2019年11月29日

リクエスト関連(書籍「女の子どうしってややこしい!」さん補完質問)


書籍「女の子どうしってややこしい!」さん
>障害児への虐待が多いのでは?「定型の子は愛しいけど障害の我が子は可愛くない」「同い年の子と比べて出来ないことか多い、普通ではない我が子を受け入れられない」親が多いです。あと健常の子が幼少でも親の喜ぶことを察して振る舞うのは自然なことなのですか?

■そのような有意な統計はどこにも存在していません
むしろ「相模原障害者施設殺傷事件」や、「ナチスの優性思想」への強い批判(強いもクソもそれを容認してたら現代人として「それこそどうかしている人扱い」ですから)、こっちのが有意なエビデンスになります。

実際虐待例の各種事案は、
(赤ん坊対象の育児ノイローゼは例外に←これは個体差問題では無く、人類ヒト科幼児全ての特性に対処できない親サイド固有の課題なので)
刑事事件などに及ぶほとんどの例が
「むしろ殺害された子供が涙ぐましいほどいい子である場合がむしろ多く(生存本能に近いものだと思います)」
だいたいのケースで再婚などで、義父同居の環境含む(いうなれば銀行合併後の双方からのリストラ攻勢みたいな)組織論のグダグダさが原因だったり、
●言うまでもありませんが「親がメンタルに「強迫心理」的課題を抱えているから」発生するものです(子供に対して自己を「投影」してしまうため)。


●福祉社会になる近代以前には、産婆がその職責で”し○て死産と告げる”などのプロ的なんとやらが実在しましたが(当時の『共同幻想』道徳)、
近代以降は、それこそ許されざることであり、
(だってペット相手に人間同士以上の関係性構築できるのですから、関係性に能力的優劣は全く関係ありません。「イヌのくせに足が遅いから虐待」←個体差の問題じゃないですよね、飼い主の人格の問題です。)
(時に奇異の目で見られる、医学上の自閉症患者のみなさんも「実は冷静な中の人がいる」事が確認されており、関係者ならこの筋の書籍など読んでおられると思います。)


■ご質問の問題提起のポイントと思われるココですが
 ↓
>「定型の子は愛しいけど障害の我が子は可愛くない」「同い年の子と比べて出来ないことか多い、普通ではない我が子を受け入れられない」親が多いです。

多分この辺が理解されていないのだと思います。
”親”とは俗称、役職名で、業務です。
「係長として(上から負託された責務があるので)会社業務でトラブっているバイトを叱責するのは職業上の責任で(できなければ自分が解雇・総括されるのですから)」←それ以上の意味はありません。
真性に『共同幻想』適応する人格というのは無くて(ある意味そこまでいくと”サイコパス”的に別の意味になる)「公私混同」なんて言葉があるように、
”親”の業務終わりのタイムカードを押しちゃっていいなら、
「仕事でトラブった事が故意でなけりゃ、バイト君への人物像には何ら関係ありません」
(自分だって、仕事なんざ早く帰りたいんですから。言えば「どうだっていい」)


●むしろ「有能過ぎるバイト君」そら業務上は褒めますが、
(”表向き””世間向き”には褒めますよ【表の顔で体面上は】、しかしオフタイムの個人的にはそこ全然どうでもいいことなので)
それがバイト君への個人的関心に何か意味あるかって「まったく意味ありません」。
確かに、自分のオンタイム(役職上の時分の立場)は楽になりますから、
「いつも助かるよありがとう」と思いますが、
「優等生相手は疲れるよ」ってのもあるわけで、
個人的親密さとは、どうなんでしょう?反比例する可能性すらあります。
(※それが近代以前の跡取りの生業における伝統の継承なら話は別だけど←しかしこっちは確信犯的選択者の別世界ですから。「歌舞伎の跡取り」など、)

所謂(これ俗称なので私は何とも断言しにくいので一部非公式になりますが)
俗称「定型ナントカ」と呼ばれる現象は、
前述の「個人的親密さとは、どうなんでしょう?」などが原因で(よくできる部下へのナチュラルネグレクトと言うか)、親は無関心になりますので(手がかからない)、
(親の無関心は子供の死活問題)→余計優等生に過激化する構図があると思います。



ある意味前者の方を「出来の悪い子ほどかわいい」と転じるのであって、
 ↑↓
●この件に関する『悪循環』があるとするならば、
「どうして(親としては自分でも困っていてグダグダなんだけど、私個人としてはあなたが可愛いのに)、わかってくれないの(定型じゃないからアタシの事嫌いなんでしょ!!とかどうして言うの?←全然有り得ないから→ちゃんとしようねって話も私だってそう上司から圧力かかった命令で、自分も好きでこんな管理職やっているワケでは無いのに、お願いだから私の《職責離れた》人間としての部分も認めて)」
 ↑↓
ここが転じて、親のメンタル的に追い詰められ
(わかってくれないイライラからレバレッジがかかり)
「どうしてできないの!!」(過激化)←になっちゃうと、


■「親の喜ぶ事」って概念も一面では無いって事です
鋭いガキは「親の仮面の下の本人(青年君や少女)相手にアプローチ可能ですが」(それほど手練れのガキは滅多にいないので→そういうのをマセガキと呼びます)、

その意図が、
「係長の手柄のことか?」「係長のストレスケアか?」「係長の仮面を脱いだ、青年や少女への思いなのか?」
 ↑
そこは子供の「相手の気持ちをおもんぱかる度量(或は余裕)」によるもので、
逆に言えば、
「何かのボタンの掛け違いで、荒れている場合」→親の姿に「係長以外の姿が見えない」ってこともあるでしょう。
となれば悪循環です、


何故って?
『共同幻想』適応ってのは(『自意識』の一部を権威性認知で抑圧し:わかりやすくいえば本音を押し殺し)権威や権力の期待する役職に適応することです(わかりやすく言えば労働者)。
「仕事上の立場は決して当人の望んだものでは無い場合が大半で(オンザレールで確信犯では”無い”)」→ぶっちゃけ仕事同様に「早く帰りたい」んです(嫌々なんです→本音のどこかに人の親とか忘れてパーっと遊びたいとかあるんです「浮気願望・不倫願望」)。
 ↓
だから彼らが最も多く交わす言葉は何?
「大変よね〜」「ね〜ほんとそうよね〜」

また「定型ナントカ」の話に戻りますが、
だってのに「労働者として喜ぶことばかりする子供」←どう思います?
「違った意味で疲れる」と思いませんか?
(ベタな言い方すりゃ、オフタイムの飲み会でも仕事の話ばかりする奴ですよ?これ逆に上司を追い詰める《嫌味になる》場合すらある。)


●本質的に「親やらされている”中の人”」を喜ばせるのなら
「ちゃんとして案件に関してはほんとスマンね」とか言いつつ
「仕事上の指導は、あなたの本音じゃないことわかっているから(そのお辛い立場わかりますと)、仕事に厳しくても係長嫌いになることないからね」
 ↑
こっちのスタンスでしょう
「親である事(の大変さ)を忘れさせてくれる」のだから、
(両者とも「結婚制度」なる『共同幻想』マルチまがい商法にひっかかってちゃて”どうしようか”って思っている同士でもありますから。)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 18:55 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0