2019年11月12日

『単独者』の雑感「ガールズバンド論」

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)



全ての有名ガールズバンドがそれに相当するという意味では”無い”

俺が知っているとこだと(わずかになっちゃうけど)、
『BAND-MAID』であり『BABYMETAL(神バンドは黒子だから)』の話し
男子のバンドだけれど『人間椅子』も一部被る、
彼らは共通して、下手すると日本より(ロックの本場)欧米で有名なんだが、
(だからどうしたって短絡的な話ではなくってさ)

似たように欧米で検討している「ワンオク」と微妙・絶妙に様相が違う。
(ファンの方、彼らを揶揄しているのでは無いので勘違いしないで欲しいだけど)
「ワンオク」は(ある意味伝統の)男子のバンドなんだろうねと、


■最初に『BABYMETAL』をテーマにしたのは「音楽における羞恥心の壁」論だけど
当然の話、
そこには自己顕示欲も関係してくるよね。
伝統的な男子バンドの場合、そもそも音楽始める動機がさ、
ロック界で言えば、ビートルズがそうであり、エルビスがそうであり、ディランがそうであったように「女子のファンが卒倒するほどキャーキャー」なるワケだと。
そこに憧れた男子たちがわんさかわんさか、、
近現代のロックシーンを語る上で、このストーリーに異論ある人それほどいないと思う。

日本で言えば『Y・M・O』タイプのような異例な音楽集団を例外に、
所謂高校生の軽音楽部のノリってのは上記のようなもので、

「音楽における羞恥心の壁」論でも書いたけど、
ここに欧米の場合、かなりディープな人種差別、性別差別などが関係していた。
(現在でもロックコンサートのファンの過半はド・白人達)
(そしてyoutubeで日本関係の反響動画やる連中のかなりの層は「必ず有色人種が仲間にいたり、そのカップルだったり、LGBTだったりなど」マイノリティー層が多く、weeabooと蔑視される事を忌避して白人保守層やエスタブリッュメント系は滅多に登場しない。)

●ディランが歌った「反抗の音楽」だった筈が”話が違うぞ?”へ発展を遂げ、
そして飽きられた、
(ワンオクのタカ氏がいみじくも語っているように「欧米のロックは死んだ」、現代ではラップなどに代表されるリズム・ビート系やポップス歌謡に傾倒している。)


そこにひょっこりやってきたのが、
『BAND-MAID』であり『BABYMETAL』
 ↑
両バンドともに”実はパロディバンド”で元からハードロックがやりたかった人では”無い”
(それをゴリゴリのハードロックでやってみたら?企画バンドだった)
しかも『BAND-MAID』は全員が女子だし、
『BABYMETAL』本体の踊り子とヴォーカルは完全女子、しかも始まりは生娘の少女だった(助っ人黒子の神バンドは腕利きの男子達だが)、

わかります?
「男子特有の性的自己顕示が”皆無”である」

どことはなしに「宝塚の舞台に立てればそれだけで絶頂である」というアレです
(金や名声など全く無関係で表現者として箱の支配者となる一瞬があればもういんだと)
性別は男子ながら『人間椅子』にもそういうとこあるよね
とにかくアタシは音楽が好きだと、
面白いのおもいついたので聴いてくれと、
すっごくハードに練習もしたので、誰にも負けないとこ表現したい
(だれそれスゲーとか無くていいので、これを媒介にリビドー大解放してみませんか?←人類ヒト科の性《サガ》的にそれが一番平和でアートなアレなんだし)

そこに男子の自己顕示が”無い”から、集うってのかね、
(欧米が本場だからこその隠された差別的タブーも《日本のバンドだからってことで》スルーだし)


●『BAND-MAID』で顕著な現象に
甥米で一番人気あるのはベースのMISAさんなんだよね。
(欧米ロックシーンでは8番バッターの寂しいポジションとされてんのに←故に黒人の起用も少なからずあるポジション)
本当に音楽好きなオタクを例外に滅多に注目されることは無いベースですが、
ポジションに階級の存在しない『BAND-MAID』の場合(極端に言うとヴォーカル無しのインストでもいける曲造りをしているので通常のヴォーカルならうるさくて歌えない構造が多い)、全てのポジションに”いいとこ”用意されてんですよ。

グルーブ感出そうと、面白そうだと思えば、ベースのスラップで「バラッパバンバンババン」からスタートする曲もある。
 ↑
これは欧米ロックシーンでは考えられなかった構成で
(仕方が無いので黒人歌謡的意味で「ファンキーだねぇ」とかの感想になるんだが)
凄くカッコいいんですよ、

『BABYMETAL』における助っ人の神バンドと違い、
確かに音楽の専門学校出身などスキルがあるのは確かだけど、YMOの教授ばりのソレとも全く違うもので「近所のスゲー演奏上手い姉ちゃん」であるのは事実で、
(これがまたバンドがウケるようになってひっちゃきに練習しているものだからどんどん上手くなっている)

このMISAさんの演奏を評して、往年の名プレイヤーのようだと感想述べるリアクターも少なくないのです。
 ↑
ネタバレすると、それほどベースが”いいとこ魅せる自由”があるバンドが”無かった”の、
始めて聴くものだから「おースゲーって」なってる。
(※欧米楽曲の場合、ベース主導のカッコいい曲造る時には本当に著名なJAZZプレーヤーのベーシストをゲストに呼んでますみたいな枕詞が必要だってのもここ関係している。←ちなみにこういう時の腕利きってやっぱJAZZプレーヤーだったりするんだよねww)


■この男女の違いってんですか
心理学的に言えばさ

「俺が、俺の快感代謝がしたいんだ(スゲー)」ってのが男子バンド
「私の演じる目くるめく世界であなたのリビドーを燃やしませんか」ってのが女子バンド

(※故に可愛いとかキャキャー言われたいアイドルは女子バンドでは無い←これはSEXシンボル)
(※欧米ガールズバンドの場合、知らない間に怖いフェミ系暴力バンドに転じて、刺青だらけで「男子死ね」とか絶叫しているって欧米音楽ファンが語っていたりする。←間違った意味で日本の某有名ガールズバンドがこれ模倣してたります。←カッコいいと勘違いしたものと思われ)

おわかりいただけるだろうか、
教会権力などにより「快感代謝に規制かかっている欧米の場合」
(その権限は『共同幻想』の祖である教会権力のものだから)
「ここであなたのリビドー燃やしませんか」は御法度なのよ、

故に欧米音楽シーンからは『BAND-MAID』や『BABYMETAL』は登場できない。

(先進国化で欧米も『共同幻想』崩壊《彼らの場合は世俗化と呼ぶんだけど》してきているのは事実だけど、深層心理における深いクサビになっているのも事実なんだよね。←日本のように自由じゃないから。)

UKなんかでも日本のオタク文化を(面白いってか差別的に揶揄して)エンタメで紹介するものだから、ガーディアン紙だかで評論家が「それはみっとも無い人種差別だ」と批判したりする始末なんです。
欧米ではサブカル系の自由が「まだまだあるようで無い」んだな。
(※日本から言えば差別どころか、その文化が無い事はオメーらの恥ずかしいとこだろって”落ち”←違う意味でバカじゃね?的な)


■『BAND-MAID』や『BABYMETAL』の活躍は文明論的にすっごく面白い現象なんだよ。
ちなみに彼女達は『単独者』では”無い”、
バンド(群れ)が組めている時点で確信犯的『共同幻想』(バンド名そのもの)選択者であり、舞台の上では『単独者』のように(己が共同幻想”そのもの”になるから)特攻隊上等に全開放可能、
(※ある意味普段の姿は「マスクを外したレスラー」じゃないけど存外によくいる『歩留り』選択者なのではないかしらね。←普段の暮らしからしてバンド名を体現するとか矢沢先生ぐらいだろうからww)


<ちなみに>
『BABYMETAL』のリアクション動画に始まって、
コンサートVlog挙げるに至った黒人バンドマンの彼は(こういうの沼にハマると呼ぶらしいんだけれど)ヴォーカルのSU-METALを追って、元所属のさくら学園からそれ以前の子供タレント時代まで視聴するに至っており(彼女は4歳前後からタレント活動していて7、8歳からステージで歌っている21歳にして芸歴15年級のベテラン)、
ニコ動などのコメントで
「米国でそれやり過ぎると勘違いされて小児性愛でパクられるぞ」
みたいな言われ方してますww
(もうね、いたいけな少女が天使のコスチュームでみたいな)

ちなみにSU-METAL氏は「私から歌を取ったら何も残らない」というド直球人物で
(それ以外があまりにも天然のポンコツだという伝説もあり)
歌以外が不器用だからこそ迷いが無いかも知れません、
メンバー一名が脱退した時など(相棒のMOA-METALともども)よく立ち直れたものだと思います。←この辺はよそ者にはわからない心情で(なにせ確信犯的選択者のバンドですから)、戦場におけるかげがえのないひとりだったでしょう、
外野席にから見ることのできない大変な危機だったのだろうと推察しますよ。
(脱退したYUI−METALのこともとても心配なんですけどね)


■ハードに文系故に男子でありながら女子バンド的な『人間椅子』でEDとします
(この人たちは”みうらじゅん”や”オーケン”人脈なので素性は『単独者』でしょ→腐れ縁でこの歳まで的な関係の)
【公認非公式動画】人間椅子/新青年まえがき






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 06:27 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0