2019年10月11日

リクエスト関連のオマケ(ykkさん)


ちょっと相対的見方としても一回説明しておくべきところがあるので、

ykkさん
>あんな親や家庭で育たなければ不必要な苦労をしなくて済んだんだと思うと無念ですが。今までの人生は返ってきませんが、これ以上無駄にしないためにもさっさと原因を探しあてて改善できたらと思います。ありがとうございました。

 ↑
”筋読み”としてね注意していただきたいとこあるんですよ

「勧善懲悪」←これも『共同幻想』だからね
拘り、自意識が拘束されれば「強迫心理」なんですよー
(うっかりここに気が付かない人多いけど)

●説明の一部を読み違えているのかも知れないのでオマケで解説しますが
「どこかに”悪い人がいて”、不都合感じる自分は”被害者だ”」
 ↑
この筋立てがもう(『共同幻想』的強迫性な)”彼らの手”なの(それも同調圧力の一種)
(それに飲まれると、考え方に認知リミッターが同時発生して、そこから先を考える事ができなくなります。「自由な発想が『抑圧』される仕組み」。てか、文字通り思いっきり『被(こうむる)』刺激されるから。)


 「事象の全ては相対的に決まる」のであって

どちらか一方が何役で、ハイこちらは何役みたいな三文芝居なシナリヲで語れる筈が無いってこと


●何か感情的な部分のアレをやれ我慢しろとか、最後は仲直りしましょうねみたいなアホアホ論議をしているのでは【無い】からね。←ここ誤解の無いように厳重注意(イジメ論でもこの誤解が頻繁に起こるんだけどさ、、)
 ↓
事実関係調査している捜査官や探偵がね、
そら個人的に「こいつめー」みたいに思っても、
「こいつが悪いから調査は終わり、犯行動機などどうでもいい」←アウツでしょ
そんな姿勢じゃ事実解明なんかできっこ無い。
(下手すりゃ新たな「強迫心理」を生み出すだけです)

 「それは、それとして(個別に情状酌量レベルを捜査官や探偵が考える必要は無いが)」


■何があったのか?という視点は相対的でなければならない
忘れちゃいけないところいくつか挙げると
結婚し子供を設けている点や歴史的背景から
「ykkさんの家族は『共同幻想』社会適応を少なくとも外形的に尊重している家である(組織論としてね)←その証拠に”家幻想”を構築し、自分を父や母などの所属組織の俗称(軍曹や伍長)で呼ばせていたワケで」

1)父親がどんな人物像として理解されていようとも、彼の言動の全てが(『共同幻想』離れた時の)”彼個人の本音”では【無い】、大きな社会的『共同幻想』の枠組みの中で、彼の家庭内での言動の一部は”中間管理職としてのもの”でもある(強迫的人格とでも考えちゃうのが近いかも)。

2)母親が離婚の選択含め、問題の解決を最優先したとは思えないことから(依存性)、すくなくとも彼女も同問題の中心人物であることは間違いない。
同時に、その彼女の言動も、大きな社会的『共同幻想』の枠組みの中で(とりわけ近代から昭和の女性特有の「結婚願望」などの強迫下にある)「どこから思いついたんだかわからない側面」があること

3)『共同幻想』適応系人格の人格の一部は既に当該社会と共有されており、個人として独立していない。当該人物の行動を分析する時には、彼らの子供時代から接続してきた『共同幻想』の中身や実態が何だったかのかを知らなければ、所属メンバーとしての彼らの本質は見えてこない。
(この時とばかりに営業の個人責任を追及しても、詐欺グループ企業の摘発はできない)

4)あちこちで語っているように『共同幻想』的な幸福モデルは既に破綻しており
(ついこないだのykkさんのように『共同幻想』キラキラクイーン妄想みたいなのあると、そこが偏向しちゃうんですが)
・人生がままならないことになっているなら、彼らも被害者としての一面があること
・なんだかんだと『共同幻想』崩壊自体に直面しているのは”全員”ですから(オンザレールな『共同幻想』適応者は老後にそこに直面するなど)、なにかのいきがかりで自分のメンタルに問題意識を持つに至る事は「一方的被害では無い」こと。
(視野に入っている世界は『共同幻想』のリミッター解除された解放区なんですから←適応し過ぎでズブズブな人より優位な側面あるのも事実)



「めんどくさい」と思うかもしれませんが、
せっかく突っ込んでも”筋悪”だと時間がかかるでしょ(その行為も無駄では無いけれど)


■確かに『反抗期』の再現なので「このクソバアア」などの荒れ方はお約束ではあるんだが
(その心意気やよしではあっても)
現在幸か不幸か既に大人年齢ですから(そこまで反動化する義理も無いですし)


 わかる範囲で構いませんから、
 今回のオマケ論議参考にしていただければと思いますよ





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 22:23 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0