2019年10月23日

リクエスト関連(今度こそまいさんから)


まいさん
>解説して頂きありがとうございました。概ね理解できたと思います。少し目が醒めたような感覚です。ただ、戦後後遺症や最近の事件だと変な輩に突然車の窓ガラスを叩き割られた等、事後だと例えば防弾ガラスにするなど対処できると思いますが、自意識が選択する間もなく突発的に起きてしまった事は防ぎようがなく恐怖の記憶は残ると思います。(不運だった、タイミングが悪かった。)そういう場合の被害感情やトラウマは分けて考えるべきなのでしょうか?


■ここは心理学サイトで、救急救命などは専門外ですから、
傍証などからの見解となりますが、

戦時外傷性障害(PTSDの発見)事例に
想定していない(交戦中では無い)被弾を原因とするものが無い事
心理学的にも、トラウマ系症例が『自意識』が事象に対峙した時どういう状況判断と自由選択における能動的決断ができたのかに起因します(反対のスタンス「状況判断の誤謬や自意識抑圧による『被(こうむる)』認知」や認識下でリスクが最大化する)。

※車の窓ガラスどうこうは”ビックリ”する事がメインなので(ビックリがメインだとエピソード記憶にならない「事象全体をパッケージで常に再生可能な記憶として脳が格納すること」)、死に関わる重大事案の突発事例で考えてみます


■戦場の症例にはありませんが、突発的被弾にフラッシュバックを伴うトラウマ的症例リスクが発生する可能性は否定できませんが、
ここで重要なのは以下
1)即時気絶昏倒する場合、記憶に残らない場合もあるので例外
2)逆に適合事例は「即時気絶昏倒しない場合」となる=その時『自意識』はどう活動したのか?やはりこの時の自意識の関与が鍵となる事が推定される
(事象発生後、救急搬送されるまでの間の意識活動の内容が大きく関与する可能性←発生要因はPTSDと同じ解釈になるだろう)
3)出血性ショックの救命に関して

■この3)出血性ショックの救命に関してが最も参考になるかと思います
出血性ショックは、所謂よく聞く死因の「出血多量」の死因です。
症状の詳しい推移は詳しくわかっていない部分もあるのですが、
(ミクロ要因としては細胞レベルでの酸素不足)
血圧の変動や、防衛大などの論文における”凝固異常”や”アシドーシス(血中の酸性バランス)”などが考え得るところですが、
同時に救急救命の対応マニュアルなどにおいて「止血帯措置を行い”意識を保つよう”声かけを続ける」とうものがあります(低体温も問題となるので、他には温めるや血を身体に回すため下肢を上げて仰向けに寝かせるなど)。

症例名からして”ショック”とあるように、
衝撃発生直後の『自意識』の現状認識と判断が大きく関係する事が想定されます。
(不安やパニック発作で血圧や循環系は大きく変動するからです)
(同症例は、男女問わず生殖器などを殴打圧迫された時にも発症例あるようです)


●突発性とは言いきれませんが、
出血性ショック事例を考える上で参考となる事例があります
wikiで「舩坂弘」と検索してください
「アンデッド・リジェネレイター・不死身の日本兵」などと恐れられた帝国陸軍兵士です。
彼は通常なら「出血性ショックで5、6回は死んでる筈の男」ですが、
生き残るだけでなく、致命傷を負いながら躊躇なく戦闘行為を継続します。
(子供時代から傷の治りが早い体質だと証言している)
特徴は「明解な『自意識』の状況判断と決断です」


◆◆※話を「車の窓ガラスでドッキリ」に戻してみましょうか◆◆
1)躊躇なく即だに「なんだこの野郎、ぶち殺すぞ」と言えるタイプ
(だいたいこの手合いは警察に咎められないような、法的問題にならない武器を身近に置いてます←車で言えば”さりげなくグローブボックスに入っているモンキーレンチ”など、作業軍手に見える手袋も”さりげなく防刃手袋”である。この手合いはボールペンがアイスピックばりの凶器であることも常識だったりしますので、さりげなく金属製のボールペンも持ち歩いている←「世の中何があるかわかりませんからねww」という平時の状況判断。)
※即座に『自意識』マター全開のスイッチをONにできる
 ↓
2)動揺し、下を向いて頭を抱えるばかりのタイプ
※『自意識』が抑圧され依存性が強く、他力本願で助けを祈る『被(こうむる)』型
 ↓
<考えるまでも無いでしょう>
「突発的被害を原因とする、フラッシュバックを伴うトラウマ的症例リスクが発生する可能性は後者の方が高いと考えられる」

ま、つまるとこ「答えは同じ」です



<オマケ>

この話随分極端で異例な話だと思っているかも知れませんが、

米国のLAで貧民街地区も行動半径な(確か本職不動産屋だったかな)ぱっと見親切なサラリーマンな人物は「○○街とかコンビニ駐車場だって怖いからね、自家用車のグローブボックスにはリボルバー入ってる」と、DIYの常識みたいな口調で話してました。
行くとこ行きゃ”よくある話”です。
「車の窓ガラスでドッキリ」←NRA(全米ライフル協会)会員なら躊躇せず射殺します。
(その際の自意識の判断や決断の経路も日常的に『共同幻想』として教わる←米国の『共同幻想』適応人格はむしろこっち、『自意識』では無く”サバイバルの合理性”により『共同幻想』として刷り込む)

左翼系メディアは(だいたいガンコントロール派左翼なので)どこやらの銃撃事件の詳細を報道しませんでしたが、地元住民がライフルで犯人射殺した事例もあります。
「民主主義とは市民の武装無しに守れない」からです。
(米憲法、連邦政府が非道な事を行おうとするときの市民武装蜂起による”革命権”の保証。各州が”独自に州軍”を持っているのはイザって時には連邦政府と戦争する権利を保証するためのものです。)

NRA GUN SAFETY CLASS FOIR CHILDREN IN MONTGOMERY, TEXAS



ちなみに学校乱射事件の時でしたか、
野球のバット持ってロッカーに隠れた少年の武勇伝も大きなニュースになってましたが、
確か彼は(小学生だったかな?)
「どうせ殺されるなら刺し違えてやろうと思って身構えていた」と証言してたと思います。
言うまでも無く
彼についてトラウマだとかPTSDリスクは”ほとんど無いだろう”と思います。


クソ左翼メディアに「何故子供ガー!」な報道の中
「スポーツですから」とちょっと苦しい言い訳するNRA会員動画ww
医者まで出てきて「キッズには理解できない、必要のないリスクだ」と主張、
でも親達はNRAスクール研修卒業の記念撮影で大喜びです(笑



「立派な gun slinger に育つことでしょう」





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 14:49 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0