2019年08月15日

「道徳的論議に意味がない点をくわしく述べよ」

話しのキモは
「そもそも道徳ってのは『共同幻想』の仲間内だけで通用するローカル言語」であることで、
これに対し”普遍的”とは言えないが「哲学的に道徳的であろうとする個人の美意識」はまた”別の論議”であることがポイント。

前述両者が混同されるので話が複雑になることが多い。
(なんとも歯がゆい話なんだが”同じ道徳でも違う”ワケだ)


■ということで両者を整理してみよう
●前者「この場合の”道徳”とは『共同幻想』の論理に過ぎない」
『慣習的道徳』のようなものですよ。
冠婚葬祭の儀礼含む「そういうものでしょ(どうしてなのかは不明)」に属する道徳論で、
その意図は
「従えば『共同幻想』に承認され、否定するものは『共同幻想』から否定される」という概念。

すごくわかりやすいパラドックスとして
有名な”小学生言語”がありますね
 ↓これです
「どうして人を殺すのは悪いんですか?」

(※この問いかけを調子こいた小学生が好むのは、一般の『共同幻想』適応系人格の大人が「そういうものだ(どうしてなのか考えた事は無い)」という『共同幻想』ワードにおける”道徳”実態は『慣習道徳』に過ぎず、答えに窮してうろたえるに違いないと反抗的《仮想『単独者』的》洞察でその矛盾に気が付いているからです。)


●後者はいうまでも無く「哲学的道徳論」です
『道徳』の本質はこちらで(ネタ元は朱子学であるとか仏教哲学など様々でしょうか)
「あるべき道筋を(個人の立場から)考え続ける、学び続ける行為」です。
逆説的にこの本質的道徳は(考え続けるものだから)
「何が正しいとか一概には言えないが、俺はこれが正しいと(今)信じる。故に、この事象はこうあるべきだ。」←のように中身を語れる概念の事です。
 ↑
勿論、個々に考える事なので「100人いれば100通りの見解がある」

※ちなみに前者は「『共同幻想』の数だけ道徳にも個別の種類がある」


<<<さて、話をまとめるとだよ>>>
お題は「道徳的論議に意味がない点をくわしく述べよ」ですからね
何らかの事象に対して道徳的論議して意味あんのか?ってことです
仮に本質的道徳論の話だったら?
それか各人各様の哲学的道徳論が飛び交う事になるので、
テーマとなる事象の見立てから離れ、外野席の「各人各様の道徳論争の水掛け論で宴たけなわとなるだけです」。
仮にさ、検察が起訴状作成の時に法的立証はさておき、この犯罪が道徳的にいかに悪いのかの表現に終始して個人的に「俺の道徳はこうだ、私の道徳はこうだ」とさっぱり起訴状がまとまらなかったら本末転倒でしょ?

●犯行の道徳的評価は判事や陪審員が”第三者”として附則的に加味することはあったとしても(判決大枠に関わるのでは無く、付随する情状酌量部分など)、
公判のしょっぱな証拠評価やってる時に、
「ここはいいと思います、ここは悪いと思います」みたいな小学生みたいな話やる大人はいないのだよ(そんな暇じゃない「現代なら生徒会でもやらん論議だろ」)。


だとすると?
前者の(所謂一般社会用語的に通用している方の)『慣習的道徳』はどんな時に意味を持つか?
『共同幻想』十八番の得意芸「集団リンチと制裁の時」です。
(イジメる側の方便なんかも同じってこと)
言えばその実態は「組織の同調圧力」に過ぎない「強迫心理」の事ですから。
まーこんな事言うと、またご批判も多くあるのだろうけれどもさ、
 ↓↓↓
『共同幻想』ワードにおける『慣習的道徳』なんてものは
クソの役にも立たない詭弁の一種なんですってば。
(ソフィストのレトリック程度のものでしょ的に)

実際仏教哲学なんかだと、この『慣習的道徳』を激しく批判してんだよね。
(そういう能書き垂れるやつこそ餓鬼であり、地獄行きだよみたいな。)


<<<しかしこういう一面もある→「啓蒙」>>>
■『慣習的道徳』を全否定しても何かどうするワケも無しww
その社会的有用性も書いておこう。
放ったらかしにしてたら「速攻リンチ殺人おっぱじめる『共同幻想』社会」に対して、
オマエらそれはNGなんだぞっと東部からきた丸腰の弁護士のように説く行為も(言い換えれば啓蒙活動だわね)、手法としては『慣習的道徳』の概念であることに違いはありません。
(※中世では異端諮問で「動物裁判」とかもやってたんですよ?『共同幻想』社会とかマジキチガイだったワケで、、、)


『共同幻想』の原理を利用して(流行の共有や新情報の理解の共有)
「今、民度の高い東部で流行の概念はこれなんだってば、何故わからない田舎者メ!とっとと共有したまえこの無知蒙昧が!”現代は法治国家ですよ”」←この手法ってさ、昭和の学校境域における教師と生徒の関係性そのものだったりする(或は親子関係)。
まーまーベタな手法なんだが、
この手法で「速攻リンチ殺人おっぱじめる『共同幻想』社会」をグイグイ近現代へ引っ張ってきたのも事実(権威による啓蒙ルート使えば『共同幻想』へのダメージ少なくて済むからね)。

付け焼刃そのものだけどさ、
今、拷問からの吊るしやろうって興奮状態の『共同幻想』集落に対してさ、
(過酷な生活環境もあって文字すら読めない彼らに)
一体どうやって「リンチ殺人はいけない、法を守りましょう」とか説き伏せることができるってーの。
銃で脅す?(それは『単独者』の手法になるから『共同幻想』も壊れてしまう)
故に、
「神はこう言った、聖書の一節です!!我が国はこの言葉を理解し、法による支配という神託を受けた国民なんですよ!!神の声を聞け!!民よ”Manifest Destiny””Manifest Destiny”を忘れたか!」
 ↑
まーこっちの方が平和的だったんだよ。
この当時は、共同体の運営無しに社会は食えなかったのであり(『共同幻想』的欺瞞も必要悪として肯定する合理性があった)、
イーストウッドが銃で脅してビビらせるのもインパクトあっていいけど
「(溜息交じりに)それは(わかるけど”彼らにとっては”)違うでしょ、、」

●そんな様子を横目で見ている『単独者』がいるのなら
「やれやれ、なんだかな〜」と立ち去るだけだと思うけどさ、
そうでなければ回らない時代や地域特性ってのがあるのも事実、
(「かの国は独裁政権でもないとまとまらないんだって」みたいな話もあるじゃないさ。)
 ↑
そ う い う 意味 で も 
”いい悪いじゃ済まない話”なのだわ。




<<<<今回のED>>>>

映画『The Quick and the Dead(1995)』より
自警団的ローカル『共同幻想』ヤクザへ復讐する
(東部あがりのイメージかな)お人よし保安官の娘がガンマンとなり復讐する物語
なんとイタリアB級ホラーなイメージもある(アメリカ人なんだけどねww)
サム・ライミ監督によるウエスタン、
ある意味マカロニウエスタンへのオマージュなのか、現代西部劇の傑作。

(てか前回のイーストウッドに続きジーン・ハックマン出過ぎだよね、、ある意味ハリウッドも人材難なんだと思うけど。←この悪役はジョン・ボイドでもよかったような気がするんだが、監督の思惑は「ジーン・ハックマン特有の米国メインストリームの白人で本当に人望ある強い男《悪い奴にも思えない》」イメージが必要だったのかな。)



願わくば最後のシーン、シャロン・ストーンに不器用でもスピンしてから銃をホルスターに戻して欲しかったと思うので俺だけでしょうか。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 19:11 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0