2019年10月25日

そう言えば書いていなかった「頭ではわかるけど論」

記事リクエスト関連のやりとりでよく耳にする言葉にこんなんあります
 ↓
「頭ではわかるんですけど、感情的に納得いかないのです」

文章をよーーーーく読んでください
(わからない人は”繰り返し”)

ハイッ、
■「頭ではわかるんですけど、感情的に納得いかないのです」

何 か オカシイ と 思わない?


過去説明のさ、円周率(π)共同幻想と教育障害の矛盾とは違いますよ
「円周率が3.14ってのはわかりますが、何故3.14ですか?」
(これ実は教育障害では無いよって話ね。”常識化された合理性としての定理”←これだって『共同幻想』なので、鵜呑みにできない素朴な意見がオカシイのでは”無い”から。)
 ↑
これとは違ってさ、
話しはこっち
 ↓
「頭ではわかるんですけど、感情的に納得いかないのです」

頭ではわかるって言えば?『自意識』の事です
ええ、”それこそ自分本人じゃん”(あれこれ考える主体なんだから)
うんで、
自分本人の考えに”感情的に納得いかない”ってどういうことなんか?

「お前は誰だ」って話なんだよ


●ネタバレすりゃ
自我内において(そら全てが合理的に統合しているなんざ言わないが)
決定的な矛盾を抱えていることになるよね?


■裏取りする上で「それに近いけど違う話」もういっこ出しておきます
「松坂牛が”美味しい肉”だってことはわかるけど、口に合わないっていうか苦手なんだよね」
 ↑
ここの前提となってる”頭でわかる”は、(関心事項でも無い=自意識との関連の無い)客観的知識であって、
(思考が関係する)論理性では無いですから。


●「食べても空腹なのは腹持ちというか消化速度的に菓子パンは、、、、頭ではわかるんですが、どうしても菓子パン食べるのが空腹の原因だと思えません。ご飯に変えるとかアタシの食欲が納得しないのです。菓子パン食べたい。」
 ↑
こっちに近いんだよ「頭ではわかるんですけど、感情的に納得いかない」ってさ

朝ご飯食べたのにこのすきっ腹どうしたらいいですか?という問いがあったとして、
「菓子パンだけでなく牛乳飲むとか、ご飯にしましょう」みたいな解説があった時に、
「そういうことか」と頭でわかれば本来『自意識』の出番の筈で、
「だったらどうしたものか」とね(これ本音だから)
しかしこの時、
「菓子パン依存から、菓子パンをやめる選択は無く(感情的に反発があり)」
 ↑
ここに自覚があるだけでもどう変わる?
「牛乳って言いましたよね?そしたらアレかな(牛乳はお腹ゴロゴロする体質なので豆乳か?いやいやマズイってか豆乳もな〜ゆで卵でいんじゃね)」とか何かを変えようと考える(自意識が関与する)ワケだよ。
(すきっ腹の悩みをどうにかしたいってのは更に上位の本音なんだからさ)
(※上の栄養関係の話はネタで適当に言っているだけだからね←ここ誤解の無いように)


■■■しかしここに「強迫心理」介在すると■■■
それは『自意識』抑圧する者だからね、
上記の「本来『自意識』の出番の筈」ってところが弱くなる、
(弱いと思ったら「バカか俺」技を都度発動して『自意識』浮上させるしかないんだが)
そのまんまだと(自分を本音サイド回復のため偏向状態から変えねばって意識薄いと)、
 ↓
あたかも自分のアイデンティティーがさ(「強迫心理」って権威性認知だから)
「私は菓子パンを食う者なんです。それは変えられませんから、」とかさ
(上位概念は覆せませんって→いやいや概念がアイデェンティティーとかネーからww)
 ↑
このレトリック、一種の錯覚だよね、
 ↓
「頭ではわかるんですけど、感情的に納得いかない」


■相談なりの初心が原因ですよ
●同時にここ「心理学的には個別各論に意味が無い原則」にも被っている
(あたかも目先の具体的個別各論の技術的問題であるかのように落とし込むことで、問題の本質をマスキングする自己防衛)
「技術的にそこだけ解決する答えが欲しいんです」みたいな?
(自分の本音回復のため、トラブってる方の”誰なんだ自分”を変える着想は持っていない)
 ↑
決定的な論理矛盾だよね

だって、相談している先が『心理学』なんだよ?
(ソフィスティケ〜トなソフィストだとか、対人関係詐欺師スクールじゃないんだからさ。)

話しわかりやすく言えば、
「スポーツ選手がメンタルトレーナーに質問している」のと同じ
「対戦相手は実力が上なのは事実です。しかしあなたはこの相手に挑戦することに迷ってはいない。いかに対峙するか?ここがテーマです。まず整理するべきは彼は統計的にあなたより実力上位ですが、誰に対してもでは無いですね。つまり絶対では無い。」
 ↑
なーんて話をしている時にさ、
相談している選手が
「いや違うって、絶対なんだって!」←言わないよねww


●この項冒頭で
何故「いや違うって、絶対なんだって!」みたいな事になる理由に触れてますが、
「強迫心理」は”権威性認知”だからです。
(自分の考えより”常識は上位概念だ”のような認識のこと)
(『共同幻想』をモデルにしている「強迫心理」は同じように”道徳”に結合してるからね→故に権威の裏付けをネタバレ崩壊させないと解除できない:精神分析的思考→”自我経済の分析”でもいいけど)

プラトンの「常識を疑え」じゃないが
『心理学』に相談するって時には、
スポーツ選手がメンタルトレーナーに相談する時みたいに、
「発想を”変える”(本来こうでしょうって姿に戻方向へ変える)」って着眼を予め持っていないと、、


気持ちのどっかに
(自分の何かを変える事無く)「技術的に”そこだけ解決する答え”が欲しいんです」のような発想で相談されると、
これ延々にあー言えばこう言う的に
「頭ではわかるんですけど、感情的に納得いきません」が永劫回帰するからね(笑
(それを縛り付けているものは恨みだったり憎しみだったり快感体験だったり様々あり得るんだが、基本的に”すべて幻想”だからな)


俺が言うのもなんだけれど、
「何をしに相談するのか?」初心の確認は重要なのだよ




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
タグ:強迫心理
posted by kagewari at 21:55 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0