2019年08月27日

米中対立には洒落にならない対立の根深さがある

前々回のシビュラシステム記事(8/25)に絡むのだけれど、
所謂米国保守系のコアである福音派(エバンジェリスト:Evangelist)
中国の”お題目”ってのかな、
●中国の管理(なんちゃって)民主制は米国の(文壇社会などに至る)民主制より優れていると、これを真顔で言っているのだけれど、
 ↑
某保守系評論家の話に
「この現代知性主義こそ保守系福音派が絶対許せないものだ」という話があるのね。
つまり、トランプ支持における”反知性主義”ってのにはイロイロ含むところがあって(勿論バカという意味では無い)、そこで中国共産党が世界を管理するAIを(買収した)シリコンバレーと造るらしいってネタは、激しい反発を招くだろうってこと。

何せね
米国がイスラエルにあれほど肩入れする理由が
「エルサレムに救世主がまもなく復活するので、それをお迎えするため」なんですぜ。
(当事者のユダヤ人が「そんな役割を求められてもちょ、ちょっと」となっているぐらい)

この時、中共が「北京に電脳救世主を誕生させるから」
(そこにガチリベラル・新自由主義者のシリコンバレーが手を貸している)


ヤバいよね、、
単純な覇権争いでは済まされない話になる。
 ↑
そこで気が付いた
何時の頃だったか記憶は確かでは無いのだけれど、
ここ数年の中国の動きについて、日本で話題になったのは「AIIBと一帯一路」ですが、
米国が凄く怒ったって噂なのは「Made in China 2025(IT技術で米国を確実に抜く宣言)」だったと言われていたんですよ、
あれなんでかな?と思っていたのですが(できるワケネーだろ的に)、あーあーなるほどシリコンバレーが完全裏切り者モードで(AI実現のためなら誰が投資してくれようとOK)、米国の技術と中国の金で「電脳メシアを造っちゃおう」ってのが「Made in China 2025」だったワケか、

そら怒るよね、
■そしてエバンジェリストが宗教倫理的にブチ切れするよねww
(ビビッて習近平が最近2025について発言してなくなったと言われている)

かといってGAFAが政治的に反トランプ的に米国で活動し続けており、
それは事実上米国におけるサイレントインベージョンの本丸なのだとしたら、
(トランプ大統領のグリーンランド買収ネタも中国がグリーンランドの独立派に《沖縄反基地運動に食い込んでいるような形で》食い込んでいたからって話だそうです。)

何らかの形で中国の体制を揺るがすような影響力を行使するまで米中対立は終わらない。
香港のデモも全力で応援する可能性がある。
(もうね最近は中東プロレスモードのイランのことはどこへやらですよww)
既にレームダック状態とも言われる習近平の対応も「米国の判断読み違えの連続」
トランプ大統領の怒りのツボを押しまくりなワケですよ。

●ちょっとしたイザコザが起きるまで対立はエスカレーションするかも知れない
(過去米国は中東でだっけか「一発だけなら誤爆です」と中国大使館を事故のフリして爆撃したことあったよね。)
中国も引くに引けず
米国も黙っていられない状況にある。

個人的には失脚=死を意味するかもしれない習近平氏がゴルバチョフ化して裏切り御免民主化する可能性が残っていると思うけどね(その時初めて習近平氏のアドリブを聞く事ができるかも)。
米国に助けを求める方が生き残るチャンスは高いかも知れないから。
(※この時問題なのは、今ウイグルでやらかしていることがナチスドイツ張りの人権侵害なので、民主化後に人道の罪で訴追される可能性があることで、もしウイグルの人権侵害が中央の指示である事を示す証拠が残っているなら上記可能性は消滅する。)
 ↑↓
(※逆にこれほど香港のデモに強硬策に出られない背景に”後から大変な事にならないよう”心配している向きもあるだろうと。勿論香港には様々な中央要人の裏金も集まっているからとてもじゃないが焼け野原にできない事情もあるだろうけれど。)




<<<<EDってワケでは無いが>>>>

関わる周辺の話をなかなか絶妙に解説している
youtuber作成のニュース動画貼っておきましょうか







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 03:16 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0