2019年11月01日

リクエスト関連(その続き、まず青猫さんから)


青猫さん
>青猫です。私はプライベート的な意味ではどちらかというと不道徳者だと思います。母親が感情的に突然キレる人間だったので(機嫌がいい時は怒らない)その名残りかもしれないのですが、不真面目な子供だったので過度に褒められたいとかは無かった気がします。今もふいに母親のキレ方を思い出すと嫌悪感が涌きます。自営業ではないので社会常識的に道徳無視というわけにはいきませんが、子供相手にキレる母親と比較して、社会に出て上手く立ち回っている自分、という理想はあるかもしれません。実際は上手くなくしどろもどろなわけですがw


■確実に母親との関係が「強迫心理」の原因です
お気づきになっていないと思うのですが、
青猫さんのロジックは『道徳的判断』を根拠にしているのです←ここで下手踏んでる
 ↓
>今もふいに母親のキレ方を思い出すと嫌悪感が涌きます。
 ↑
「自分は悪くないのに、母親が切れるとか不当だ」←これ道徳的判断なんですよ

●じゃあ不道徳判断の場合は?
「またキチ○イが暴れてやんの、お薬足りてますか?」
(嫌悪感など沸きません)
自分に被害があったじゃないか?→「台風に嫌悪感わきますか?」

(自然災害に怒りや憤りって場合なら→抗(あらがう)に転じて→土木業者になるってルートもありますが、だとするなら同じ線でいけゃあ「高齢者のメンタルをなんだかんだする臨床なんとかになりました」みたいな、或はそれに類するオチが必要となる。)

■うっかりやらかしているんでしょうけど、
「自分は悪くないのに、母親が切れるとか不当だ」=「あなたは悪くないよね、ごめんさなさい」←どうしてこうならないんだよって。
(ひとるの論理が成り立てば、その裏も連想で同時形成されたも同じですから)

この体験をベースにするとこうなるんです
 ↓
「間違った事をしてなくてもアレなのに、本当に間違った事でもしようものなら、、あー嫌だ嫌だ、そういうのは御免だ、慎重にしなくては。」←現状のビクビクしている様そのままです。

■注:論議のテーマは(無意識下の)「強迫心理」ですから
(個人的美意識では”無い”ので自らの行動が道徳的であると自覚されていない方がむしろ自然)
●結果的に自らの行動が『道徳的論理性』に”無意識に拘束されていること”が問題なのです。
 ↑
抑圧されている側の『自意識』にはそんなつもり無いののね。


■■■<ちょっと自我構造の説明しましょう>■■■

のべつ幕なし『自意識』フル稼働とかすると(確かに猛烈に”快感代謝”しますが:『単独者』モデル)、それだけグイグイ『自意識』起動するモチベーション(及び動機形成ネタ)なかなか保持できるものではありません(ぶっちゃけ疲れる=『単独者』が日常生活だけで大きな”快感代謝”が可能な理由でもありますが)。

生物としての合理性から(そら原始時代は個人的自由より集落の安全や経済的利益が優先されますから=自分の命の存続)、
『自意識』(武士で言えば日本差しの刀みたいなもの)温存ってほどじゃありませんが、
その発動決定権を”何かに預けて”、
考える前に機械的に動ける合理的ロジックがあった方が都合がいいですよね。
(ウィンドウズのバックグラウンドで動いている基幹的動作まで都度DOSコマンドで打ちこむ人とかめったにいない)

この基幹システムをフロイトは『超自我』と定義してます
(この概念は説明もめんどくさいので私も滅多に使わない言葉ですが)
生物学のローレンツ教授的に言えば「動物にとって鉄の掟である”本能”の代替物(似非本能)」
※補足的になっちゃうんですが、脳にはそういう機能があって(自律神経系もそう)自転車の乗り方もそうですが「パッケージ化されたモジュールとしてのシステム」が構築されていると?
こいつが動いている感『自意識』は稼働しなくても自動人形のように動けます(つかシステムの方がリソース持って行っちゃう)。
 ↑
この関係性を覚えておいてください。
「合理的システム稼働中」(極端な事例だとウインドウズアップデート中)=「『自意識』停止中」←これが抑圧構造の基本原則です

うんでー
『共同幻想』ってのは”合理的システムであるとの権威主義的社会的合意”みたいな代物なので、
同じように、『自意識』を拘束する関係が可能なんです。
(※話をわかりやすくする意味で、図式化ってか構造的説明として「それを上部構造」と呼んでますが。)

●何をインストールしちゃったのか?
(これはエピソード記憶の成立要件と同じようなことで)
「衝撃的みたいな表現に至るような、或は強い快感代謝が関連するような(『興奮』を伴う)、実体験とその連想」っつーことです。
 ↓
これは自分自身からして、生理的にも最も脆弱な「幼児期や子供時代」に影響を受けやすい。
(教訓エピソード記憶と、その対処パッケージの導入)

※感動的な快感体験も、不愉快な不快な嫌悪体験も→脳にとっては”等価”です
(脳は『興奮』したのか否かを見ているだけなんで。ホラー映画に喜んでるのか恐怖におののいてトイレいけなくなっってもまだ観ているとか、いちいち脳は主体的に判断する自立機能ありませんので。)
でー
「わけわかめなものが超自我に居座っている場合」←この解除法は、
「その重要性を担保しているネタ元の『興奮』を、ネタバレによって”その時興奮ぎみに憤ったり””その時やたら喜んだり””その時やたら感銘受けたり”した子供ながらの体験を←バカじゃんと」大人の自分が当時を追想することで、上書きすればよいのです。
(すると、パッケージとなっている”その対処法”も同時に有効性を失う)

長々書いててきますが、
結局のとこ、
■「母親はどうしてあーいうー人間になったのか?」←ここを特定していない。
(とっても酷い悪い奴だと思います←この小学生が思うようなレベルのままである=小学生の自分に今の大人の自分が振りまわsれているようなもの)
母親であることを離れ、
旧姓”誰々何子の生涯”というようなドキュメンタリー作品的な見解に至っていない
 ↑↓
勿論、この作業は「その時僕は」という形で、連動し自身の記憶をも変容させます。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 16:43 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0