「強迫心理」って子供自我であるパターンが大半だから、自分の階層を低目に見立てるってかさ)
なんか「え、どうして?」な仲間をスカウティングしてしまう場合が少なくない。
その背景には、自分の「強迫心理」を周囲と共有できず(『共同幻想』化しない)、周囲と共有できない様から(自信喪失じゃないけどさ)、「低きに合わせる」みたいな傾向になりがちで、
皮肉な話になるけど、
昭和で言えば「自ら悪い友達をスカウティングしてしまうみたいなケース」が起きがちなんだわ。

気が付くと周囲はロクでも無い”崩れ”仲間で一杯みたいな(笑
 ↑
この様子が”取巻き”ってことね
(「強迫心理」からの離脱を考える場合、真っ先に縁を切るべき連中)


「強迫心理」の企み的には、
事あるごとに「強迫心理」にとって都合のいい答えを「こうしなくちゃダメだよね」的にやたら言ってくれる仲間達って関係性になる。
(そういう意味でもこのブログでは【知人の話】は規定でNGとなっている)

「でも、私の知り合いはみんなこう言ってます」←このパターン凄く多いからね、、
(いやいや、そのどこの馬の骨とも知らない一般ピープルの見解は何の論拠にもならネーからなって話を延々しなくちゃいけなくなる。)
カウンセリングの現場的には「実にやっかいな存在のひとつ」



<<<<今回のED>>>>

そりゃ「オーメンでしょ」ww
と思ったんだが、youtubeで見始めたら「もう怖い」観られません
チラっと観ただけでもう「怖ぅえ〜」なもので、、
(だったらサウンドトラックにしようかと思ったら二度怖いww)

やめだ、やめだっ!!
Buddyの検索で即効出てきた坂本真綾さんのアニメ主題歌にしよっ
(Buddyが取巻き的かって聞かれると全然違うかもだがどうでもいいですww)
急いでさわやかな方向に振りましょ
「Buddy : Sakamoto Maaya」
Last Exile - Fam, the Silver Wing OP Full



(本職声優である坂本真綾さんは普通にポップスシンガーとしても一流、作詞もされてます)
坂本真綾と言えば菅野よう子さんとのコンビが有名
「奇跡の海」はアニメ主題歌離れた(ロードス島戦記)名曲でしょう
Maaya Sakamoto - Kiseki No Umi - Record of Lodoss War


菅野よう子コンビでもう一曲(もう泣ける)
Wolf's Rain - Gravity



Waiting For The Rain Maaya Sakamoto←こちらも好きです(スウェディシュポップ)


ようやくオーメンの残像消えたところで、御粗末っ




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
タグ:取巻き
posted by kagewari at 15:38 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0