2019年12月02日

待ってるんです 『陸上自衛隊パワードスーツ部隊』


冥途のみやげに見ておきたいもの
・国産F3戦闘機
・陸上自衛隊パワードスーツ部隊

やってるやってます
高機動パワードスーツの研究試作(先進技術推進センター)


動画によると活動限界は2時間
背中のバッテリーパックを交換しつつとしても6時間〜8時間でしょう。
うーん、作戦行動としては最低72時間欲しい、、
やっぱりバッテリーなんですよ、
トヨタがパナあたりと開発中の全個体電池(村田製作所も開発中)
コイツさえ完成すれば、

各社2020年には何らかの目途と発表しています。

それが完成すればこうなるんですよ
人狼 JIN-ROH 戦闘シーン


えーよく観ると「あれっ」てことに気が付くはずです
防弾していて撃たれてもある程度平気なら、
相手が全弾撃ち尽くしてから拘束すればいいじゃん(笑

ええ、そうなんですこのやり方なら自衛隊にもピッタリ、
尖閣諸島などに上陸した武装漁民という名の解放軍を死傷者無しで全員拘束できます。
(弾切れ起こさないほどの本格部隊となれば正規の解放軍であるこを隠せないですから。まさか武装漁民が50口径の重機関銃やアンチマテリアルライフル持ってるとか、それはネーだろww)

・陸自「水陸機動団」のパワードスーツ部隊がオスプレイからの急襲部隊として上陸
・異様な外見と圧力に驚いた武装漁民が銃乱射(速攻残弾無し)
催涙弾だけで全員無事拘束と、
(仮に重機関銃などの存在があるなら、そこだけ攻撃。パワードスーツなんで携帯対戦車ミサイルなども複数しょっていってさ。)

急襲部隊の存在は意図的にリークされる範囲で”チラ見”させ、
欧米では忍者だガンダムだと大騒ぎになると。

俺ね、存外無い話では無いと思っているのです、
そら市ヶ谷にも閑職に飛ばされてる実は『単独者』のはぐれ官僚がいるでしょう。
誰かこういう筋書き考えている人いると思う。
いや、いてくれ〜


ちなみに(押井監督は自身で製作したそのキャラクターを「ケルベロス」と呼んでいますが)
人狼に出てくる兵士の元ネタかも知れない存在がこちら
(1937年上海)ガスマスクをして様子を伺う日本の海軍特別陸戦隊(海外の反応)
http://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/archives/39208141.html


b7827d50.jpg

(画像はメディア向けのプロパガンダ用とも言われてるようですね)





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 22:39 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0