2019年10月16日

リクエスト関連(ボー子 さんの”そのまた”続き)

何事ですかというと、

ボー子 さんより
>動画の説明ありがとうございます。ただ適応強迫ではなく、本当に事情があってそうせざるを得ないないのです。歩留まりの人の姿勢についてとても参考になります。ただ他の歩留まりの人達とはどこかずれてしまうようで、1彼らのリーダー格の人物の話したそうなネタを振って(既にそんな事とっくのとんまに知っていることを)気分よく饒舌に”彼らに”話させて、楽しい合いの手少なくとも(さりげなく)2”彼ら”よりお洒落に着こなしている(役作りの遣り甲斐)をどうこなしたら良いのか詳しくお願いします


「なるほどそういうことですか」
(うーんそれでも何か違う気がするんですが、この点は後述)

適応強迫では無く、
■『共同幻想』社会に食い込まないといけない”状況に強迫(脅迫)されている”ということだそうで(典型例は分譲マンションに引越したら地域社会乃至管理組合で揉めるなり、転職したらド『共同幻想』ブラック系企業だったであるなど)、
 ↑
ならそれはそれで(ここ返信求めなくても過去ログから応用できると思うのですが)


「最優先すべきは”そう強迫(脅迫)されている状況”」となります
(各個撃破戦術的に直面する『共同幻想』社会への食い込みを最優先すると”木を見て森を見ず”的に、局地戦に目を奪われて戦力の逐次投入みたいな”悪手”に追い込まれる。)

つまり、
それでも尚(前述括弧にあるような)目先の技術的解決に拘るようであれば、
●逆説的に言うと(適応強迫事例と同じ結論)
当時者としてのあなたのスタンスが(状況判断の誤りから)欺瞞的になってしまうワケですよ。
これは結果として『共同幻想』社会にとって軽蔑の対象となるので、意味が無い。

「それだけ、現状判断と自らの立ち位置」は重要なんです


過去ログ整理すると
1)これは嫌々なんだと(しかし何かの事情でやらねばならぬ←ここが立場上似ているので『歩留り』適応人格への関心ともなっている)

2)本来は全力で(最優先すべきは)『共同幻想』との関係性解消を目指すべきである(そして自らの人格選択)
(建て前としても←この見立てが無いと『共同幻想』社会側もその動きを容認できない→排除すべき真性の工作員ってことになりますから)

3)嫌々どころか「非『共同幻想』社会適応な個人」にとって、そもそも論として『共同幻想』社会の存在は「トンチキな未開民族のシャーマにズム社会のようなもの」であって、(そこに強迫されている)自分の行いは”おおよそ褒められた話では無い”という自覚


●加えて当該リクエストではありませんが、このブログ全体の過去ログにおける論説として
「非『共同幻想』社会適応な個人」は、
結果として、『歩留り』選択人格か、『単独者』人格の選択を選ばなければならず(ミクロ経済分析的に「会社組織法人」以外となれば「自営系」乃至「フリーランス」及び「その予備軍」しか分類は存在しないワケで→「結婚しないなら”行っても同棲的関係に留める”選択か”独身”以外の形態は無い」)、
未だ『歩留り』でも『単独者』でも無い「非『共同幻想』社会適応な個人」は、自身の脳内における『共同幻想』概念との関係(対峙する関係であることを見誤ると)間違うと、
「強迫心理(共有されていない『共同幻想』)」に(『自意識』が)『抑圧』され続けるため(どっちつかずな中途半端な状態に拘束される)
自己選択や自己決定が阻害されるんです(←ここが末尾にかかる重要事項
 ↑
こういう分析になるワケで
(見選択状態にある、自身の自我内においての『共同幻想』概念との関係も問われ続ける)



●「非『共同幻想』社会適応な個人」が、
●『共同幻想』社会に食い込まないといけない”状況に強迫(脅迫)されている”場合
 ↑
現在、自身のメンタルに問題意識を殊更持っていない個人でも、
行く行くメンタルに問題意識を持つ状況に「追い込まれ兼ねない」リスクが非常に高い
 ↑
ちゅうことになるんです(簡単に言うと”ヤバい”)


<<<<さて、そこを前提に>>>>
1)注意すべき状況や、現状の整理は過去ログで説明したとおりです

2)今回の依頼文の内容は、要約すると以下のようなものです
「上司の命令で、苦手なコテコテ『共同幻想』系の会社に対しての飛び込み営業と、契約ノルマを課されている」

リクエスト→「どうすれば契約取れますか?」
 ↑↑↑
これはもう心理学じゃないから(笑

人に聞いてどうするって話でしょ(個別各論過ぎて→「今日のご飯は何がいいと思いますか?」は、心理学問答にならない)
「誰々さんが好きなんですけど、どうすればお友達になれますか?(私は非社会適応でまだ選択決定はしていませんが)彼はオンザレール『共同幻想』社会適応人格っぽいんです」
 ↑↑↑
もう心理学案件ではありませんよね?

■そこから先は”自己責任”です
(でなければならない→人に聞く事自体が嘘になる=相手側から見れば欺瞞的行為になる)

「状況整理」は説明しましたので、
後は自分で考えなければならないって事です。
(そこを自分で決められないのであれば、自分が自分で在る理由を喪失するのも同じになってしまう←テクニックの話に落とし込むべきでは無い)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 21:29 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0