2019年12月23日

リクエスト関連(ゆうき「『共同幻想』論読んでない?」)


ゆうきさん
>不快にさせたならすみません。教えてください。所謂カタギの社会生活で得た話にろくな物はないのであれば、共同幻想適応者が何故面白味や深みがあると興味を持って話を聞くのでしょうか?清掃しかできない友人やニート歴が長い私の話は人生経験がなく、誰もが予測できてわかりきった話で、何の中身もなくてつまらないと言われるのでしょうか?話に深みや面白味がある人になるにはどうしたら良いのでしょうか?

ここのブログだと定番中の定番なんだが、
(というか『共同幻想』論わからないとちょっと話にならない)
サイドバー各所に重要記事はリンク出してるのでそれ読んでおいて、

■所謂カタギの世界を構成する概念は『共同幻想』だけれども、
(下部組織に”家幻想”世帯を持つ)
手法は簡単で、
性欲、名誉欲(とその煽り)、生存、酒類他嗜好品の権限、婚姻、他ほぼ全ての快感行動の許認可権を”権威が”持ち、道徳を原動力にその正統性を刷り込み、
都合よく市井の民を欲求不満状態に固定して、
「言うとおりにすれば分配するから」のインセンティブで誘導する構造を持つからです。
(代表例が近代以前の欧州における『教会』権力)
そして「カタギの世界に適応し、その分配を喜ぶ」物語が始まった
(詳しく知りたい場合はそれ関係の「心理学テキスト」読んでください)


この仕組みは近代以降幾度かの宗教改革や(明治維新ほか)リベラル的破壊(文明の進歩にリニアに進行)などにより、現代『共同幻想』崩壊プロセスに至る。
(※世論調査で「忘年会に実は8割が反対」の時代です)


■故に昨今は「腹の底ではカタギの世界なんてものはクソみたいなものだ」と思っている(私の造語ですが)『歩留まり』意識高い系階層が多数派をしめるようになった。
(旧「共同幻想」適応社会は、オンザレールな『共同幻想』”崩れ”なる比較少数派に転じ、いじめ問題などのしょうもないトラブルをやらかしている。)


>清掃しかできない友人やニート歴が長い私の話は人生経験がなく、誰もが予測できてわかりきった話で、何の中身もなくてつまらないと言われるのでしょうか?話に深みや面白味がある人になるにはどうしたら良いのでしょうか?
 ↑
だから最初から言ってるじゃないですか、、
(無意識とは言え)クソつまらない『共同幻想』社会を金科玉条のごとく褒めたたえ、
(これを批判する意見に上から目線で説教始める始末)

社会適応と無関係にナンボでもできる読書など、
哲学的思考や文学的思索をバカにしているからです。
(頭でっかちなつまらない人だとか言って)

とにかく『共同幻想』社会適応できなければ何をやってもダメなんだみたいな、
(それは同時に適応できていない自分は酷く被害者なのではないか?みたいなナルチシズムに結合している。←これが無意識に既得権となり、これを保守防衛しようとしている。→知らない間に忌み嫌う一般社会を批判する意見に何故か顔真っ赤に反論してしまう。)
 ↑
●社会適応など「一番どうでもいいこと」なんですけどね

深く物事考えることに”社会適応”など全然関係無いです。
(※この質問に関しては”今の自分がどうたらとかそんなくっだらい事どうでもいい”ので、)
人間とは何かって、哲学的テーマを真剣に考える気持ちひとつでしょうよ。

(※てかさ掃除のバイトやってる人とかニートな人が面白くないなんて話も根拠希薄です。私の不動産顧客15年の全統計で「最高に感じのいい奴No1」は、井の頭線の部屋に契約した掃除バイトの〇〇君です。二番手が契約には至らなかった某弁護士さんかしら、)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 22:22 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0