2020年02月14日

リクエスト関連(一応友達とは遊んでますさん”言い得て妙ですね”)


一応友達とは遊んでますさん
>ももちさんの事を酸っぱい葡萄の理論で願望を否定してると仰る方もいましたが(そう見えるのも分かるので非難してるわけではないです)、私はももちさんの仰ることも分かります(独裁政権とは違うけど)。親友や気の合う仲間と遊んでる時は楽しいんです。でも輪の外から眺めると、遊んでる時の高揚感、一体感、楽しさ(興奮)などが北朝鮮マンセーのほれともかぶって不気味にも感じます。どちらもドラック吸ってハイになってることに気づいてない(洗脳?)か、わかった上でドラックで一時的に気を散らしてるのかなとも感じます。

■大方”あたり”です

そもそも『共同幻想』が提供しているその概念(たとえばキリスト教における隣人など)、
これはトータルで意図した『共同幻想』概念を構成するための要素で、
(不倫に対する倫理感なども→『共同幻想』適応系婚姻を是とするための裏返しですし)

一般言語で使用されている「友人」という言葉は、根拠となる『共同幻想』的解釈における概念とワンセットのもので(目論んでいる上位概念の目的達成のための一要素である)、
「友人」って言葉だけ切り取って話を展開すると”ワケがわからなくなる”のです。

友人の概念には「同じ『共同幻想』社会の構成員同士は争ってはならない」的な部分に始まり、
『共同幻想』が組み込んでいる(労働や権威に対する忠誠など)ストレスにあてがう(不利益を補填する)その発散(享楽でもいいですが)これで構造を固めます。
(労働と同時に遊びのインセンティブをワンセットで提供する)

結婚の祝福や(性行為の許認可・不倫を罪とするのはこの許認可権力がグダグダになるため)、祭事の主催(飲酒他享楽の許認可・現世利益的にマジに実施しようとした例が米国の禁酒法)、
●適宜「『共同幻想』主催(ないし準備した)快感『興奮』を提供しまっせ」
でパッケージとなってます
(勿論、この快感『興奮』はドーパミンダダ洩れなイベントとして企画されてますので、脳内ドラッグにより快感が認知されます。「ハイになる」で正しい。)


以下のようなキャッチコピーもそうで
「若者たちと言えば、大切なのは友達ですね?さあ友達とどこに行こうか?海水浴?登山?カラオケでしょうか?私達『共同幻想』グループはそんなあなた達のために画期的な、、、」
(※ですからももちさんがそれを共産主義における儀礼をたとえに出してダメダメだろってアリですか?の着想は間違っていません、むしろ正しい。)
 ↓
言うまでもなく欧州発の『共産主義』は、キリスト教反動ですから「鏡の表と裏みたいなもので根っこは同じ」ものです。
近代における教会権力の祭事が、北朝鮮のマスゲームと論理的には同じってのは同じ。


●私が「ちょっとヤバいかも」と指摘したのは、
共産主義の更に反動化した主体思想の北朝鮮が何故連想されたのか?です、
(本家本元のソ連共産党もあそこまでカルトじゃなかった)
 ↑
言えば、反動の反動(二段階)でしょ?
それだけエスカレーションされている”対象”が、連想イメージに選択されている。

ってことは、

ももちさんにとっての『共同幻想』(いわば”一般社会”などの言葉に何段階活用みたいな手法で認識されているコアの部分:組織の結成趣旨みたいなもの)、
それが既にエスカレーションされた対象でハマっている。
 ↑
『共同幻想』にカウンターあててバランス取ろうという狙いはOKなんですが、
(カウンターあてるだけなら”罵詈雑言”だけで十分機能する筈なのに、)
そのイメージは「暗韻として独裁者の全体主義的権力の存在を(肯定では無いが)”認める”」リスクがある(その後ろには悪い独裁者がいるんだよと)。

●ここで問題です、
ももちさんの強迫的意識の元ネタがなんであるのかはわかりませんが、
圧倒的権威・権力と言えば?→エディプスですよね?
「強迫心理」解体のプロセスは『反抗期』
で、トリガーとなる着想は?「権威の否定です」
(「なんだオマエラどこにでもいるオッサン・オバサンやないけ!」←なので思春期『反抗期』には両親に対する暴言なども頻繁に起きる)
※ただし、この『反抗期』の結末は、エディプスの裏返しで「悪の大王」みたいに思ってしまうことが(贔屓の反転でのこき下ろし”幻滅”で)同時に解体され(エディプスコンプレックスの対象では無く”一人の人間として《普通の他者》”再認識)、大人としての行動力を獲得した自分の立ち位置から再定義が行われ終了します(まーそりゃいろいろあるよね的に)。

つまり、なんとなく「悪の大王」の存在を関連事項でうっかり認めてしまう着想は、
「やっぱり、ちょっとヤバい」んですよ(この場合に限り)。


※且つ”非適応個性派”にとって、最初から『共同幻想』主催の(さあ頑張ったみなさんに”美味しいお酒をどうぞ”)快感イベントは「全然関係の無い話」でありまして、、、
●「ヤマザキ春のパン祭り」←この言葉の意図するものが自我の営業形態で全然違うのです。
「あー羨ましい、お皿貰うと嬉しいものだよな〜」
「いや待てよ、パンを売りたいだけじゃないか?」と持った時に〜
「あれは催事に神父が口に入れてくれるあの」←これでカウンター当てようとすると、無意識にってか暗韻としてバチカンの存在がチラついちゃってるワケですよー
 ↑
私はそこがヤバいですよって説明したんです。
(カウンターあてる着想は全然OK)

「これさ、そんなスゲーお皿だろうか?」と『一拍置いて』考える、
「俺本当にこのお皿じゃなきゃダメとか理由あったっけ?」
「バカか俺、そもそも食事はフライパンから直食いだろーがー!!」
「んな皿のことなどどーでもえーわ」←こっちが正規ルートね、


■確かにそういう劇画調なんとやらが、様々な物語の着想でもあるのも事実で、
オーウエルの『1984年』みたいに(実はオーウェルはこの本英国インテリジェンス機関からの要請で書いたんですけどねww対共産主義プロパガンダ作戦)、
社会批判としての表現なら全然OKなんですよ、
ももちさんの場合には、その証言から「適応強迫」が示唆されていたので、
その状況となれば「ちょいリスクになりまっせ」の解説となったというお話です。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 23:08 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0